「ショッピング王ルイ」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話
無料
ショッピング王ルイ 第1話 超満員の通勤電車でもスマホがあればショッピングができる現代人。話題のジャージを企画した黄金財閥傘下ゴールドライン社では、やり手の本部長チャ・ジュンウォンが今日も采配を振るう。韓国の山奥に住む少年コ・ボクナムはそのジャージを手に入れ、姉ボクシルに得意満面で見せていた。同じ頃、フランスに住む「ショッピング王ルイ」も同じジャージを手に入れていた。世界の極上の品を買い漁るルイは、実は黄金財閥のチェ会長の孫だった。
第2話
無料
ショッピング王ルイ 第2話 育ててくれた祖母を失ったボクシルは、家出した弟ボクナムを探すため奥地からソウルにやって来る。しかし列車で全財産を盗まれ、弟と同じジャージを着ていたホームレスのルイを見つける。ルイは病床のチェ会長を見舞うためソウルに来たが、交通事故に遭って記憶を失っていた。弟の手がかりを探るため、ルイの面倒を見るボクシル。サウナで寝泊まりし、ゴールドライン社の清掃員として働き始める。会長宅ではルイが失踪し大騒ぎになっていた。
第3話
無料
ショッピング王ルイ 第3話 清掃員の先輩クムジャの紹介で住む家も見つかったボクシルは、ゴールドライン社でジュンウォンとばったり。ボクシルはジュンウォンに売りつけた高麗人参の残金をくれるよう詰め寄るが、過労で倒れ、目覚めると病院のVIP室にいた。回復したボクシルはルイと買い物をし、携帯電話もやっと契約。だがルイは振込め詐欺に遭ってしまい、またもボクシルを困らせることに......。ジュンウォンはボクシルを商品企画部に異動させることにする。
第4話
ショッピング王ルイ 第4話 ルイが蚤の市で見つけたオルゴールは、過去の思い出に繋がっているようだった。ボクシルは慣れない仕事を一生懸命覚えて職場になじんでいくのだが、ボクシルの帰りを家で待つルイは、ネットショッピング三昧。ついにボクシルを怒らせてしまう。ボクシルに新しい靴をプレゼントしたジュンウォンは、そんなボクシルのがんばりをちゃんと見ていた。ルイの事故を企てた張本人、黄金百貨店ペク社長は、百貨店でルイの姿を見かけて慌てふためく。
第5話
無料
ショッピング王ルイ 第5話 豪雨の夜に高熱を出したボクシル。彼女には、幼い頃土砂崩れで両親を亡くしたつらい思い出があった。ルイはうなされるボクシルを献身的に看病する。ボクシルのことが気になるジュンウォンは、様子を見に家に訪ねてくるが、ルイと同居しているのを見て動揺する。後日、ペク社長の娘で商品企画部のマリとボクシルを伴って釜山出張に出かける。今度はルイが心配になり、ボクシルを釜山まで追いかける。釜山には、チェ会長とホ秘書もいた。
第6話
無料
ショッピング王ルイ 第6話 ボクシルとの初めての映画デートに行く途中、偶然マリの運転する車に轢かれたルイ。それを聞いたボクシルは無理やりルイを病院に連れていく。マリは父のペク社長にルイが生きていると報告するが、ペク社長はマリに口留めする。ルイは、ショッピングサイトで的確なアドバイスを書き込み、多くのユーザーから相談される有名人になっていた。ジュンウォンは家電をボクシルにプレゼントすることを交換条件に、ルイを家に住まわせることに......。
第7話
ショッピング王ルイ 第7話 ボクシルの部屋で見知らぬ男が血まみれで倒れているのを、階下のインソンが発見。実はこの部屋では以前も殺人事件が起こっていたらしい。その頃ボクシルは、不良女子高生3人に聞いた情報を頼りに弟ボクナムを探すが、見つからず落胆して帰宅する。街を走っていたルイの姿がテレビで流れ、チェ会長は行方を探すよう指示する。インソンやジュンウォンの家に居候するルイはわがまま放題で、なぜかみんなルイの言いなりになってしまうのだった。
第8話
ショッピング王ルイ 第8話 夜中に突然ジュンウォンの家を訪ねてきたペク社長は、ボクシルを上海に異動させる提案をする。ジュンウォンから商品企画部にバイトに来るよう言われたルイは、勝手にジュンウォンの服を着て颯爽と出社する。そこでマリを見て、車で轢かれたことを思い出す。その頃、ボクシルの部屋で起こった殺人未遂事件の容疑者が逮捕された。ルイがうっかり部屋にこぼしたインスタントコーヒーの粉によって、犯人の足跡が残されていたからだった。
第9話
ショッピング王ルイ 第9話 ボクシルとルイは、海へ行った帰りに互いの思いをスマホのビデオに録り、気持ちを伝え合う。そんな幸せも束の間、ルイは突然何者かに車で連れ去られる。車が到着した先はチェ会長の邸宅で、キム執事も感激のあまりルイを抱きしめる。ルイはやっと戻るべき場所に戻れたのだ。みんなは、ルイが黄金財閥のチェ会長の孫だと知って驚きを隠せない。ルイの身元や事故について捜査を続けていたナム刑事は、ついに事故前の映像を発見する。
第10話
ショッピング王ルイ 第10話 ナム刑事から事故の真相を聞いたボクシルは、悲しみに打ちひしがれる。ボクシルの家にチェ会長とホ秘書が訪ねてきて、ルイを助けてくれたことを感謝しつつも、もう会わないほうがお互いのためとやんわり伝える。ボクシルは退職願いを残し、ジュンウォンには旅行に行くとメッセージを残して山奥の生家に帰る。連絡が取れなくなったルイは心配でしょうがない。ジュンウォンは失意のボクシルの前に現れ、ルイもボクシルの家に向かっていた。
第11話
ショッピング王ルイ 第11話 事故当時の記憶の一部を取り戻したルイは、ボクシルに会うことをあきらめ、ずっと陰で見守ろうと決意。そしてゴールドライン社の商品企画部で本部長として働き始める。インソンを運転手に雇用し、昼はボクシルの家に行って掃除をし、楽しかったふたりの時間を思い出す。夜は外でボクシルの部屋の明かりが消えるのを確認してから帰宅していた。ジュンウォンは退職し、ボクシルと一緒に新会社を設立。新しい門出を迎え、張り切っていた。
第12話
ショッピング王ルイ 第12話 ジュンウォンから出張を命じられ釜山にやって来たボクシルは、ホームレスのルイを街で見つけて驚く。ルイはボクシルと初めて会った時と同じジャージ姿で、記憶を全く失っていて、自分がルイであることもわからない。だがそこにはある作戦があった。ルイは事故前にボクシルの弟ボクナムがピンチから守ってくれたことを思い出し、ボクナムの無事を心から喜ぶ。ボクシルはやっとボクナムと再会でき、水入らずでソウルの家で過ごす。
第13話
ショッピング王ルイ 第13話 チェ会長の家にかかってきた電話をルイが取り、ペク社長はうろたえる。手先のク室長から策略をばらすと脅されて、国外逃亡資金10億ウォンを用意するように言われていたからだった。ボクナムとルイは調書を取るため警察へ出向き、事件は一見解決したかのように見えた。ルイは、ボクシルがお金を騙し取られた不良女子高生3人を懲らしめようと考える。そしてボクシルとジュンウォンに、ゴールドライン社の傘下に入ってほしいと頼む。
第14話
ショッピング王ルイ 第14話 ク室長はペク社長から手に入れた10億ウォン入りのカバンを、まんまと騙され置き引きされてしまう。その犯人は、かつてボクシルのカバンを列車の中で盗んだ窃盗常習犯の女だった。ペク社長は、秘密が隠されたルイの宝箱を釜山のチェ会長の家で見つけてこっそり持ち帰る。ルイとボクシルは、ゴールドライン社商品企画部の社員たちと泊まりがけの親睦会に参加。ジュンウォンを嫉妬させるが、夜中にボクシルが何者かに連れ去られてしまう。
第15話
ショッピング王ルイ 第15話 ペク社長は娘のマリが誘拐されたと連絡を受け、要求された10億ウォンを用意して待つが、ク室長は現れず交通事故を起こしていた。幸いボクシルは無事だったが、ク室長は意識不明に。ペク社長は妻ジェスクに、ルイの宝箱を釜山の家に戻すよう指示する。そして、夜中に家に来たルイに本当のことを告白し、涙ながらに懺悔するのだった。翌朝ペク社長は自首するが、ク室長の証言と食い違い、ルイとジュンウォンはペク社長のために証拠を探す。
第16話
ショッピング王ルイ 第16話 チェ会長が静かに息を引き取った。ジュンウォンは、ペク社長の後を継いで社長となる。ルイは商品企画室本部長として、社員たちを褒めて仕事への意欲を高め、いい雰囲気を職場にもたらした。キム執事はホ秘書にプロポーズし、みんなで温かい結婚式を催す。部屋でルイとボクシル、ボクナムの3人でラーメンを頬張っていた時、ペク社長の妻ジェスクから嬉しい電話がかかってきた。宝箱にあったビデオを見て、ルイは運命を確信するのだった。