「シルフィ うまる」の検索結果

「シルフィ うまる」に関する情報は見つかりませんでした。
「うまる」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~ 平本 蓮 VS ウマル・パスハエフ
K-1 WORLD GP 2017 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~ 平本 蓮 VS ウマル・パスハエフ K-1 GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~ 平本 蓮 VS ウマル・パスハエフのの試合を特別編集して放送!
新K-1伝説 #88
新K-1伝説 新K-1伝説 #88 6月18日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~より、スーパー・ライト級の一戦、新生K-1の申し子、平本蓮とロシアからの刺客、ウマル・パスハエフの激闘をお届けします。階級を上げて臨む平本蓮の、さいたまスーパーアリーナでの初戦。果たしてその結末は。
#2:“妹”は恋愛対象外?女の子として見てほしい!【ビデオ限定!やじるーと】
無料
[最新]今日、好きになりました。- 台湾編 #2:“妹”は恋愛対象外?女の子として見てほしい!【ビデオ限定!やじるーと】 1日目の継続メンバーとして合流したしゅう。 喜ぶゆずはをよそに、しゅうは別の女子を2ショットへ誘い… そして、まっすぐにさとしを想うまるは、自分の気持ちを伝えるが… 「妹感つよい」その一言にまるの返した言葉に見届け人も心を射抜かれる…♡
第44話
凍える華 第44話 ナヨンが死んだと思い込んでいるテジュンは、沈鬱な表情でセジンとの挙式に臨む。怒りが収まらないマルスクは式場に乗り込みテジュンをなじるが、仲裁に入ったセジンが転倒してしまう。マルスクは暴行容疑で逮捕され...。
〔火曜〕#161:鈴木愛理の火曜The NIGHT
The NIGHT 〔火曜〕#161:鈴木愛理の火曜The NIGHT やぐ姉が7月末より産休に入ったため、矢口真里の火曜TheNIGHT 改め【鈴木愛理の火曜TheNIGHT】がスタート!! 記念すべき第1回目のゲストは、木更津発のヤンキーアイドル「C-Style」がスタジオに参上!メンバーは木更津出身の八剱咲羅(やつるぎさくら)、潮干狩鯏(しおひがりあさり)のふたり。木更津市から公認を受け、アイドル活動意外にも様々な取り組みを行うマルチアイドル。MC初体験の鈴木愛理が、尖ったアイドルを迎えてどんなトークを繰り広げるのか!?
第12話
無料
棚ぼたのあなた 第12話 テレビでユニは満面の笑みを浮かべ「新しい家族ができて幸せです」と言う。だが、アメリカ留学は2週間後に迫っていた。思い直してほしいチョンエは、急にユニに優しくなり、ペンキでダメにしたブランドバックを弁償するようマルスクに頼む。だが、以前からユニをよく思っていないマルスクは露店で偽造品を買う。
episode43 蟻のひと噛み
無料
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode43 蟻のひと噛み アスベックというイシュヴァール人達のスラムに身を寄せていたマルコーたちのもとへ、ザンパノから居場所を知らされたエンヴィーがやってくる。応戦するマルコーやジェルソたちだったが、すんでの所で巨大化したエンヴィーにマルコーが捕らえられてしまう。マルコーが犯した罪をあげつらい、じわじわと彼を苦しめるエンヴィー。そのうえエンヴィーは、かつてマルコーの部下であった者たちを全員、賢者の石にした事を暴露する。それを知ったマルコーは……。

おすすめの作品

#17 「囚われの女王」
ソードアート・オンライン #17 「囚われの女王」 シルフのプレイヤー・リーファは、プレイヤー狩りをするサラマンダーたちに襲われていたところを、突如現れたスプリガンのキリトに助けられる。ユイという名のプライベートピクシーを連れたキリトは、かなりの腕前ながら《ALO》のことは何も知らないとらしい。リーファはいぶかしみつつも、助けてもらった礼としてキリトに《ALO》の世界《アルヴヘイム》についてレクチャーし、彼をシルフ族の首都・スイルベーンへ案内する。
#20 「猛炎の将」
ソードアート・オンライン #20 「猛炎の将」 グランド・クエスト攻略のため、シルフとケットシーは極秘の領主会談を開催するが、内通者の手引きによってサラマンダーの大軍に襲撃されてしまう。絶望的な危機の中、駆けつけたキリトはみずからスプリガン=ウンディーネ同盟の大使だと名のり、サラマンダーに手を引かせようとする。そんなキリトの盛大なはったりに対し、サラマンダーの指揮官・ユージーンはある条件と引き替えにキリトの言葉を信じると言い出した。
#24 「鍍金(メッキ)の勇者」
ソードアート・オンライン #24 「鍍金(メッキ)の勇者」 シルフとケットシーたちの協力のもと、キリトはグランド・クエストを突破した。キリトとユイは《ALO》全プレイヤーがめざす《世界樹》の頂上に到達し、ついにアスナと再会を果たす。キリトはすぐにでもアスナを現実世界に戻そうとするものの、ユイによると複雑なコードに拘束されたアスナをログアウトさせるには権限を有するシステム・コンソールが必要らしい。だが時すでに遅く、須郷こと、オベイロンの魔の手がキリトたちに襲いかかる。
第1話「冒険者(ベル・クラネル)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第1話「冒険者(ベル・クラネル)」 迷宮都市オラリオ。その都市の象徴ともいうべき『ダンジョン』にこだまする魔獣の咆哮――新米冒険者・ベル・クラネルは、まさに絶体絶命の危機を迎えていた。少々残念な神・ヘスティアの唯一の眷族となり、はや半月。眼前には、5階層で遭遇するはずのない高レベルモンスター。すくむ足、震える身体……恐怖と絶望に支配されたベルの前に、一人の剣士が舞い降りる……。剣、魔法、魔物、そして神々。オラリオの零細ファミリア所属、ベル・クラネルの冒険譚は、ここから始まった――。
第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」 「僕、強くなりたいです」 憧れの『剣姫』アイズ・ヴァレンシュタインのように――純粋なる思いがベルに与えた能力【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】。それは、懸想(おもい)が続く限り、懸想の丈に従い、少年に著しい成長をもたらすものだった。その能力(アビリティ)を、ベルの憧れの対象を知ってしまった神・ヘスティア。彼女は複雑な思いを抱えたまま、神々の宴へと足を運ぶ。たとえ憧れの対象が自分ではなかったとしても、それでもベルの、彼女のたったひとりの眷族の力になりたい、そう決めたから――。
第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」 「僕はもう、家族を失いたくないです」 モンスター・フィリアの喧騒の中、突如、脱走したシルバーバッグからの急襲を受けたベルとヘスティア。唯一の家族を護るため、ベルは、たったひとりで格上の魔物と対峙することに――しかし、奮闘むなしく徐々に追い詰められていくベル。一方、不本意な形でベルに逃がされたヘスティアもまた走り続けていた。再びベルに合流するため、彼女にとって唯一の眷族――家族を護るために。
第4話「弱者(サポーター)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第4話「弱者(サポーター)」 「突然ですが、サポーターを探していませんか?」 急速な成長に伴い、ダンジョンの7階層にまで到達していたベル。装備品も新調し、次なる冒険への準備をしているところにシアンスロープの少女、リリルカ・アーデに声をかけられる。冒険者について回る雑事を一手に引き受けることを生業とするサポーターの彼女と、より冒険に集中し、ダンジョンの更なる深淵を目指すため、ベルは初めてのパーティを結成することになるのだが…。
第5話「魔導書(グリモア)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第5話「魔導書(グリモア)」 リリの助力を得て、ベルの冒険は、これまでにないほど順風満帆な様相を呈していた。戦闘に専念することで収入も増え、ファミリアの女神ヘスティアにも、ささやかながら恩返しができるほ どに。だが、そんな幸運をもたらしてくれたはずの、リリの周囲に漂う不穏な空気。「なにが冒険者様……ですか」 独りつぶやき、薄暗い路地裏で虚空を見つめるサポーターの瞳―― そこに映るのは絶望、憎しみ……それとも……。
第6話「理由(リリルカ・アーデ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第6話「理由(リリルカ・アーデ)」 ひょんなことから手元に舞い込んだ魔導書(グリモア)から、遂に魔法の力を手にするに至ったベル。着々と力をつけていくさなか、明らかになっていくソーマ・ファミリアの実態。 それは、奇跡の美酒に呑まれた狂信者たちの悲劇。リリルカ・アーデもまた、そんな狂気の渦に巻き込まれたひとりであった。冒険者を謀ろうと画策するもの、利を掠め取らんとするもの、同胞を護ろうとするもの……そして、愚直なまでに仲間を信じ、その手を取ろうとするもの――その誰しもが足を向ける、暗く深い迷宮(ダンジョン)の深奥へと。
第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」 ダンジョンでの出来事を経て、晴れてリリルカ・アーデとのパーティを結成したベル。神ヘスティアの承認も受け、山積された難題は全て取りさらわれたかに見えた……。 「やっぱり闘おうか」 目の前にはベルが追い求め、未だやむことのない憧れを抱き続ける『剣姫』の姿。神々にすら惜しみなき賛辞を送られる、その華麗で鋭い剣閃がベルに襲いかかる。 吐息さえも感じられる、アイズ・ヴァレンシュタインとの夢の様な距離、その間で舞い散る剣戟の火花。延々と放たれ続ける輝きの中、ベル・クラネルは何を感じ、何を得るのか――。