「ソウナンですか 最新話」の検索結果

「ソウナンですか 最新話」に関する情報は見つかりませんでした。
「ソウナンですか」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

Case.1 漂流
無料
ソウナンですか? Case.1 漂流 砂浜に横たわる4人の女子高生たち。 修学旅行中の事故に巻き込まれた彼女たちが流れ着いたのは、無人島だった。 自己紹介を進めていく4人であったが、やけに落ち着いた様子の“鬼島ほまれ”が言い放ったのは、「私が遭難したのは、これが初めてではない。」という衝撃の言葉だった!
Case.2 初めての食事
ソウナンですか? Case.2 初めての食事 水を確保すべく彼女たちは、それぞれ島を探検することに。 ほまれと明日香が見つけたのは枯れてしまった川底。湿った土から水を取り出すには!? 一方、残った紫音と睦も水分不足で意識が朦朧とする中、ある“約束”を交わすのだった…。
Case.3 島のヌシ
ソウナンですか? Case.3 島のヌシ 食材を探すために森に入ったほまれと明日香。 サトイモに似た植物を見つけた明日香は大喜びするが、ほまれは危険性を指摘する。 食べたいと駄々をこねる明日香に呆れたほまれは、食べられるかどうかを確かめるために、突然明日香のスカートをめくる!?
Case.4 トラップ
ソウナンですか? Case.4 トラップ ある日、リスやウサギの形跡を発見したほまれたちは、早速、罠を仕掛てみることに。 生き延びるために島にあるものを利用して、苦戦しつつも本格的なトラップが完成! 軽い気持ちで、罠にかかってみた明日香だったが…。
Case.5 奇妙なサザエ
ソウナンですか? Case.5 奇妙なサザエ 海に潜って獲物を探すほまれ達。水中での人間の視界はボンヤリとしてしまうが、 ある裏ワザで即席の水中メガネをつくりサザエや牡蠣を探すが…。 過酷な環境下で体力的にも精神的にも追い込まれていく彼女たち。 ほまれが思い出したのは、かつて父から教わった「辛いとき、悲しいときはバーベキューだ」という教えであった。
Case.6 ウサギ実食
ソウナンですか? Case.6 ウサギ実食 仕掛けたトラップの様子を見に来た明日香と睦。 そのトラップには、狙い通りウサギが掛かっていたが、頼りのほまれを呼びに行こうにも、時間がない! 放っておくと逃げられてしまうかもしれない…!生きる為に2人がとる選択とは!?
Case.7 島を探索
ソウナンですか? Case.7 島を探索 遭難生活の長期化に備えて島の探索を行うことにした、ほまれたちは、まさかの民家を発見! これで助かる!期待は膨らみ走り出す一同!だがそこは、朽ち果てた廃墟だった…。 残念がる3人を横目に、ほまれは、サバイバルを生き抜く為の重要なアイテムを見つける!
Case.8 オアシス発見!?
ソウナンですか? Case.8 オアシス発見!? 探索を続ける4人は遠くに立ち上る煙を見つけ、急いで海岸の岩場に向かう! もしかして、人が…?しかしそこにあったのは、温泉?! 探索で疲れた心と身体を温泉で癒す一同だった!
Case.9 ほまれのパパ
ソウナンですか? Case.9 ほまれのパパ 夏場の強い紫外線から逃れるため、日焼け止めを求める一同。 そこで、ほまれが獲ってきたのはイカと海藻だった…。 虫刺されや汗臭さへの対処法など、サバイバルでの様々な問題に直面する中、ほまれは父の教えを思い出す。
Case.10 HONEY BEE
ソウナンですか? Case.10 HONEY BEE シェルターの周りにいたハチを追いかけて、巣を見つけたほまれ達は、ハチミツを獲ることに。 ハチに刺されて死ぬことも珍しくない中、ほまれ達はどうやってハチに立ち向かう?! そして、イカダを使った漁に挑戦する紫音であったが、ある事件に巻き込まれてしまう…。
Case.11 絶対助ける
ソウナンですか? Case.11 絶対助ける 紫音が離岸流にさらわれたことに動揺する3人。そんな中ほまれは新しいイカダを作って追いかける! 「自分の命が最優先」という父の掟を破り、命を懸けて救出に向かうほまれだったが、広大な海の中では、紫音を発見できなかった…。 万策尽きたかに思えた中ほまれは、不意に父の教えを思い出す…!
Case.12 水の補給方法
ソウナンですか? Case.12 水の補給方法 ほまれは、小さな孤島に漂着していた紫音を見つけ再会する。 だが、喜ぶのも束の間、食べ物も水も無く、脱水症状になってしまうのは時間の問題だった…。 目の前にあるのは、洞窟の中の汚水だけ…。非常事態の二人は、秘密の方法で水分を補給?! そして、ほまれと紫音は、島へ帰ることが出来るのか?
大学受験“英語の民間試験”見送りで困惑が広がる
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大学受験“英語の民間試験”見送りで困惑が広がる  文部科学省の大学共通テストでの民間英語試験の導入見送りを受けて、現場では困惑が広がっています。  大学入試センター・西山隆宏総務課長:「(Q.大臣が表明したという話が入ってきたが?)あ、そうなんですか?すいません。私はまだ全然、承知していないので。報道をきょう朝、見ましてかなりそれは驚いたことでございます。広報担当の私としてその動きがあるとは一切、承知しておりませんので」  来年度からセンター試験に代わって始まる大学共通テストに導入を予定していた民間の英語試験では、入試センターが試験結果を取りまとめ、大学側に提供するシステムを運用することになっていました。1日から受験生の個人情報を登録した共通IDの申し込みが始まるということで、入試センターにはすでに受験生から申請書類が届いていました。また、民間の英語試験の1つの「英検」の実施団体の日本英語検定協会は「文科省から説明を受けて、どういう対応をするか検討したい。受験生の方にとまどいがないよう文科省の対応を願うばかりです」とコメントし、同じく「GTEC」の実施団体のベネッセコーポレーションも「準備を進めてきたので非常に残念に思う」とコメントしています。