「ソヨン」の検索結果

今すぐ視聴する

第13話
ロマンスが必要 第13話 ソンヒョンに婚約者がいることを知ったイニョンはショックを隠せない。イニョンはソンヒョンを諦めようとする。ソヨンはいまだジュニとアレックスの間で二股恋愛を楽しんでいた。ジュニはそんなソヨンに失望しつつもソヨンの魅力から離れられずにいた。そんな中、アレックスはソヨンにプロポーズをするが...。一週間の休暇を終えてホテルに戻ったイニョン。彼女はソンヒョンと彼の婚約者の前で...
第10話
恋するジェネレーション 第10話 イアンと仲直りしたウンビだったが、本当の事は言わずウンビョルとして暮らすことを決意する。そして、筆跡鑑定をすると脅すソヨンに対し強気な態度を見せ、逆にソヨンを脅迫する。一方、成績優秀なソヨンが転校してきたことによって更に教育の熱が高まるセガン高校に1人の教育実習生がやって来る。
第15話
ロマンスが必要 第15話 8年間勤務したホテルに辞表を出したイニョン。ソンヒョンはそんなイニョンを訪ねて自分を信じるように説得するが...。アレックスはジュニとソヨンの関係を知り心を痛める。アレックス、ジュニ、二人の間で揺れるソヨン。結局アレックスはソヨンのもとを離れようとするが...。一方、ヒョンジュとドクスの恋愛は順調。ドクスと家で愛を育んでいる最中に突然ヒョンジュの母が訪れ...
第12話
ロマンスが必要 第12話 イニョンはソンヒョンに愛を感じ始めていた。しかし、イニョンはソンヒョンを信じても良いのか悩む...。ある日、夜中にイニョンとソヨンはヒョンジュから一通のメールをもらう。メールを見たイニョンとソヨンは急いでヒョンジュとドクスを探しに行くが...。一方、ソヨンはジュニを家に招き楽しい時間を過ごしていた。しかし、ジュニのシャワー中にアレックスが訪れ...。一方、イニョンは偶然ほかの女性一緒にいるソンヒョンを見かけ...
第5話
無料
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第5話 ジョンソンは治色日誌から「乙巳年5月、枯れない桜の木の下に朝鮮復活の種を封印する」という暗号めいた文章を発見する。実際に庭にある桜の木の下を掘ってみるが、そこには犬の骨が埋まっていただけだった。ある日ソヨンとウンファが路面電車に乗っていると痴漢に遭い、ナカムラ巡査らとともに犯人探しを始める。また栄華館には大学教授である夫とのセックスレスに悩む妻が相談に訪れるが、捕まった痴漢の顔を見ると...
第6話
無料
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第6話 ソヨンは英語が話せないことをウンファに馬鹿にされ、英語を習うことにするが、外国人に騙され、治色日誌を質に入れた挙句その金まで持ち逃げされてしまう。ジョンソンは質屋に行き日誌を返してもらえるよう頼むが当然応じてもらえず、主人に治色を施す代わりに日誌を返してほしいと提案する。一方でソヌは愛を確めようとするファヨンをホテルに呼び出して強引に彼女を抱き、自身の身の上について告白するが...
第18話
恋するジェネレーション 第18話 ミギョンの前に死んだはずのウンビョルが突然現れる。ウンビョルは今まで姿を消していた理由を語る。一方、ソヨンの父親であるカン・イルサン検事は選挙に乗り出すためコン・ジェホ理事長を訪ね、資金援助を求めるが、ジェホはソヨンの事件を盾に拒絶する。それに対してカン検事が取り出したものとは...。
第7話
恋するジェネレーション 第7話 徐々にセガン高校での暮らしに慣れてきたウンビョルだが、ある日、統営(トンヨン)のヌリ高校でウンビをいじめていた首謀者のカン・ソヨンが転校してくる。ソヨンは自殺したはずのウンビがウンビョルではないかと疑いを持つ。 テグァンは高校の理事長である父親に留学するよう命じられ退学届を出す。 一方、スインの事を調べ始めたウンビはウンビョルの日記を発見する。
第8話
恋するジェネレーション 第8話 ウンビョルの過去を知りたいと思ったウンビは、記憶を取り戻すという名目でイアンに協力を求める。一方、ウンビがウンビョルではないかと疑うソヨンは、学校の屋上にウンビョルを呼び出しヌリ高校での出来事を話し、問い詰める。ウンビョルがウンビであると確信したソヨンは、ウンビとウンビョルが同一人物である証拠を探し始める。
第14話
恋するジェネレーション 第14話 ソヨンはウンビョルがウンビであることを暴露する。しかし、真相を知っているイアンは自殺したウンビはウンビョルの双子の妹であることを明かし、クラス内でソヨンに対する反感が高まる。一方、自分のせいで全治一年の怪我を負ったイアンを気にかけ、毎日病院へ見舞いに訪れるウンビョル。だがイアンはそんなウンビョルに辛く当たってしまう...。
第2話
ロマンスが必要 第2話 ソンスと別れたイニョンは、ソヨンとヒョンジュを家へ招きパジャマパーティーで盛り上がる。今が一番幸せだと酔いしれるイニョンだったが、インターネットでソンスとガンヒの熱愛記事を見つけ、つい悪質な書き込みをしてしまう。一方、ソヨンは結婚まで考えていた彼に妊娠9か月の妻がいることを知り唖然とする。また、結婚間近のヒョンジュは婚約者のテウを自宅に誘うが失敗。ある日『使い捨て男クラブ』を見つけ...
第10話
ロマンスが必要 第10話 イニョンとヒョンジュは、恋愛に自由で勝ち気なソヨンを羨ましく思っていた。ソヨンはアレックスともジュニとも濃密で積極的な恋愛をし...。一方、イニョンは優しくて頼りのあるソンヒョンにどうしても愛を感じられないでいた。ソンスとの過去を思い出してしまうイニョン。ある日、イニョンはホテルで映画の撮影をするソンスに関係の整理したいと言うが...
第9話
恋するジェネレーション 第9話 ソヨンはウンビョルの友人、チャ・ソンジュにコネを使って芸能事務所を紹介すると言って近づく。 悩みごとを打ち明けてくれないウンビョルに業を煮やしたイアンはウンビョルを避けるようになる。一方、ウンビョルが気になり出したテグァンは退学を取りやめる。ウンビョルの筆跡がウンビのものと同じである証拠をソヨンから見せられたテグァンは、ウンビョルの悩みを知りつつ力になることを告げる。
第1話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第1話 日本で精神科医として働くジョンソンは、同胞である韓国人患者が事故で亡くなり、ひどく落ち込んでいた。そんなある日、朝鮮から電報を受け取る。そこには祖母が死に、遺産相続のために帰国しろと書いてあった。ジョンソンは朝鮮に戻り、祖母の遺産である「栄華館」という妓房を訪ねる。さらにはその妓房を継いでほしいとの遺言が残されていた。戸惑うジョンソンだが、祖母が個人金庫に預けた物があると聞き、それを取りに行く。するとその銀行で爆破事故に巻き込まれ...
第2話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第2話 ファヨンの友人である女優ユン・ヒョンドクの不倫が話題になっている。そして知識人である夫のイ・ユンは「どんな罪を犯そうともこの世で愛するのは妻だけだ」という意味深な発言をするのだった。ファヨンはヒョンドク本人に真意を確めようとするが、「心は夫を愛していても、体が男を欲しがる」のだという。ある日、ホテルの一室で昏睡状態になっているヒョンドクをイ・ユンが見つけ、ファヨンを呼び出す。一方でソヌは、ジョンソンの祖母が個人金庫に預けていた鍵を手に入れようと企むが...
第3話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第3話 自他ともに認めるモダンボーイ、パク・ヨンウがある日、栄華館を訪ねてきた。完璧に見える彼だったが、いざというときに男性器が役に立たなくなるらしい。ジョンソンはファヨンに治色を頼むが、ファヨンは妓房にいたことを知られたくないと、それを拒む。仕方なく治色はジョンソンが引き受けることになったが、ヨンウが栄華館を訪れたのにはまた別の理由があった。一方でソヌは変わらずジョンソンに近づき、図書館で愛を告白しキスをするが...
第4話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第4話 その日、栄華館を訪ねたのは富豪のイ・ヨンイクという男性と3人の妾だった。なんでも、体の弱かった前妻が子供を産むことなくこの世を去ってしまったため、3人の妾の中で先に息子を産んだ者を正妻として迎えるつもりらしい。ジョンソンは男児選好思想に陥っているイ・ヨンイクには治色をしたくないと言い、代わりにファヨンが治色を担当することに。一方、ソヌはパク・ヨンウを殺しながらも素性を隠し、ジョンソンとの仲を深めていくが...
第3話
ロマンスが必要 第3話 ヒョンジュの結婚式当日、新郎が現れずあわてふためくイニョンとソヨン。ヒョンジュの提案で『使い捨て男クラブ』のドクスを新郎に仕立てなんとかその場を凌ぐ。散々な結婚式を終えた3人は女だけの初夜を楽しく過ごす。一方、ソンスが何の相談もなしに新しい家を買ったこと知り、深く傷つくイニョン。新しい家を訪ねたイニョンはそこでガンヒと出くわす...。ソヨンはジュニに同行して雑誌社へ行くことに。そこで出会った編集長が元彼の妻だという事実を知り...
第8話
無料
ロマンスが必要 第8話 ソンヒョンと交際を始めたイニョン。いつの日からかイニョンの家の前にソンスの車を見つける。ソンスの姿はないまま一週間が過ぎたある日、イニョンのもとにガンヒが訪れる。ソンスが行方不明だというのだ。イニョンにソンスを探して欲しいと頼むガンヒに意地悪な態度をとるイニョン。一方、ソヨンはジュニと一緒に海へ写真撮影に行くことに。しかし、ソヨンは撮影中に足に怪我をしてしまい...
第15話
キルミー・ヒールミー 第15話 ファランの手下に誘拐されたリジンを助けに行ったドヒョンは、手下に殴られて気を失ってしまう。リジンはファランの別荘に連れてこられるが、子供時代の記憶がよみがえり、パニック状態に。頻繁に既視感を覚えるようになったリジンは、自分の過去と向き合う決心をするが...。一方、リジンの実母であるソヨンの供養に寺を訪れたスニョンは、ヨンピョ社長の部下に姿を見られ、ソヨンの子供を育てていた事実をヨンピョに知られてしまう。
第7話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第7話 ある日ウンファは新聞に載る。その理由は決して自慢できることではなく、朝鮮最高の弁士と呼ばれるソ・サンフンとの不倫がバレたためだった。ソ・サンフンは「離婚王」とも呼ばれ、これまで4人の女性と離婚をしていたが、ウンファはその男と結婚すると言って聞かない。一方で鐘路派に戻ったウンチョルはササキに撃たれそうになるが、それをかばったソヌが重症を追う。ジョンソンに会いたいと言うソヌを栄華館に運ぶが...
第8話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第8話 ナ・スネという女性がいた。彼女は学校で倫理と道徳を教える教師であったが、「キスガール」ミチコという別の顔も持っていた。ミチコは1回5ウォンで男性にキスを売っているという。スネの婚約者はある日、彼女を連れて栄華館を訪れ、ジョンソンは治色をすることになる。ウンチョルはキム・ソヌとヨシハラ ケンイチの関係性について疑問を持ち始め、その調査をナカムラ巡査に依頼する。ナカムラが朝鮮銀行で張り込みをしていると、そこにヨシハラらしき人物が現れ...
第9話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第9話 西大門派の親分ナ・イルドゥはヤクザたちにエピソードを語り継がれるほどの猛者で、女も抱かないという。そんなナ・イルドゥがある日、栄華館を訪れた。彼は男性器が小さいことに頭を悩ませていることを告白する。ファヨンが中心となり治色が始められるが、ナ・イルドゥが捕らえられたと勘違いした子分たちが栄華館を襲撃する。またソヌはジョンソンから鍵を盗み出すため、鍵を手に入れてくれば一緒にロシアに行くとファヨンを唆すが...
最終話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 最終話 京城最高のボクサー、カン・チュングの陰には常に妻の支えがあった。ある日その妻は栄華館を訪れ、夫婦生活が翌日の試合に影響を及ぼすこと、そのために夜の営みを控えていると話す。妻は栄華館で、消耗しない治色を習うこととなった。しかしソヌの養父が日本からソヌのもとを訪れ、自ら栄華館に乗り込んできた。金庫のありかを探すも見つからず、養父は2日以内に金庫を元に戻さなければ栄華館を爆破させると言い残しその場を立ち去るが...
第71話 命がけの出産
イ・サン 第71話 命がけの出産 サンが思悼世子(サドセジャ)の墓を訪れたと知った大妃や老論(ノロン)派は、何かあるに違いないとして不安を覚える。 一方、懐妊して“昭容(ソヨン)”という位を授かったソンヨンだが、出産予定日を過ぎても陣痛が来ない。主治医は、このまま陣痛が来ないと、ソンヨンの命も危険であると診断する。
第2話
無料
A-TEEN シーズン2 第2話 ソヨン高校のSNS掲示板に匿名の書き込みがあり、キム・ハナは全校生のゴシップの的になってしまう。ある日、学食で列に並んでいると、女子生徒がやって来てキム・ハナに悪意のある言葉を投げかける。
第23話(終)
恋するジェネレーション 第23話(終) クラスメイトに全てを打ち明けたウンビだったが、クラスメイトは好意的に受け入れる。そして、ソヨンはクラスからも家族からも孤立する。ウンビの事がどうしても諦められないテグァンは、ウンビがイアンの事を好きだと知りながら想いを告げる。一方、ウンビはイアンに自分の気持ちを打ち明けるが...。
第1話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第1話 大人気バンドCRUDE PLAYのプロデューサー“K”ことカン・ハンギョル。彼にとって騒音や小さな経験は、音楽的なインスピレーションを与えるものとなる。漢江で思いにふけるうちに曲がひらめいたハンギョルは、メロディーを携帯に録音しようとするもできず、偶然通りがかったソリムの携帯を借りて録音する。音楽しか取り柄のないソリムはハンギョルに一目ぼれし、ハンギョルを捜し始めるが...
第2話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第2話 コンテスト会場で偶然再会したハンギョルとソリム。ソリムの携帯にCRUDE PLAYの未発表曲が残っていることを知ったハンギョルは、何とかファイルを消そうと自分の正体を隠してソリムに近づく。音楽を優先するあまりメンバーや恋人のユナと衝突してしまい、落ち込んでいる時にソリムに呼び出され手渡されたのは、ソリムが歌詞を付けたハンギョルの曲だった。
第4話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第4話 SOLEミュージックのオーディションを受け、練習生となったソリムたち。ソリムのバンドをプロデュースしたいチャンヨンは、チェ代表に頼み込みソリムにもアピールを始める。しかしチェ代表がプロデュースさせたいのはチャンヨンではなくハンギョル。何度も説得を試みるが、結局ハンギョルに断られてしまう。そんな中、ソリムたちが練習生になったことを知らないハンギョルは、自分の曲を歌ってほしいとソリムに頼みに行く。