「シュタインずげーと」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話 零化域のミッシングリンク
シュタインズ・ゲート ゼロ 第1話 零化域のミッシングリンク いくつもの世界線を巡る無限の彷徨。その過酷な旅の中で、岡部は紅莉栖を死の運命から救い出すことを、ついに諦めた。そして、再び大学に通い始めた彼は、平凡な日常に埋没していく。それでも心の傷を癒しきれず、メンタルクリニックへの通院を続ける岡部の中で、いつしか白衣をまとった「鳳凰院凶真」の顔は封印されていた。
第2話 閉時曲線のエピグラフ
シュタインズ・ゲート ゼロ 第2話 閉時曲線のエピグラフ ヴィクトル・コンドリア大学のレスキネン教授によるセミナーに出席した岡部。そこで展開された理論は、「人の記憶をデータ化して保存する」という、かつて紅莉栖が提唱したものだった。そして、人の記憶や感情、心をベースに構築された人工知能「アマデウス」のデモンストレーションが行われる。
第3話 双対福音のプロトコル
シュタインズ・ゲート ゼロ 第3話 双対福音のプロトコル 紅莉栖の8ヶ月前の記憶をベースにした人工知能「アマデウス」のテスターとなった岡部。「アマデウス」の反応は紅莉栖そのもので、岡部はまるで紅莉栖が戻ってきたかのような錯覚に陥る。そんな中、まゆりの発案で、彼女のコスプレ友達も交えたクリスマスパーティを開催することになる。
第4話 亡失流転のソリチュード
シュタインズ・ゲート ゼロ 第4話 亡失流転のソリチュード 「アマデウス紅莉栖」に接しているうちに、まるで本物の紅莉栖がそこにいるかのように錯覚し始める岡部。そんな彼を見ていられず、真帆は「ここにいるのはアマデウス。牧瀬紅莉栖じゃない」と非情な現実を突きつける。その瞬間、岡部は世界が歪む感覚にとらわれる。それは久しく感じることのなかった、世界線を移動する感覚「リーディング・シュタイナー」だった。
第5話 非点収差のソリチュード
シュタインズ・ゲート ゼロ 第5話 非点収差のソリチュード 鈴羽と共に未来からやってきた椎名かがりの捜索を始める岡部。ダルの依頼でやってきた捜索の専門家は、別の世界線でまゆりを幾度も殺害した「ラウンダー」の桐生萌郁だった。このタイミングで再び目の前に萌郁が現れたことに、岡部は強い不安と疑念を抱く。
第6話 軌道秩序のエクリプス
シュタインズ・ゲート ゼロ 第6話 軌道秩序のエクリプス るかがラボに連れてきた、記憶喪失の少女。その姿を見た鈴羽は、彼女こそ12年間行方不明になっていた椎名かがりだと確信する。なぜなら、かがりが「ママにもらったお守り」だと言って大切にしていた「うーぱ」の人形を、その少女が持っていたからだ。だが、少女は何も思い出すことができず、行方不明だった12年間のことは空白のままだった。
第7話 振電遷移のエクリプス
シュタインズ・ゲート ゼロ 第7話 振電遷移のエクリプス ラボで行われているお正月パーティが盛り上がる中、突然「アマデウス紅莉栖」の接続が遮断された。さらにその直後、銃で武装した覆面の男たちがラボを襲撃してくる。かつて、別の世界線で「ラウンダー」の襲撃を受けた際に命を落としたのはまゆりだった。だが、今回狙われたのは……。
第8話 二律背反のデュアル
シュタインズ・ゲート ゼロ 第8話 二律背反のデュアル アクセス不能の「アマデウス紅莉栖」から届く、助けを求める声。その直後、岡部は世界線の変動を感知する。 気が付くと、握りしめたスマホからは「アマデウス」のアプリが消えていた。そして、彼の前に以前と変わらぬ姿の紅莉栖が現れる。 そこは、紅莉栖が生存している「α世界線」だった。
シュタインズ・ゲート ゼロ PV
無料
シュタインズ・ゲート ゼロ シュタインズ・ゲート ゼロ PV 2010年冬 β世界線―――主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線。失意の底にある岡部倫太郎。彼を心配する仲間たち。救われなかった「彼女」はどうなったのか?新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。

おすすめの作品

第21話 結像のリナシメント
シュタインズ・ゲート ゼロ 第21話 結像のリナシメント 再びシュタインズゲートを目指すと決意した岡部。しかし、2036年から、タイムリープマシンを使って2011年へ戻るためには、3000回以上のタイムリープが必要となる。精神的負担は計り知れないが、岡部は過去に向けて長い旅に出ることを決意する。
第23話 無限遠点のアークライト
シュタインズ・ゲート ゼロ 第23話 無限遠点のアークライト 過去に向けて「Dライン」を送ることで、「アマデウス紅莉栖」の存在は消失した。これで、ロシアがタイムマシン争奪戦に介入する余地はなくなった。あとは、レスキネンとの対決をいかに乗り切るか――。いよいよ「シュタインズ・ゲート」へと至る最後の戦いが始まろうとしていた。
第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」 ダンジョンでの出来事を経て、晴れてリリルカ・アーデとのパーティを結成したベル。神ヘスティアの承認も受け、山積された難題は全て取りさらわれたかに見えた……。 「やっぱり闘おうか」 目の前にはベルが追い求め、未だやむことのない憧れを抱き続ける『剣姫』の姿。神々にすら惜しみなき賛辞を送られる、その華麗で鋭い剣閃がベルに襲いかかる。 吐息さえも感じられる、アイズ・ヴァレンシュタインとの夢の様な距離、その間で舞い散る剣戟の火花。延々と放たれ続ける輝きの中、ベル・クラネルは何を感じ、何を得るのか――。
第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」 「僕、強くなりたいです」 憧れの『剣姫』アイズ・ヴァレンシュタインのように――純粋なる思いがベルに与えた能力【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】。それは、懸想(おもい)が続く限り、懸想の丈に従い、少年に著しい成長をもたらすものだった。その能力(アビリティ)を、ベルの憧れの対象を知ってしまった神・ヘスティア。彼女は複雑な思いを抱えたまま、神々の宴へと足を運ぶ。たとえ憧れの対象が自分ではなかったとしても、それでもベルの、彼女のたったひとりの眷族の力になりたい、そう決めたから――。
第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」 「あなたは冒険者だ――」 冒険者が、その高みを目指すとき、更なる次元に足を踏み入れようとするとき……必要となるものは文字通り『冒険』。かつて冒険者であった先駆者は、そう口にした。 アイズ・ヴァレンシュタインとの特訓の日々を通じ、アイズも驚愕するほどの速度で力をつけてきたベル。そのベルが、次第にランクアップに興味を示すようになるのは当然の帰結であった。 いつもと同じダンジョン。いつもと同じ冒険者としての日々。だが、静かに、そして確実に近づいていた――ベル・クラネルにとっての本当の『冒険』の刻(とき)が――。
第四話 ヤバい野球-前編-
上坂すみれのヤバい○○ 第四話 ヤバい野球-前編- 空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。 -アルベルト・アインシュタイン-
OVA ダンジョンに温泉を求めるのは間違っているだろうか
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OVA ダンジョンに温泉を求めるのは間違っているだろうか 大森藤ノ先生完全監修によるオリジナルストーリー! TVシリーズの最終話で、大激戦の末、階層主との戦いに勝ったベル達。 ダンジョンから地上に戻る途中で、温泉のような場所を見つけて、そこで休息をとることに……。
第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」 「僕はもう、家族を失いたくないです」 モンスター・フィリアの喧騒の中、突如、脱走したシルバーバッグからの急襲を受けたベルとヘスティア。唯一の家族を護るため、ベルは、たったひとりで格上の魔物と対峙することに――しかし、奮闘むなしく徐々に追い詰められていくベル。一方、不本意な形でベルに逃がされたヘスティアもまた走り続けていた。再びベルに合流するため、彼女にとって唯一の眷族――家族を護るために。
第4話「弱者(サポーター)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第4話「弱者(サポーター)」 「突然ですが、サポーターを探していませんか?」 急速な成長に伴い、ダンジョンの7階層にまで到達していたベル。装備品も新調し、次なる冒険への準備をしているところにシアンスロープの少女、リリルカ・アーデに声をかけられる。冒険者について回る雑事を一手に引き受けることを生業とするサポーターの彼女と、より冒険に集中し、ダンジョンの更なる深淵を目指すため、ベルは初めてのパーティを結成することになるのだが…。
夏の志布志湾キャスティングゲーム・エバ襲撃!
魚種格闘技戦! 夏の志布志湾キャスティングゲーム・エバ襲撃! 日本のみならず全世界をフィールドにあらゆる魚族に挑むエンタメ番組。今回は夏の鹿児島県志布志湾でのキャスティングゲーム。地元でエバと呼ばれる大型メッキを追う!シャローでのトップゲームをメインに、磯場や消波ブロック地帯をボートから攻める。バイトしたらストラクチャーへ突っ込む習性があるエバ。ガチの勝負の行方は?(本編内容は2014年9月放送当時のものです)