「シュタインズ ゲート ゼロ アニメ」の検索結果

「シュタインズ ゲート ゼロ アニメ」に関する情報は見つかりませんでした。
「ゲート ゼロ アニメ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第1話 自衛隊、異世界へ行く
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第1話 自衛隊、異世界へ行く 8月某日午前11時50分。 東京・銀座に、突如として石造りの『門(ゲート)』が出現。門からはオークやトロール、ゴブリン、ワイバーンなど、異世界のモンスターの軍勢が続々とわき出し、見境無く通行人に襲い掛かった。 この事態を収拾させた自衛隊は、ゲートの向こう側「特地」へ現地調査のために赴くことになる。銀座で多くの人を救い昇進したオタク自衛官の伊丹二等陸尉も、先陣を切って乗り込むことになった。 戦闘車両で門に飛び込む自衛官たち。門の向こうで彼らを待ち受けていたのは──。
第11話 来訪者
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話 来訪者 日本と帝国が開戦して5カ月。アルヌスではゲートを介して人的、物的交流が盛んになり、基地の周囲には現地人の街が形成されつつあった。 一方、日本との圧倒的な国力の差を知り講和への強い決意をもった帝国皇女ピニャは、帝国内で発言力を持つ人物達と水面下の交渉を進める。 そんなある日、部下の黒川から酒場に呼び出された伊丹は、テュカが現実を受け入れられず、異常な行動をとっていると聞かされる。 自分たちにはどうすることもできないと言う伊丹に対し、黒川は憤慨して席を立つ。そこに現われた謎のダークエルフ。彼女が探していたものとは──。
第5話 新入社員
社長、バトルの時間です! 第5話 新入社員 マリカを新たな社員に迎え、盛り上がるキボウカンパニー。しかし、ミナトが契約書の回収で訪れたマリカの家で事件が…。一方、ゲートピアの地下道に異様なダンジョンが見つかり、サイエッジが探索に向かう。
第100話 余生
笑ゥせぇるすまん(89~93年)【デジタルリマスター版】 第100話 余生 無職の向井(65)はゲートボール仲間や家庭に遠慮した生活を送っていた。喪黒から「もっと自己主張すべき」と助言された向井は、息子の嫁やゲートボール仲間にもきぜんとした態度を取る。あまりの変ぼうぶりに周囲は驚くばかり。
第11話 商機到来
社長、バトルの時間です! 第11話 商機到来 地面を割って突如出現した新たなゲート。膨大なキラクリを求め、キボウ・サイエッジ・インペリアルの3社が一堂に会するダンジョンで、遂に明かされるミナトの「知られたくない過去」とは何なのか。
第2話 二つの軍勢
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第2話 二つの軍勢 特地を調査するため門をくぐり抜けた自衛隊。その目前には「特地」の大軍勢が集結していた。 猛攻撃をかける「特地」の軍勢を撃退した自衛隊は、異世界の住民と友好的な関係を結ぶため、深部情報偵察隊を編制。 第三偵察隊を指揮することになった伊丹は、偵察中に集落を襲う炎龍を目撃するも、炎が収まったときには村は全滅していた。 廃墟を調査していた伊丹たちが見つけたものは──。
第3話 炎龍
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第3話 炎龍 炎龍に襲われた集落の調査中、井戸の中から金髪の美少女エルフを発見した伊丹たち第三偵察隊。 次に到着した村で村長に炎龍のことを伝えると、彼らは襲われることを恐れ、村を捨てて避難することになった。 第三偵察隊は避難民を先導し、安全な場所まで送り届ける。 その中で、エルフの少女「テュカ」、コダ村の魔導師「レレイ」、暗黒の神エムロイの使徒「ロゥリィ」など、異世界の住民との関わりを深めていく。
第5話 イタリカ攻防戦
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話 イタリカ攻防戦 イタリカの街を目指すテュカ、レレイ、ロゥリィの3人と伊丹たち第三偵察隊。 街を目前にした彼らが見たのは、空に立ちのぼる黒煙だった。 そこでは「帝国」の皇女ピニャが住民を指揮し、アルヌスから潰走し盗賊と化した諸王国軍の残党と戦っていた。 到着した第三偵察隊や、テュカ、レレイ、ロゥリィの姿を確認したピニャは、思い悩んだ末に、伊丹たちが敵なのか味方なのかを見極めるため城壁内に招き入れることにするが──。
第3話 三雲修の実力
ワールドトリガー 第3話 三雲修の実力 基地内誘導装置がゲートの開く位置を基地周辺に限定しているにもかかわらず、警戒区域外の三雲修たちのいる学校にゲートが開き、戦闘用のトリオン兵が襲撃を開始する。修は止める遊真を振りきり、生徒たちを救うため、自らの非力を承知で戦闘用トリオン兵モールモッドと戦おうとするが…。
第4話 見知らぬ地へ
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第4話 見知らぬ地へ 伊丹たち第三偵察隊がアルヌスに連れ帰った避難民は、自衛隊の基地付近に作られた避難民キャンプで生活を始める。 彼らは初めて触れる日本の文化に驚きを隠せないが、食事や入浴でひとときの安らぎを得る。 テュカとレレイ、ロゥリィの3人も浴場で出会い、お互いの境遇を知り仲を深めていった。 そんな中、第三偵察隊は調査も兼ねて3人と共にイタリカの街へ行くことに。 一方、「帝国」の皇女ピニャは自衛隊の情報を集めながら、自らの騎士団を率いてアルヌスを目指していた──。