「ゴンさん」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

〔月曜〕#166:酒豪甲子園開幕!井戸田アイドルと乱闘
The NIGHT 〔月曜〕#166:酒豪甲子園開幕!井戸田アイドルと乱闘 第1回酒豪甲子園 芸能界を代表する「酒好き」が一堂に会し、トークやゲームで競う2時間! さらば青春の光・東ブクロが、女の子とのリアル飲み会後に参戦! ウエストランド井口、「いぐちんランド事件」で嘘をつけなかった真相激白。 空気階段・水川かたまり、ラジオで話題の「号泣プロポーズ秘話」を告白! 空気階段・鈴木もぐら、有名プロ野球選手の風俗事情をカミングアウト。 元りあるキッズ安田、行方不明の元相方の裁判沙汰を語る。 ぱいぱいでか美、実はパイ○○だったことが判明! 白幡いちほ、最恐の酒乱発覚でスタジオ混乱?? 河原まゆ、お酒が好きすぎて「居酒屋経営」の実態! 一同、酔っぱらって大変なことに! さらに、酔っ払い組体操で白熱展開? スピードワゴン小沢も泥酔??
第2話 お前は詐欺師か?
運命のように君を愛してる 第2話 お前は詐欺師か? ゴンに恨みのあるパク社長とチェ氏は、ゴンに薬入りの水を飲ませてスキャンダルを起こそうとする。罠にはまったゴンと、間違ってその水を飲んでしまったミヨンはお互いが恋人だと勘違いをし、甘い夜を過ごしてしまう。ゴンはミヨンもパク社長の仲間なのではないかと疑うが...。
第3話 妊娠したみたいです
運命のように君を愛してる 第3話 妊娠したみたいです ゴンとの子供を身ごもったミヨンは、母親にその事実を打ち明けるため故郷のヨウル島へと戻る。ちょうどその頃、島の工場の権利を持つゴンもヨウル島に訪れていた。ついにミヨンはゴンにも妊娠の事実を告げるが、ゴンはなかなか事実を受け止められない。
#1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」 朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。 茫然とする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気づき――。
第6話 子供は渡せません
運命のように君を愛してる 第6話 子供は渡せません 共に暮らすうちに、互いに惹かれていくゴンとミヨン。そんな中ミヨンは、ゴンがヨウル島の工場を悪徳業者に売り払ったことを知ってしまう。深く傷ついたミヨンを見かねたダニエルは、ゴンの目の前でミヨンを抱きしめるが...。
第8話 会いたかった、ゴン!
運命のように君を愛してる 第8話 会いたかった、ゴン! 工場売却の誤解も解け、再び心の距離を縮めていくゴンとミヨン。そんな中、アメリカにいるはずのセラが2人の前に現れた。ゴンはセラに全てを打ち明けようとするが、なかなか言い出すことができない。一方、ミヨンに対する悪質なデマが流れてしまい...。
第17話 ゴンの嘘
運命のように君を愛してる 第17話 ゴンの嘘 再開したセラから3年前の真実を明かされたミヨンは、当時ゴンの態度が急変したことに改めて疑問を持つ。そして韓国を発つ日の朝、ゴンが録音した遺言を聞き心が揺れるミヨン。一方ゴンは社長の職を降りる決心をし、会見を開こうとしていた。
第11話 大事なことを忘れているような・・・
運命のように君を愛してる 第11話 大事なことを忘れているような・・・ ミヨンに関する記憶を失ったゴン。無理に思い出させるのは良くないと周囲が見守る中、ゴンはミヨンに関する悪意あるネット記事を見つけてしまう。記事について否定しないミヨンに冷たい言葉を浴びせるゴンだったが...。
第14話 もう二度と会いたくない
運命のように君を愛してる 第14話 もう二度と会いたくない 偽名で絵を購入したゴンは、ミヨンとメッセージの交換を始める。彼女を励ますゴンの言葉にミヨンは勇気付けられていく。そんな中、チャンイン化学の新たなコラボレーション企画の候補にミヨンの名が挙がり、ゴンとミヨンは再び顔を合わせるようになる。
#10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」
小林さんちのメイドラゴン #10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」 クリスマスも近づいてきたある冬の日。トールは老人ホームで行われるクリスマスパーティーの出し物を頼まれる。 忙しい小林さんに迷惑はかけないようにとトールたちだけで劇をすることになったのだが、小林さんという制御を失ったドラゴンたちが考える劇はやはりハチャメチャな方向に……。 そうしてついに始まるトールたちの劇。小林さんは心配そうな表情でステージを見つめるが――。