「コーヒールンバ」の検索結果

「コーヒールンバ」に関する情報は見つかりませんでした。
「コーヒー」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話 ひったくり犯?
無料
コーヒープリンス1号店 第1話 ひったくり犯? 少年のような外見からいつも男に間違われるウンチャンは、バイトを掛け持ちして一家の家計を支える頑張り屋。ある日、出前の配達中にひったくりを捕まえる。ひったくりの被害者と一緒にいた男・ハンギョルに謝礼を受け取りに行くが、ウンチャンもひったくりの一味だと誤解された上に、男と間違われてしまう。
第2話 恋人代行
コーヒープリンス1号店 第2話 恋人代行 ウンチャンを男だと思い込んでいるハンギョルの頼みで、ウンチャンはゲイのフリをしてハンギョルの見合いを邪魔するバイトを引き受けることに。一方ユジュは、ハンギョルの従兄弟であり昔の彼氏であるハンソンに会いに行く。2年前に自分を捨ててアメリカに発ったユジュを冷たくあしらうハンソンだが...。
第3話 プリンスになった日
コーヒープリンス1号店 第3話 プリンスになった日 ハンギョルはつぶれかけたカフェの建て直しを祖母に命じられ、内装も名前も変えて男だけを雇う「コーヒープリンス1号店」として再出発させることに。祖母との約束で、3か月で投資額の3倍稼げれば、ハンギョルは晴れてアメリカに戻れる。そして、男であるとウソをついて、ウンチャンもカフェの従業員として働くことになる。
第4話 開店
コーヒープリンス1号店 第4話 開店 いよいよ「コーヒープリンス1号店」がオープンする日。開店を祝いにハンソンがカフェに訪れた。ハンギョルとハンソンが従兄弟であるという事実を知って驚くウンチャンは、自分が女であることをハンギョルに黙っておくよう、ハンソンに口止めするが...。
第5話 社員旅行の夜
コーヒープリンス1号店 第5話 社員旅行の夜 ウンチャンはカフェの同僚・ミンヨプに女だとバレてしまい、口止めをする。そんな中、親睦を深めるためにカフェのみんなで社員旅行に行くことに。りんご農場で過ごした夜に、ハンギョルのユジュへの想いを聞いて、ウンチャンは複雑な気持ちになる。
第6話 惨めな気持ち
コーヒープリンス1号店 第6話 惨めな気持ち ハンソンに誘われたパーティーが、実はハンソンの彼女であるユジュの展覧会開催記念パーティーだったと知り、ウンチャンは傷つく。一方、ウンチャンの妹がネットに上げたプリンスたちの動画のおかげで、カフェはプリンス目当ての女性客で大繁盛。そしてハンギョルは、自分がウンチャンに惹かれ始めたことに気づき始め...。
第7話 恋愛感情?
コーヒープリンス1号店 第7話 恋愛感情? ウンチャンのことが気になってしかたがないハンギョルだが、相変わらず二人の間にはケンカが絶えない。いつもウンチャンの家の事情を引き合いに出すハンギョルに我慢ならないウンチャンは、ケンカした勢いでついに店を辞めてしまう。
第8話 告白
コーヒープリンス1号店 第8話 告白 ウンチャンはハンギョルへの気持ちを抑えきれず、告白してしまう。ハンギョルもウンチャンへの思いを募らせるが、ウンチャンを男だと思っているため、自分が男を好きになってしまったことを思い悩む。そんな折、同様にウンチャンに惹かれているハンソンは、思わずウンチャンにキスをしてしまい...。
第9話 義兄弟
コーヒープリンス1号店 第9話 義兄弟 ハンギョルとウンチャンは義兄弟の約束を交わし、兄と弟という関係で接することに。しかし、ウンチャンと海に出かけたハンギョルは、ウンチャンへの思いを断ち切ろうと考え、カフェを辞めろと冷たくする。そして、ユジュとの関係がぎくしゃくし始めたハンソンは、ユジュを旅行に誘う。
第10話 すれ違い
コーヒープリンス1号店 第10話 すれ違い もう出て来るなと言われても毎日カフェに来続けるウンチャンを避けて、ハンギョルはカフェに現れない。一方、ハンソンの気持ちがウンチャンにあると知ったユジュは、アメリカに戻ることを決意する。また、カフェでは、ハンギョルが提案したプリンスたちによるコンサートが開かれることになり...。
第11話 怒り
コーヒープリンス1号店 第11話 怒り ハンギョルに女であることを打ち明けようとしたウンチャンだが、その矢先に同僚によってバレてしまう。ハンギョルは、ウンチャンが女だという事実を知らなかったのは自分だけだと知り、裏切られたとウンチャンに責め立てるが...。
第12話 仲直り
無料
コーヒープリンス1号店 第12話 仲直り ハンギョルはハンソンやユジュ、ホン社長らに諭されて、ウンチャンと再び元どおりに戻ることに。一方ハンソンは、アメリカに向かうユジュを必死に止めるが、ユジュはハンソンを振り切って空港へ向かう。しかし、ユジュはアメリカには行かず、ハンソンの元にも戻ってこない。
第13話 出生の秘密
無料
コーヒープリンス1号店 第13話 出生の秘密 ハンギョルのアメリカ出発まで1か月を切り、ハンギョルから一緒にアメリカに行こうと誘われ、一度は乗り気になるウンチャンだが、家の事情を理由に断る。また、ハンギョルは、自分の実の両親について真実を知らされ戸惑うが、実の父親が韓国を発つ姿を見送りに空港に向かう。
第14話 家族の反対
無料
コーヒープリンス1号店 第14話 家族の反対 ハンギョルがウンチャンを実家に連れて行き彼女だと紹介すると、祖母と母から猛反対を受ける。店まで押しかけてきて、ハンギョルと引き離そうとウンチャンを説得する二人に対し、ハンギョルは留学に行かないと告げる。そして、ハンソンとユジュの間には子どもが...。
第15話 プロポーズ
コーヒープリンス1号店 第15話 プロポーズ ユジュはハンソンのプロポーズを受け入れ、二人は晴れて結婚することに。二人の結婚式当日、ハンギョルもウンチャンにプロポーズをするが、ウンチャンはバリスタになるという夢のために、今すぐ結婚するのはムリだと断る。
第16話 結婚と夢
コーヒープリンス1号店 第16話 結婚と夢 ハンソンの結婚式でハンギョルの祖母が倒れた。家庭の事情で結婚を拒むウンチャンだったが、祖母の容体を考えると早く結婚した方がいいのだろうかと悩む。そこにハンギョルの祖母がイタリアでバリスタの勉強をしてこいと、ウンチャンに留学話をもちかける。ハンギョルは反対するが...。
第17話 再会の日(終)
コーヒープリンス1号店 第17話 再会の日(終) ついにウンチャンの出発の日がやってきた。イタリアに旅立つウンチャンを、カフェの仲間たちも涙ながらに見送る。そして2年の月日が流れて留学期間が終わる頃、もう1年留学を延ばしてはダメかと、ウンチャンからハンギョルに電話をかけてくるが...。
世界最小クラスの自動ドリップコーヒーメーカーの秘密
無料
アベマショッピング 世界最小クラスの自動ドリップコーヒーメーカーの秘密 【世界最小クラス紙フィルター不要のオーシャンリッチ自動ドリップコーヒーメーカー】 ◎カップに乗せるだけで簡単にハンドドリップを再現 毎分4周・360度回転、約120秒間一定の速度で給湯サーバーが自動回転で動き、ハンドドリップを再現します。 ◎コンパクトで軽量、持ち運び便利 乾電池式で電源不要なのでいつでもどこでも、美味しいコーヒーを淹れることができます。 ◎紙フィルター不要!耐久性の高いステンレスを採用 繰り返し使えるステンレスフィルターは、紙フィルターと違い豆に含まれている油分を取り出しドリップします。抽出の際に本来コーヒー豆の持つ甘みと深い味わいを引き出し、豆の個性がはっきりと味わえます。また、残ったコーヒー粉は水洗いで簡単にお手入れができて、何度も洗えるので紙フィルターよりエコで経済的です。
#443 大人になりたい
ドラえもん #443 大人になりたい 喫茶店のコーヒーを飲んだことがあるスネ夫から、大人の味だとじまんされたのび太は、自分も飲んでみたいとドラえもんに話す。すると、ドラえもんはいろいろな人の姿に変装できるひみつ道具『変装服』を取り出し、これを着て大人に変装し、喫茶店に行ってコーヒーを飲んでみようと言い出す。 変装服を着て、変装したい本人や写真を見つめるだけで変装できると聞いたのび太は、アルバムを見て先生に変装し、ドラえもんと喫茶店へと向かう。ところが、商店街で会ったしずかちゃんから、宿題でわからないところを聞かれ、困ってしまう…。 変装する相手を変えることにしたのび太は、たまたま公園にいた青年に変装し、ドラえもんと共に喫茶店へと入る。ドキドキしながらコーヒーを注文するのび太。その直後、店に入ってきた一人の女性が、のび太たちの前に座り、「大切な話って何?」と話しかけてきて…!?
ワン・サニーデイ~One Sunny Day~ #3
ワン・サニーデイ~One Sunny Day~ ワン・サニーデイ~One Sunny Day~ #3 財布を盗まれ無一文になった男に、女はコーヒーをおごり、代わりに携帯を借りる。仕事の折り返し電話を待つことになった女と、野外ステージの候補地を探す男は、一日行動を共にすることに...。
歯の汚れを落とすホワイトニングスポンジ
無料
アベマショッピング 歯の汚れを落とすホワイトニングスポンジ 【研磨剤不使用!歯の汚れを落とすホワイトニングスポンジ】 歯の汚れを落とすだけでなく、歯をコーティングし汚れの再付着を防ぎます。 コーヒーやタバコ、ワインの着色が気になる方におすすめ!
第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」
無料
フリージ 第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」 「ご近所崩壊?」いつものように4人でウム・サイードの家でコーヒーを飲んでいると、天井から、建材のかけらが落ちてきて、ウム・サイードの頭を直撃。「痛い!」「だから引っ越しなさいって言ってるのよ」とウム・アラウイ。「嫌よ、あたしの家はここ!絶対に引っ越さないわ!」と主張するウム・サイード。「でも、顔見知りがどんどんいなくなっていく。そして、どんどん知らない人が近所に増えていく。」とぼやく。事実、ご近所の人たちは、外国から入ってくる労働者に家を貸して、郊外へ引っ越していく。「あたしがなんとかするわよ!」とウム・ハマスが立ち上がるが、インド人労働者に囲まれ、すぐに撤退。結局、ウム・アラウイの発案で、ご町内の問題解決をする行政機関に依頼する事に。他
第22話 「学芸会」/「正夢」
無料
フリージ 第22話 「学芸会」/「正夢」 「学芸会」  今日も4人でコーヒーを飲んでいると、ドアをノックする音が。窓からそっと覗くと、得たいの知れない外国人女性の姿が。開けてあげると、案山子のような人形が倒れこんできた。「え?死んでる?」「これ人形よ。」と騒いでいると、下からウム・ハマスの母親が出てきた。そこへウム・ハマスの義理の父親も合流。さらにアブードがやってきて「今度の学芸会の歌のコーチをウム・ハマスに頼みたい」と提案するが、「ごめんね、先約が。」ということで、アブードは「優勝できないじゃん」と落ち込んでしまう。夜、学芸会のチラシを捨ててしまうが、窓の下から投げ返ってきた。その主は、ウム・ハマスの母親だった。どうやらアブードの学芸会のコーチになってくれるらしい。学芸会当日、「母への感謝」というテーマで各クラスが出し物を競い、アブードのクラスは拍手喝采を浴びるが、影のコーチ、ウム・ハマスの母親は静かに立ち去るのだった。他
“ポイント還元”ポスター大量送付 店側は困惑
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “ポイント還元”ポスター大量送付 店側は困惑  消費税増税対策として政府から送られてきた貼り切れないほどの大量のポスター。どうしてこんなことになったのでしょうか。  「うちの店はポイント還元5%です」ということを知らせるポスター。店に貼るために経済産業省から送られてきました。ところが、このポスターを巡ってまさかのトラブルが起こっているのです。それは、ポスターの量が多すぎるということです。店内に4枚貼ったらそれで十分。大量のポスターが残りました。  また、別のお店からは「量が多すぎて迷惑だ」なんて声まで聞こえてきます。経産省は「必要と思われる数を一律で送っている。足りないよりは良い」としています。さらに、まさかのトラブルはこれだけではありません。いまだにポイント還元の導入が間に合っていないケースが多いといいます。  さらにさらに、まさかのトラブルは経産省が配信したポイント還元の対象になっているお店を表示するアプリにまで…。例えば、京都の平等院鳳凰堂にガソリンスタンドがあると表示されます。もちろん、間違いです。また、1つの店が何カ所にも表示されたりとユーザーからは使い勝手が悪いという声が上がっています。  地図上に9カ所以上も表示されたコーヒー豆専門店では、キャッシュレス決済を進めるために7社と契約したそうです。  コーヒーローストドルチェバッハ店主・小川貢さん:「複数のQR決済の会社と契約しているが、すっきりと1つにまとめてくれると分かりやすいと思う」  ちなみに、この店でもポスターが余っています。  菅原経済産業大臣:「…
第11話 「99歳、再婚?」/「じゃじゃ馬ならし」
無料
フリージ 第11話 「99歳、再婚?」/「じゃじゃ馬ならし」 「99歳、再婚?」 ウム・ハマスの母は、99歳という触れ込みだが、今回は「あたしゃ求婚されてるんだよ。相手は若い男さ」と告白。そして、その後、ウム・ハマスに母親との結婚の許しを得るために、新郎候補が登場。実は、相当の金持ちだということがわかり、ウム・ハマスは、「なんで、お母ちゃんだけが幸せになるの?なんてあたしじゃないの?」と嘆き、「結婚を強化する条件」として、家族としての契約金、金のネックレス、その他の金品を要求。果たして新郎候補は、その条件をクリアし、ウム・ハマスの母との結婚を許してもらえるのか!? 「じゃじゃ馬ならし」 いつものように4人でウム・サイードの家でコーヒーを飲んでいる。今日は何故かジャミール婆さんが訪ねてきている。「あのね、巡礼の旅に出るの。でね、あたしの娘を何日かここに預かってもらいたいの。一人じゃ物騒でしょ?」「いやよ、子供の世話はこりごり!」とウム・サイードは断るが、ウム・ハマスが「これはジャミール婆さんに仕返しをするためのチャンス」と思い、勝手に引き受けてしまう。到着した娘ジャミーラはとんでもないじゃじゃ馬の現代っ子だった。ジャミーラを無理やり伝統的な女性に変身させようと4人は手を焼くが…。
第17話 「記憶が戻った!」/「観光で大儲け?」
無料
フリージ 第17話 「記憶が戻った!」/「観光で大儲け?」 「記憶が戻った!」 一日中、コーヒーを飲みながらだべっている4人。すっかり外は暗くなったが、遥かかなたから、隕石が地球に向かってきている。ひとしきりウム・サルームのトンチンカンな会話で盛り上がって、お開きとなり、それぞれ家に帰っていく。と、ウム・サルームに隕石が…直撃!翌朝病院で目覚めると、すっかり頭脳明晰で、過去の記憶が全部戻った状態に。ウム・サルームは、諺の記憶競争でも、ウム・サイードも看破し、英語をしゃべり、一転「いやな奴」に。「前のウム・サルームに戻そう!」と、3人はハチャメチャな計画を立てる。 「観光で大儲け?」  ウム・サイードのお茶のみに、今日はウム・ハマスは不在。何でも「新商売のための、打ち合わせ」らしい。そのビジネス・ランチの席では、エジプト人の観光業者がウム・ハマスを口説いている。「共同経営者として、入って欲しいんですわ。儲けは保証しまっせ?ごっつい商売でんねん。」それを聞いたウム・ハマス「自分がトップなら話にのる」と言って、簡単に話が進んで行く。あげく、ウム・ハマス観光のバスまで登場。まるでインチキなご近所ツアーに観光客を連れまわし、金をせしめる始末。さて、ウム・ハマス観光の行く末は…!?
第02話 トーキョーもん
八十亀ちゃんかんさつにっき 第02話 トーキョーもん 昨日拾った八十亀ちゃんの生徒手帳を手に登校する陣。ふと、コメダ珈琲の中を見ると、八十亀ちゃんを見つける。 「高校生がこんな時間にカフェ?!しかも新聞読んでて…何歳だよ?!」八十亀ちゃんに生徒手帳を返し陣はコーヒーとシロノワールを頼む。 …シロノワールはミニサイズを頼むのが常識とも知らずに……。
第1話 「ラマダン」/「ああ、我が人生」
無料
フリージ 第1話 「ラマダン」/「ああ、我が人生」 「ラマダン」 イスラム文化圏でとても大切にされている「ラマダン」は約1カ月続く「断食」の行です。 朝、お日様が昇ってから、夕方お日様が沈むまで、コーヒーさえ口にできません。 最初のエピソードは、ラマダンが始まってからまだ数日という設定から始まります。 4人の未亡人、ウム・サイード、ウム・アラウィ、ウム・サルーム、ウム・ハマスはいつものサイードの家に集まって、おしゃべりをして、その日の断食の終わりを告げる空砲の合図を待っています。 空腹を紛らわせようと、テレビをつけてみますが、宗教的に大切な時期なので、娯楽番組は放送していない。 「ああ~、本当に拷問よね。」「何か面白いのないの?」その中チャンネルが止まったのは…。 「ああ、我が人生」 ウム・ハマスは、4人組の中でも、お金大好き、儲け話大好きで、自分で宴会料理のビジネスをやっている元気なおばあちゃん。 「でもちょっと、働きすぎだから、美容に気を使って、睡眠を大事にしようと思うの」と一念発起。 しかしその夜、ドアをたたく音が。出てみると、「げ!」。 そこには、近所には「死んだ」ことにして、老人ホームに預けた母親の姿が。 この母親、本当にヤバい! 帰って来てしまった招かれざる母親に、なんとか出て行ってもらおうと4人は策をめぐらせる…。
第4羽 ラッキーアイテムは野菜と罪と罰
ご注文はうさぎですか? 第4羽 ラッキーアイテムは野菜と罪と罰 カフェ・ド・マンシーというコーヒー占いを見たココアは、チノにやり方を教えてもらいチノ・リゼ・ティッピーの運勢を占う。その後なぜかココア身に次々と不幸な事が起こっていき…。
第242話 コーヒードリッパー
無料
あたしンち 第199話〜第662話 第242話 コーヒードリッパー “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。