「ゴーン 弁護士」の検索結果

今すぐ視聴する

ゴーン弁護団がPC差し押さえ拒否か 事務所立ち入り
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン弁護団がPC差し押さえ拒否か 事務所立ち入り  東京地検はカルロス・ゴーン被告の弁護士の事務所に立ち入りました。ゴーン被告が使用していたパソコンを令状に基づいて差し押さえるためでしたが、弁護士側が拒否したとみられます。  東京地検の係官らは8日午前10時半ごろ、ゴーン被告の弁護人である弘中惇一郎弁護士の事務所に立ち入りました。ゴーン被告を巡っては、保釈の条件で弘中弁護士の事務所で提供されたパソコンしか使用できないと決められていました。東京地検はこのパソコンを任意で提出するよう求めていましたが、弁護団が拒んだということです。東京地検は裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえるために立ち入りましたが、弁護士側が拒否したとみられます。弁護団によりますと、ゴーン被告はほぼ毎日、弁護士の事務所でパソコンを使っていました。東京地検は不法な出国に加担した人物と連絡していたかなどについて調べているとみられます。
弘中弁護士がゴーン被告の弁護人を辞任
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 弘中弁護士がゴーン被告の弁護人を辞任  日産の前の会長でレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告の弁護団のうち、弘中惇一郎弁護士らが東京地裁に弁護人の辞任届を提出したことが分かりました。
ゴーン被告のパソコン 差し押さえに弁護側が拒否
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告のパソコン 差し押さえに弁護側が拒否  カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件で、東京地検は弁護人の事務所からゴーン被告が使っていたパソコンを差し押さえようとしましたが、弁護側は拒否しました。  東京地検の係官らは8日午前10時半ごろ、ゴーン被告の弁護人である弘中惇一郎弁護士の事務所を訪れました。ゴーン被告は保釈の条件で弘中弁護士の事務所で提供されたパソコンしか使用できないと決められていて、弁護団によりますと、ほぼ毎日、事務所でパソコンを使っていたということです。東京地検はこのパソコンを任意で提出するよう求めていましたが、弁護団が拒んだということです。このため、東京地検は裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえるために事務所を訪れましたが、弁護側は差し押さえを拒否しました。弁護団は「刑事訴訟法に基づく押収拒絶権を行使し、帰ってもらった」などと説明しています。弁護士は、依頼者の秘密を守るため令状に基づいた差し押さえを拒否できることが法律で認められています。
ゴーン被告逃亡後、初協議 裁判手続きは今後停止へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告逃亡後、初協議 裁判手続きは今後停止へ  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡後、初めて裁判をどのように進めるか事前に話し合う公判前整理手続きが行われました。  東京地裁で行われた手続きには裁判官と検察官に加えてゴーン被告側の主任弁護人も出席しましたが、弘中惇一郎弁護士は姿を見せませんでした。ゴーン被告とともに起訴されたグレッグ・ケリー被告(63)と弁護人も参加しました。逃亡したゴーン被告の裁判が開かれる見通しは立っていないため、今後の手続きは停止される見通しです。今後は、金融商品取引法違反の罪で起訴されている法人としての日産とケリー被告の裁判の進め方などについて協議するものとみられます。
ゴーン被告の司法制度批判 東京地検次席検事が反論
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告の司法制度批判 東京地検次席検事が反論  カルロス・ゴーン被告の記者会見について、東京地検の次席検事が会見で反論しました。  ゴーン被告は8日の会見で「取り調べが一日8時間に及び、自白を強要された」などと日本の司法制度について批判を繰り返しました。これに対し、東京地検の斎藤隆博次席は「平均の取り調べ時間は一日4時間弱で、取り調べは録音・録画されていて、検察官が自白を強要していないことは明らか」と述べました。また、「弁護士が実効性のない保釈条件を整え、裁判所が保釈したことには非常に不満を持っていた」などと検察が保釈について反対していたことを改めて強調しました。
ゴーン被告使用のPC 東京地裁が差し押さえ認めず
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告使用のPC 東京地裁が差し押さえ認めず  カルロス・ゴーン被告が保釈後に使っていたパソコンについて東京地検が裁判所の権限で差し押さえるよう申し立てましたが、東京地裁は認めませんでした。  ゴーン被告は保釈の条件で、弘中惇一郎弁護士の事務所で提供されたパソコンしか使用できないと決められていました。ゴーン被告の逃亡を受け、東京地検は使用状況を調べるため裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえようとしましたが、弁護団は法律に基づいて拒否しました。その後の関係者への取材で、東京地検が裁判所の権限でパソコンを差し押さえたりするよう申し立てていたことが分かりました。しかし、東京地裁はパソコンを差し押さえないという判断をしました。
ゴーン被告とみられる人物 黒ずくめで防犯カメラに
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告とみられる人物 黒ずくめで防犯カメラに  保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告とみられる人物の姿が都内の防犯カメラに映っていました。  ゴーン被告が逃亡した先月29日午後3時前、東京・港区にある防犯カメラが捉えた映像では、ゴーン被告とみられる人物は全身黒ずくめで帽子をかぶっています。捜査関係者への取材で、ゴーン被告は撮影された時間帯に同じ服装で自宅から港区内のホテルに向かったことが確認されています。一方、その後の関係者への取材で、ゴーン被告が弁護士の事務所で使っていたパソコンについて東京地検が提出を求めていましたが、弁護団が応じていないことが分かりました。東京地検はゴーン被告が不法に出国するにあたって加担した人物などと事前にどのように連絡を取っていたのか調べているとみられ、弁護団に協力を求めていました。
ゴーン被告の密出国が将来ドラマ化?
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 ゴーン被告の密出国が将来ドラマ化? 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
ゴーン被告は何を語る? 暴露会見を予想
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 ゴーン被告は何を語る? 暴露会見を予想 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
会見で評価激落ち!? ゴーン被告の失敗
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 会見で評価激落ち!? ゴーン被告の失敗 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
ステップアップの為? ゴーン会見振り返る
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 ステップアップの為? ゴーン会見振り返る ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
逃亡劇への関与は ゴーン夫人「私は何も知らない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 逃亡劇への関与は ゴーン夫人「私は何も知らない」  8日夜、カルロス・ゴーン被告(65)が逃亡先のレバノンで記者会見を行います。そうしたなか、ゴーン被告の妻のキャロル・ナハス容疑者(53)が報道陣の前で意外な行動に出ました。  レバノンの首都ベイルートにある自宅からゴーン被告の妻とみられる女性が出てきました。笑みを浮かべながら、スマートフォンのようなもので報道陣を逆に撮影しているように見えます。  去年4月、東京地裁で行われた証人尋問で嘘の証言をした疑いで逮捕状が出ているゴーン被告の妻・キャロル容疑者。4カ月前、ANNの取材に応じ、こう話していました。  ゴーン被告の妻、キャロル・ナハス容疑者:「(Q.『釈放』を勝ち取るために今後、何か計画していますか?)妻としてできる限りのことはするつもりですが、今後、どうするかはまだ考えていません」  フランスのメディア「ルモンド」はゴーン被告の逃亡劇を計画したのはキャロル容疑者だと報じる一方、大衆紙「パリジャン」の取材に応じたキャロル容疑者は反論。逃亡には関与していないと否定しています。  保釈の条件で、弁護士事務所にあるパソコンしか使用できなかったゴーン被告ですが、ほぼ毎日それを使っていたといいます。逃亡に加担した人物と連絡を取っていた可能性があるため、東京地検は8日、パソコンを差し押さえようとしましたが、弁護団に拒否されたため今のところ調べられていません。  日本時間の8日夜、ゴーン被告が開く会見について、妻のキャロル容疑者は「彼の人生の中で最も重要な声明を発表しようとしている」と…
ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々 
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々   カルロス・ゴーン被告は8日夜、逃亡先のレバノンで記者会見を行います。数時間後に迫ったゴーン被告の会見はどのような形で行われるのでしょうか。会見が予定されているレバノンの会場前から報告です。  (阿部健士記者報告)  現地は朝から激しい雨が降るなど、あいにくの天気です。会見まで4時間ほどあるにもかかわらず、記者会見場の前には日本メディアをはじめ、世界中のメディアが駆け付けています。ゴーン被告の会見を世界中のメディアが注目しているといえます。会見場で動きがあり、10分ほど前にゴーン被告の弁護士が会場内に入っていきました。これから会見に向けて、色々な打ち合わせをするものとみられます。  そして、8日の会見で取材できるのは主に海外メディアや現地メディアに限られていて、日本メディアはごく限られた数社のみが取材を許されています。そして、会見のスタイルなんですが、フランスメディアは「ゴーン被告が冒頭30分、自らの主張を英語で話し、その後、1時間半ほど質疑応答で英語とフランス語で質問に応じる」と報じています。ただ、一部の現地メディアは質疑応答に関して、「アラビア語のみで応じる」と報じるなど、会見の進め方についても、まだ情報が錯綜(さくそう)している状況です。8日の会見ですが、融和的なメディアをゴーン被告側が選別し、自らの疑惑に対してなるべく厳しい質問が及ばないように進めたうえで、自らの発言をセンセーショナルに世界へ発信したいというゴーン被告の戦略がうかがえます。