「シュタインズ・ゲート ゼロ』未放送話」の検索結果

「シュタインズ・ゲート ゼロ』未放送話」に関する情報は見つかりませんでした。
「シュタインズ・ゲート」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」 ダンジョンでの出来事を経て、晴れてリリルカ・アーデとのパーティを結成したベル。神ヘスティアの承認も受け、山積された難題は全て取りさらわれたかに見えた……。 「やっぱり闘おうか」 目の前にはベルが追い求め、未だやむことのない憧れを抱き続ける『剣姫』の姿。神々にすら惜しみなき賛辞を送られる、その華麗で鋭い剣閃がベルに襲いかかる。 吐息さえも感じられる、アイズ・ヴァレンシュタインとの夢の様な距離、その間で舞い散る剣戟の火花。延々と放たれ続ける輝きの中、ベル・クラネルは何を感じ、何を得るのか――。
第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」 「僕、強くなりたいです」 憧れの『剣姫』アイズ・ヴァレンシュタインのように――純粋なる思いがベルに与えた能力【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】。それは、懸想(おもい)が続く限り、懸想の丈に従い、少年に著しい成長をもたらすものだった。その能力(アビリティ)を、ベルの憧れの対象を知ってしまった神・ヘスティア。彼女は複雑な思いを抱えたまま、神々の宴へと足を運ぶ。たとえ憧れの対象が自分ではなかったとしても、それでもベルの、彼女のたったひとりの眷族の力になりたい、そう決めたから――。
第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」 「あなたは冒険者だ――」 冒険者が、その高みを目指すとき、更なる次元に足を踏み入れようとするとき……必要となるものは文字通り『冒険』。かつて冒険者であった先駆者は、そう口にした。 アイズ・ヴァレンシュタインとの特訓の日々を通じ、アイズも驚愕するほどの速度で力をつけてきたベル。そのベルが、次第にランクアップに興味を示すようになるのは当然の帰結であった。 いつもと同じダンジョン。いつもと同じ冒険者としての日々。だが、静かに、そして確実に近づいていた――ベル・クラネルにとっての本当の『冒険』の刻(とき)が――。
第8話「仮面の告白」
相棒 season1 第8話「仮面の告白」 フランケンシュタインのマスクをかぶり、若い女性を襲って金品を強奪する通り魔事件が続発した。薫(寺脇康文)が挙動不審な男を職務質問、バッグの中からフランケンシュタインのマスクを発見し、その男・黒岩(長谷川朝晴)を容疑者として逮捕する。が、裁判では薫や捜査一課・伊丹(川原和久)の捜査ミスが指摘され、黒岩は無罪に。敏腕女性弁護士・かおり(松下由樹)の手腕によるものだった。 あくまでも黒岩を犯人と確信する薫と伊丹は、いつものように互いにののしり合いながらも協力して黒岩を追うことに。一方、右京(水谷豊)も独自に捜査を開始し、最近の被害者が犯人を蹴飛ばしていたという新事実をつかむ。
第四話 ヤバい野球-前編-
上坂すみれのヤバい○○ 第四話 ヤバい野球-前編- 空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。 -アルベルト・アインシュタイン-
OVA ダンジョンに温泉を求めるのは間違っているだろうか
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OVA ダンジョンに温泉を求めるのは間違っているだろうか 大森藤ノ先生完全監修によるオリジナルストーリー! TVシリーズの最終話で、大激戦の末、階層主との戦いに勝ったベル達。 ダンジョンから地上に戻る途中で、温泉のような場所を見つけて、そこで休息をとることに……。
第1話「フランケンシュタインの告白」
相棒 season14 第1話「フランケンシュタインの告白」 法務省が管轄する刑務所内で殺人事件が発生! 受刑者の美倉(小柳心)が刑務官の田代(栩原楽人)を殺害するという前代未聞の事件だった。取調べで犯人の美倉は一切口を割らず、法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明)は元部下の冠城亘(反町隆史)に捜査に加わるよう指示する。 亘は人事交流の名目で法務省から警視庁に出向しているキャリア官僚で、現在は元々特命係があった部屋をあてがわれていた。他省庁から出向してきたキャリアは警視庁ではお客様扱いで特段することもない。そんな中、日下部の命を受けた亘は、伊丹(川原和久)たちと共に取り調べに当たり、美倉から意外な話を聞く。
第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」 「僕はもう、家族を失いたくないです」 モンスター・フィリアの喧騒の中、突如、脱走したシルバーバッグからの急襲を受けたベルとヘスティア。唯一の家族を護るため、ベルは、たったひとりで格上の魔物と対峙することに――しかし、奮闘むなしく徐々に追い詰められていくベル。一方、不本意な形でベルに逃がされたヘスティアもまた走り続けていた。再びベルに合流するため、彼女にとって唯一の眷族――家族を護るために。
第4話「弱者(サポーター)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第4話「弱者(サポーター)」 「突然ですが、サポーターを探していませんか?」 急速な成長に伴い、ダンジョンの7階層にまで到達していたベル。装備品も新調し、次なる冒険への準備をしているところにシアンスロープの少女、リリルカ・アーデに声をかけられる。冒険者について回る雑事を一手に引き受けることを生業とするサポーターの彼女と、より冒険に集中し、ダンジョンの更なる深淵を目指すため、ベルは初めてのパーティを結成することになるのだが…。
第2話 実験その3「ダッシュたん」/実験その4「一七六防護服」
上野さんは不器用 第2話 実験その3「ダッシュたん」/実験その4「一七六防護服」 「田中のパンツくれ」 上野さんは田中のパンツを要求した。 新たに開発した、瞬間脱臭装置「ダッシュたん」の力を試すため、強力な臭い発生源が必要だという。 自分だけ実験台になるのはイヤと言う田中。 上野さん、山下も巻き込みお互いの衣類の臭いをかぎはじめるのだった。