「ゴーン 裁判」の検索結果

今すぐ視聴する

ゴーン被告逃亡後、初協議 裁判手続きは今後停止へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告逃亡後、初協議 裁判手続きは今後停止へ  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡後、初めて裁判をどのように進めるか事前に話し合う公判前整理手続きが行われました。  東京地裁で行われた手続きには裁判官と検察官に加えてゴーン被告側の主任弁護人も出席しましたが、弘中惇一郎弁護士は姿を見せませんでした。ゴーン被告とともに起訴されたグレッグ・ケリー被告(63)と弁護人も参加しました。逃亡したゴーン被告の裁判が開かれる見通しは立っていないため、今後の手続きは停止される見通しです。今後は、金融商品取引法違反の罪で起訴されている法人としての日産とケリー被告の裁判の進め方などについて協議するものとみられます。
ゴーン被告は「潔白なら堂々と裁判を」 森法務大臣
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告は「潔白なら堂々と裁判を」 森法務大臣  森雅子法務大臣は改めて会見を開き、カルロス・ゴーン被告について「潔白なら堂々と裁判を受けるべきだ」と述べました。  森雅子法務大臣:「ご自分が経済活動を行っていた我が国の司法制度のもとで裁判を受け、身の潔白を主張するのであれば、証拠を出して具体的に立証活動をするべきである」  森大臣は今後、日本でゴーン被告の裁判を行うのは簡単ではないが、政府として粘り強く追及したいと述べました。
ゴーン被告使用のPC 東京地裁が差し押さえ認めず
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告使用のPC 東京地裁が差し押さえ認めず  カルロス・ゴーン被告が保釈後に使っていたパソコンについて東京地検が裁判所の権限で差し押さえるよう申し立てましたが、東京地裁は認めませんでした。  ゴーン被告は保釈の条件で、弘中惇一郎弁護士の事務所で提供されたパソコンしか使用できないと決められていました。ゴーン被告の逃亡を受け、東京地検は使用状況を調べるため裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえようとしましたが、弁護団は法律に基づいて拒否しました。その後の関係者への取材で、東京地検が裁判所の権限でパソコンを差し押さえたりするよう申し立てていたことが分かりました。しかし、東京地裁はパソコンを差し押さえないという判断をしました。
ゴーン被告批判 法務大臣「看過できるものでない」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告批判 法務大臣「看過できるものでない」  日本では森まさこ法務大臣が異例の臨時会見を開き、「到底、看過できるものではない」とカルロス・ゴーン被告の主張を批判しました。  森まさこ法務大臣:「国外に逃亡し、刑事裁判そのものから逃避したわけであって、それを正当化するために国内外に向けて我が国の法制度や運用について誤った事実をことさらに喧伝(けんでん)するものであって、到底、看過できるものではございません」  さらに、森大臣はゴーン被告に対して「主張すべきことがあるのであれば、日本の司法制度において公正な裁判所の判断を仰ぐべきだ」と述べました。また、東京地検も「有罪判決が得られる証拠を収集し、起訴した」「ゴーン被告の主張は不合理で、全く事実に反している」などとするコメントを発表しています。
ゴーン被告会見後に心境語る「自由とは甘いものだ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告会見後に心境語る「自由とは甘いものだ」  カルロス・ゴーン被告は会見直後にCNNの単独インタビューに応じ、「失うものは何もなかった」と逃亡に至った心境などを明らかにしました。  カルロス・ゴーン被告:「(最初のフライトは)レバノン行きではなかった。別の場所に着陸する予定だった。でも、ほっとした。本当にほっとした。自由だと感じた」「(Q.隠れていたケースの中はどうだった?)ノーコメントだ。どのような形であれ、自由とは甘いものだ」  ゴーン被告は「失敗しないか不安はあったが、失うものは何もなかった」と逃亡を決意した動機を語りました。また、今後、「容疑について裁判を受ける」と強調しつつ、「日本では公正な裁判を受ける可能性はゼロ」だとし、自らの正当性を改めて主張しました。
「クーデターの証拠ある」ゴーン被告 会見で公表か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「クーデターの証拠ある」ゴーン被告 会見で公表か  レバノンに逃亡した日産の前会長、カルロス・ゴーン被告が自身が逮捕されたことなどをクーデターだと主張し、関与した日本政府関係者などの名前を8日の会見で明らかにするとアメリカのメディアが報じました。  アメリカのフォックス・ビジネスのキャスターが先週末に「ゴーン被告と話した」として報じました。ゴーン被告は自身の逮捕や日産会長の解任などはクーデターで、「実際の証拠がある」と主張したということです。そして、8日の会見で関与したとする人物の名前を明らかにする方針で、日本の政府関係者も含まれるということです。ゴーン被告は「彼らが私を引きずり下ろしたかった」と主張し、日産とルノーの経営統合を進めようとしたことが原因だという認識を示したということです。  一方、フランスのルメール経済財務相はラジオ番組でゴーン被告について「裁判を逃れるものではない。一定の懸案をとがめられていて、それに対しては裁判で答えねばならない」と述べました。ゴーン被告はオランダにあった日産とルノーの統括会社でも不正流用の疑いが浮上していて、ルメール氏は日産側の合意が得られればこの件も法的な調査を求める準備があることを示唆しました。  また、フランスのルドリアン外相はゴーン被告がレバノン入国の際にフランスのパスポートを使ったとされることについて「私の知る限り、使われていない」と述べました。
レバノン ゴーン被告擁護論に陰りも
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 レバノン ゴーン被告擁護論に陰りも  カルロス・ゴーン被告の逃亡先のレバノンでは被告を擁護する声が聞かれる一方、一部の国民からは批判の声も上がっています。  デモ参加者:「ゴーン被告が日産の会長だったのは知っているが、彼はレバノン政府と同様に腐敗した人物です」「彼はヒーローではない。もし、この国が腐敗していないなら、日本で裁判を終わらせた後にレバノンに来させるべきです」  汚職が蔓延(まんえん)するレバノンでは撲滅を訴える反政府デモが続いていて、国内で英雄視されるゴーン被告の擁護論にも陰りが見えつつあります。
ゴーン被告のパスポート3通 東京地検が差し押さえ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告のパスポート3通 東京地検が差し押さえ  レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告(65)のパスポート3通を東京地検が差し押さえたことが分かりました。  東京地検はゴーン被告が不正な手段を使って出国したとして、出入国管理法違反の疑いで捜査しています。その後の関係者への取材で、東京地検が5日に裁判所の令状に基づいてゴーン被告のパスポート3通を差し押さえたことが分かりました。パスポートはフランス、レバノン、ブラジルのもので、弁護団の事務所で保管されていました。東京地検は他にもゴーン被告が使っていたパソコンなどの提出を弁護団に求めていて、警察と連携して出国のいきさつを解明する方針です。
ゴーン被告の司法制度批判 東京地検次席検事が反論
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告の司法制度批判 東京地検次席検事が反論  カルロス・ゴーン被告の記者会見について、東京地検の次席検事が会見で反論しました。  ゴーン被告は8日の会見で「取り調べが一日8時間に及び、自白を強要された」などと日本の司法制度について批判を繰り返しました。これに対し、東京地検の斎藤隆博次席は「平均の取り調べ時間は一日4時間弱で、取り調べは録音・録画されていて、検察官が自白を強要していないことは明らか」と述べました。また、「弁護士が実効性のない保釈条件を整え、裁判所が保釈したことには非常に不満を持っていた」などと検察が保釈について反対していたことを改めて強調しました。
ゴーン弁護団がPC差し押さえ拒否か 事務所立ち入り
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン弁護団がPC差し押さえ拒否か 事務所立ち入り  東京地検はカルロス・ゴーン被告の弁護士の事務所に立ち入りました。ゴーン被告が使用していたパソコンを令状に基づいて差し押さえるためでしたが、弁護士側が拒否したとみられます。  東京地検の係官らは8日午前10時半ごろ、ゴーン被告の弁護人である弘中惇一郎弁護士の事務所に立ち入りました。ゴーン被告を巡っては、保釈の条件で弘中弁護士の事務所で提供されたパソコンしか使用できないと決められていました。東京地検はこのパソコンを任意で提出するよう求めていましたが、弁護団が拒んだということです。東京地検は裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえるために立ち入りましたが、弁護士側が拒否したとみられます。弁護団によりますと、ゴーン被告はほぼ毎日、弁護士の事務所でパソコンを使っていました。東京地検は不法な出国に加担した人物と連絡していたかなどについて調べているとみられます。
ゴーン被告のパソコン 差し押さえに弁護側が拒否
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告のパソコン 差し押さえに弁護側が拒否  カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件で、東京地検は弁護人の事務所からゴーン被告が使っていたパソコンを差し押さえようとしましたが、弁護側は拒否しました。  東京地検の係官らは8日午前10時半ごろ、ゴーン被告の弁護人である弘中惇一郎弁護士の事務所を訪れました。ゴーン被告は保釈の条件で弘中弁護士の事務所で提供されたパソコンしか使用できないと決められていて、弁護団によりますと、ほぼ毎日、事務所でパソコンを使っていたということです。東京地検はこのパソコンを任意で提出するよう求めていましたが、弁護団が拒んだということです。このため、東京地検は裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえるために事務所を訪れましたが、弁護側は差し押さえを拒否しました。弁護団は「刑事訴訟法に基づく押収拒絶権を行使し、帰ってもらった」などと説明しています。弁護士は、依頼者の秘密を守るため令状に基づいた差し押さえを拒否できることが法律で認められています。