「サネアツ」の検索結果

「サネアツ」に関する情報は見つかりませんでした。
「サネ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第6話 パーティ・ナイト
新機動戦記ガンダムW 第6話 パーティ・ナイト 秘密を知りすぎたリリーナを殺さねばならないヒイロ。だが学園祭の夜、OZのMSに襲われたリリーナをヒイロは無意識のうちに救ってしまう。
第7話 おぬし、別のキツネの匂いがするのう
世話やきキツネの仙狐さん 第7話 おぬし、別のキツネの匂いがするのう 仙狐さんとの晩御飯を終え、食器を下げようと立ち上がった中野くんに衝撃が走る!日々の運動不足と会社での慣れない肉体作業によってすっかり腰を痛めてしまった中野くん。そんな彼の体の凝りをほぐさねばと意気込む仙狐さんの、すっと足を差し出しながら放たれた一言に中野くんは我が耳を疑うのでした。「わらわが踏んでやるのじゃ!」
第6話 ゆるさねぇ!!
メジャー 第4シリーズ 第6話 ゆるさねぇ!! 3Aのクーガーズに落ちた吾郎は、合流初日、監督の求めに応じて、いきなりファルコンズ戦に登板することになった。わずかな間に練習した変化球を織りまぜて、ファルコンズ打線を抑えていく吾郎。それを受けるキャッチャーのフォックスは、吾郎の器用さに驚くが、その一方で不安もいだいていた…。
第61話 藍染、立つ!恐るべき野望
BLEACH 第61話 藍染、立つ!恐るべき野望 四十六室で雛森と日番谷を倒した藍染は、ギン・東仙と供にルキアの処刑場へ向かう。そこには東仙によって恋次とルキアも強制移動させられていた。朽木ルキアを置いてさがれ、と恋次に迫る藍染。死んだはずの藍染の登場に驚愕する恋次とルキア。一方四番隊副隊長の勇音(いさね)は、縛道(ばくどう)の七十七「天挺空羅(てんていくうら)」を使って藍染が生きていたことと中央四十六室を全滅させて自らが成り代わっていたことなどを他の死神達に伝える。
#77 女性記者のリアル
無料
Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜 #77 女性記者のリアル 今回のテーマは「女性記者のリアル」。 女性が増えたとはいえ、いまだにニュースの世界は男社会。少数派の女性は働きづらい?記者として報道現場を駆け回った女性たちの本音に迫ります。 「そんなことテレビで言っちゃっていいの?」...いいんですAbemaTVですからタブーに挑戦します。
第11話 混乱と把握
無料
オーバーロード 第11話 混乱と把握 シャルティアが反旗を翻した──不測の事態に混乱しながらも、アインズはまずシャルティアの居場所を探すことに。<水晶の画面(クリスタル・モニター)>に映し出されたシャルティアは、森の中で立ち尽くし、手には神器(ゴッズ)級の武器があった。シャルティアが必殺の武器を出さねばならない事態に陥っていることに、衝撃を受けるアインズ。急ぎ現地に向かおうとするが、冒険者ギルドからヴァンパイア出現の知らせを受ける。
#4:キスしたい…魔性の唇に試された王子
私の年下王子さま Winter Lovers #4:キスしたい…魔性の唇に試された王子 「あなただけを想っている。この気持ちは、知っておいてほしい」三角関係が入り乱れる京都旅行も2日目へ突入。朝イチで執事が下した指令は、当たりを引いた王子1人だけが女子を指名してデートできるというもの。残されるメンバーはグループで過ごさねばならない中、この2人きりデートの権利を手にした王子に指名されたのはUだった。「好きってなったら、付き合ってなくても、キスしたい」「キスしないと、相手との相性がわからないから」するのはもちろん、唇で。ずっとそう言ってきたUに対し独占デートを楽しむ王子は、ある決心をする。一方、残りのメンバーにもチャンスタイムがやってきた。当たりを引けた王子だけに許される、温泉混浴。そして、夜。ついにオトナ女子と王子による強制リタイア投票が始まった。
第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」
無料
とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完全記憶能力によって脳が圧迫されるせいでも、一〇万三〇〇〇冊の魔道書を記憶しているせいでもなかった。わずかな違和感から、上条はその事実にたどり着き、教会の手により、インデックスの脳のほとんどを使用して仕掛けられていた「何か」を、右手の「幻想殺し(イマジンブレイカー)」で破壊する。それと同時に発動する「聖ジョージの聖域」。インデックスの脳に収められた魔道書を狙うものたちを排除すべく、次々と術式が展開される。ステイルと神裂の助けを借りて、上条の右手は、神の作った幻想をぶち壊すことができるのか――。

おすすめの作品

第二十四番 夢の続き
火ノ丸相撲 第二十四番 夢の続き 互角の戦いを繰り広げる久世と火ノ丸。幼少の頃から孤高に相撲の技を磨いてきた久世と、生まれ持った体格のハンデを乗り越えて戦い続けた火ノ丸は、戦いを通じて互いの強さを認め合い、そして己の全てをぶつけ合う。
第三番 草薙剣
火ノ丸相撲 第三番 草薙剣 監督として加入した辻 桐仁(つじ・きりひと)は、全国大会を目指すための第一歩として、関東最強の栄華大附属高校との練習試合を決行する。桐仁に未だ半信半疑な部員達だったが、言われるがまま栄華大へ向かう。そこにはかつて火ノ丸の前に大きく立ちはだかったライバル、国宝・草薙=久世草介(くぜ・そうすけ)がいた。
第六番 魁!!柴木山部屋
火ノ丸相撲 第六番 魁!!柴木山部屋 柴木山部屋での特訓を行うことになった火ノ丸。しかし力士達はあまりにも小さな火ノ丸をまともに扱うことはなかった。しかし火ノ丸は、高校生離れした実力をプロの力士達に見せつけ、力づくで力士として認めさせた。緩んだ雰囲気は一気に引き締まり、稽古も白熱する中、それを影から見つめる不気味な視線が・・・。
第九番 鬼と月
火ノ丸相撲 第九番 鬼と月 激しい緊張感の中、2人の国宝「鬼丸国綱」と「三日月宗近」の大将戦の火ぶたが切って落とされた。火ノ丸は沙田の身のこなしに苦戦を強いられ、これまで磨いてきた「鬼車」も「鬼嵐」も封じられる。二点同時攻撃の「百鬼薙ぎ」を繰り出すも、反対に沙田の鋭い「双月」が火ノ丸の身体をついに捕えた。
第十四番 インターハイ開幕
火ノ丸相撲 第十四番 インターハイ開幕 小関の度胸試しと偵察を兼ねて金沢北高に乗り込む千比路、小関、堀の3人。対する北高の主将・相沢は3人を相手にせず、「伝統が無く、歴史が浅い」とダチ校相撲部を批判し、ショックを受ける小関であったが…。一方、柴木山親方に稽古をつけてもらった蛍は、監督として稽古を見守っていた桐仁にある想いをぶつける。
第十五番 鬼丸国綱と童子切安綱
火ノ丸相撲 第十五番 鬼丸国綱と童子切安綱 全国高等学校相撲選手権大会が開幕。順調に個人戦を勝ち進み、ついに火ノ丸は高校横綱・天王寺獅童との対決を迎える。全身全霊でぶつかっていくが、相手の動きを研究し尽くした天王寺にはまるで通用しない。体格差もあり体力を消耗する火ノ丸に、天王寺が襲い掛かる。
第十八番 僕の克ち方
火ノ丸相撲 第十八番 僕の克ち方 邪道と言われる変化を磨いてきた蛍は、真っ向勝負で戦っている火ノ丸の相撲を汚してしまうのではないかと悩みを抱えてきた。それでも「一勝」を掴みとるため、自分よりもはるかに体格の優れた相手に戦いを挑む。そして変化が読まれている中、蛍はある秘策を繰り出す。
第十九番 弱き心に、強き意志
火ノ丸相撲 第十九番 弱き心に、強き意志 鳥取白楼相撲部のナンバー2、加納と千比路の対戦。加納の圧倒的な相撲の才能の前に苦戦する千比路であったが、持ち前の格闘センスを活かした多彩な技で応戦する。しかし、追い込まれたことで逆に闘志に火がついた加納の両腕が千比路のまわしを捕えた。
第二十三番 発気揚々
火ノ丸相撲 第二十三番 発気揚々 インターハイ団体戦、副将戦。生まれも環境も全く違うが、幼い頃に見た横綱・大和国に憧れて相撲を始めた経歴を持つダニエルと小関はお互いの相撲観に親近感を持ちながら、正面から対峙するのであった。そしてついに大将戦。最大のライバル同士である火ノ丸と久世の対決の火蓋が切られた。
第四番 ダチ高の五人目
火ノ丸相撲 第四番 ダチ高の五人目 早朝のワカメ漁など、次々と奇妙な特訓を命じる桐仁。それは不安定な船上でバランスを鍛えるための特訓だった。部員達は桐仁の指導に感心しつつも、経歴と実力が不明なため不信感を抱え、ついには不満を爆発させてしまう。監督としての実力を示すため、桐仁は全くの素人である1年生の三ツ橋蛍(みつはしけい)を使って他の部員達を倒すと宣言をする。