「コーヒープリンス1号店」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

土下座するとコーヒーが…謝罪して飲むありがたい味
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 土下座するとコーヒーが…謝罪して飲むありがたい味  皆さんは、コーヒーが飲みたくて土下座したことありますか。  どう考えても役には立たない。でも何か気になるというちょっと変わった機械たちが集まる一風変わった展覧会。なかでもひときわ人気を集めているのが、「全自動土下座珈琲」。  プロジェクトマネージャー・津澤峻さん:「土下座の動作をすることによってコーヒーが出るという作品です」  早速、試してみました。まずは、機械に向かってひざまずいて、頭を深く下げて土下座。すると、やっと反省したと機械がみなしてくれたのか、コーヒーをゲット。  なぜ、機械のセンサーが土下座を判断できるのでしょうか。そこで、こんな実験。まずは、両ひざをつかないで頭だけ下げた場合。これでは土下座とみなされません。実は、機械のセンサーによる土下座の見極め、その秘密は、顔認識センサーと土下座の説明書きにあります。1と2の「手ひざを地面に」と「顔を上げ祈れ」の動作。ここで顔認識センサーが顔の位置の高さで座った状態かを判断します。さらに3の「頭を下げる」動作でお辞儀を認識。4の「怒りを鎮めよ」は頭を下げている時間で土下座と確認するというわけです。  プロジェクトマネージャー・津澤峻さん:「謝罪の最上級である土下座というものに、お金と同じ意味を持たせて作品化したかった」
ワン・サニーデイ~One Sunny Day~ #3
無料
ワン・サニーデイ~One Sunny Day~ ワン・サニーデイ~One Sunny Day~ #3 財布を盗まれ無一文になった男に、女はコーヒーをおごり、代わりに携帯を借りる。仕事の折り返し電話を待つことになった女と、野外ステージの候補地を探す男は、一日行動を共にすることに...。
第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」
無料
フリージ 第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」 「ご近所崩壊?」いつものように4人でウム・サイードの家でコーヒーを飲んでいると、天井から、建材のかけらが落ちてきて、ウム・サイードの頭を直撃。「痛い!」「だから引っ越しなさいって言ってるのよ」とウム・アラウイ。「嫌よ、あたしの家はここ!絶対に引っ越さないわ!」と主張するウム・サイード。「でも、顔見知りがどんどんいなくなっていく。そして、どんどん知らない人が近所に増えていく。」とぼやく。事実、ご近所の人たちは、外国から入ってくる労働者に家を貸して、郊外へ引っ越していく。「あたしがなんとかするわよ!」とウム・ハマスが立ち上がるが、インド人労働者に囲まれ、すぐに撤退。結局、ウム・アラウイの発案で、ご町内の問題解決をする行政機関に依頼する事に。他
第22話 「学芸会」/「正夢」
無料
フリージ 第22話 「学芸会」/「正夢」 「学芸会」  今日も4人でコーヒーを飲んでいると、ドアをノックする音が。窓からそっと覗くと、得たいの知れない外国人女性の姿が。開けてあげると、案山子のような人形が倒れこんできた。「え?死んでる?」「これ人形よ。」と騒いでいると、下からウム・ハマスの母親が出てきた。そこへウム・ハマスの義理の父親も合流。さらにアブードがやってきて「今度の学芸会の歌のコーチをウム・ハマスに頼みたい」と提案するが、「ごめんね、先約が。」ということで、アブードは「優勝できないじゃん」と落ち込んでしまう。夜、学芸会のチラシを捨ててしまうが、窓の下から投げ返ってきた。その主は、ウム・ハマスの母親だった。どうやらアブードの学芸会のコーチになってくれるらしい。学芸会当日、「母への感謝」というテーマで各クラスが出し物を競い、アブードのクラスは拍手喝采を浴びるが、影のコーチ、ウム・ハマスの母親は静かに立ち去るのだった。他
第11話 「99歳、再婚?」/「じゃじゃ馬ならし」
無料
フリージ 第11話 「99歳、再婚?」/「じゃじゃ馬ならし」 「99歳、再婚?」 ウム・ハマスの母は、99歳という触れ込みだが、今回は「あたしゃ求婚されてるんだよ。相手は若い男さ」と告白。そして、その後、ウム・ハマスに母親との結婚の許しを得るために、新郎候補が登場。実は、相当の金持ちだということがわかり、ウム・ハマスは、「なんで、お母ちゃんだけが幸せになるの?なんてあたしじゃないの?」と嘆き、「結婚を強化する条件」として、家族としての契約金、金のネックレス、その他の金品を要求。果たして新郎候補は、その条件をクリアし、ウム・ハマスの母との結婚を許してもらえるのか!? 「じゃじゃ馬ならし」 いつものように4人でウム・サイードの家でコーヒーを飲んでいる。今日は何故かジャミール婆さんが訪ねてきている。「あのね、巡礼の旅に出るの。でね、あたしの娘を何日かここに預かってもらいたいの。一人じゃ物騒でしょ?」「いやよ、子供の世話はこりごり!」とウム・サイードは断るが、ウム・ハマスが「これはジャミール婆さんに仕返しをするためのチャンス」と思い、勝手に引き受けてしまう。到着した娘ジャミーラはとんでもないじゃじゃ馬の現代っ子だった。ジャミーラを無理やり伝統的な女性に変身させようと4人は手を焼くが…。
第17話 「記憶が戻った!」/「観光で大儲け?」
無料
フリージ 第17話 「記憶が戻った!」/「観光で大儲け?」 「記憶が戻った!」 一日中、コーヒーを飲みながらだべっている4人。すっかり外は暗くなったが、遥かかなたから、隕石が地球に向かってきている。ひとしきりウム・サルームのトンチンカンな会話で盛り上がって、お開きとなり、それぞれ家に帰っていく。と、ウム・サルームに隕石が…直撃!翌朝病院で目覚めると、すっかり頭脳明晰で、過去の記憶が全部戻った状態に。ウム・サルームは、諺の記憶競争でも、ウム・サイードも看破し、英語をしゃべり、一転「いやな奴」に。「前のウム・サルームに戻そう!」と、3人はハチャメチャな計画を立てる。 「観光で大儲け?」  ウム・サイードのお茶のみに、今日はウム・ハマスは不在。何でも「新商売のための、打ち合わせ」らしい。そのビジネス・ランチの席では、エジプト人の観光業者がウム・ハマスを口説いている。「共同経営者として、入って欲しいんですわ。儲けは保証しまっせ?ごっつい商売でんねん。」それを聞いたウム・ハマス「自分がトップなら話にのる」と言って、簡単に話が進んで行く。あげく、ウム・ハマス観光のバスまで登場。まるでインチキなご近所ツアーに観光客を連れまわし、金をせしめる始末。さて、ウム・ハマス観光の行く末は…!?
第02話 トーキョーもん
八十亀ちゃんかんさつにっき 第02話 トーキョーもん 昨日拾った八十亀ちゃんの生徒手帳を手に登校する陣。ふと、コメダ珈琲の中を見ると、八十亀ちゃんを見つける。 「高校生がこんな時間にカフェ?!しかも新聞読んでて…何歳だよ?!」八十亀ちゃんに生徒手帳を返し陣はコーヒーとシロノワールを頼む。 …シロノワールはミニサイズを頼むのが常識とも知らずに……。
第1話 「ラマダン」/「ああ、我が人生」
無料
フリージ 第1話 「ラマダン」/「ああ、我が人生」 「ラマダン」 イスラム文化圏でとても大切にされている「ラマダン」は約1カ月続く「断食」の行です。 朝、お日様が昇ってから、夕方お日様が沈むまで、コーヒーさえ口にできません。 最初のエピソードは、ラマダンが始まってからまだ数日という設定から始まります。 4人の未亡人、ウム・サイード、ウム・アラウィ、ウム・サルーム、ウム・ハマスはいつものサイードの家に集まって、おしゃべりをして、その日の断食の終わりを告げる空砲の合図を待っています。 空腹を紛らわせようと、テレビをつけてみますが、宗教的に大切な時期なので、娯楽番組は放送していない。 「ああ~、本当に拷問よね。」「何か面白いのないの?」その中チャンネルが止まったのは…。 「ああ、我が人生」 ウム・ハマスは、4人組の中でも、お金大好き、儲け話大好きで、自分で宴会料理のビジネスをやっている元気なおばあちゃん。 「でもちょっと、働きすぎだから、美容に気を使って、睡眠を大事にしようと思うの」と一念発起。 しかしその夜、ドアをたたく音が。出てみると、「げ!」。 そこには、近所には「死んだ」ことにして、老人ホームに預けた母親の姿が。 この母親、本当にヤバい! 帰って来てしまった招かれざる母親に、なんとか出て行ってもらおうと4人は策をめぐらせる…。
映子
無料
潤一 ディレクターズカット版 映子 来月に出産を控えた映子は、自身がインストラクターを務める太極拳教室を訪ねた際、レッスン中に飛び込んできた一人の青年、潤一と出会う。見様見まねでも美しい動きを見せる潤一に、目が離せない映子。ある日、たまたまコーヒーショップに居合わせた潤一と映子はそのままホテルに行き......。
第1話 「うまい棒とポテフと…」 「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」
無料
だがしかし 第1話 「うまい棒とポテフと…」 「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」 駄菓子屋の息子・鹿田ココノツは、将来漫画家になることを夢みている。だが、父・鹿田ヨウに店番を押し付けられ、漫画を描く時間を奪われてばかり。そんなある日、枝垂ほたると名乗る少女が現れ、ココノツに「キングオブ駄菓子と言えば!?」と唐突に問うのであった。