「タクシー運転手 逮捕」の検索結果

「タクシー運転手 逮捕」に関する情報は見つかりませんでした。
「タクシー運転手」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「殺したこと後悔」カンボジア男性殺害で日本人男ら
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「殺したこと後悔」カンボジア男性殺害で日本人男ら  カンボジアでタクシー運転手の男性を刃物で殺害したとされる日本人の男2人の初公判が開かれました。男らは犯行を認めたものの、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しました。  中茎竜二被告(24)と石田礼門被告(23)は今年3月、世界遺産のアンコールワットで知られるシェムリアップでタクシー運転手のフム・チャンさん(40)の首を刃物で切るなどして殺害した罪に問われています。9日の初公判で2人は「殺したことを後悔している」と話し、裁判に出席していた被害者の妻、ソク・チャンルンさん(37)に対して頭を下げて謝罪しました。しかし、「殺すつもりはなかった。抵抗されたので、首を切った」と述べて殺意は否認しました。妻のソクさんは2人に対して合計約1000万円の賠償金を請求していて、「法律に従って厳正な判決を望みます」と話しています。
85歳女性を男性キャッチ 火事で2階から飛び降り
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 85歳女性を男性キャッチ 火事で2階から飛び降り  北海道函館市の店舗を兼ねた住宅で火事がありました。2階から飛び降りた85歳の女性と女性を下で受け止めた男性がけがをしました。  7日午前3時すぎ、函館市の古物商を兼ねた住宅から「火が出ている」と通り掛かった男性から消防に通報がありました。消防車など18台で消火活動を行い、火は約4時間後に消し止められました。この火事で、85歳の女性が「助けて」と叫んで2階から飛び降り、勤務中で現場に居合わせたタクシー運転手の50代の男性が女性を下で受け止めました。2人はけがをして病院に搬送され、いずれも命に別状はないということです。警察と消防は出火原因などを詳しく調べています。
第33話 乗車拒否
無料
笑ゥせぇるすまん 第33話 乗車拒否 近場の客も断らないため、成績が上がらないタクシー運転手・大井卓司(33)。だが、喪黒が大井に幸運のお守りを渡すと、次々に長距離の客がつき、たちまちトップに。調子に乗った大井は売り上げ記録を作ろうとするのだが…。

おすすめの作品

チョ・グク法相を巡る疑惑 親族の男を逮捕 韓国
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 チョ・グク法相を巡る疑惑 親族の男を逮捕 韓国  韓国のチョ国(チョ・グク)法相を巡る疑惑で、16日午後に親族の男(36)が逮捕されました。一連の疑惑で逮捕は初めてです。  韓国メディアによりますと、親族の男はチョ法相の家族が投資するファンドを実質的に運営していたとされ、疑惑の鍵を握る人物とされています。14日、海外から帰国した直後に横領や背任などの疑いで身柄を拘束されていました。検察が16日未明に逮捕状を請求し、裁判所が午後から男に事情を聴くなどした結果、逮捕は妥当と判断しました。チョ法相を巡る一連の疑惑で初めての逮捕者となります。検察はこれを突破口に組織改革を巡って対立するチョ法相への攻勢を強めたい考えで、チョ法相の妻に対する捜査も加速するとみられます。
韓国検察 チョ・グク氏の親族を“横領”で逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国検察 チョ・グク氏の親族を“横領”で逮捕  韓国のチョ国(チョ・グク)法相を巡る疑惑で16日夜、親族の男が逮捕されました。一連の疑惑での逮捕者は初めてです。  韓国メディアによりますと、30代の親族の男はチョ法相の家族が投資するファンドを実質的に運営していたとされています。投資先の資金を横領したほか、関係者に口止めをして証拠隠滅を図ったなどの疑いが掛けられ、14日に海外から帰国した直後に身柄を拘束されていました。検察の逮捕状請求を受けた裁判所が16日午後から男に事情を聴くなどした結果、「逃走、証拠隠滅の恐れがある」として逮捕は妥当と判断しました。一連の疑惑では初めての逮捕者となります。検察はこれを突破口に組織改革で対立するチョ法相への攻勢を強めたい考えで、娘の不正入学疑惑を巡るチョ法相の妻への捜査も加速させるとみられます。
チョ氏親族の逮捕状請求 ファンド疑惑のカギ握る男
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 チョ氏親族の逮捕状請求 ファンド疑惑のカギ握る男  韓国のチョ国(チョ・グク)法相を巡る疑惑で検察は16日、すでに身柄を拘束している親族の男(36)の逮捕状を請求しました。  親族の男はチョ氏の家族が投資するファンドを実質的に運営していたとみられ、横領や背任などの容疑で14日に海外から帰国した直後に空港で身柄を拘束されました。検察は身柄拘束の期限にあたる16日未明に男の逮捕状を請求しました。裁判所は午後3時から男から事情を聴くなどして逮捕が妥当かどうかを審査し、16日にも判断を出す見通しです。男はファンド疑惑の鍵を握るとされ、逮捕に至れば組織改革を巡って検察と対立しているチョ法相に大きな痛手となる可能性があります。
“あおり殴打男”再逮捕へ 罰則重い強要容疑を適用
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “あおり殴打男”再逮捕へ 罰則重い強要容疑を適用  あおり運転の容疑者を強要容疑で再逮捕する方針を固めました。  宮崎文夫容疑者(43)は先月、茨城県の常磐道であおり運転をしたうえ、相手の車の男性を殴ったとして傷害の疑いで逮捕されています。茨城県警は宮崎容疑者が相手の車を本来は止まる必要のない高速道路の走行車線で止めさせた行為が強要罪にあたるとみて、勾留期限の8日にも再逮捕する方針を固めました。あおり運転に対しては暴行や道路交通法違反を適用することが多く、より罰則が重い強要容疑を適用するのは異例です。
タイ拠点の特殊詐欺…18人目を逮捕 アジト管理の男
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 タイ拠点の特殊詐欺…18人目を逮捕 アジト管理の男  タイを拠点にしていた日本人グループによる振り込め詐欺事件で、現地のアジトの家を管理していた男が新たに逮捕されました。この事件での逮捕者は18人目です。  12日朝、潜伏先のタイから強制送還された陣内大和容疑者(30)は3月、福井市の50代の女性に嘘のメールを送って電子マネー30万円相当をだまし取った疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、陣内容疑者は拠点としていたアジトの家を契約し、すでに逮捕されているかけ子らのビザ更新の手配や世話役を務めるなど、中心的な役割を担っていたとみられています。警視庁は引き続き指示役の行方を追い、グループの実態解明を進めています。
池袋のホテルに女性遺体 殺害などの疑いで逮捕状
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 池袋のホテルに女性遺体 殺害などの疑いで逮捕状  東京・池袋のホテルで36歳の女性の遺体が見つかった事件で、警視庁はこの女性を殺害するなどしたとして22歳の大学生の男の逮捕状を取って容疑が固まり次第、逮捕する方針です。  埼玉県入間市に住む22歳の大学生の男は12日夜、池袋のホテルの部屋で東京・江東区に住む荒木ひろみさんの首を圧迫して殺害するなどした疑いが持たれています。警視庁は18日朝から男を任意同行して取り調べるとともに、自宅の家宅捜索を続けています。容疑が固まり次第、逮捕する方針です。ホテルの部屋からは荒木さんの帽子やリュックなどがなくなっていて、警視庁は男が荒木さんの所持品を持ち去ったとみて調べています。
チョ法相巡る疑惑 投資先ファンド関係者ら出頭
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 チョ法相巡る疑惑 投資先ファンド関係者ら出頭  韓国の法相に就任したチョ国(チョ・グク)氏を巡る疑惑で、裁判所はチョ氏の家族が投資するファンドの関係者2人を出頭させ、逮捕するかどうかの審査を始めました。  ファンドを巡っては、公共事業を受注する会社に投資してチョ氏の家族が不正に利益を得ていた疑いで検察が捜査しています。代表者ら2人についてはすでに横領などの容疑で逮捕状が請求されていて、これから裁判所が身柄の拘束が必要かを判断します。早ければ11日夕方にも決定する見通しです。逮捕に至れば一連の疑惑で逮捕者が出るのは初めてで、チョ氏が掲げる検察改革が難航する恐れもあります。
87歳女性の腹などを刺し殺害か 近所の21歳男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 87歳女性の腹などを刺し殺害か 近所の21歳男を逮捕  鹿児島県奄美市の住宅で87歳の女性が死亡しているのが見つかった事件で、警察は近くに住む21歳の男を殺人などの疑いで逮捕しました。  この事件は6月、奄美市の住宅で瀧田得枝さんが血を吐いて倒れ死亡しているのが見つかったものです。警察は瀧田さんの家に侵入し、腹などを刃物のようなもので刺すなどして殺害したとして近くに住む渡部円治容疑者(21)を殺人などの疑いで逮捕しました。渡部容疑者は「そのようなことはやっていない」と話し、容疑を否認しているということです。渡部容疑者は1月、奄美市のコンビニエンスストアで店員を刃物のようなもので脅し、金を奪おうとしたとして強盗未遂などの疑いでも逮捕・送検されています。
約1200万円分の覚醒剤所持 元暴力団組長の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 約1200万円分の覚醒剤所持 元暴力団組長の男逮捕  約1200万円分の覚醒剤を所持していたとして元暴力団組長の男が逮捕されました。  東京・葛飾区に住む住吉会系暴力団の元組長・藤森富義容疑者(68)は先月、元暴力団組員の40代の男とともに覚醒剤約200グラム、1200万円相当をJR御徒町駅のコインロッカーの中に所持していたとして逮捕されました。警視庁によりますと、2人は車で駅を訪れて元組員がコインロッカーに覚醒剤の入った荷物を預けましたが、様子を不審に思った警察官が職務質問をして覚醒剤を発見しました。元組員はすでに逮捕・起訴されていて、藤森容疑者は取り調べに対して「覚醒剤のことは知りませんでした」と容疑を否認しています。
小4男児殺害 死体遺棄容疑で父親(32)を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小4男児殺害 死体遺棄容疑で父親(32)を逮捕  さいたま市で小学4年生の男の子が殺害された事件で、警察は死体遺棄の容疑で同居する32歳の父親を逮捕しました。  無職の進藤悠介容疑者は、さいたま市見沼区の集合住宅で息子の遼佑君(9)の遺体を向かいの部屋のメーターボックスに遺棄した疑いが持たれています。遼佑君の首には絞められたような痕がありました。任意の事情聴取に対して進藤容疑者が死体遺棄容疑を認めたため、警察は19日夕方に逮捕状を請求して午後8時4分に逮捕しました。捜査関係者によりますと、事件直後に父親は母親に「英語塾に行くのを見送った」などと話していましたが、遼佑君は塾に来ていませんでした。警察は今後、遼佑君が死亡した経緯についても調べる方針です。