「シボレーベルエア」の検索結果

「シボレーベルエア」に関する情報は見つかりませんでした。
「シボレー」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

シボレー・サバーバン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・サバーバン 85年式シボレー・サバーバン。高級SUVの元祖とも言える車だが、アリスが乗るこの車は大修理が必要なほど疲れきっている。ボディはあちこち腐食し穴が開いていて、おまけに鳥のフンだらけ。曲がったエンブレム、取れかかったアンテナ、ドアはロックも出来ないし、まともに開閉もできない。乗っているだけでだらしない人間と思われそうなポンコツ車だが、他に足がないから仕方ない。ヘアメーク・アーティストを目指す彼女の愛車は、きちんとメーキャップされ生まれ変わるのか?
シボレー・カブリス
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・カブリス スケボーに人生をかけるトムが乗る96年式シボレー・カブリスはなんと以前はパトカーとして使用されていた。しかし今では公然わいせつ罪で取り締まられる側になりそうなほどひどい外観だ!パッと見パトカーなので、周りのスケーターから嫌がらせで卵をぶつけられまくったボディ。シートのカバーはあちこち破れ、パトカーには不要なのか、オーディオ関連の機器は全て取り払われている。果たしてこの車はスケーターの彼に似合う、イカした車に変身できるのか!?
シボレー・ブレイザー
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・ブレイザー 22歳エリンが乗る、87年式シボレー・ブレイザーはもう燃え尽きた状態。無残なへこみやこすり傷だらけのボディは修理しようと盛ったパテで余計に汚くなっている。ブレーキを踏めば勝手に倒れるリアシート、ドライバーでしか開かないバックドア。ここまでボロいのに保険を通すための修理費で合計1万ドルもこの車に注ぎ込んでいる。16歳の時自分で買って以来乗り続けている愛車だが、働いて直しての繰り返しで暮らしも、車の状態良くならない。彼女がしてきた努力が報われる日は来るのか!?
シボレー・S10
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・S10 サラが乗る88年式シボレー・S10はかろうじて走っているポンコツトラック。ボディのいたるところがサビて塗装は剥げまくり。ボンネットに至ってはもう腐食寸前だ。スペアタイヤはゴムやチェーンで無理やり荷台に固定されている状態。アルミクッションを貼っただけのヘッドライナーや色々取れるダッシュボードパーツ等インテリアも悲惨。しかし婚約者との沢山の思い出が詰まったこの車は彼女にとって家族であり人生そのもの。できれば乗り続けたいという彼女の願いは叶うのか!?
シボレー・キャバリエ
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・キャバリエ 22歳のブルックが乗るシボレー・キャバリエは超イケてないコンバーチブル。へこみや擦り傷だらけのボディは歪んでトランクがまともに閉まらない。車上荒らしで切り裂かれた幌は縫いあわせてみたものの、勿論使えない。そのせいで常にむき出しの車内は不潔で友達からゴミ溜めと言われる始末...。修理にお金をかけても状況は全然良くならず、大学院に進学したいがお金が一向に貯まらないと嘆く。貯金して教授を目指す彼女は、修理費のかからない車を手に入れることが出来るのか!?
シボレーC10 ローライダー パート3
ディーゼル・ブラザーズ シボレーC10 ローライダー パート3 ヘビーDとディーゼル・デイブ率いるディーゼル・セラーズは、どこよりもデカくてワイルドなトラックを作り出すことにかけて右に出る者はいない。しかしそんな彼らにとって、壊れたシボレーC10を改造する依頼は手に余る仕事だったかもしれない。予定の遅れと予算オーバーに悩まされる。
1955年式のシボレー・トラック
テキサス・メタル 1955年式のシボレー・トラック 今回は90年代にカスタムされたパープルの1955年式シボレー3100をモダンに生まれ変わらせる。ボンネット、内装、荷台、塗装を一新して、時代を超えた上品なホットロッドに仕上げる。さらにビルはエアサスペンションの取り付けを終えた1967年式リンカーン・コンチネンタルのオーナーに、フルカスタムを提案。内装をリメイクし、ボディとフロアパネルを取り換え、メタリックカラーの塗装を施す。
シボレー・エルカミーノ大改造
無料
ディーゼル・ブラザーズ シボレー・エルカミーノ大改造 ディーゼルセラーズは普通のトラックをクールなカスタムトラックに変身させるプロ。しかし今回マッスルが買ってきたのはトラックではなく、ボロボロのシボレー・エルカミーノ。これを変身させると言うのだ。一方ヘヴィーDとディーゼル・デイヴは、ファンにプレゼントするためにカスタムするトラックを見つける。
シボレー・コルベット ペースカー
ミリタリー・モーターズ シボレー・コルベット ペースカー 今回モーロック・モーターズで手掛けるのは1978年式シボレー・コルベットのペースカー。アメリカからヨーロッパに持ち込まれた車で、かなり状態が悪い。見事によみがえらせることはできるのか?そして米軍で使われなくなった様々な物が届く。お宝はあるのだろうか。さらに、ミヒャエルはオーストリア最大の軍用品ディーラーに会いに行く。
シーズン4 Ep.2 1955年式インパラワゴン
CAR FIX シーズン4 Ep.2 1955年式インパラワゴン 初代シボレー・ノマド、1955年式を手に入れたルーとジャレッド。ユニークなスタイルで一世を風靡した、このステーションワゴンのフロアパネルを取り換えることになるが...。
シーズン4 Ep.13 1965年式シボレー・インパラ
CAR FIX シーズン4 Ep.13 1965年式シボレー・インパラ ルーとジャレッドはかっこいい1965年式インパラを入手。するとこの車をメチャクチャに取り壊してしまった。そしてエーデルブロックのトップエンドキットをインストールする。
シーズン6 Ep.6 カマロ50年史
CAR FIX シーズン6 Ep.6 カマロ50年史 今回は初代シボレー・カマロから2017年式の最新COPOカマロまで、カマロの50年の歴史をCAR FIX流に紹介する。懐かしさと最新の流行の両方を押さえた今回は、カマロ・ファン必見だ。
シーズン6 Ep.8 バーンナウト仕様
CAR FIX シーズン6 Ep.8 バーンナウト仕様 排気量5000ccのシボレー・カマロIROC-Zの持ち主であれば、もっとパワーアップさせたいと願うはずだ。今回はジャレッドとルーがそんな持ち主の夢をかなえる。果たして、排気量5000ccのエンジンを、どうやってパワーアップさせるのだろうか?
シボレーC10 ローライダー パート2
ディーゼル・ブラザーズ シボレーC10 ローライダー パート2 楽しむこととトラックの改造を愛するディーゼル・セラーズは大胆な動画や斬新な改造で世界中から注目を集めている。毎回豪華な景品が出る懸賞だが、今回は歴代でも上位に入る景品が登場。サンダーとライトニングと名づけられた2台のF450のどちらかを勝者が選び、持ち帰れるというものだ。
シボレー・シェベル パート1
ミスフィット・ガレージ シボレー・シェベル パート1 「ファスト&ラウド」のガス・モンキー・ガレージにライバル店が出現。ガス・モンキーをクビになったトムとジョーダン、自ら辞めたスコット、リチャードとアーロンの友人で同業者であるトーマスの4人が始めたファイアード・アップ・ガレージだ。リチャードとアーロンはこのライバル店が気になって仕方ない。スコットとトーマスは1967年式シェベルを購入。この車をよみがえらせてカーレースに出場すれば、ガレージのいい宣伝になるかもしれない。しかしリチャードたちが邪魔をする。
シボレー・シェベル パート2
ミスフィット・ガレージ シボレー・シェベル パート2 「ファスト&ラウド」のガス・モンキー・ガレージの元メンバーらが始めたファイアード・アップ・ガレージでは1967年式シェベルの製作が進む。塗装が終わり、いい感じだ。しかし問題が...。ガレージが暑いのだ。大家となったガス・モンキーのリチャードの元にエアコンを付けてほしいと交渉しに行くが、彼が持ってきたのはエアコンではなかった。そしてシェベルの製作が終わる。ファイアード・アップ・ガレージが初めて作った車はいくらで売れるのだろうか?
1961年式キャデラック・クーペ・ドゥビル
テキサス・メタル 1961年式キャデラック・クーペ・ドゥビル クラシックカーのコレクターであるレストラン経営者より、1961年式キャデラック・クーペ・ドゥビルの改造依頼が入る。イクステンシブのクルーはダッシュボードからトランクまでの内装を一新、エアサスやビレットホイールも取り付ける。また、SEMA出展用だった1963年式シボレーC10のツインターボ・エンジンを初めて作動させ、依頼人の要望である1000馬力をたたき出そうと奮闘する。