「シャア アズナブル」の検索結果

今すぐ視聴する

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア アムロとシャアの13年に及ぶ宿命の対決に決着がつく、シリーズ最終章。宇宙世紀0093、シャアがネオ・ジオン総帥に就任、地球に宣戦を布告した。ブライト率いる連邦軍の独立部隊、ロンド・ベルに所属していたアムロは、最新型のνガンダムに搭乗して出撃する。アムロはシャアの野望を阻止することができるのか?
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起 宇宙世紀0074年。テキサス・コロニーを離れたエドワウ・マスは身分を偽り、シャア・アズナブルとしてジオン自治共和国国防軍士官学校に入学する。同期となったザビ家の御曹司ガルマと親交を深めるシャア。次第に二人は学生たちからも一目置かれる存在になってゆく。そして宇宙世紀0077年、ついに学生たちは独立をかけ地球連邦軍治安部隊に対し武装蜂起する。しかしそれはシャアの描く復讐への壮大なシナリオの幕開けでもあった……。――いま、歴史の歯車が回りだす!
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜 宇宙世紀0077年、連邦への反逆の狼煙となった「暁の蜂起」。その責任を取ってジオンの士官学校を辞したシャアは、地球で不思議な力を持つ少女、ララァ・スンと出会う。一方、アムロの父テム・レイは、ジオンのモビルスーツに対抗すべく、RX-78開発計画を推進する。そのさなか、恩師ミノフスキー博士が亡命するとの情報が伝わってきた。宇宙世紀0078年、キシリアの密命で集結したシャア、ガイア、マッシュ、オルテガ、ランバ・ラルは、博士の亡命を阻止すべく、月面のトワイライトゾーンで人類史上初のモビルスーツの死闘を繰り広げる。そして、時に宇宙世紀0079年――。地球から最も遠い宇宙都市サイド3は、ジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。わずか一ヶ月あまりの間にジオン公国と連邦軍が総人口の半分を死に至らしめた、動乱の時代が始まろうとしていた――。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル 宇宙世紀0068年、サイド3、ムンゾ自治共和国。宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。しかし、サイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。これまで語られることの無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア 宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。
劇場版 機動戦士ガンダム
劇場版 機動戦士ガンダム 劇場版 機動戦士ガンダム ロボットアニメ史上に新たな金字塔を打ち立てた「機動戦士ガンダム」の劇場用3部作第1弾。TV版の第1~13話を再編集し、アムロがガンダムを起動してから巨大な敵の姿を認識するまでを収録している。宇宙世紀0079、ジオン公国軍のシャア・アズナブル率いる部隊が、連邦軍が密かに開発中のモビルスーツ・ガンダムを狙い、スペースコロニー・サイド7に侵入。サイド7で暮らしていた少年アムロ・レイは、ガンダムを起動させてジオンのモビルスーツと戦い、これを撃破。サイド7の人々と共に連邦軍の新型戦艦ホワイトベースに逃げ込んだアムロは、ガンダムのパイロットとして戦争の渦中に巻き込まれていく。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦
機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。 世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦・コロニー落としを実行し突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた―。して、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説が誕生する。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星
機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムでジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクII」で戦果を上げ少佐に昇進、「赤い彗星」の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく「V作戦」を計画。その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。
第1話 ガンダム大地に立つ!!
無料
機動戦士ガンダム 第1話 ガンダム大地に立つ!! 宇宙世紀0079。ジオン公国の独立戦争で劣勢に陥った連邦軍は新鋭モビルスーツの開発と運用テストを“サイド7”で行っていた。それを察知したジオン公国軍のシャア・アズナブル少佐は偵察を差し向ける。その中の一人が軍功を焦り砲撃を開始。戦火に巻きこまれたアムロ・レイは、モビルスーツ“ガンダム”に乗りこむ!
劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編
劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 TV版の第31話後半~最終話までのエピソードを再編集した、劇場用3部作の最終章。アムロが出会ったララァは、シャアをガンダムから守って命を落とし、アムロは取り返しの付かないことをした自分に愕然とする。連邦とジオンの最終決戦の果てに、アムロは何を見出すのか?アニメ史に残る名作、ここに完結。
機動戦士Ζガンダム -星を継ぐ者-
機動戦士Ζガンダム -星を継ぐ者- 機動戦士Ζガンダム -星を継ぐ者- 「機動戦士Ζガンダム」の劇場化第一弾。宇宙世紀0087年。ティターンズとエゥーゴの対立で、宇宙は再び戦乱の時を迎えた。エゥーゴのパイロット・カミーユは、クワトロがシャアであることを知る。一方、地球に幽閉されていたアムロもまた動き出そうとしていた。新時代の流れは、次第に三人を結びつけていくのだった。
第27話 シャアの帰還
機動戦士Ζガンダム 第27話 シャアの帰還 シンタとクムを連れて、地球からアーガマに向かうシャア。エゥーゴとカラバ、アクシズと3つの組織の重みが彼の表情を固くしていた。アーガマに接近するシャトルをサラとマウアーの強化ハイメガランチャーが狙っていた。
第38話 再会、シャアとセイラ
機動戦士ガンダム 第38話 再会、シャアとセイラ 行動不能に陥ったガンダムの捜索に出たホワイトベース。そんな中、再会するシャアとセイラ。シャアの本名はキャスバル、セイラの本名はアルテイシア。二人は、ニュータイプ思想を掲げたジオン・ズム・ダイクンの遺児だった。父を暗殺したのはザビ家だと考えたキャスバルは、復讐のためにジオン軍に入っていたのだ…。
第2話 ガンダム破壊命令
機動戦士ガンダム 第2話 ガンダム破壊命令 避難民たちを受け入れた軍艦ホワイトベースでは、大半の正規軍人たちが死傷し、生き残った少年少女たちが協力してコロニー脱出の準備を進めていた。一方のシャア少佐は、連邦側モビルスーツの機密を求めて自らサイド7内部へ潜入していた。その姿を見とがめられた少女セイラ・マスに妹の面影を見たシャアは驚愕するが…。
第10話 ガルマ散る
機動戦士ガンダム 第10話 ガルマ散る ニューヤーク市の前市長エッシェンバッハの娘イセリナとの恋をはぐくむガルマの姿を、シャアは冷ややかな目で見つめる。そんな中、市内にホワイトベースが潜伏したと報告を受け、ガウ攻撃空母で出撃するガルマ。友のためにとザクによる地上攻撃を申し出るシャアだったが、その裏には彼の恐るべき陰謀が隠されていた!
第26話 復活のシャア
機動戦士ガンダム 第26話 復活のシャア 補給基地ベルファストで修理を受けることになったホワイトベース。スパイの少女ミハルからその情報を受け取ったのは、あの赤い彗星のシャアであった。一方、潜水艦ユーコンから水陸両用モビルスーツ“ゴッグ”が発進、上陸して連邦軍の地上部隊と交戦を開始した。ゴッグに立ち向かうアムロだったが、苦戦を強いられて…。
第31話 ザンジバル追撃!
機動戦士ガンダム 第31話 ザンジバル追撃! ジャブローより宇宙に発進する主力戦隊から敵の注意をそらすため、囮のコースへ先発するよう命じられるホワイトベース。同時に補充要員としてスレッガー・ロウ中尉が加わった。シャア大佐はすかさず戦艦ザンジバルで宇宙へと追う。途中で囮と見ぬいたシャアであったが、逆に追撃戦を仕掛ける好機と判断して…。
第43話 脱出
機動戦士ガンダム 第43話 脱出 相打ちになり、大破したガンダムとジオング。機体を捨てて真に倒すべき敵を認識するアムロの前に、シャアが生身で立ちはだかる。銃や剣で殺し合う、宿命の二人…。妹のセイラに別れを告げたシャアは、兵を見捨てて逃亡するキシリアを葬り去り、戦いに決着をつけた。一方、爆風に流され、絶望的な状況の中でアムロは…。
第13話 シャトル発進
機動戦士Ζガンダム 第13話 シャトル発進 軍の閑職に甘んじているアムロをフラウが訪ねてきた。アムロに不満をぶつけるカツ。カミーユたちを乗せた大型航空機アウドムラは、ケネディ宇宙空港へと向かった。ハヤトはクワトロがシャアではないかと問いただす。
第14話 アムロ再び
機動戦士Ζガンダム 第14話 アムロ再び 強化人間ロザミアのMSギャプランがアウドムラと接触、ブラン隊のMSアッシマーも高い機動性で攻撃する。アムロは、再び戦いに身を投じる決意を固め、捨て身でアウドムラを支援、ついにシャアとの再会を果たした。
第16話 白い闇を抜けて
機動戦士Ζガンダム 第16話 白い闇を抜けて カミーユたちを宇宙へ帰そうと、ヒッコリーへ立ち寄るアウドムラ。それを急襲するブラン隊。シャアは宇宙へ飛び立つが、戦闘中のカミーユは宇宙への帰還を諦めた。アムロはMSアッシマーを撃墜し、復活の兆しをみせる。
第34話 宇宙(そら)が呼ぶ声
機動戦士Ζガンダム 第34話 宇宙(そら)が呼ぶ声 気配を感じて出撃しようとするレコア。制止しようとするシャアを、彼女は拒否した。メタスは大破し、負傷したレコアは何かを感じたヤザンのMSハンブラビが回収した。レコア機撃墜を知って、アーガマ・クルーは衝撃を受ける。
第35話 キリマンジャロの嵐
機動戦士Ζガンダム 第35話 キリマンジャロの嵐 ティターンズのキリマンジャロ基地を総攻撃するカラバ。Zと百式も宇宙から戦場へと降り立った。カミーユとシャアはそこでジャミトフとフォウの姿を見つける。フォウの魂を吸い込むようにサイコ・ガンダムが発進する。
第37話 ダカールの日
機動戦士Ζガンダム 第37話 ダカールの日 カラバはダカールにある地球連邦政府の議会を占拠した。ティターンズの専横を世界に知らしめるためだ。そこでクワトロは自らがシャアでありジオンの子であることを明かす。時代は一つの転換点を迎えようとしていた。
第38話 レコアの気配
機動戦士Ζガンダム 第38話 レコアの気配 アムロとハヤトに地球のことを任せ、宇宙へと帰るシャアとカミーユ。その頃、アーガマはヤザン隊と戦闘中だった。限られたシャトルの燃料で戦闘空域に接近しようとする2人。戦闘中カミーユはレコアの気配を感じる。
第43話 ハマーンの嘲笑
機動戦士Ζガンダム 第43話 ハマーンの嘲笑 エゥーゴの拠点、月面都市グラナダにコロニー・レーザーが発射されようとしていた。エゥーゴはハマーンの協力を得てその作戦を阻止しようとする。だが、それはシャアに屈辱的な振る舞いを強いる結果となるのだった。
第46話 シロッコ立つ
機動戦士Ζガンダム 第46話 シロッコ立つ シロッコとハマーン、ジャミトフの間で会談が開かれた。シャアは会談阻止をもくろみ、カツはシロッコ暗殺を考える。だが、シロッコは混乱の中でジャミトフを殺害し、その罪をハマーンに着せるのだった。
最終話 宇宙(そら)を駆ける
機動戦士Ζガンダム 最終話 宇宙(そら)を駆ける シロッコとカミーユ、ハマーンとシャア。雌雄を決すべき面々は銃口を手に語り合った。だが、そこに答えなどはない。カミーユはこれまで出会った人々の力を借りて、自分の信じる正義を、命と引き替えに貫こうとする。
第3話 敵の補給艦を叩け!
機動戦士ガンダム 第3話 敵の補給艦を叩け! 新型モビルスーツの機密入手をあきらめないシャア少佐は、パプア補給艦から増援物資を受け取ろうとしていた。だが、ホワイトベースの士官候補生ブライト・ノアは、その瞬間こそが反撃のチャンスだと判断し、ガンダムとコア・ファイターを出撃。素人とは思えぬ的確な操縦で、アムロは奇襲攻撃を成功へと導いていく。
第4話 ルナツー脱出作戦
機動戦士ガンダム 第4話 ルナツー脱出作戦 ルナツー内へ到着したホワイトベース。だが、ブライトやアムロたちを待っていたのは、ワッケイン司令による厳罰措置であった。連邦軍の最重要機密に触れた少年たちは牢獄へと幽閉され、ガンダムや他の新兵器も封印されてしまう。一方、シャア少佐は部下とノーマルスーツでルナツーへ潜入する作戦を決行しようとしていた。