「タッチ アニメ」の検索結果

今すぐ視聴する

第2話 女の直感! チョッチ気になる達也の才能
タッチ 第2話 女の直感! チョッチ気になる達也の才能 のんびり達也にももしかして野球の素質が?期待を寄せる美女・西尾佐知子は明青学園高等部野球部マネジャー。彼女は達也に野球部入りを勧める。試合の前日、和也は右腕を負傷。
第3話 思わず初登板! 和也の名前でお騒がせ!?
タッチ 第3話 思わず初登板! 和也の名前でお騒がせ!? 和也のケガで明青学園中等部野球部はピンチ。なりきり代役の達也が立った!一方、南にもライバル出現。1年生の篠塚かおりに達也が一目惚れ。ミス明青中人気投票で二人は美少女No.1の座を争うことに。
第4話 見たか? 見ないか!? 南の日記!!
タッチ 第4話 見たか? 見ないか!? 南の日記!! 南が好きなのは和也ではなく達也!?南は達也を屋上に呼び出しドッキリ告白「好きだったの…ずっとタッちゃんのこと」。南の言葉にとまどい、うろたえる達也。
第5話 熱血バトンタッチ! ゴールは正確にネ!?
タッチ 第5話 熱血バトンタッチ! ゴールは正確にネ!? やる気のない達也が、クラス対抗リレーで和也を追い越した!しかし、ルールを知らなかった達也は敗北。達也に作ってあげたスパゲティにたっぷりとタバスコを入れた南の気持ちは…。
第6話 ウワサは本当!? 南と和也の気になる関係
タッチ 第6話 ウワサは本当!? 南と和也の気になる関係 秋の日曜日。南と和也は展覧会へ。達也はかおりと公園を歩く。翌日、かおりは和也にデートを申し込んでOK。かおりが和也とデートすると知らせた達也を前にして南は平気な顔。どうして?理解できない達也だった。
第7話 えッホント!! 達也と南が結婚しちゃう!?
タッチ 第7話 えッホント!! 達也と南が結婚しちゃう!? ウェディングドレスの南とタキシードの達也?かおりとの映画館デートから帰宅した和也は二人の結婚式写真を見てしまう。結婚式場パンフレットの撮影モデルとはいえ、和也の心中は…。
第8話 達也打ちます!! ホンキで兄弟対決!?
タッチ 第8話 達也打ちます!! ホンキで兄弟対決!? 達也は喫茶店・南風でバイト開始。マスターの所属する草野球チームの試合に達也は初参加。ひょんなことから相手チームに飛び入り参加した和也の投球を達也が大ホームラン!
第9話 達也と原田クンの ア・ブ・ナ・イ友情!
タッチ 第9話 達也と原田クンの ア・ブ・ナ・イ友情! 盲腸を口実に欠席がちな原田くん。不良に絡まれていた寺島友子を助けて、ラブレターをもらうが困ってしまう。不良相手の喧嘩は強くても、好意を寄せてくれる女の子には弱かった。
第10話 みんな悩んで 気分はすっかり高校生デス!
タッチ 第10話 みんな悩んで 気分はすっかり高校生デス! 中学卒業。寺島友子の兄は甲子園で大活躍している西条高校野球部のエース。和也のライバル心は燃え上がる。一方、達也と原田は女子テニス部の更衣室のぞきに夢中だった。
第11話 来たれ野球部! 微妙に揺れる達也の心!!
タッチ 第11話 来たれ野球部! 微妙に揺れる達也の心!! 高校生活が始まった。達也、和也、南、原田、孝太郎、坂田、細川は揃って1年A組。クラブ活動では野球部に入るかどうか?達也の心は揺れに揺れるが、原田と共にボクシング部に入部してしまう。
第12話 初練習! ハツラツ和也とヨレヨレ達也!?
タッチ 第12話 初練習! ハツラツ和也とヨレヨレ達也!? ボクシング部でのスパーリングで殴られまくる達也。「お前は少し殴られる必要があるのさ。でなきゃ、お前からは殴らねえだろが…」意味ありげな原田の励まし!?和也は初試合でノーヒットノーランを達成。
第13話 和也心配です! 恋のスランプ孝太郎くん
タッチ 第13話 和也心配です! 恋のスランプ孝太郎くん 和也の女房役孝太郎。練習中に打ったボールが見学中の女の子・夏子に命中。孝太郎はその日から夏子への恋の病に。片思いに悩む孝太郎。彼は夏子が広げた「がんばれ孝太郎君!大好き」と書いた旗で復活。
第14話 不満です? 南と和也はベストカップル!?
タッチ 第14話 不満です? 南と和也はベストカップル!? 周囲も認める、お似合いカップルの和也と南。雨の日、ボクシング部の練習で遅くなった達也と南は相合い傘で帰る。「わざわざボクシング部終わるの待っててやったんだぞ」という南の言葉はホント?
第15話 これは事件です! 達也が南を平手打ち!!
タッチ 第15話 これは事件です! 達也が南を平手打ち!! ベストカップルに選ばれた南と和也は記念品としてノートをもらった。そのノートを南は達也に渡すが、達也は拒絶。「そうか、妬いてるんだ、タッちゃん」とちゃかした南を達也は平手で打ってしまう。
第16話 せつないネ! 和也のハートはレモン色!
タッチ 第16話 せつないネ! 和也のハートはレモン色! 南を抱きしめ「好きだよ…南…」「南が好きなんだ。誰にも渡したくない」と和也が告白。翌日、体調を崩した南を見舞う達也。南は「好きだよ、タッちゃん」と告白。遅れてやってきた和也は…。
第17話 ファースト・キス! 南より愛をこめて!?
タッチ 第17話 ファースト・キス! 南より愛をこめて!? 和也の野球の試合と達也のボクシングの試合は同日だった。和也の活躍で明青学園は1回戦を突破。一方、達也は惨敗。和也初勝利の宴の夜、南は達也にファースト・キスをする。
第18話 達也の気持ちは ちょっとフクザツです!
タッチ 第18話 達也の気持ちは ちょっとフクザツです! 初キス体験は衝撃的で、達也は食事ものどを通らなくなって倒れてしまう。「おまえは平気で食えたのか?どうして平気でいられるんだよ?」と聞く達也に「タッちゃんだから…」と南は答えた。
第19話 忘れたい忘れない!? 二人の大事な思い出
タッチ 第19話 忘れたい忘れない!? 二人の大事な思い出 甲子園予選2回戦目はコールド勝ち。学校中の期待が野球部と和也に集まった。キスしたことは忘れろと語る達也に「南は忘れないからね、ずっと…。南の生まれてはじめてのキスなんだもん」と言い返される。
第20話 どーするの? 達也の優しさすれちがい!!
タッチ 第20話 どーするの? 達也の優しさすれちがい!! 明青学園高等部野球部は4回戦を突破。南風のバイト料で、達也は和也に新しいグローブを買ってやった。明青高対河田高戦、登板した和也の手には達也がくれたグローブが。
第21話 それでもカッちゃんは 南のために甲子園
タッチ 第21話 それでもカッちゃんは 南のために甲子園 予選大会準決勝第1試合、河田高戦。和也はバックの仲間を信じての試合運びに自信がなく迷う。辛勝しての帰り道、立ち寄った西条高で寺島の猛練習を目の当たりにして和也は自信喪失する。そこで南は…。
第22話 いよいよプレーボール! 和也VS寺島!
タッチ 第22話 いよいよプレーボール! 和也VS寺島! 予選大会準決勝第2試合。明青高対西条高。試合は和也と寺島の投手戦に突入。和也が三者三振にとると、寺島も明青高の一番と二番を三球三振に取った。そして打席の和也との対決が始まった。
第23話 南に届け!出るか!? 恋の逆転タイムリー
タッチ 第23話 南に届け!出るか!? 恋の逆転タイムリー 明青高対西条高、4回表に西条高が先取点を上げて1対0。9回土壇場で、明青高はホームランで同点に。最後は和也が寺島から奇跡の逆転サヨナラヒットを打ち、勝利した。
第24話 甲子園まであと1つ 南の夢もあと1つ!
タッチ 第24話 甲子園まであと1つ 南の夢もあと1つ! 予選決勝前夜、優勝できたら婚約したいと和也は南にキスを迫ったが拒まれた。和也に替わって現れた達也の「はたしてこのオレが、南を幸福にできる男かどうか、乞うご期待!」という言葉に南は微笑んだ。
第25話 南の一番長い日! 早く来てカッちゃん!!
タッチ 第25話 南の一番長い日! 早く来てカッちゃん!! 甲子園行きが決まる決勝戦の朝、和也は両親の万歳を背に家を出て行った。お守りを忘れて行った和也の後を達也は追った。なぜか到着しない和也抜きで明青高対須見工の試合は始まった。
第26話 試合終了! 君がいなければ…
タッチ 第26話 試合終了! 君がいなければ… 病院に着いた南は看護婦から和也の事故死を知らされた。霊安室に立ちすくむ南。「キレイな顔してるだろう。ウソみたいだろう…。死んでるんだぜ、それで…」と達也はつぶやいた。
第27話 短かすぎた夏… カッちゃんにさよなら!
タッチ 第27話 短かすぎた夏… カッちゃんにさよなら! 達也は二階の子供部屋で、和也が好きだったレコードを大きな音でかけて泣いた。南は鉄橋の下で大声を上げて泣き続けた。翌朝、パンチを伴ってトレーニングに出て行く達也。南と達也の二人の時間が始まった。
第28話 第2部開始 エースのいない野球部なんて…
タッチ 第28話 第2部開始 エースのいない野球部なんて… 今日から二学期。和也の死は級友に野球部員たちに、そして達也と南に大きな衝撃を残していた。「オレ、野球部辞めるよ」と泣きながら言い出す孝太郎。彼を励まそうと達也が投げた球は金網に突き刺さった。
第29話 アレ?優しいタッちゃん ボクサー失格!?
タッチ 第29話 アレ?優しいタッちゃん ボクサー失格!? 本城高校とのボクシング試合に出る事になった達也。試合にはなんとか勝ったが、「野球をやれ上杉、どこまでやれるか自分の力を試してみろ」とキャプテンから野球部への転部を勧められた。
第30話 栄光の背番号1 やってやれない訳はない
タッチ 第30話 栄光の背番号1 やってやれない訳はない 和也のグローブを持って登校し野球部に入部した達也。野球部員たち、特にキャッチャーの孝太郎は複雑な気持ちで達也を迎えた。しかし、達也の投球がミットに吸い込まれた瞬間…。
第31話 剛腕達也! でもコントロールが課題です
タッチ 第31話 剛腕達也! でもコントロールが課題です 達也の投球コントロールはなかなか上達しなかった。デッドボールが怖くて逃げ腰の部員たち。彼らに替わって南が打席に立った。達也の剛球はギリギリ、ストライクゾーンに入った。