「チャングム の 誓い 53」の検索結果

今すぐ視聴する

第53話 抗争の嵐
イ・サン 第53話 抗争の嵐 老論(ノロン)派の重臣たちが次々に襲われて命を落とすと、ホン・グギョンが首謀者ではないかと疑いを持つ者たちが現れ始めた。 一方、元嬪(ウォンビン)は、屏風絵を描く準備に来たソンヨンに対し、図画署(トファソ)に戻らずその場で描くように命ずる。
第38話
無料
トンイ 第38話 禧嬪が廃位され前中殿のイニョンの復位が決まった。しかし世子の母である禧嬪を宮廷から追い出すことはできなかった粛宗は心を痛めていた。そんな粛宗の気持ちを察したトンイは、正しい決断だったと慰めるのだった。
第53話
トンイ 第53話 世子が子を授からないかもしれない大病を患っていると聞かされた粛宗は驚き、またその事実を隠していた禧嬪に対して怒りを覚える。粛宗に世子の病を知られたことを知った禧嬪は、世子だけは今の座を守れるよう粛宗に懇願するが受け入れてもらえない。その上、少論の重臣たちも禧嬪に背を向けてしまう。
第18話 握りつぶされた王命
無料
イ・サン 第18話 握りつぶされた王命 サンと敵対する老論(ノロン)派は、サンが宮中で権力を掌握することを恐れ、英祖(ヨンジョ)を都に戻す。 病気の身で宮殿に戻った英祖を見たサンは、医官を追及する。しかし王妃は、国王が都に戻ったことを喜びもしないのかとサンを問い詰める。
第39話
無料
トンイ 第39話 トンイに王子ができたことで政務に励み誰よりも王子をかわいがっていた自粛。そしてトンイの子の百日の祝いが近づいていたが、トンイは祝宴の代わりに新たに粥所を設け、貧しい民に粥を配りたいと申し出た。トンイの意をくみ新たに粥所を設けることになった当日、活人署の提調が殺される事件が起こり...
第40話
無料
トンイ 第40話 漢城府の庶尹として戻ったチャン・ムヨルは、公平な男を思われていたが、実は内に野望を抱いていた。そんな彼を見抜いた禧嬪は、彼の父親を殺したのは剣契ではなくオ・テソクだと打ち明ける。驚いたムヨルだったが、それを利用しオ・テソクを自分に仕える犬にしようと企むのだった。

おすすめの作品

第48話 改革の始まり
イ・サン 第48話 改革の始まり ホン・グギョンは、老論(ノロン)派の息のかかっていない者たちで新たな護衛部隊を作ることをサンに提案する。 一方、王妃は、ソンヨンを呼び、側室になる意思があるのかを見極めようとする。
第45話 即位の日
イ・サン 第45話 即位の日 老論(ノロン)派の怪しい動きを察知したホン・グギョンは、チョン・フギョムの手下たちの様子を探るよう、テスたちに指示をする。その結果、テスたちは、チョン・フギョム宛ての書状を入手するのに成功し、サンの即位式に刺客を送り込む計画があることを知る。
第59話 悲しみの行方
イ・サン 第59話 悲しみの行方 病に倒れた元嬪(ウォンビン)は、ホン・グギョンが見守る中、息を引き取る。悔しい思いを抱くホン・グギョンは、王妃に対し、元嬪の罪は死んで償わなければならないほどのものだったのかと問う。 一方、ソンヨンは、前日の夜に助けてくれた若者と市場で再会する。
第37話
トンイ 第37話 謄録類抄の一件に禧嬪が関与していることを立証するために、禧嬪に会いに行ったトンイ。トンイには自分を中殿の座から引きずり下ろせないとかいかぶっていた禧嬪。だが以前、トンイが陰謀にはめられた禧嬪を救った方法で、今回は禧嬪の罪を立証できるのだった。
第50話
トンイ 第50話 中殿は自分が死んだ後、トンイを中殿にすることで世子もヨニン君も救われると最後に言い残した。中殿が亡くなったことで、世子の母である禧嬪がまた中殿の座に上るのは当然だったが、中殿の残した言葉を思い迷っていた粛宗だった。
第40話 最後の切り札
イ・サン 第40話 最後の切り札 思悼世子(サドセジャ)が残した絵の秘密を知ったサンは、禁衛営(クミヨン)の兵士たちを動員して、絵に描かれた岩を見つけようとする。 サンの動きを注視していたチョン・フギョムは、禁衛営の中に刺客を送り込む。
第64話 権力の光と影
イ・サン 第64話 権力の光と影 宮中での生活がつらそうなソンヨンを見て、王妃は、チョビを女官として付けてやる。ソンヨンは王妃の心遣いに深く感謝し、チョビもまたソンヨンとの再会を喜ぶ。 一方、サンは、ホン・グギョンが専売商人を捕らえ拷問しているのを知り、大いに驚く。
第73話 悲劇再び
イ・サン 第73話 悲劇再び 世子になったばかりのヒャンは、はしかにかかってしまう。医官や内官たちの必死の治療と看病にもかかわらず、結局は命を落としてしまう。 そのような中で新たな命を宿したソンヨンだが、主治医の診察をかたくなに拒み、町医者を連れて来るようテスに頼む。
第74話 最後の肖像画
イ・サン 第74話 最後の肖像画 重病にかかったソンヨンを助けるため、サンは西洋の医術を使う決心をし、医師を連れて来させるためにテスを清へと送る。 一方、病気の身を押して外へと出たソンヨンは、サンの肖像画を描くという長年の夢をかなえさせてほしいとサンに願い出る。
第34話 裏切り
イ・サン 第34話 裏切り 行幸先での政務報告会にただ1人現れたチェ・ソクチュは、サンに対して、儺礼戯(ナレイ)の事件については二度と言及しないこと、老論(ノロン)派に対する調査を中断することを申し入れる。それに対しサンは、条件を受け入れたらどんな見返りがあるのかと尋ねる。