「セラ」の検索結果

今すぐ視聴する

#01 学園都市最強能力者(アクセラレータ)
とある科学の一方通行 #01 学園都市最強能力者(アクセラレータ) 夏休みの終わった学園都市。新学期の始まる中、とある事件で負傷していた学園都市第一位の『超能力者(レべル5)』アクセラレータは、いまだ入院生活を送っていた。その傍らには、なにかと世話を焼こうとまとわりつくラストオーダーの姿もあった。アクセラレータに命を救われていた彼女は、彼の快方を喜び『包帯取れた記念パーティ』を画策、『妹達(シスターズ)』を動員してその準備にいそしんでいた。そんな平和な昼下がり、病院を完全武装した数人の『警備員(アンチスキル)』が訪れる。第四学区にある大気連続体力学研究施設にて開発中の実験機器盗難事件が起こり、その機器が対アクセラレータ用秘匿兵器と判明したというのだ。当然、犯人の狙いはアクセラレータ本人。彼らの襲撃により病院は一転、騒然となり――。
#02 死霊術師(ネクロマンサー)
とある科学の一方通行 #02 死霊術師(ネクロマンサー) 夜の学園都市で、『警備員(アンチスキル)』に追われるある少女がいた。生物の死体を操ることができる逃亡者はなぜかアクセラレータの病室へと侵入する。闘の末、『警備員』に確保された少女が残した写真には、ラストオーダーの姿が写っていた。その裏側にある事情を探るべく、拘束された少女の引き渡しを要求するアクセラレータ写真を見たアクセラレータは事情を探るべく、『警備員』に少女の引き渡しを要求する。『警備員』たちはそれを拒み、疑念を抱いたアクセラレータへ銃を向ける。『警備員』たちの異様なまでに執拗な攻撃はエスカレートを続け、ついには新型の機動兵器を投入するまでに。そしてその機動兵器にはとある秘密が隠されていた。 その夜。逃亡者の少女が、アクセラレータの病室を再び訪れ――。
#03 四凶の符(ナンバーズ)
とある科学の一方通行 #03 四凶の符(ナンバーズ) アクセラレータのもとを訪れた少女の名はエステル=ローゼンタール。『警備員(アンチスキル)』の闇に巣食う組織『DA』の企みの一端を知るという彼女は、自分の教えた技術によって事件が起きたこと、ラストオーダーが彼らの標的にされていること、自分一人では彼らに対抗できないことを告げると、アクセラレータに助力を請う。彼女とともに『DA』のアジトへと向かったアクセラレータは、前夜に交戦した機動兵器『棺桶』の完成形である『窮奇』と、それを操る菱形と対峙するが、ベクトル操作の弱点を突かれ、逃亡を許してしまう。手がかりを失ってしまったふたり。だが人皮の検視をしていたカエル顔の医者から、とあるものが届けられたことで、エステルは霊安室へと向かう――。
#07 制限時間(ダウンロード)
とある科学の一方通行 #07 制限時間(ダウンロード) 『警備員』に『DA』、そして『屍喰部隊(スカベンジャー)』。誰もが等しく倒れ伏した惨状の中で、エステルはアクセラレータの戦いに人を救う力を見出し、師匠になってほしいと訴える。あからさまに嫌がるアクセラレータをよそに、幾度も懇願していたそのとき、3体の『棺桶』――『窮奇』『渾沌』『饕餮』が姿を現す。送り込んだのは菱形ではなく、妹の蛭魅。そしてその目的はミサカ一〇〇四六号の確保だった。過去には暴走して街をひとつ壊滅させたほどの力を持つ『ナンバーズの悪霊』を封じ込めた兵器をそのままにしてはおけない。ミサカ一〇〇四六号をさらった『棺桶』を追うアクセラレータ。そして、自らが犯した過去の過ちを正すため、エステルは自分のできるやり方で菱形たちを止めようと動き出す――。
#09 10031回の死(メモリーオブデス)
とある科学の一方通行 #09 10031回の死(メモリーオブデス) なんとかして蛭魅を救いたい。そんな想いから犯してしまった自分の過ちを、今こそ正すと決意したエステル。ミサカ一〇〇四六号を回収し、10031回分の死の記憶を完全にコピーして『絶対能力(レベル6)』への『公式』を手に入れんとする菱形。3体の『棺桶』の攻撃を潜り抜け、菱形のラボにたどり着いたアクセラレータは、ミサカ一〇〇四六号の救出に成功するも、すでに『公式』は完成していた。 菱形は本命である蛭魅へ『公式』をインストールする時間を稼ぐため、残る『窮奇』と『饕餮』をアクセラレータに差し向ける。『公式』をインストールされたことで大幅に能力の強化された両機の連携攻撃の前に、アクセラレータは足止めを余儀なくされる。一方、エステルは別ルートから菱形と蛭魅の元へとたどり着き――!
#04 擬似魂魄・禍斗(サードナンバー)
とある科学の一方通行 #04 擬似魂魄・禍斗(サードナンバー) 死霊術を施された人皮の遺体を正しい状態に戻すべく処置するエステル。しかし、その途中で遺体を処分すべく霊安室にやってきた『DA』隊員と鉢合わせてしまう。その上、エステルの処置により疑似魂魄・禍斗が宿った遺体が動き出してしまったことで現場は混乱。アクセラレータの傷が開いた隙をついて、『DA』隊員のひとりが偶然通りがかったミサカ一〇〇四六号を人質に逃亡してしまう。倒れたアクセラレータは手術室へと逆戻りし、エステルは禍斗とともに『DA』の行方を追うことに。しかし一方で、暴走気味の『DA』の行動に懸念を抱いたスポンサーのひとり――統括理事会の亡本は、彼らの抹殺に動き出す。そして菱形もまた自らの研究に投入すべく、『DA』のさらった人質を確保しようと動き出す。
#11 完全体(パーフェクトゴレム)
とある科学の一方通行 #11 完全体(パーフェクトゴレム) ローゼンタール家の400年に渡る悲願である『完全なるゴレム』を生み出すべく、『檮コツ』をそそのかした『悪魔』こそ、ローゼンタール家第4代当主イサクだった。 己の魂魄を転写した『檮コツ』の中に潜み、蛭魅となって菱形幹比古を操って手に入れた『神』の体。ミサカ一〇〇四六号から抜き出した10031回分の死の記憶こそがそのキーとなったことを知り、アクセラレータは激怒する。 しかしどんな攻撃を加えようともゴレムは再生を続け、完全なる『神』となるべく成長していく。 その惨状を前に、自分が誰も救えなかったどころか、すべての元凶が自分の家系にあったことに、立ち上がる力すらなくしてしまうエステル。 自分のその手で何を救いたいのか。エステルに、アクセラレータが問いかける――!
最終話「パパと娘の約束」
TWO WEEKS 最終話「パパと娘の約束」 手術当日。スジンより先に手術室に入ったテサンは、イネを通してスジンに好物や“パパ”としたいことをノートに記させる。スジンの手術は無事行われ、自分の骨髄がスジンの体に移植されていくのを不思議な気持ちで見つめるテサン。そして、イルソクによってテサンが罪を着せられた過去の2件の傷害事件の再審が行われる...。
第14話 「最強(さいじゃく)VS最弱(さいきょう)」
無料
とある魔術の禁書目録 第14話 「最強(さいじゃく)VS最弱(さいきょう)」 絶体絶命のミサカのもとへと駆け付けた上条は、桁違いな「一方通行(アクセラレータ)」の強さの前に防戦一方。しかし、反射的に突き出した上条の「右手」が、「一方通行(アクセラレータ)」の顔面に突き刺さる。圧倒的な強さを誇る最強であったがゆえに、肉弾近接戦闘は初めてだった「一方通行(アクセラレータ)」は、その現象に面食らう。そして、再び上条の右拳が容赦なく打ちつけられる。形勢逆転かと思われたその時、風――空気の動きを操る「一方通行(アクセラレータ)」の反撃が上条を襲った。そこへ忠告を無視した美琴が駆けつけるも、上条はそれを止め、来るなと叫ぶ。そんな中、「一方通行(アクセラレータ)」の力は、風を操ることで空気中にプラズマを生み出すまでになっていた。人類には防ぐことのできないその力への対抗策を思いついた美琴は、倒れているミサカを揺り起こす――。
6輪駆動 F-550
ディーゼル・ブラザーズ 6輪駆動 F-550 世界最大級の自動車用品ショーケース、SEMAショー。2014年にメガラムをラスベガスの会場で初披露し、参加者の度肝を抜いたディーゼルセラーズ。2015年の参加へ向け準備を進めていた彼らだったが、ヘビーDの直前のプラン変更もあり、6ホイールの大型車F550を制作することになる。ショーまで残り約2週間、ディーゼルセラーズは作品を完成させ、ラスベガスへ乗り込むことができるだろうか? 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
#06 屍喰部隊(スカベンジャー)
とある科学の一方通行 #06 屍喰部隊(スカベンジャー) その凶悪さから封印されていた4人の能力者による暗部組織『屍喰部隊(スカベンジャー)』。『DA』抹殺のために放たれたその牙は、彼らの憎む諸悪の根源――『センセー』たる黄泉川と、『優等生』エステルへと向けられる。紙を自在に操り着ぐるみのようにまとって戦うナル、液体の比重を操る薬丸、摩擦係数を操る清ケ、作戦立案と有機的な連携攻撃を指揮するリーダー。一筋縄ではいかない屍喰部隊に対し、エステルと禍斗は失神した黄泉川を守りながらの戦いを余儀なくされる。常人離れした禍斗の膂力と、それを補助するエステルの死霊術でなんとか食い止めようとするものの、ナルひとりを止めることすら叶わない。まるで戯れるようにナルの攻撃に磨り潰される禍斗に、エステルが絶望し心折れそうになったそのとき。ふたりを守るように、アクセラレータが立ちはだかる――!!
#12 まもるべきもの
とある科学の一方通行 #12 まもるべきもの 人間を取り込んで肥大化し、進化を遂げて完成形に近づいていく『完全なるゴレム』。 だが、舜帝の剣でその符を突き、『檮コツ』の疑似魂魄に干渉すれば止められるかもしれない。   エステルたちは符を宿す本体たるイサクの居場所を探してゴレムの体内を進んでいく。 取り込んだ者たちの思念が混じり合い、意識が浸食され始めたイサクの隙をつき、極大の力を振り絞って本体のもとへと道を切り開くアクセラレータ。 エステルは大事な約束を守るため。禍斗は主人を護るため。菱形幹比古は蛭魅を取り戻すため。ミサカ一〇〇四六号は記憶を弄ばれた報いを与えるため―― それぞれの立場とそれぞれの目的のため、5人がイサクの前に立ちはだかる。そして、エステルの手に握られた舜帝の剣がイサクを貫いたそのとき……!!
#81:あなたの下着、買います…合法ブルセラ オークション
給与明細 #81:あなたの下着、買います…合法ブルセラ オークション ▼女性の着用済み下着や体操着などが高値で取引される『ブルセラ』に合法店が存在!?その実態を探るべく、グラドル三宿菜々が潜入! ▼下着最高落札価格は13万円!?購入者に会わずして高収入の仕組みに迫る ▼潜入ガールも私物を持参、着用写真を撮り、出品!現役グラビアアイドルの下着につけられた値段はいくら?
第13話 「一方通行(アクセラレータ)」
無料
とある魔術の禁書目録 第13話 「一方通行(アクセラレータ)」 自らを犠牲にして「妹達(シスターズ)」を助けに行くという美琴は、立ちふさがる上条に容赦なく雷撃を浴びせる。しかし上条は、決して右手を使おうとしない。美琴がなぜそこまでするのかと問いかけると、倒れた上条は意外な言葉を口にする。実験を止めるには、「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」の出した実験の大前提――「一方通行(アクセラレータ)」が最強という現実をひっくり返せばいい。そのために、自分が戦って彼を倒す、と。ひとりで軍隊を相手にしても笑っていられるような能力者と戦って勝てるはずがないと訴える美琴だが、上条は彼女から「一方通行(アクセラレータ)」の居場所を聞きだそうとする。そのころ、学園都市の西のはずれにある操車場では「一方通行(アクセラレータ)」とミサカの戦いが始まろうとしていた――。
ヘグランド Bv.206
ディーゼル・ブラザーズ ヘグランド Bv.206 ディーゼル・セラーズは、12気筒ディーゼルエンジンの2代目ダッジラム・クワッドキャブを懸賞用に改造中だ。見た目はカウボーイにふさわしいトラックだが、いくつか問題点を抱える。また、ブラックライノ・ツールのダスティから、ショーで人目を引きつけるトラックがほしいと依頼されたディーゼル・セラーズは、スウェーデンから特別な材料を取り寄せながら、全力を挙げてトラック造りに取り組む。 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
#05 警備員の闇(DA)
とある科学の一方通行 #05 警備員の闇(DA) 突如もたらされた情報を基に、『警備員(アンチスキル)』は『DA』 の拠点を次々と制圧にかかる。最新装備に身を固めていながらも数に劣る『DA』は、菱形に助けを求める。エステルを失い、ラストオーダーの奪取も果たせていない今、『DA』がさらった人質を使えばなんとかなる。菱形のその言葉を信じた『DA』は、ミサカ一〇〇四六号を彼のもとに届けるべく、多脚兵器『タランチュラ』を繰り出して応戦する。その圧倒的な火力の前に撃ち抜かれ、切り刻まれる『警備員』たち。しかし、そこに現れた亡本の刺客『屍喰部隊(スカベンジャー)』がタランチュラをあっさり撃破。そして次なるターゲットを求めて、ミサカ一〇〇四六号を救ったエステルと黄泉川へと襲い掛かる――!
#08 蛭魅(フレンド)
とある科学の一方通行 #08 蛭魅(フレンド) 『絶対能力(レベル6)』――『超能力(レベル5)』を超える途方もない力を求めて、研究と実験を積み重ねていた菱形。そして、被験者として兄の夢を応援していた妹の蛭魅。そんなふたりと出会った『死霊術師』エステル。自らが身に着けた死霊術とは何のための力なのか。そんな悩みを抱えていた彼女は、請われて訪れた学園都市でも答えを見つけることができずにいた。そんな彼女に、蛭魅はひとつの約束を提示する――自分になにかあったら、自分の役に立ってほしい。自身が余命いくばくもないことを知った蛭魅は、兄の役に立つため、ある決意を固めていたのだ。そして、実行された蛭魅の決意を受けて、エステルと菱形の下した『選択』が悲劇を呼ぶことに――。
#10 目覚め(カタストロフ)
とある科学の一方通行 #10 目覚め(カタストロフ) 非情にも届かなかった舜帝の剣。『公式』をインストールされた蛭魅は、爆発的な勢いで周囲を巻き込み肥大化を始める。そして、なんとか脱出したエステルたちの前へと現れ、その正体――『ナンバーズの悪霊』の4体目、『檮杌』であることを顕わにする。もはや誰をも欺く必要はなくなったとばかりに。ローゼンタール家の悲願である『完全なるゴレムの完成』を達成すべく、『悪魔』の声に従って行動していたと語る『檮杌』に、エステルは当主として、死を弄ぶ行為をやめるよう命じる。肥大化は止まり、事件は結末を迎えるかに見えたそのとき。一連の事件の裏ですべてを操っていた『悪魔』が顔を出す。最後の符に写されていた最悪の存在の正体は――!
第2話「殺人の濡れ衣」
TWO WEEKS 第2話「殺人の濡れ衣」 検査の帰り、娘のスジンに呼び止められたテサンは、彼女から宝物の人形を預けられる。愛らしいスジンが病気であることを思い、胸が痛むテサン。検査の結果、骨髄が適合し病院に呼ばれたテサンは、2週間後の手術に必ず来ることをイネと約束する。娘を助けられることを喜ぶ中、具合が悪いという店の客ミスクの家に向かい...。
第3話「命がけの脱走」
TWO WEEKS 第3話「命がけの脱走」 ミスク殺害容疑で拘束されたテサンは、それがかつても自分に無実の罪を着せたイルソクの罠と気づく。警察の取調べに無実を主張するも、不利な証拠ばかりで窮地に陥るテサン。さらに留置場でも命を狙われ、テサンはスジンの手術のためにもどうにか生き延びなければならないと思う。そして、友人のマンソクにある頼み事をする。
第4話「生き延びるために」
TWO WEEKS 第4話「生き延びるために」 ミスクを潜入捜査させていた検事のジェギョンは、自ら志願しテサンの脱走事件の担当として捜査の指揮を執ることに。警察と検察が必死で捜す中、テサンは逃走に使ったバイクを捨て、トラックに乗り込んで逃亡。手錠を外そうと画策する。テサンの脱走を知ったイルソクも、ジェギョンより先にテサンを見つけ出そうとしていた。
第6話「第2の犠牲者」
TWO WEEKS 第6話「第2の犠牲者」 変装したテサンは、バスに乗り込みソウルに戻る。刑事のスンウはテサンの通話記録に恋人イネの番号が残っていたことを知り、ある疑惑を抱く。そんな中、テサンはイネに電話し、何があってもスジンの手術の日には病院に行くと話す。そして、テサンはイルソクとミスクの関係を調べさせていたマンソクと会う約束をするが...。
第7話「生まれたての命」
TWO WEEKS 第7話「生まれたての命」 マンソクの死に衝撃を受けつつも、再び逃走するテサン。殺し屋がテサンを逃し、イルソクは苛立ちと焦りに駆られる。テサンがもう一つの殺人容疑を掛けられたことを知ったイネは動揺しつつも、テサンの言葉が嘘と思えず、スンウに事実を告げることができない。山中を逃げていたテサンは、産気づいた妊婦に助けを求められ...。
第8話「ドナーの正体」
TWO WEEKS 第8話「ドナーの正体」 スジンのドナーで父親がテサンではないかと疑うスンウは、テサンの逮捕に躍起になる。テサンが見つかったと通報を受けた警察は現場に向かうが、出産を助けられた妊婦がテサンを陰から逃がす。必死で逃げるテサンだが、スンウに追いこまれ、彼の銃弾を受けて崖から川に落下。スンウは発砲の際、誰かに妨害されたことを怪しむ。
第9話「あの子を救いたい」
TWO WEEKS 第9話「あの子を救いたい」 撃たれて川に落ちたテサンは死んだものと思われ、発砲したスンウにジェギョンは怒りをぶつける。イネもテサンが撃たれたと知り、衝撃を受ける。その頃、テサンは変装してソウルに向かっていた。娘を助けたいという彼の思いを聞いたチグクが密航の手はずを整えてやったのだ。病院に忍び込んだテサンを見つけたスジンは...。
第10話「連れ去られたテサン」
TWO WEEKS 第10話「連れ去られたテサン」 テサンはチグクの指示に従い、密航の協力者に会う。一方、イネの電話を盗聴させていたジェギョンは密航の情報を知り、スンウに極秘で警察のメンバーを連れて現場に向かう。そして、密航船に乗りこんだテサンを拘束。だが、テサンをソウルに護送する中、イルソクの殺し屋キム先生に車を襲われ、テサンが連れ去られてしまう。
第11話「大胆な駆け引き」
TWO WEEKS 第11話「大胆な駆け引き」 イルソクにカメラのありかを問い詰められるが、どんなに殴られても口を割らないテサン。テサンを追ってきたジェギョンはイルソクの手下に捕まり、テサンに引き合わされる。イルソクはテサンに、ジェギョンを殺してカメラを渡せば、解放してやると話す。テサンはカメラを巡ってイルソクに駆け引きを仕掛け、隙を見て脱走し...。
第12話「本当の姿」
TWO WEEKS 第12話「本当の姿」 スンウはジェギョンに、テサンを追っていて何があったのか問い詰める。そんなスンウにジェギョンは、テサンは冤罪かもしれないと告げる。ニュースでは逃走中のテサンに会った人が皆、彼は悪い人に見えなかったと語り、イネは彼に出会った頃のことを思い出す。一方、カメラはマンソクの恋人が持っていると考えたテサンは...。
第13話「冤罪の疑い」
TWO WEEKS 第13話「冤罪の疑い」 スンウはジェギョンがテサンの事件について知っていることを聞きたがるが、ジェギョンに一蹴され、自分で調べることに。検察と警察が必死でテサンを探す中、テサンは自宅に戻り、必要な物を持ち出す。殺人の濡れ衣を晴らすためデジカメを手に入れたいテサンは、イネに頼みごとがあると電話し、デパートで会う約束をする。
第14話「あの人を信じて」
TWO WEEKS 第14話「あの人を信じて」 覆面捜査官が張り込む中、イネはテサンと約束したデパートに現れるが、捜査官に気づき、すぐにその場を離れる。外から様子を探っていたテサンは、イネに病院に戻れと連絡する。だが、イネを張り込んでいたイルソクの殺し屋、キム先生がテサンに気づき、後を追われる。なんとかキム先生を巻いたテサンは、病院でイネに落ち合うが...。