「チャングムの誓い 動画 5話」の検索結果

今すぐ視聴する

第45話
宮廷女官チャングムの誓い 第45話 王の病の治療法を見つけだしたチャングム。しかし、それは王の主治医である内医正(ネウィジョン)の処方とは違っていた。王妃はチャングムに王の治療を任せることにするのだが、しきたりを軽んじて事を運ぶ王妃に非難が集まる。一方、薬味入れの件が腑に落ちないチェ提調尚宮は、ヨルイを監視させ...。
第5話
宮廷女官チャングムの誓い 第5話 見習いの子供たちが料理の技を競う日。チャングムは以前何度か会った女の子がクムヨンだと知る。一方、チェ尚宮の叔母である最高尚宮(チェゴサングン)の容態が悪く、地位を追われるのを恐れたチェ一族は、密かに外部から医者を招き入れるが、ばれてしまう。そして、チョン尚宮が新しく最高尚宮になり...。
第35話
宮廷女官チャングムの誓い 第35話 宮中に配属されたチャングム。最高尚宮となったクムヨンと提調尚宮(チェジョサングン)になったチェ尚宮と再会する。一方、右議政(ウウィジョン)となったオ・ギョムホと、ジョンホと共に改革を進める左賛成(チュアチャンソン)の意見が対立。宮中での権力争いは激しさを増していく...。
第15話
無料
宮廷女官チャングムの誓い 第15話 チャングムが作ったクジラの料理に王はいたく満足する。チェ尚宮は女官たちの前でチャングムが味覚を失っているとばらしてしまい、全員の前で味覚の試験が行われることに。チャングムは世話になったウンベクとジョンホにお礼をする。一方、最高尚宮の座をかけた競合の評価を、王ではなく大妃が行うことになり...。
第25話
無料
宮廷女官チャングムの誓い 第25話 ついに母の親友をつきとめ喜ぶチャングム。ハン尚宮はチャングムをチェ一族から守るため彼らを告発する方法を模索し、チャングムはジョンホに助けを求める。ジョンホはオ・ギョムホの周辺勢力の調査を続けており、チェ・パンスルはジョンホの行方を必死に捜していた。その頃、中宗王は療養のため温泉に行くことになり...。
第15話 護衛官への道
イ・サン 第15話 護衛官への道 煎じ薬を持ってサンの元を訪れた嬪宮(ピングン)は、たまたま居合わせたソンヨンと再会し、彼女がサンと縁があったことを知る。 一方で、ソンヨンの素性を探っていたキム尚宮は、ソンヨンがチョン・フギョムと会っていたという事実を嬪宮に報告する。
第25話 華やかな暗殺計画
イ・サン 第25話 華やかな暗殺計画 チェ・ソクチュは王妃に、儺礼戯(ナレイ)で爆薬を使う計画は危険なため取りやめるように忠告するが、王妃は何としてでも計画を進めるとして、これを拒絶する。 一方、ホン・グギョンは、前年の儺礼戯に関する記録を持って来るようにテスに依頼する。
第35話 異変の幕開け
イ・サン 第35話 異変の幕開け チェ・ソクチュがサン側に寝返ったと知ったファワンは、彼に刺客を送るよう、チョン・フギョムに命ずる。しかし刺客たちは、テスをはじめとする兵士たちに制止をされる。 一方、ソンヨンが清へ行ったのは本人の意思ではなかったと知ったサンは、深い衝撃を受ける。
第45話 即位の日
イ・サン 第45話 即位の日 老論(ノロン)派の怪しい動きを察知したホン・グギョンは、チョン・フギョムの手下たちの様子を探るよう、テスたちに指示をする。その結果、テスたちは、チョン・フギョム宛ての書状を入手するのに成功し、サンの即位式に刺客を送り込む計画があることを知る。
第5話 毒が残した手がかり
イ・サン 第5話 毒が残した手がかり ある晩、サンは刺客に襲われる。サンは事なきを得るが、誰が差し向けたのかを聞き出す前に刺客は毒薬を飲んで自害してしまう。英祖(ヨンジョ)も事態をいぶかしく思う。 相次ぐ暗殺の危機に疲れたサンは、偶然出会った少女を見てソンヨンを思い出す。そして、その場でナム内官に毒の出どころを調べるように命ずる。
第55話 奴婢(ぬひ)制度の改革
イ・サン 第55話 奴婢(ぬひ)制度の改革 サンは政務報告会で、奴婢制度の廃止を宣言するが、チャン・テウをはじめとする重臣たちが猛反対をし、退席してしまう。 一方、元嬪(ウォンビン)は、想像妊娠ではないかと主治医から告げられるのだが、ちょうどそこに恵慶宮(ヘギョングン)が元嬪の容体を訪ねにやって来て...。
第65話 悲しき暗殺者
イ・サン 第65話 悲しき暗殺者 ホン・グギョンが大妃と内通していると知った王妃は、自分からその事実を王に述べて罪を償うよう、ホン・グギョンをいさめる。 一方、サンの行幸につき従ったソンヨンは、行幸先でめまいを起こし倒れてしまう。
第75話 華城(ファソン)への行幸(ぎょうこう)
無料
イ・サン 第75話 華城(ファソン)への行幸(ぎょうこう) チェ・ソクチュは、華城(ファソン)への行幸の際にサンを暗殺するよう、ミン・ジュシクに指示を出す。しかし刺客たちは、壮勇営(チャンヨンヨン)の兵士たちに発見され、ミン・ジュシクともども捕らえられる。 しかし、チェ・ソクチュの狙いは、ミン・ジュシクを犠牲にしたあと、サンを暗殺することであった。