「ダビデ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

安倍総理対話の重要性訴え 自衛隊派遣にUAE側理解
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理対話の重要性訴え 自衛隊派遣にUAE側理解  中東を歴訪中の安倍総理大臣は、2カ国目の訪問先であるUAE(アラブ首長国連邦)でも緊張緩和に向けた外交努力の重要性を訴えました。  安倍総理大臣:「現在の中東情勢の緊張の高まりを深く憂慮をしております。緊張緩和に向けて引き続き外交努力を継続して参ります」  UAEはアメリカとの関係が深く、イランと敵対しています。ムハンマド・アブダビ皇太子と会談した安倍総理は、アメリカにもイランにもくみさない立場から対話の重要性を訴えました。さらに自衛隊の中東派遣について理解を求めたところ、ムハンマド皇太子は「沿岸国として具体的な協力支援を惜しまない」と応じたということです。
61年型キャデラック
カスタムカー 61年型キャデラック 天才的カスタマイザーとロック史上に燦然と輝くギタリスト...ジェリー・ヌーンとZZトップのビリー・ギボンズがタッグを組んだ。ビリーはホットロッド好きとして知られ、バンドのビデオには彼の愛車が登場するほど。ビリーのオーダーはキャデラックをベースにした、トリックとワイルドなテイストに溢れたもの。ジェリーはヴォン・ダッチにピンストライプでのコラボレーションを依頼。ロッダーとロッカーが、最強のキャディを作る。
第6話 流川vs赤木・本物対決!
スラムダンク 第6話 流川vs赤木・本物対決! 湘北バスケ部は、安西監督から県でベスト4の強豪・陵南との練習試合を告げられた。安西は練習試合に先駆け、一年生vs上級生との模擬試合を指示。まだビギナーな花道を除き、流川が注目される一年生チームと、赤木率いる上級生チームの試合開始!
第1話 伝説の撃墜王
無料
プランダラ 第1話 伝説の撃墜王 母の遺言を頼りに、5年もの間ひたすらに世界を旅してきた少女・陽菜。300年前の大戦『廃棄戦争』を終結に導いた英雄『伝説の撃墜王』を探し求める彼女は、ある街で仮面の青年・リヒトー=バッハと運命的な出会いを果たす。そして、撃墜王を名乗る軍人・ダビが現れ、陽菜を軍部へと連れていくのだが……。
第34話 「ルーツパニック 不思議の里のまどか」
きまぐれオレンジ★ロード 第34話 「ルーツパニック 不思議の里のまどか」 まどかが激流に流されていく!恭介は河に飛び込み、必死で泳ぐ。ようやくまどかを助けた恭介は山小屋で火を起こすが、まどかは気を失ったままだ。びしょぬれのまどかの寝顔は可憐、じゃなくて血の気がひいて真っ青。恭介は「まどかに風邪ひかせちゃいけない」と言い訳しながら、まどかのシャツに手を・・・。
東京の雷おこし
日本全国ごちそう散歩 東京の雷おこし 【毎週土曜 午前11時40分放送】 「雷おこし」とは米を原料とした「おこし種」と呼ばれる生地に砂糖や水飴などを混ぜて練り固めた東京浅草の名物菓子です。 今回もスペシャルバージョンとして、当番組のナレーションをつとめる高田純次が実際にごちそう散歩に繰り出します! 浅草寺の裏通りを歩いていくと現れたのは「雷5656(ゴロゴロ)会館」。近年では様々な味が作られ、老若男女に愛されています。そんな「雷おこし」の名前の由来は実はとても縁起の良いものからきているんだそう。 陽気な店員さんのお話を聞きながら、どこか昔なつかしい思い出の味をいただきます。
第4話 晩餐
東京喰種トーキョーグール 第4話 晩餐 「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習(ツキヤマ シュウ)が「あんていく」を訪れた。月山を20区の厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山はカネキの特殊な「におい」に目をつけ、接触を図ってきた。自らの悲劇の始まりでもあるリゼの事が気になるカネキは「リゼ行き付けの店」という月山の言葉につられ、「喰種レストラン」へ足を運ぶ。
第89話 グルメ志向
美味しんぼ 第89話 グルメ志向 世界の一流レストランが東京に支店を出し始めたのを機に「世界味めぐり」の企画を練る士郎たち。そこで評論家の桜田に協力を依頼するが断られてしまう。理由はレストランに行けばわかるといわれて・・・。
第01話 江東区門前仲町のやきとりと焼きめし
無料
孤独のグルメ 第01話 江東区門前仲町のやきとりと焼きめし 商用で「門前仲町」のとあるカフェを訪れた井之頭五郎にとんだ災難が...。そして門前仲町をぶらりと歩きながら五郎がふと立ち寄ったスポットと今日のグルメとは?
第10話 豊島区東長崎のしょうが焼目玉丼
無料
孤独のグルメ 第10話 豊島区東長崎のしょうが焼目玉丼 井之頭五郎は映画関係の仕事をする男、安田に呼ばれ、小道具の食器の注文を受ける。その後街を散策するが、そこはまさに学生の街だった。