「チャングム 7話」の検索結果

今すぐ視聴する

第7話
宮廷女官チャングムの誓い 第7話 宮中を抜けだした罪で捕らえられたチャングムは宮中からの追放処分を受ける。自責の念にとらわれるクムヨンだったが、チェ尚宮に忘れるよう言われる。チョン最高尚宮とハン尚宮のはからいで、なんとか宮中からの追放は免れたチャングムだったが、水刺間ではなく新たな配属先を命じられ...。
第47話
宮廷女官チャングムの誓い 第47話 内医正(ネウィジョン)の遺書を持っているというチャングムの言葉に疑いを抱きながらも一蹴できないチェ一族。一方、ヨンロは忠誠を誓ったチェ一族側とオ・ギョムホ側との板ばさみで思い迷う。そんな折、ヨルイが内医正の遺言を持っていると言い出し、硫黄アヒル事件の関係者全員が集められることに...。
第37話
宮廷女官チャングムの誓い 第37話 チェ提調尚宮の巧妙な差し金で王に腹を立てた大妃は一切の病気の治療を拒否する。大妃の病気は加齢のために症状があらわれにくく、危険な状態にあった。王は大妃に治療を受けてもらいたい一心で、公務さえも放棄し懸命に懇願する。そして、チャングムは身を投げ打って大妃にある賭けを申し出るのだが...。
第17話
宮廷女官チャングムの誓い 第17話 寺でチャングムとジョンホが親しく話しているのを見て、クムヨンは嫉妬心をおぼえる。そして2回目の競合の課題が決まり、ハン尚宮とチェ尚宮はそれぞれ準備にとりかかる。その頃、チョン最高尚宮はチェ尚宮の部屋である書物を発見してしまう。一方、宮中では風邪が流行していたのだが、それが疫病だと判明し...。
第27話
無料
宮廷女官チャングムの誓い 第27話 ハン最高尚宮とチャングムは再びアヒル料理を作りその安全性を証明することに。大勢が見守る中、その試食が行われる。一方、オ・ギョムホらは、先の政変 己卯士禍(キミョサファ)で流刑になった趙 光祖(チョ グァンジョ)とミン・ジョンホをどうにか結びつけようと企む。そして中宗王に謀反人全員の死刑を申し出る...。
第27話 反撃の序曲
イ・サン 第27話 反撃の序曲 テスに会いに義禁府(ウィグムブ)を訪ねたソンヨンだが、テスがいないことを知り、サンに会いに行って、テスが行方不明であることを知らせる。 一方でテスは、何も知らされないまま官吏たちによって別の場所に連行される。そこでは意外な人物がテスを尋問し始める。
第37話 失われゆく記憶
イ・サン 第37話 失われゆく記憶 老論(ノロン)派を招集したファワンが会合の場に現れると、待っていたのは王妃だった。王妃は手下たちに命じてファワンを引きずり出す。 一方、英祖(ヨンジョ)が地図を覚えようとしていると知ったホン・グギョンは、英祖が認知症を患っているのではないかと推測をする。
第57話 揺らぐ忠誠心
無料
イ・サン 第57話 揺らぐ忠誠心 宿衛所(スギソ)を訪れたサンは、ホン・グギョンと元嬪(ウォンビン)の主治医が話しているのを目撃し、その理由についてホン・グギョンを問い詰める。 一方、王妃が窮地に陥ったと聞いたソンヨンは、元嬪が実家から取り寄せた薬を飲んでいたことを思い出す。
第67話 最後の慈悲
イ・サン 第67話 最後の慈悲 サンは、ホン・グギョンを流刑に処することに決める。流刑地へと護送されるホン・グギョンに向かって民たちは石を投げ、テスたちはそれを必死に止めようとする。 一方、精神的に疲れたサンは、和嬪(ファビン)の寝所へ行けという恵慶宮(ヘギョングン)の言葉を無視し、ソンヨンの元へと向かう。
第77話 愛よ永遠(とわ)に
イ・サン 第77話 愛よ永遠(とわ)に 時は流れ、サンがもうけた世継ぎは、すくすくと育っていた。サンは、かつて自分が英祖から問われたように、聖君になるために大事なことは何かと世継ぎに問う。 一方、壮勇営(チャンヨンヨン)の大将となったテスは、武芸書をサンに献上し、武芸を実演する。サンは、こうした成果に満足をする。
第7話 逆転の白
イ・サン 第7話 逆転の白 宴の席でソンヨンが気に入った清の大使は、ソンヨンを連れて帰ろうとする。サンはそれを止めようとするが、機嫌を損ねた大使は、ソンヨンに絵を描かせ官妓でないことを証明せよと詰め寄る。 一方で、貢ぎ物の白布を盗むのを手伝ったテスは、自分のせいでサンが窮地に立たされたことを知る。
第17話 決死の身代わり
無料
イ・サン 第17話 決死の身代わり 行幸中に疫病にかかった英祖(ヨンジョ)は、サンに都に戻り朝廷を守るように命ずる。英祖が倒れたと聞いた王妃は、吏曹判書(イジョパンソ)チェ・ソクチュに、サンを殺すように指示を出す。 ホン・グギョンは、安全に都に戻るために一行を2隊に分けて1隊をおとりにすることを提案するが、サンはその意見を拒絶する。
第47話 初めての試練
無料
イ・サン 第47話 初めての試練 恵慶宮(ヘギョングン)は、ホン・ボンファンがファワンらを助けようとしていることを知り、ホン・ボンファンを呼びつける。ホン・ボンファンは弟のホン・イナンの命だけでも助けようしているのだと弁明をする。 一方、大妃が自害を図ったことを知った全国の儒生たちは、サンの過酷な処罰に反発をする。