「ソン オクスク」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第15話 戦闘開始
キム課長とソ理事~Bravo! Your life~ 第15話 戦闘開始 ソンニョンの命が会長に狙われていると知り、放っておけず助けるソ理事。ソンニョンはむしろ会長に復讐の炎を燃やす。チュ部長はそんなソンニョンが心配でたまらない。翌朝、ソンニョンはボディガードを連れて出社し会長に宣戦布告する。そんなソンニョンを見込んだハン検事はイ課長に代わって内部告発してほしいと頼む。そんな中、今年度の会計監査が始まる。ソンニョンは清掃班長から事件の前にイ課長から預かったという鍵を渡される。
第2話 恋人との対面
あなたはひどいです 第2話 恋人との対面 親交を深めていたヘダンとジナの関係に亀裂が入り、落ち込むヘダンを心配するヘダンの父ガンシクは、ジナの元を訪ねて詫び、許しを請う。ジナは悩んだ末にヘダンが働くクラブへと向かい、2人は仲直りする。そんな中、ヘダンに10年来の恋人ソンテクがいることを知ったジナ。ヘダンはジナを誘い、ソンテクと3人で郊外の川辺に泊まりがけで遊びにいく。粗野でぶっきらぼうなソンテクに呆れるジナだが...。
第3話 略奪愛
あなたはひどいです 第3話 略奪愛 ジナの自宅にソンテクが入っていくところを目撃したヘダン。そこにジナが帰宅し、ヘダンにソンテクを譲ってほしいと告げる。ヘダンはソンテクを引き止めようと結婚を決意するが、家族を養う負担をめぐり妹たちが口論となり、ヘダンは心を痛める。ヘダンに別れを切り出せずにいるソンテクに苛立ちをぶつけるジナ。その時、ヘダンが過労で倒れたと連絡が入り、ソンテクはヘダンの元に急いで向かおうとするが、その直後に交通事故に遭う。
第6話
彼女はキレイだった 第6話 雨に打たれ、体調を崩したソンジュンを心配したヘジンは、シニョクにソンジュンへ薬とお粥を届けてもらう。体調が回復したソンジュンだったが、ハリと会い続けるうちに自分の記憶の中のヘジンとハリの性格が重ならないことにとまどい始める。そんな中、ヘジンの話でソンジュンがアメリカに帰る可能性があることを知ったハリは...。
霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 [R18+]
霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 [R18+] 霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 [R18+] 高麗末期、元の政治干渉に苦しむ恭愍王(チュ・ジンモ)。そんな王に仕えてきた近衛部隊の隊長ホンニム(チョ・インソン)は、王が最も信頼する部下であり寵愛の対象だった。元は、後継者がいないことを理由に王権を脅かすが、王は女性を愛することができない。そこで、王はホンニムに王妃を身ごもらせるように命ずるが...。
第47話 田舎暮らし
あなたはひどいです 第47話 田舎暮らし 意識が回復し、退院することになったギョンス。欲を捨て、ギョンスとの穏やかな生活を選んだジナは地方の田舎に移り住み、親子で暮らし始める。その頃、パク会長はヒョンソンに対し、異動についての返答を求めるも、ヒョンソンは会社を辞めて海外に留学すると告げる。夫を後継者にすることだけに奔走してきたナギョンは激高し、ヒョンソンに詰め寄る。ところが、ヒョンソンが手を振り払った拍子に、ナギョンは階段から転落してしまう。
第13話
彼女はキレイだった 第13話 男女としての交際をスタートさせたソンジュンとヘジンだったが、ヘジンはソンジュンがあまりにも幸せそうに振る舞うことで編集部の面々に交際を悟られるかと気が気でない。そんな中、ソンジュンの元上司が編集部を訪れ、ザ・モストの廃刊に関する最後通告をする。 ソンジュンが廃刊の危機を隠してきたことを知ったチャ記者は...。
第41話 思い出の木
あなたはひどいです 第41話 思い出の木 母の手紙がパク会長に渡るも、ヒョンジュンは過去の会話から、証拠の隠し場所が母の愛した庭木のふもとであることに気付く。しかし、証拠の品は見つからず、パク会長の悪事や母の死の真相を掴めず、ヒョンソンはもどかしさを募らせる。一方、離婚届にサインをするも、後継者の母としてパク家に居座ろうとする強欲なジナ。そんな中、ジナがユン室長に大金を送った履歴をヒョンソンが見つけ、ギョンジャを死なせようとしたことがバレてしまう。
第14話
仮面の王 イ・ソン 第14話 「王」イソンのもとに、世子(セジャ)イ・ソンから解毒剤が届く。喜ぶイソンだったが...。イソンはある決心をして、辺首(ピョンス)会の首領テモクに会い行く。王妃の最終候補3人に選ばれてしまったカウン。王妃以外の2人は側室になる決まりだ。心配するカウンに「頭領」から手紙が届く。側室にならぬよう連れ出すために迎えに来るという。その夜、カウンは「頭領」が待つ場所に向おうとするが、兵士に見つかってしまう。
第15話 覚悟
あなたはひどいです 第15話 覚悟 バーで深酒をしたジナは、パク会長ではなくヒョンジュンに電話をかけて介抱を求める。息子に肩を抱かれ帰宅するジナを見たパク会長は、2人を遠ざけようと、自分の全権をヒョンジュンに手渡す覚悟で条件を提示する。その頃、家政婦として働き始めたヘジンの義姉ボンソンは、これまでお世話になったお礼にと、家族を外食に誘う。ところが、食事の最中にボンソンの勤め先がヘジンの働く大学の講師宅と知り、ヘジンの機嫌が一変する。