「チソン 子供」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

マイPSパートナー [R18+]
マイPSパートナー [R18+] マイPSパートナー [R18+] チソン&キム・アジュンが贈るちょっぴり大人のロマンティック・ラブコメディ! 「ボスを守れ」「ロイヤルファミリー」「大風水」など、数多くのドラマへの出演で人気を集めるチソンと、『カンナさん大成功です!』のキム・アジュンが共演するロマンティックラブストーリー! 失恋したことで、何事にもやる気のおきない日々を過ごしているヒョンスン(チソン)。ある日、彼のもとにかかってきた一本の電話。見知らぬ番号からかかってきたその電話は、突然、甘えた声で彼を誘惑してくる。誰とも分からない見ず知らずの相手にも関わらず、興奮を抑えられなくなったヒョンスンは、とうとう自分を解放してしまう。その電話の主は、彼氏とのマンネリな関係を解消しようと、サプライズで大胆な行動にでたユンジョン(キム・アジュン)。なんと彼女は電話番号を間違えてしまっていたのだった!間違い電話から始まるふたりの奇妙な関係。お互いに出会ったこともなければ、顔も知らないふたりは、PS(フォンセックス)を通じて、次第に心をかよわせていくのだがー。
予告編『被告人』
無料
被告人 予告編『被告人』 誰を信じ、誰を疑う一 ソウル地検のエース検事ジョンウ(チソン)は、どんな不正や悪も見逃さない熱血漢。今日も暴力団のボスを逮捕し、華々しく活躍した。その日、愛娘の誕生日を祝ったあと、幸せな気持ちで眠りについたジョンウ。ところが目を覚ますと、そこは監獄。妻と娘を殺した罪で服役していたのだ。まるで状況が理解できないジョンウ。彼は4ヶ月間の記憶を失っていた。いったいなぜ、彼は殺人犯になったのか――? ――4ヶ月前。チャミョングループの副社長ミノ(オム・ギジュン)は殺人未遂の罪でジョンウに追われていた。双子の兄ソノ(オム・ギジュン/2役)に自首をすすめられたミノは、ソノを殺害。自分が自殺したように見せかけ、ソノに成りすましていた。偽装工作を見破ったジョンウは、ミノを逮捕する寸前だったのだが...。
第11話 隣人
被告人 第11話 隣人 ウネはジョンウから話を聞きソンギュの行方を追うが、ミノもまた躍起になって捜していた。ウネはソンギュが住んでいた家を突き止めるが、そこは...。ジョンウに面会に行ったソンギュは、ハヨンを連れて来ていることに気付かれてしまう。そしてジョンウは、リビングで刺されて倒れているジスを見つけたときのことを思い出す。
第12話 ジェニファー
被告人 第12話 ジェニファー 一人の女性がソノを訪ねて来た。ヨニの親友と同時にソノとも親密な仲だった彼女は、ソノの様子が違っていることに疑いを抱き、ある仕掛けを試すのだが...。一方、記憶が戻り、ハヨンが生きていることを確証したジョンウは、ミノがハヨンを殺しにかかることを恐れて上告を放棄し、刑務所を抜け出す計画を練り始める。
第1話 敏腕検事
無料
被告人 第1話 敏腕検事 妻ジス、愛娘ハヨンと充実した生活を送っているジョンウ。多少危険なやり方でも、次々と容疑者を検挙する敏腕検事のジョンウをスカウトに来る法律事務所も後を絶たないが、ジスは検事のジョンウが一番魅力的だと言って一蹴する。今日はハヨンの6歳の誕生日。誕生日を祝い、幸せな眠りにつくジョンウだったが...。
第2話 兄弟
無料
被告人 第2話 兄弟 殺人未遂の疑いで、ジョンウにマークされていたチャミョングループの次男ミノ。そのチャ・ミノがマンションから落ちて病院に搬送される。長男ソノは自宅に戻るも、妻ヨニは彼が誰なのかに気付いてしまう。病院に駆けつけたジョンウは、患者が一瞬だけ意識を取り戻した時に発した、「ミノ...」という言葉を聞き逃さなかった。
第3話 記憶喪失
無料
被告人 第3話 記憶喪失 ソノになりすましたミノは急いで兄の葬儀を済ませるが、自分を疑うジョンウに強い苛立ちを覚える。妻子殺しの罪で服役中のジョンウは、何度も記憶喪失を繰り返しては刑務所で大暴れしている。最後の記憶は4ヶ月前のハヨンの誕生日。国選弁護人もサジを投げる中、ジョンウの事件に興味を持ったウネは弁護に名乗り出る。
第4話 指紋
被告人 第4話 指紋 相変わらず記憶が戻らないジョンウに、同房の囚人たちは気を遣ってくれる。特に年下のソンギュは兄のように慕っている。現場検証の映像に疑問を持ったウネは、担当検事ジュニョクを訪ねる。ジュニョクはジョンウの友人だが、死刑を求刑していた。刑務所長の元を訪れていたミノは、ペンの芯を持ったジョンウに襲われる。
第5話 らくがき
被告人 第5話 らくがき ミノを人質に暴れるジョンウの前に、刑務所の看守として派遣されていたジスの弟テスが現れる。テスは懲罰房に入れられたジョンウにハヨンの遺体の隠し場所を思い出させようとするが、ジョンウは懲罰房で、ある落書を見つけてしまう。控訴取り消しの確認に来たジュニョクに、再び控訴審への意欲を見せるジョンウだった。
第6話 ライバル
被告人 第6話 ライバル 親友でありライバルでもあったジュニョクは、ジョンウの記憶喪失さえ信じられない。懲罰房の落書が自分で書いたものだと思い出したジョンウは、わざと暴れて懲罰房へ入れられるが、落書の部屋には前に逮捕したシン・チョルシクが収監されていた。ミノの元に“先端恐怖症”と書かれた書類が届き、ミノは激しく動揺する。