「ソヨン」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第3話 栄華館周辺ではまたも奇怪が事件が起こる。今度は有名な妓女たちが首をかんざしで突かれ殺されるという事件だ。一方でチョは博打に夢中になっている。当たり目を的中させ大金を稼ぐワンに秘訣を聞くと、かめ置き場に現れる幽霊が 当たり目を教えてくれるのだという。栄華館ではイ・ファドクという男に治色を施すことになるが、そこでヨンは大きな失敗をする。その責任を取ろうとヨンはイ・ファドクの家を訪ねるが...
第4話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第4話 どんな女人でも春に雪が溶けるように落とすことができるという「漢陽最高の蜜蜂」チョン・ウソク。ウンはヨンと一緒に出かけた市場で、古い友人であるウソクと偶然出会う。しかしウンとウソクの間には大きなわだかまりがあるようだ。ウソクは過ぎた性交により、よく気を失うと、栄華館で治色を受けることに。ウンはヨンを置いて急に故郷に帰ると言い、その間にゲウォルはヨンにウソクとの交合を命じるが...
第7話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第7話 ダンビは色狂居士(セククァンコサ)という作家の書く官能小説に夢中だった。ある日、色狂居士ことピョン・ギスが治色のために栄華館を訪れる。ダンビは喜んで治色にあたろうとするが、官能小説を馬鹿にしていたはずのエランに横取りされる。一方で夜明けに夫人が強姦され自殺するという事件が起き、ウンは事件の犯人として捕らえられてしまう。メチャンはウンを助け出したい一心で、事件の真相を知る男に自らの体を捧げることを決意するが...
第8話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第8話 ヨンは栄華館を離れ、実家があるパウィ村に向かった。しかし両親が住んでいるはずの家には知らぬ男が住んでいて、その男によればヨンの両親は4カ月前に両班(ヤンバン)の家で撲殺されたという。ウンとゲウォル、義禁府のキム・シウォンはヨンを捜し出そうとするがなかなか見つからない。途方に暮れたヨンは偶然会ったファヨンという夢遊病の女に治色を施すことを申し出る。ファヨンは死んだ恋人と夢で会い、性交をしているというのだが...
第68話
朱蒙 第68話 チュモンはプヨ宮殿からの脱出に失敗し命を落とした母ユファをしのんで川辺へ向かい、オイたちはプヨからケルへ向かう道筋を捜索し、イェソヤとユリの亡きがらだけでも見つけようとする。一方、プヨではユファの葬儀が王妃としての格式をもって始祖山で執り行われることになり、それを聞いた王妃とテソ、ヨンポは激怒する。 チュモンはオイを同行させて極秘で始祖山へ赴き、クムワにユファの遺骸を引き渡すよう要求する。しかしクムワは応じず、母に最後の別れを告げたチュモンはチョルボンへ戻る。ソソノは心に深い傷を負ったチュモンを励まし、ユファとイェソヤの魂を慰めるために祭儀を執り行う。その祭儀の最中、ピグムソンからの文を足に結わえた鳥が舞い降り、彼女に会いに行ったチュモンは、古朝鮮の大王たちが着ていた鉄のよろいと秘蔵書を与えられる。サヨンは秘蔵書の暗号解読に成功し、モパルモは軽くて丈夫なよろいを完成させる。 プヨではテソとヨンポの双方がクムワの次の王位を虎視眈々と狙っていた。ヨンポはファン大人の援助を求めてヒョント城を訪れるが、ファン大人の屋敷にはイェソヤとユリが捕らわれていた。チュモンはチョルボンの君長たちを招集し、ヒョント郡を打ち破る戦争を行うことを宣言する。
第17話
朱蒙 第17話 チュモンは宿に侵入した盗賊を撃退するが、その後得られた情報は商団一行を惑わせる。盗賊の頭ペマンはヘンイン国の元将軍で、ヨンタバル商団との武器取引の際、代価を着服しようとしてソソノに阻まれたことを今も逆恨みしていた。軍を追われて盗賊に身を落としたとはいえ、かなう相手ではないと判断したソソノは撤収を決定する。しかし、チュモンはコサン行きをあきらめられず、解決策を見つけるから二日だけ猶予をくれとソソノに告げ、マリたちを連れて盗賊の砦へ向かう。 わざと敵に捕まったチュモンたちは、隙を見て頭の寝首をかこうという計画を立てていたが、プヨから奴隷を買いにきたトチの手下ハンダンが現れ失敗に終わる。チュモンたちは監獄に入れられ、ペマンは必ずソソノを生け捕りにしろと手下たちに命令する。その頃、プヨ宮殿ではヒョント城の太守ヤンジョンに突きつけられた難題に、クムワが頭を悩ませていた。辺境を荒らすセイナンイ族との戦を控えている漢の皇帝がプヨに兵1万の援軍を要請し、それを断れば両国の関係悪化は必至であった。妥協の道を探るテソ、ヨンポ、臣下たちを尻目にクムワは決然たる態度でこれを拒否し、全面戦争をも辞さぬとヤンジョンに言い放つ。クムワの決意は固く、ヨミウルの進言を完全に無視したため、神殿との亀裂は決定的となる。 一方、チュモンたちが盗賊にとらわれていることを知ったソソノは、商人としての計画があると言い、自ら砦に乗り込むことを決意する。