「チャングムの誓い 動画 5話」の検索結果

今すぐ視聴する

第5話
宮廷女官チャングムの誓い 第5話 見習いの子供たちが料理の技を競う日。チャングムは以前何度か会った女の子がクムヨンだと知る。一方、チェ尚宮の叔母である最高尚宮(チェゴサングン)の容態が悪く、地位を追われるのを恐れたチェ一族は、密かに外部から医者を招き入れるが、ばれてしまう。そして、チョン尚宮が新しく最高尚宮になり...。
第35話
宮廷女官チャングムの誓い 第35話 宮中に配属されたチャングム。最高尚宮となったクムヨンと提調尚宮(チェジョサングン)になったチェ尚宮と再会する。一方、右議政(ウウィジョン)となったオ・ギョムホと、ジョンホと共に改革を進める左賛成(チュアチャンソン)の意見が対立。宮中での権力争いは激しさを増していく...。
第15話
宮廷女官チャングムの誓い 第15話 チャングムが作ったクジラの料理に王はいたく満足する。チェ尚宮は女官たちの前でチャングムが味覚を失っているとばらしてしまい、全員の前で味覚の試験が行われることに。チャングムは世話になったウンベクとジョンホにお礼をする。一方、最高尚宮の座をかけた競合の評価を、王ではなく大妃が行うことになり...。
第25話
宮廷女官チャングムの誓い 第25話 ついに母の親友をつきとめ喜ぶチャングム。ハン尚宮はチャングムをチェ一族から守るため彼らを告発する方法を模索し、チャングムはジョンホに助けを求める。ジョンホはオ・ギョムホの周辺勢力の調査を続けており、チェ・パンスルはジョンホの行方を必死に捜していた。その頃、中宗王は療養のため温泉に行くことになり...。
第45話
宮廷女官チャングムの誓い 第45話 王の病の治療法を見つけだしたチャングム。しかし、それは王の主治医である内医正(ネウィジョン)の処方とは違っていた。王妃はチャングムに王の治療を任せることにするのだが、しきたりを軽んじて事を運ぶ王妃に非難が集まる。一方、薬味入れの件が腑に落ちないチェ提調尚宮は、ヨルイを監視させ...。
第15話
トンイ 第15話 判官だと思っていた粛宗が王だと知ったトンイとヨンダルたちは、自分たちが行った無礼な態度を思い出しどうしていいか悩んでいた。トンイに自分が王だと知られた粛宗はトンイを大殿に呼び、今までと変わらず気軽に接してくれと頼む。そのころトンイが独断で慕華館に忍び込み...
第25話
トンイ 第25話 逃げようとしたトンイだったが、チャン・ヒジェが現れたことで、逃げ出せなくなってしまった。それを知ったシム・ウンテクはトンイの正体を知る。そして一緒にヒジェが義州にきた目的を暴こうとするのだった。ヒジェが妓楼で清国の官吏と密会することをつきとめたトンイとウンテク。密会の場でアル妓楼はトンイを掌楽院に入れてくれたソリの店だった。
第5話
無料
トンイ 第5話 ソリの計らいで宮廷の掌楽院の奴婢として暮らし、6年の月日が経っていた。ある日トンイは、夜中にこっそりヘグムを弾いていると、その音色を粛宗王が気に入り、演奏して者を捜せと内官に命令する。だが奴婢であるトンイが弾いていたことが知れると主簿もトンイも罪に罰せられると思い、チュボのジュシクはトンイを宮廷の外にある楽器を作る鋳鐘所の手伝いとして行かせる。

おすすめの作品

第28話
トンイ 第28話 結局、大殿の入り口から追い払われてしまい殿下に会えなかったトンイ。翌日、また水賜伊として宮廷に入ったトンイは、監察府による部屋の調査があると知り、チョン尚宮に自分が宮廷にいると言う暗号を残すのだが、ユン尚宮によってその機会を逃してしまった。
第1話
無料
トンイ 第1話 早朝、川で釣りをしていた朝廷の高官が何者かに襲われる。橋の下でひん死の状態で倒れていた高官をひとりの娘が偶然発見。その娘の名はトンイ。トンイはすぐに助けを呼びに行こうとするが、高官は必死に何かを伝えようとしていた...。
第7話
トンイ 第7話 命の危機にさらされた粛宗とトンイ。粛宗は自分が王であるとなのり危機を脱せようとするが、信じるはずがない。その時、報告を受けた捕庁の兵が現れ、助かったトンイと粛宗だった。トンイの手柄により音変は岩塩を使い編磬に細工をしたためだと明かすことができた。
第10話
トンイ 第10話 オクチョンが名乗り出たことで解放されたトンイだが、中殿殺害の容疑でオクチョンが濡れ衣を着せられたと知り、無実だと証明できる証拠を探そうとする。そこで判官と言った粛宗に協力してもらおうと、漢城府を訪ねるが自分を知らないと追い返されてしまう。
第12話
トンイ 第12話 監察宮女となったトンイだったが、監察府の内部では賤婢だったトンイを受け入れようとはせず、チャン尚宮の推薦とあって大妃も反発していた。しかし内命婦の長である中殿がトンイを監察宮女とすることを承諾した以上、覆すことはできなかった。
第16話
トンイ 第16話 自ら清国の太監の前に現れたトンイは、ヨンダルは生きていて密輸の罪から逃れるための陰謀があったと告げる。トンンイは自決したヨンダルの死体をソ従事官と共に確認し、死体が別人のものだと気づいていたのだった。
第20話
トンイ 第20話 トンイを捕らえ殺そうとしたのはトンイが邪魔だったヒジェの仕業だった。離れ離れになってしまったチョンスはトンイを探すためにヒジェの部下を脅し居場所をつきとめ、間一髪でトンイを救うことができた。だが唯一の手がかりだった、偽の換金証を発行した商団の書記が殺されてしまう。
第21話
トンイ 第21話 大妃が他界し中殿の廃位を決断するしかなかった粛宗。一方トンイは中殿の無実を証明する証拠を殿下に届けようとするが、今はまだ動く時ではないと、ソ従事官に止められてしまう。ソ従事官はその時のためにチョンスを軍官にし、チャン・ヒジェの動向を監視させるのだった。
第22話
トンイ 第22話 自分の仕事である監察をさせてもらえないトンイだったが、めげずに何度でも内需司に向かうのだった。そして不正がないか調べるために業務日誌を書庫から持ち出すが見つかってしまい、体罰を受ける。そんなトンイの姿によって目覚めたチャン尚宮たちは内需司に立ち向かうが...
第23話
トンイ 第23話 ヒジェが用意した刺客に追われたトンイは証拠を持ち、ソ従事官の友人である司憲府知事を頼る。知事は証拠を殿下に届けてトンイを避難させようとするが、刺客によって命を落としてしまう。手に入れた証拠を殿下に届けようと逃げ出したトンイだったが、刺客が投げた剣が胸に命中してしまう。