「サンジ」の検索結果

今すぐ視聴する

2020年2月13日放送
無料
サン・ジェルマン伯爵は知っている 2020年2月13日放送 【隔週木曜 深夜2時21分放送 ※一部地域を除く】 最先端を先取りする様々な情報やコンテンツを“タイムトラベラー”サン・ジェルマン伯爵が紹介!! 次世代ブレイク女優・小川紗良がMC初挑戦の「近未来予想バラエティ」!! ゲスト:朝日奈央 いまやバラエティ女王!?朝日奈央が番組MC・さらたんにバラエティ指南?バレンタインのマル秘思い出&まだ間に合う!?バレンタイン用のおすすめ“ご褒美チョコ” 目指せスマイルシンデレラ!さらたんがゴルフ初挑戦で大波乱!? 話題の新ドラマ「鈍色の箱の中で」キャストからSPコメント!キスシーンの嵐…ドラマの見どころを紹介! Slipknotボーカル、コリィ・テイラーからメッセージ!大人気フェス「KNOTFEST」情報!
Season2 #4:月ノ美兎、ピッチャーのコスプレを披露
無料
にじさんじのくじじゅうじ - Season2 Season2 #4:月ノ美兎、ピッチャーのコスプレを披露 飛び出せ!にじさんじ:『月ノ美兎の栄光の月を目指すのだ!!~前編~』月ノ美兎が、バッティングセンターでバーチャルピッチャーを目指す?/白熱にじさんじ:『マリオカート ダブルダッシュ』マリオカートシリーズ唯一の"二人乗り"で、息ピッタリにゴールを目指せ/VSにじさんじ:『メンタリストにじさんじ』ライバーのリスナー理解度やいかに/今日のカラオケ当番:剣持刀也&天川さくら/エンドカード
Season2 #5:月ノ美兎、バッティングセンターのピッチャーに
無料
にじさんじのくじじゅうじ - Season2 Season2 #5:月ノ美兎、バッティングセンターのピッチャーに 飛び出せ!にじさんじ:『月ノ美兎の栄光の月を目指すのだ!!~後編~』ついに魔球を生み出した月ノ美兎。バッティングセンターに乗り込み、自らの体をピッチングマシーンに投影してくれるよう交渉に向かうが…?/白熱にじさんじ:『スプラトゥーン2』ニンテンドースイッチ屈指の名作、スプラトゥーンで塗り合わなイカ?わんだ〜らんど(リーダー・静凛、月ノ美兎、物述有栖、家長むぎ)vs剣持刀也とあまがえる(リーダー・剣持刀也、樋口楓、える、天川さくら)、4対4のナワバリバトル!/VSにじさんじ:『ランキングにじさんじ』リスナーから事前に募集したにじくじ7の様々な格付けランキングの順位を予想しろ!/今日のカラオケ当番:タイムマシーン・山本/エンドカード
Season2 #6:バーチャルライバー月ノ美兎、静凛、樋口楓、女子校に行く
無料
にじさんじのくじじゅうじ - Season2 Season2 #6:バーチャルライバー月ノ美兎、静凛、樋口楓、女子校に行く 飛び出せ!にじさんじ:『美兎 凛 楓の女子校物語』にじさんじのJK組(月ノ美兎、静凛、樋口楓)がリアル女子校(淑徳与野高校)に/白熱にじさんじ:『1-2-Switch』連敗続きのチーム「剣持刀也とあまがえる」、今日はしっぺ返しをくらわせられるか/VSにじさんじ:『あなたならどうする?にじさんじ』ライバー攻略リアルシミュレーション。様々な舞台で、ライバーの求める正解を選択できるか/今日のカラオケ当番:JK組(月ノ美兎、静凛、樋口楓)/エンドカード
Season2 #7:最終回 にじくじ、そして伝説へ・・・
無料
にじさんじのくじじゅうじ - Season2 Season2 #7:最終回 にじくじ、そして伝説へ・・・ 飛び出せ!にじさんじ:『美兎 凛 楓の女子校物語 後編』にじさんじのJK組(月ノ美兎、静凛、樋口楓)がリアル女子校に潜入/振り返りにじさんじ:特設「にじくじミュージアム」に入って、にじくじの思い出を振り返ろう/エンディング:メンバーからメッセージ/今日のカラオケ当番:にじくじ7/エンドカード
第十一幕 ピストル大名の冒険~火縄丸数え歌~
DRIFTERS 第十一幕 ピストル大名の冒険~火縄丸数え歌~ 豊久たちの前に現れたサン・ジェルミはオルテ帝国へのクーデターの企てを持ちかける。信長は利益と打算で動いている間はサン・ジェルミはむしろ信頼できるとして、計画に協力することを決断しオルテ帝国の首都ヴェルリナへと向かう。 サン・ジェルミの議会操作による無血開城が行われると思いきや、黒王軍・ラスプーチンによる烽火があがり、ドリフターズと黒王軍の直接対決となる首都攻防戦が幕を開ける。
第6話 なんという美少女…いや母さんじゃなくて。その格好で近寄るなやめろ。
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第6話 なんという美少女…いや母さんじゃなくて。その格好で近寄るなやめろ。 白瀬の根回しもあり真々子も学園に登校して、メディママと同じように真人たちの授業を参観することになった。 自分の魔法が通用しない真々子に対して、メディママは強いライバル心を燃やす。 さらに真々子はアイテムクリエイションの授業で行われた調理実習では、一緒に料理を始めてしまったり、水泳の授業では旧スク水姿で参加したりと天真爛漫な行動の連続。 水泳ではメディママも自信満々でセクシー水着姿を披露するが、真々子ばかりが人気で怒りがメラメラ。 そんなメディママを見て、嘲り毒づく声を真人は聞く。
第18話「危険な賭け」
無料
TWO WEEKS 第18話「危険な賭け」 事件のすべてを解決できるカメラをイルソクから取り戻そうと、ジェギョンに協力を求めるテサン。ジェギョンはテサンの策を受け入れ、危険を覚悟で挑む彼に気をつけてと話す。テサンは逃走を助けてくれたチグクから、イルソクの家の構造を聞き出すことに。さらに、質店に録音機を仕掛け、イルソクの手下たちを罠にハメる。
第1話 神の宴(パーティー)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第1話 神の宴(パーティー) 18階層にて黒い階層主(ゴライアス)を撃破し、無事に生還した【ヘスティア・ファミリア】所属のベル・クラネル。ダンジョン探索の合間に開かれたささやかな酒宴。その席でベルは、他の冒険者から、あからさまな挑発を受け、乱闘騒ぎを起こしてしまう。乱闘騒ぎの相手は【アポロン・ファミリア】。その団長であるLv.3の冒険者、ヒュアキントスを相手に、ベルは完膚なきまでに叩きのめされる。  そして後日、ベルとヘスティアのもとに一通の書状が。それは、アポロンが主催する神の宴への招待状だった――
第4話 戦争遊戯(ウォーゲーム)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第4話 戦争遊戯(ウォーゲーム) 神酒(ソーマ)の魅惑に打ち克ったリリ、友を助けんと名乗りを上げたヴェルフと命の三名が新たに【ヘスティア・ファミリア】に改宗(コンバージョン)。更にヘルメスの助力もあって、派閥外の助っ人としてリューが参戦。未だ歴然とした物量の差はあれど、ベルたちを取り巻いていた絶望的な状況には、光明が差し始めていた。  迎えた【戦争遊戯】当日。好奇、憂慮、期待、信頼――迷宮都市(オラリオ)中の様々な目が見守る中、リューの魔剣が、命の魔法が、開戦の狼煙を上げる――
第8話 殺生石(ウタカタノユメ)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第8話 殺生石(ウタカタノユメ) 春姫を身請けするため、ダンジョンに潜り、モンスターを狩り続けるベルたち。しかし、ダンジョン内の食料庫(パントリー)で突如襲撃してきた【イシュタル・ファミリア】により、ベルと命は捕らわれの身となってしまう。  拘束され、監禁された状態で目を覚ましたベル。眼の前には、肉欲を剥き出しにし、ベルを慰み者にせんとするフリュネの姿が。恐ろしい第一級冒険者に手篭めにされ、廃人となるまで絞り尽くされる――悪夢すら生易しいと思えてしまう現実からベルを救ったのは、またしても春姫だった――
第10話 英雄切望(アルゴノゥト)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第10話 英雄切望(アルゴノゥト) 捨て身の行動により命が開いた血路に飛び込み、殺生石を砕いたベル。その状況にあってなお、救いを求めようとはしない春姫に、ベルは思いの丈を叩きつける。春姫の本当の願いを聞かせてほしいと。  詠唱された『階位昇華(レベルブースト)』の妖術が加護を与えた先はベル・クラネル。偽りなき願いを叫ぶ春姫を背に、ベルは第一級冒険者たるフリュネを迎え撃つ。  同刻、紅く燃え盛る歓楽街の一角。その中心にはオラリオ最強の冒険者、そして――最強を束ねる美の女神(フレイヤ)の姿が――
第11話 進軍(ラキア)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第11話 進軍(ラキア) 女神イシュタルの天界への強制送還を以て歓楽街の一角は壊滅。春姫も晴れて解放され【ヘスティア・ファミリア】へ改宗(コンバージョン)も決まった。  そんな中、国家系派閥【アレス・ファミリア】によるオラリオ襲撃の一報がもたらされるものの……圧倒的な戦力を有する迷宮都市が普段の営みを乱すことはなく。ベルも穏やかな日常を送っていたが、ほんの些細な言葉の行き違いから、ヘスティアが本拠地(ホーム)を飛び出してしまう――
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII PV
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII PV その街には多くの神々が住まい、 その街の中心には地中奥深く――深淵へと至る『ダンジョン』が存在する。 その街の名は迷宮都市オラリオ。 女神ヘスティアと冒険者ベル・クラネルは、 相も変わらず主神とたったひとりの眷族という最小構成。 だが、世界最速のランクアップという偉業を成し遂げたベルには、 これまでにないほどの視線が注がれ始めていた―― 迷宮・出逢い、そして冒険――これは再び綴られ始めた、 ──少年が歩み、女神が記す 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
第2話 太陽神(アポロン)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第2話 太陽神(アポロン) 神の宴で主催者のアポロンから、ベルを賭けた派閥間の決闘――【戦争遊戯(ウォーゲーム)】を持ちかけられたものの、これを断固拒否したヘスティア。しかし翌朝、ベルとヘスティアの本拠地(ホーム)に【アポロン・ファミリア】の襲撃が。アポロンが気に入った子供は、地の果てまで追い回される――かつて同じ憂き目に合ったダフネとカサンドラから、そう聞かされるベル。  街中に追手が配置され、ベルとヘスティアが提案を呑むまで、どこまでも追い込む……それこそがアポロンの狙いだった。そしてヘスティアを連れ、逃げ惑うベルの前に、【太陽の光寵童(ポエブス・アポロ)】ヒュアキントスが立ちはだかる――
第3話 集結(コンバージョン)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第3話 集結(コンバージョン) タケミカヅチやミアハの協力を得たことで【アポロン・ファミリア】の襲撃を切り抜け、アポロンに宣戦布告を叩きつけたヘスティア。ベルをアイズとの特訓に向かわせ、自身はアポロンとの【戦争遊戯(ウォーゲーム)】開催に伴う交渉に臨むことに。  一方で団長・ザニスの手により、半ば強引に【ソーマ・ファミリア】に連れ戻されたリリ。必死の思いで主神・ソーマに派閥からの脱退を願うものの、聞き入れらることはなかった。  アポロンとの交渉を終え、タケミカヅチ、ミアハと共にリリの救出に向かうヘスティア。ベルとの約束を果たすため、そして大切な仲間を救い出すために――
第5話 竈火の館(ホーム)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第5話 竈火の館(ホーム) 【戦争遊戯(ウォーゲーム)】に見事勝利し、ベルを守りきった【ヘスティア・ファミリア】。リリも正式な手続きを経て改宗(コンバージョン)を済ませたことで、派閥は主神も含め総勢五名に。本拠地(ホーム)についても、先の騒動で破壊された教会に代わり【戦争遊戯】の副産物として手に入れた【アポロン・ファミリア】の巨大な館に引っ越し、新たな門出としては、まさに順風満帆。  更に特筆すべきは、史上最速でLv.3に到達という快挙を成し遂げたベル。それに伴い、派閥の名声はうなぎのぼり。この機を逃すまいと、ヘスティアは更なる団員の増強を画策するが――
第6話 淫都(イシュタル・ファミリア)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第6話 淫都(イシュタル・ファミリア) 夜な夜な不審な動きを見せ、出歩く命を心配し、後をつけることにしたベル、リリ、ヴェルフの三名。【タケミカヅチ・ファミリア】の友人である千草と合流し、命が向かった先は、オラリオが誇る、もうひとつの顔――大歓楽街だった。  命と千草が歓楽街を訪れた理由は、昔なじみの友人が働いているという噂を聞きつけたからという話……だが、尾行のさなか人混みに揉まれて、ベルは仲間たちとはぐれてしまう。そして、迷い込んだ歓楽街で、肉感的な魅力を放つ娼婦・アイシャに目をつけられ、半ば強引に彼女の客となることに――
第7話 狐人(ルナール)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第7話 狐人(ルナール) 娼館で出会った狐人(ルナール)の娼婦・春姫の助けで、アマゾネスの娼婦たちから命からがら逃げ出し、なんとか貞操を守りきったベル。だが、望まぬ形で娼婦となり、助けられる資格もないと救いを諦めている春姫に、疑問を覚える。  更に命の尋ね人が当の春姫であったこと、そして彼女が所属する【イシュタル・ファミリア】が第一級冒険者まで擁する大派閥で、非常に狡猾で好戦的であることを知らされ、ベルの疑問は、苦悩へと変わっていく。その頃、フレイヤを目の敵にするイシュタルは、ベルがフレイヤの寵愛の対象であることを知ることに――
第9話 戦闘娼婦(バーベラ)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第9話 戦闘娼婦(バーベラ) 術者の生命と引き換えに、狐人(ルナール)が持つ妖術を無制限に使用可能とするアイテム『殺生石』。『階位昇華(レベルブースト)』という破格の妖術を有する春姫の過酷な運命を知り、立ちつくすベル。脆い覚悟をアイシャに見透かされ、言い返すことすらできなかった。  ベルが憧れ、そうありたいと願う英雄の姿とは――為すべき行動を思ったとき、ベルの右手が白い輝きを放ち始める。『春姫の英雄』になることを誓ったベルは立ち上がり、再度【イシュタル・ファミリア】の本拠地(ホーム)へ乗り込む――たったひとりの少女を救うために。
第12話 女神と眷族(アイノウタ)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第12話 女神と眷族(アイノウタ) オラリオを襲撃中のアレスに捕らえられてしまったヘスティア。アイズやアスフィの協力もあり、ヘスティアの元に辿り着いたベルだが、不慮の事故により、ベル、ヘスティア、そしてアイズは谷底の濁流に呑まれてしまう――  ベルたちが流れ着いた先は山間の集落・エダス村。強大なモンスターの庇護に預かる平和な村で、ベルとアイズは、体調を崩したヘスティアの看病、そしてアレスの動向を警戒しつつ、村の世話になることに。ヘスティアの回復を見守る日々の中、村では豊穣を祈願する祭の日が近づいていた――
第十幕 Baba Yetu
DRIFTERS 第十幕 Baba Yetu 人類を廃滅し地上に新たな文明を作るために黒王は六大竜の一匹である青銅竜を軍門に下らせ、亜人たちに耕作をさせ文字を作り、多種族一体化の準備を始める。 時を同じくして信長は次なる戦への備えに鉄砲の量産を開始し、豊久はドワーフ軍を鍛錬する。そんな折、豊久たちの前にオルテの国政を左右する大藩治公サン・ジェルミが現れる。
第六幕 MEN OF DESTINY
DRIFTERS 第六幕 MEN OF DESTINY ついに城館に入り込んだ豊久は、迷いなくエルフの女たちを助けに向かうが、そこで見た光景に激昂し兵を皆殺しにしようとする。真直ぐな気質の豊久を汚させまいとする信長はその頭を殴りつけ昏倒させると、命令の指揮を奪い取り兵士を一人残らず始末した。オルテ帝国・帝都ヴェルリナでは、年齢不詳のオカマ、サン・ジェルミ伯が従者を引き連れて貴族院に現れる。
EPISODE 1「人類史の彼方から」
無料
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 1「人類史の彼方から」 悠久の風吹く彼方。先史文明期。砂塵に荒ぶシンアルの野、その付近。 施設の暗がりを這いずる血みどろの雄は、自身の権限を以って装置を起動させる。 それがいかなるものであるのか、詳らかにされないまま、全ては闇黒に没する。 ただ一言、情を交わしたヒトの名を遺して―― 時は過ぎて現代。南氷洋にS.O.N.G.本部は浮上し、作戦行動を展開していた。 此度の目的は、『棺』と呼ばれる遺跡の観測と対策の検討。 だが、打ち立てた想定のほとんどは覆り、ロシアの南極観測隊を守るべく、 想定範囲外の事態――『棺』そのものとの直接決戦にもつれ込んでいくのであった。 真夏にして零下の湖上、新生(リビルド)した六領(シンフォギア)は十全に機能して不足はない。 だが、無機質なれど『棺』の攻撃は、かつての難敵と並ぶほどに強烈苛烈。 埒外の物理法則は、たちまちにして装者たちを蹂躙するのであった。 昏倒する6人。薄れゆく意識の中で立花 響が思い起こすのは、事の始まり。 それは、己が手に何を信じて何を握るのかを問われる、まだ見ぬ残酷の幕開けでもあった。
EPISODE 2「天空(ソラ)が墜ちる日」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 2「天空(ソラ)が墜ちる日」 南極に浮上した『棺』には、アヌンナキと推定される謎の遺骸が収められていた。 最高レベルの警戒態勢の中、遺骸を狙って強襲するパヴァリア光明結社の残党。 閉所にして見通しの利かない状況を作り出し、長物と機動力を封じるエルザであったが、 連携するザババの刃は、これまでの積み重ねがもたらす対応力にて撃退に成功する。 一連の事態に無遠慮な介入を見せつける米国に対し、苛立ちを隠せない訃堂。 そして翼も、新たな脅威に心を乱され、舞台稽古に熱が篭らない。 ステージの上も翼にとっての戦場だと、おでこに諭すマリア。 思うところはあれど指摘を受け入れた翼は、マリアに交換条件を提示するのであった。 力に焦がれた獣たちの思惑は深く静かに潜航し、迎えるは凱旋公演当日。 10万の人々にて埋め尽くされたそこは、臨海にして眺望極まる空中の庭園。 オープニングサプライズとして翼と共に登場したマリアの姿に誰もが驚愕し、 かつて果たされなかったセットリストの続きは、聴く者の胸を沸騰させるのであった。 音と光が融け合う空間に想起されるあの日の奇跡。そして跳ね上がる――惨劇の幕。
EPISODE 3 「Penny Dreadful」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 3 「Penny Dreadful」 恐怖の一夜(フライトナイト)より脱出を果たす、翼、マリア、緒川であったが、 心を凌辱された翼のダメージは殊の外激しく、ひとり回復が遅れていた。 7万を超えてなお増え続ける死者のカウントに、残党には収まらぬ巨悪を予感する一同。 ちょうどその裏でミラアルクとエルザは、黒ずくめの男たちと接触を果たしていた。 危険運転常習集団による出歯亀に、容赦なく牙を剥くミラアルクとエルザ。 最後の目撃者が解体されようとしたその時、空から響とクリスが舞い降りるのであった。 装者二人の活躍に加え、コンディションの不調から圧倒されるミラアルクとエルザ。 手にしたアタッシュケースを持ち帰るべく速やかなる撤退を選択するものの、 遮蔽物無き高空より、狙い澄ましたクリスの銃口が追いすがる。 畢竟、ミラアルクとエルザを取り逃がしてしまう響とクリスであったが、 アタッシュケースより押収された稀血によって結社残党の目的の一端へとたどり着く。 状況と過去の経緯から導き出されるは、これまで幾度となく干渉してきた米国政府の影。 それは、聖骸を調査するかの地にて何が起きているのかを窺い知る5秒前の事であった。
EPISODE 4 「花の名は、アマルガム」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 4 「花の名は、アマルガム」 この地、この刻の天地に描かれるレイラインによって鼓動するシェム・ハの腕輪。 全ては、神の力を手に入れんとする風鳴訃堂の思惑であった。 不協和に奏でられる音の羅列に続いて大噴火する人体が、蜘蛛の結界を突き破る。 駆けつけた装者たちと相対するヴァネッサは、戦う理由を語る事で響を翻弄する。 ペースを乱されながらも理解を深めようとする響を無碍に拒むヴァネッサ。 その言葉は、異質と隔たれた存在が覚える諦観からくるものであった。 起動儀式の祭壇より、逃走を果たすノーブルレッドと風鳴訃堂。 だが、装者を「強き相手」と括った高に、弱さを知るマリアの機知が付け入られると、 ここに盤面は覆り、シンフォギア装者たちの反撃が総力をもって開始される。 圧倒的な彼我の戦力差。それでも背を向けずに迎え撃つノーブルレッドの不敵な笑み。 巧妙・周到に張り巡らされた策の果てに囚われてしまった装者6人は、 閉鎖空間内に圧縮されたエネルギーに打ちのめされ、猫噛む窮鼠の逆襲に昏倒してしまう。 朦朧とした意識の中、投げ掛けられた言葉に響は、花咲く勇気を思い出すのであった。
EPISODE 5 「かばんの隠し事」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 5 「かばんの隠し事」 握られた拳はヴァネッサの猛襲をぶち抜き、ついに彼女の眼前にて開かれた。 怪物が背負う罪は「悪」そのものなれど、心の奥底に悲しさを感じ取る響。 再度の対話を試みるものの、だが、その勇気は闖入者によって踏み躙られてしまう。 日本政府より突如にして不自然、かつ強引に執行される本部への査察。 結果、一時的にではあるが、S.O.N.G.の全機能は不全となり、無力化するのであった。 特別警戒待機を、休息という名目にて強制される装者たち。 特に困惑するのは、遊びを知らぬ者たちであったが、 その解消と気晴らしに響は、先日に断られたばかりのレクリエーションを決行する。 市街へと繰り出す響と未来、そして翼とエルフナイン。 だが、弱き人を守れなかったと自分を責める翼の表情は暗く、どこまでも沈痛。 さらには、誰もが耳を逸らしていた間に交わされた響の気安さが未来を傷つける。 昨日までどうにか均衡を保っていた日常と戦場に生じる小さな綻び。 忍び寄る悪意は、状況をさらに取り返しのつかない事態へと流転させるのであった。
EPISODE 6 「ゼノグラシア」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 6 「ゼノグラシア」 査察という不意打ちに、一時的にも機能不全となってしまったS.O.N.G.本部。 その結果、無理矢理に行動実態を裸と剥かれるばかりか、非戦闘員を危険に巻き込んでしまう。 未来とエルフナインの安否を気遣う装者達の想いはひとつであったが、 疲弊に摩耗した翼は、マリアの心配をよそに周囲と軋轢を繰り返し、孤立していく。 一方で、ロスアラモス研究所より奪取した聖遺物を用いて準備を進めていくヴァネッサ。 そこにミラアルクが、エルフナインと口封じから免れた未来を伴ってシャトーに帰還する。 神の力をシェム・ハの腕輪より抽出、そして制御する計画は着々と進みつつあった。 防人の矜持を躙られ、寄る辺を失った翼を虐めているのは、他ならぬ翼自身。 そんな悪循環に滑り込んできた訃堂の言葉は、翼に侵略した「刻印」を容易く掌握。 健常であれば惑わされぬその揺さぶりは何故か甘く、だからこそ翼は頬を汚すしかなかった。 S.O.N.G.からの反撃に緊急出動を余儀なくされたヴァネッサであったが、 激突に己の不利を悟り、危地を覆すべく、やはりロスアラモスで得た情報で翻弄を試みる。 敵の搦め手に戸惑いながらも立ち向かう装者達。だが、勝利を目前としたその時――
EPISODE 7 「もつれた糸を断ち切って」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 7 「もつれた糸を断ち切って」 解体途中のチフォージュ・シャトーに、物質化顕現(マテリアライズ)を果たす「神の力」。 それはシェム・ハの腕輪から抽出された、余りにも不気味で巨大なエネルギー塊。 設置されたジェネレイターを稼働させたのは魔眼に弄られたエルフナインであり、 数多に廃棄されたオートスコアラーの躯体に残存する「想い出」であった。 緊急事態にヘリで急行する装者たちであったが、 高次元の存在である神の力に対して有効打を見舞うのは困難を極め、 たったひとり、神殺しの拳を備えた響だけが、互角以上に立ち回る事が出来た。 だが――響もまた、バラルの呪詛から解き放たれたと仮説される少女である。 不意をつかれ、器と見初められた身体に向かって巨大なエネルギーが本能的に殺到・集束。 ギアと相殺する事で辛うじてその凌辱を殺したものの、ダメージに倒れ伏してしまう響。 緒戦にて切り札を欠く訳にはいかぬと、装者たちは撤退を余儀なくされてしまう。 一方、囚われの身となっているエルフナインにもノーブルレッドの魔の手が迫る。 高周波に振動するヴァネッサの手刀は、彼女にとってどこまでも必殺必至の一振りであった。