「チャングム の 誓い 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第2話
トンイ 第2話 トンイの父ヒョウォンは、両班殺害は剣契の仕業でないと明かすために朝廷の動きを探る。そこで南人の怪しい動きを見つけ、従事官のヨンギに伝える。イクホンを始め南人の首長格の両班を殺害したのは、同じ南人のオ・テソクだった。
第16話
トンイ 第16話 自ら清国の太監の前に現れたトンイは、ヨンダルは生きていて密輸の罪から逃れるための陰謀があったと告げる。トンンイは自決したヨンダルの死体をソ従事官と共に確認し、死体が別人のものだと気づいていたのだった。
第7話
トンイ 第7話 命の危機にさらされた粛宗とトンイ。粛宗は自分が王であるとなのり危機を脱せようとするが、信じるはずがない。その時、報告を受けた捕庁の兵が現れ、助かったトンイと粛宗だった。トンイの手柄により音変は岩塩を使い編磬に細工をしたためだと明かすことができた。
第12話 三日の猶予
イ・サン 第12話 三日の猶予 謀反の罪で捕らえられた思悼世子(サドセジャ)の元護衛官たちの取り調べを命じられたサンだが、取り調べを中止し、英祖(ヨンジョ)に彼らの無実を明らかにするための時間をくれるように頼む。これに対し、英祖は怒り、世孫を廃位すると告げる。
第59話 悲しみの行方
イ・サン 第59話 悲しみの行方 病に倒れた元嬪(ウォンビン)は、ホン・グギョンが見守る中、息を引き取る。悔しい思いを抱くホン・グギョンは、王妃に対し、元嬪の罪は死んで償わなければならないほどのものだったのかと問う。 一方、ソンヨンは、前日の夜に助けてくれた若者と市場で再会する。
第8話 黒幕の正体
イ・サン 第8話 黒幕の正体 宴に来ていた茶母(タモ)がソンヨンだったと知ったサンは、ソンヨンに会おうとする。そのころ、ソンヨンはイ・チョンの頼みで、良家の奥方の肖像画を描くために出かけたが、帰り道でテスに恨みを持つ者たちにさらわれてしまう。 サンは、ソンヨンを助けるために兵を出す。
第48話 改革の始まり
イ・サン 第48話 改革の始まり ホン・グギョンは、老論(ノロン)派の息のかかっていない者たちで新たな護衛部隊を作ることをサンに提案する。 一方、王妃は、ソンヨンを呼び、側室になる意思があるのかを見極めようとする。
第64話 権力の光と影
イ・サン 第64話 権力の光と影 宮中での生活がつらそうなソンヨンを見て、王妃は、チョビを女官として付けてやる。ソンヨンは王妃の心遣いに深く感謝し、チョビもまたソンヨンとの再会を喜ぶ。 一方、サンは、ホン・グギョンが専売商人を捕らえ拷問しているのを知り、大いに驚く。
第73話 悲劇再び
イ・サン 第73話 悲劇再び 世子になったばかりのヒャンは、はしかにかかってしまう。医官や内官たちの必死の治療と看病にもかかわらず、結局は命を落としてしまう。 そのような中で新たな命を宿したソンヨンだが、主治医の診察をかたくなに拒み、町医者を連れて来るようテスに頼む。
第74話 最後の肖像画
イ・サン 第74話 最後の肖像画 重病にかかったソンヨンを助けるため、サンは西洋の医術を使う決心をし、医師を連れて来させるためにテスを清へと送る。 一方、病気の身を押して外へと出たソンヨンは、サンの肖像画を描くという長年の夢をかなえさせてほしいとサンに願い出る。
第12話
トンイ 第12話 監察宮女となったトンイだったが、監察府の内部では賤婢だったトンイを受け入れようとはせず、チャン尚宮の推薦とあって大妃も反発していた。しかし内命婦の長である中殿がトンイを監察宮女とすることを承諾した以上、覆すことはできなかった。
第62話 夢 叶う
イ・サン 第62話 夢 叶う サンはソンヨンを寝所へ迎え入れる。そのことを知った恵慶宮(ヘギョングン)は、身分の低い者が王の子を産んでも、その子はつらい思いをするだけだと言って、サンをいさめる。しかし、サンは、ソンヨンを側室に迎える意思を翻さない。
第63話 世継ぎの擁立
イ・サン 第63話 世継ぎの擁立 ソンヨンは、サンの側室としての教育を受け始めるが、ソンヨンを側室に迎えることを拒む恵慶宮(ヘギョングン)は、ソンヨンが挨拶に来ても追い返す。 一方、ホン・グギョンは、チャン・テウの屋敷を訪れ、彼や一緒にいた重臣たちを捕らえる。
第66話 絶望の涙
イ・サン 第66話 絶望の涙 ホン・グギョンは、王妃の口を封じるために、行幸先の宴で料理に毒を盛ろうとするが、計画は失敗する。武官の助けで、事件に関わった女官が逃げようとしたところをテスが見つけ、ホン・グギョンが事件に関わっていることを突き止める。
第15話 護衛官への道
イ・サン 第15話 護衛官への道 煎じ薬を持ってサンの元を訪れた嬪宮(ピングン)は、たまたま居合わせたソンヨンと再会し、彼女がサンと縁があったことを知る。 一方で、ソンヨンの素性を探っていたキム尚宮は、ソンヨンがチョン・フギョムと会っていたという事実を嬪宮に報告する。
第18話 握りつぶされた王命
イ・サン 第18話 握りつぶされた王命 サンと敵対する老論(ノロン)派は、サンが宮中で権力を掌握することを恐れ、英祖(ヨンジョ)を都に戻す。 病気の身で宮殿に戻った英祖を見たサンは、医官を追及する。しかし王妃は、国王が都に戻ったことを喜びもしないのかとサンを問い詰める。
第10話
トンイ 第10話 オクチョンが名乗り出たことで解放されたトンイだが、中殿殺害の容疑でオクチョンが濡れ衣を着せられたと知り、無実だと証明できる証拠を探そうとする。そこで判官と言った粛宗に協力してもらおうと、漢城府を訪ねるが自分を知らないと追い返されてしまう。
第20話 夢をつなぐ墨絵
イ・サン 第20話 夢をつなぐ墨絵 英祖(ヨンジョ)がサンを摂政にして初めての政務報告会が開かれた。その席でサンは、誤った慣例を正し、改革を進めることを宣言する。 一方、チェ・ソクチュは、ホン・イナンにホン・グギョンを手なずけるように指示する。
第65話 悲しき暗殺者
イ・サン 第65話 悲しき暗殺者 ホン・グギョンが大妃と内通していると知った王妃は、自分からその事実を王に述べて罪を償うよう、ホン・グギョンをいさめる。 一方、サンの行幸につき従ったソンヨンは、行幸先でめまいを起こし倒れてしまう。
第72話 王位の継承
イ・サン 第72話 王位の継承 サンは、漢陽(ハニャン)に代わる新たな都を水原(スウォン)に築く計画を発表するが、チョン・ヤギョンらは、強力な反発を招くことを憂慮する。 サンとソンヨンの間に生まれたヒャンを、サンは世子に冊立しようとするが、恵慶宮(ヘギョングン)は反対する。
第18話
トンイ 第18話 オクチョンの内人が大妃の湯薬を細工したことを知ったトンイ。ヨンソンの報告で大妃を殺そうとしたのが、兄のヒジェだと知ったオクチョンは、兄の陰謀に目をつむりそれを機会に変えるしかないと決めた。そこで事実を知ってしまったトンイを呼び、王子ための湯薬を自分が頼んだだけなので、今日みたことは忘れろと言う。
第6話 赤の悲劇
イ・サン 第6話 赤の悲劇 毒の出どころを探らせていた内官が水死体となって発見される。彼が残した暗号から、サンは清の使節団との会見の裏に陰謀があることを読み取る。 一方、図画署(トファソ)の顔料を盗んだぬれぎぬを着せられたが、パク署長の助けで危機を逃れたソンヨンは、清の大使を招いての宴に参席することになり、サンと再会する。
第45話 即位の日
イ・サン 第45話 即位の日 老論(ノロン)派の怪しい動きを察知したホン・グギョンは、チョン・フギョムの手下たちの様子を探るよう、テスたちに指示をする。その結果、テスたちは、チョン・フギョム宛ての書状を入手するのに成功し、サンの即位式に刺客を送り込む計画があることを知る。
第70話 王族と認められて
イ・サン 第70話 王族と認められて 清の使節団は武力を動員する。ソンヨンは旧知の仲でもある大使の元を訪れ、なぜそのような行動を取るのか質問し、大使は絵を贈ることでそれに答える。 一方、清が戦を起こそうとしているというチョン・ヤギョンの分析と、ソンヨンが読み取った大使の本心について熟考したサンは、清の使節団の元へ兵を送る。
第13話 倉庫に埋もれた証拠
イ・サン 第13話 倉庫に埋もれた証拠 サンはテスから、陰謀の背後に兵曹判書(ピョンジョパンソ)ハン・ジュノがいると聞かされ、ナム内官らとともに敵の根拠地を急襲しようとする。その際、武官を引き連れたチョン・フギョムが同行を申し出る。 テスの案内で捕盗庁(ポドチョン)の兵士たちも到着し、いざ敵の根拠地に侵入したが、もぬけの殻になっていた。
第1話
無料
トンイ 第1話 早朝、川で釣りをしていた朝廷の高官が何者かに襲われる。橋の下でひん死の状態で倒れていた高官をひとりの娘が偶然発見。その娘の名はトンイ。トンイはすぐに助けを呼びに行こうとするが、高官は必死に何かを伝えようとしていた...。
第8話
トンイ 第8話 トンイの申し出を聞き入れ、鍵牌を見せてくれたオクチョン。だがその鍵牌はトンイが見たものではなかった。そして翌日オクチョンの母の使いでオクチョンに薬を届けることになったトンイ。だが門限を過ぎてしまい困っていたが、通りかかった粛宗のおかげで無事宮廷に戻ることができた。
第9話
トンイ 第9話 父と兄の命日の供養からの帰り道、チョンスにもらったハチマキを落とした事に気づいたトンイが、引き返そうとした時、トンイは兵に捕われてしまう。実は昨日オクチョンの薬をもらいにいった薬房の医員が殺害され、薬房に出入りしたトンイも尋問を受けるために連行されたのだった。
第13話
トンイ 第13話 ユ尚宮の思惑どおり試験に合格できなかったトンイは監察府の規律によって追い出されることになった。だが納得できないトンイは、習っていないものを試験の課題にするのは規律違反だと再試験を申し出る。トンイの切実な思いを知ったチョン尚宮は最高尚宮に再試験を受け入れるよう申し出るが...
第20話
トンイ 第20話 トンイを捕らえ殺そうとしたのはトンイが邪魔だったヒジェの仕業だった。離れ離れになってしまったチョンスはトンイを探すためにヒジェの部下を脅し居場所をつきとめ、間一髪でトンイを救うことができた。だが唯一の手がかりだった、偽の換金証を発行した商団の書記が殺されてしまう。