「チノ」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話 はじめての告白
無料
ひとりぼっちの○○生活 第1話 はじめての告白 4月。中学の校門前で挙動不審な動きをする女の子が1人……。一里ぼっち。今日からここに通う新1年生。そして、今日からクラス全員と友達になる……予定!?
第2話 本当はありがとう
ひとりぼっちの○○生活 第2話 本当はありがとう 初めてできた友達・なこちゃんを怒らせちゃった!! でも、どおして怒ってるのかも、どおやって謝ったらいいのかもわからない! どおしよう!! どおすれば……!? その時!
第3話 つたわる空回り
ひとりぼっちの○○生活 第3話 つたわる空回り 「本庄さんと下校したい。本庄さんと下校したい……」願望が口から漏れちゃってる、ぼっち。なこはぼっちに、「まずは誘いに行かないと」とアドバイスしたけれど……!?
第4話 弟子になります
ひとりぼっちの○○生活 第4話 弟子になります 「あなたをずっと、探してました。ソトカの目はごまかせないです」登校中にはキケンがいっぱい! 気配を消しながら進むぼっちの前にあらわれたのは、キラキラ外国人~!?
第5話 アルアルあるある
ひとりぼっちの○○生活 第5話 アルアルあるある 残念な子、アル。今日の残念は、うっかりランドセルを背負って登校してしまったこと。この残念な状況を完璧な1日に変える、うまい言い訳を思いついたけれど……!?
第6話 五七五で夏が来る
ひとりぼっちの○○生活 第6話 五七五で夏が来る 「熱、出ろー!」どおしても学校を休みたい、ぼっち。拳を握って力をためてみたり、水でシャワーを浴びてみたり……。でも、体調は「むしろ体がポカポカする……」状態で?
第7話 やわらかい涙
ひとりぼっちの○○生活 第7話 やわらかい涙 「世の中は、世知辛い」本日、7月19日。明日から夏休み。クラス全員と友達に……なれてません。今日中にあと1人、たった1人でいいから友達になってもらわないと……!?
第8話 外からおかえり
ひとりぼっちの○○生活 第8話 外からおかえり 新学期。キラキラ外国人ソトカは2学期になっても輝いてて、手作り手裏剣もすごい人気。それに比べてぼっちは、佳子に話しかけたいのにあんまりうまくいってなくて……?
第9話 絶好のカレーパンケーキ
ひとりぼっちの○○生活 第9話 絶好のカレーパンケーキ 調理実習の班分けで、なこやソトカと別の班になっちゃったぼっち。でも、今日のぼっちは“つよぼっち”。班のみんなに話しかけ……れない。妄想だけがくるくる回って……!?
第10話 はじめて言われたこと
ひとりぼっちの○○生活 第10話 はじめて言われたこと つよぼっち、パワーアップ! 今日のぼっちは、“スーパー強つよぼっち”。そして、ソトカも“スーパー強つよソトカ”に! 何がいつもより強いかと言うと……足?? 納豆!?
第11話 たぷたぷからプリプリまで
ひとりぼっちの○○生活 第11話 たぷたぷからプリプリまで 友達全員と毎日おしゃべりしないと忘れられちゃう! 友達が増えて悩みも増えちゃった、ぼっち。みんなとずっと友達でいるためにはどおしたらいい? CDデビュー、ですか!?
第12話 もしかしたらきっと
ひとりぼっちの○○生活 第12話 もしかしたらきっと ついに……ついに、ぼっちがスマホを……! これでぼっちもスマホたぷたぷグループの仲間入り。なこのアドバイスで、まずはスマホに挨拶。「友達になってください」結果は?
#1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」 朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。 茫然とする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気づき――。
#2 「第二のドラゴン、カンナ!(ネタバレ全開ですね)」
小林さんちのメイドラゴン #2 「第二のドラゴン、カンナ!(ネタバレ全開ですね)」 小林さんとトールの共同生活が馴染んできたころ。 トールと一緒にお買い物へと出かける小林さん。トールが商店街の人たちと仲良くしているのを目の当たりにし、そのコミュ力の高さに驚く。でも当の本人は「なんか適当に愛想よくしただけ」とブラック発言。未だ人間の感情は理解していないご様子。 そんなある休日、小林さんが一人家にいると尋ね人が。扉を開けるとそこにいたのは、角と尻尾を携えた幼女だった――!?
#3 「新生活、はじまる!(もちろんうまくいきません)」
小林さんちのメイドラゴン #3 「新生活、はじまる!(もちろんうまくいきません)」 トールに加えカンナも住むようになった小林さんち。賑やかになったのはいいが、いかんせん狭いマンションに三人暮らしは窮屈。そこで引っ越しを決意する小林さん。 引っ越した先で滝谷を呼んでパーティーを開くことになったのだが、そこにトールの知り合いである洞窟住まいのファフニールや、太古からこちらの世界に住まうルコアなど、新しいドラゴンたちが小林さんちを訪ねてくる……。
#4 「カンナ、学校に行く! (その必要はないんですが)」
小林さんちのメイドラゴン #4 「カンナ、学校に行く! (その必要はないんですが)」 登校する小学生を羨ましそうに見下ろすカンナ。小林さんはカンナを小学校に行かせてあげることを決める。 小学校に通うために必要なものを買いに商店街へ出かける小林さん、トール、カンナの三人だったが、最近できたという今時の文房具店に、小林さんはたじたじ。一方トールとカンナは初めて見る文房具の数々に興味津々で……。 そして必要なものを揃えたカンナは、いよいよ小学校に乗り込む――!!
#5 「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」
小林さんちのメイドラゴン #5 「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」 ようやく板についてきたメイドのお仕事。トールはふと小林さんの仕事場が気になり、会社見学に赴いた。そこでは皆に頼られる立派な小林さんがいて、改めて小林さんに惚れる。だがそこには嫌がらせをする上司もいて、トールは激しい怒りを覚える……。 街ではあちらの世界にいるはずのファフニールと偶然出会う。自分もこちらの世界に住むと言うファフニールのために、トールは一緒に住まいを探すことに――!?
#6 「お宅訪問!(してないお宅もあります)」
小林さんちのメイドラゴン #6 「お宅訪問!(してないお宅もあります)」 才川から家に誘われたカンナ。才川家にもメイドがいるとのことで、小林さんとトールも一緒に招かれる。出迎えてくれた本格的なメイドのジョージーに、小林さんは興奮状態。意気投合しメイド談義に花を咲かせる。  さらに今度はルコアまでもがこっちの世界に住むことになったと言いだす。魔法使いの家系である翔太君に召喚されたのだそうだ。ルコアは翔太君と仲良くなろうとスキンシップを図るが、それがあまりにも過激で――。
#7 「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #7 「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」 海に来た小林さんたち。だが早々、際どすぎる水着のルコアが監視員に連れて行かれてしまう。気を取り直し、日焼け止めを塗りあったり、スイカ割りをしたり、みんなで泳いだり、夏を目いっぱい楽しむ一同。  海の次はコミケ!と、オタクたちの戦場へと赴く小林さんとトール。オタクの尋常じゃないオーラにさすがのトールも戦慄。滝谷のサークルの手伝いをしていると、トールは角と翼を生やしたコスプレだと勘違いされ――!?
#8 「新たなるドラゴン、エルマ! (やっと出てきましたか)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #8 「新たなるドラゴン、エルマ! (やっと出てきましたか)」 カンナに遠足に持っていくお弁当を頼まれた小林さん。自分に任せてくださいと言うトールとの間で、どっちが上手いか勝負が勃発!ルコア、ファフニールを審判員に迎え、二人の料理対決がいま始まる! そしてついに新たなドラゴン娘が登場! 突如小林さんちの壁を破壊し現れたのは、トールと犬猿の仲であるエルマ。秩序を重んじるエルマは、人間との関係を拗らせかねないトールを無理矢理連れ戻そうと勝負を挑んでくる――!!
#9 「運動会!(ひねりも何もないですね)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #9 「運動会!(ひねりも何もないですね)」 カンナの運動会。しかし小林さんは仕事が忙しく行けそうにないと知ると、カンナは拗ねてしまう。 親でもない自分にどうしてそこまで来てほしいのかわからない小林さんだったが、カンナにとって小林さんは既に親も同然。滝谷からも「行けるかどうかより、行きたいかどうかで決めた方がいい」と言われてしまう……。 そうしていよいよ始まった運動会。ドラゴンであるカンナの身体能力は圧倒的のはずだったが――!?
#10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」 クリスマスも近づいてきたある冬の日。トールは老人ホームで行われるクリスマスパーティーの出し物を頼まれる。 忙しい小林さんに迷惑はかけないようにとトールたちだけで劇をすることになったのだが、小林さんという制御を失ったドラゴンたちが考える劇はやはりハチャメチャな方向に……。 そうしてついに始まるトールたちの劇。小林さんは心配そうな表情でステージを見つめるが――。
#11 「年末年始!(コミケネタありません)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #11 「年末年始!(コミケネタありません)」 一年の終わりも近づいてきたころ。商店街でトールが福引を引くと、当たったのはなんと温泉旅行――ではなくコタツだった。 ついに小林さんちに導入されたコタツに、トールたちはごろごろごろごろ……。コタツは人間どころかドラゴンまでをもダメにしてしまう。そんな感じでだらだらと年末年始を過ごす小林さんち。平和な休日がただ無為に過ぎて行く。 そんな中、トールたちは初詣に行くために着物を着させてもらうことに――!?
#12 「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #12 「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」 今や家事を完璧にこなせるようになったトール。小林さんの希望もあって、今夜は最高のオムライスを作ろうと思い立つ。 しかし高い食材を揃えるには予算オーバー。どうしても小林さんの笑顔を見たいトールは、つい禁じ手に手を出してしまう……。 一方の小林さんは、仕事疲れで電車の中でうとうと。夢で見えてきたのは、小林さんが初めてトールと出会った夜だった。小林さんとトールの出会いが、ついに明らかに――!?
#13 「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #13 「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」 穏やかな休日。小林さんちでは、いつものように緩やかな時間が流れていた。 しかし買い物に出たトールは、道中ふと考えてしまう。小林さんは人間で、もし小林さんの寿命が来て、死んでしまったら――? 永遠には一緒にいられない。いつか別れは来る。わかっていたのに。覚悟しているのに。それでもトールの心は乱される。 そんなトールに追い打ちをかけるように、彼女の目の前に現れたのは終焉帝――トールの父だった。
第1話 「うちのメイドがウザすぎる!」
無料
うちのメイドがウザすぎる! 第1話 「うちのメイドがウザすぎる!」 仕事を探している鴨居つばめは、職業安定所で理想が高すぎる(?)条件を提示し、あっさり断られます。失意の中、去年のお正月に帰省した際に見かけた、ロシア語を話す幼女の家の目の前にやってきました。庭を覗き込むと、以前とは違いすっかり荒れ果てて人の気配がありません。「あの雪の妖精は冬の日の幻だったのか?」とがっかりしていたつばめでしたが、ふと柵の近くに目をやると、そこには「家政婦さん急募!」の文字が・・・!
第2話 「うちのメイドにさらわれた」
うちのメイドがウザすぎる! 第2話 「うちのメイドにさらわれた」 高梨家の家政婦になったつばめは、夏休みだというのに自宅でゲーム三昧のミーシャに友達がいない事が気がかりな様子。自らが友達になろうと思いあの手この手を使ってみても、ことごとく失敗してしまいます。諦めきれないつばめは、自宅で無意識に筋トレをしている際に、ふとミーシャがプレイしていたゲームを思い出しました。ノートPCを開き、そのゲームをプレイしようとしたつばめでしたが・・・。
第3話 「うちのメイドが忍び寄る」
うちのメイドがウザすぎる! 第3話 「うちのメイドが忍び寄る」 ミーシャのもとへ家政婦として通う事に幸せを感じ、意気揚々と出勤するつばめでしたが、ランドセルを背負う通学中の少女たちを見て、ふとミーシャは学校に通っているのか気になりました。おやつの合間に学校に行かないのかと聞いたつばめに対して、ミーシャは「ロシア人だから学校に行かなくてもいい」というのですが・・・。
第4話 「うちのメイドは幼女が尊い」
うちのメイドがウザすぎる! 第4話 「うちのメイドは幼女が尊い」 今日は康弘が家に帰れず、土日は家政婦のつばめもやってこないため、久しぶりの自由を満喫しようとしていたミーシャでしたが、そこに突然つばめが現れます。康弘より、当分休日出勤と泊まり込みが続くので、土日も家政婦の仕事を依頼されていたのでした。つばめのおかげで、至れり尽くせりなものの心が休まらないと嘆いているミーシャは、宿題の作文が気がかりで・・・。
第5話 「うちのメイドはどこにでもいる」
うちのメイドがウザすぎる! 第5話 「うちのメイドはどこにでもいる」 朝、教室ではおしゃれ命の女子小学生・森川ゆいが、同級生たちと談笑していました。そこへミーシャが登校してくると、他のクラスメイトは「本物の美少女」に見とれてしまい、ゆいはミーシャに対抗心を燃やします。後日、JSギャルの聖地にやってきたゆいは、ファッション雑誌にスナップ写真を撮られたいと何度も通りを往復していました。足が痛くなってきた頃、ついに声がかかるのですが・・・。