「チャングム 7話」の検索結果

今すぐ視聴する

第37話
トンイ 第37話 謄録類抄の一件に禧嬪が関与していることを立証するために、禧嬪に会いに行ったトンイ。トンイには自分を中殿の座から引きずり下ろせないとかいかぶっていた禧嬪。だが以前、トンイが陰謀にはめられた禧嬪を救った方法で、今回は禧嬪の罪を立証できるのだった。
第27話 反撃の序曲
イ・サン 第27話 反撃の序曲 テスに会いに義禁府(ウィグムブ)を訪ねたソンヨンだが、テスがいないことを知り、サンに会いに行って、テスが行方不明であることを知らせる。 一方でテスは、何も知らされないまま官吏たちによって別の場所に連行される。そこでは意外な人物がテスを尋問し始める。
第7話
トンイ 第7話 命の危機にさらされた粛宗とトンイ。粛宗は自分が王であるとなのり危機を脱せようとするが、信じるはずがない。その時、報告を受けた捕庁の兵が現れ、助かったトンイと粛宗だった。トンイの手柄により音変は岩塩を使い編磬に細工をしたためだと明かすことができた。
第17話
トンイ 第17話 オクチョンを側室にするという命を下した粛宗だったが、母である大妃の反対にあっていた。だが粛宗の子を身ごもったオクチョンを側室にすることは、確かな名分であり大妃も受け入れるしかなかった。オクチョンが側室となって1年が過ぎオクチョンは禧嬪の称号をもらった。
第37話 失われゆく記憶
イ・サン 第37話 失われゆく記憶 老論(ノロン)派を招集したファワンが会合の場に現れると、待っていたのは王妃だった。王妃は手下たちに命じてファワンを引きずり出す。 一方、英祖(ヨンジョ)が地図を覚えようとしていると知ったホン・グギョンは、英祖が認知症を患っているのではないかと推測をする。
第57話 揺らぐ忠誠心
イ・サン 第57話 揺らぐ忠誠心 宿衛所(スギソ)を訪れたサンは、ホン・グギョンと元嬪(ウォンビン)の主治医が話しているのを目撃し、その理由についてホン・グギョンを問い詰める。 一方、王妃が窮地に陥ったと聞いたソンヨンは、元嬪が実家から取り寄せた薬を飲んでいたことを思い出す。
第27話
トンイ 第27話 トンイが生きていたことを知った禧嬪は、その昔、導師から言われた自分と同じようなもう1人の貴い女は、前中殿ではなくトンイだと悟った。そしてトンイを怖れた禧嬪は、親蚕禮の宴席で毒入りの茶を自ら飲み、殿下の心と中殿の座を守ろうとした。それは殿下の信頼を得るために自分の命を狙ったのは、廃妃だと思わせるための計略だったのだ。
第57話
トンイ 第57話 世子とヨニン君、どちらにも王位を継がせることがヨニン君を救う唯一の道でありトンイの望みだと知った粛宗は、国事のいっさいを取り消し考えに更けるのだった。そして下した決断は、世子に王位を継がせ、トンイを宮廷の外に追い出すことだった。
第7話 逆転の白
イ・サン 第7話 逆転の白 宴の席でソンヨンが気に入った清の大使は、ソンヨンを連れて帰ろうとする。サンはそれを止めようとするが、機嫌を損ねた大使は、ソンヨンに絵を描かせ官妓でないことを証明せよと詰め寄る。 一方で、貢ぎ物の白布を盗むのを手伝ったテスは、自分のせいでサンが窮地に立たされたことを知る。
第17話 決死の身代わり
イ・サン 第17話 決死の身代わり 行幸中に疫病にかかった英祖(ヨンジョ)は、サンに都に戻り朝廷を守るように命ずる。英祖が倒れたと聞いた王妃は、吏曹判書(イジョパンソ)チェ・ソクチュに、サンを殺すように指示を出す。 ホン・グギョンは、安全に都に戻るために一行を2隊に分けて1隊をおとりにすることを提案するが、サンはその意見を拒絶する。
第47話 初めての試練
イ・サン 第47話 初めての試練 恵慶宮(ヘギョングン)は、ホン・ボンファンがファワンらを助けようとしていることを知り、ホン・ボンファンを呼びつける。ホン・ボンファンは弟のホン・イナンの命だけでも助けようしているのだと弁明をする。 一方、大妃が自害を図ったことを知った全国の儒生たちは、サンの過酷な処罰に反発をする。
第67話 最後の慈悲
無料
イ・サン 第67話 最後の慈悲 サンは、ホン・グギョンを流刑に処することに決める。流刑地へと護送されるホン・グギョンに向かって民たちは石を投げ、テスたちはそれを必死に止めようとする。 一方、精神的に疲れたサンは、和嬪(ファビン)の寝所へ行けという恵慶宮(ヘギョングン)の言葉を無視し、ソンヨンの元へと向かう。
第77話 愛よ永遠(とわ)に
イ・サン 第77話 愛よ永遠(とわ)に 時は流れ、サンがもうけた世継ぎは、すくすくと育っていた。サンは、かつて自分が英祖から問われたように、聖君になるために大事なことは何かと世継ぎに問う。 一方、壮勇営(チャンヨンヨン)の大将となったテスは、武芸書をサンに献上し、武芸を実演する。サンは、こうした成果に満足をする。
第47話
無料
トンイ 第47話 粛宗はクムに大族としても教育をさせる名目でクムとトンイを呼び戻したのだった。そして私家に送ったその日からこの日を待ち続けていたのだった。一方、煙たいトンイが戻ってきた禧嬪は気が気でなかった。なぜなら禧嬪の子である世子が世継ぎを授かれないかもしれない病に犯され、それを知られれば、トンイの子が世子の座を脅かすことになるからだった。