「チャングムの誓い 1話」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話
無料
トンイ 第1話 早朝、川で釣りをしていた朝廷の高官が何者かに襲われる。橋の下でひん死の状態で倒れていた高官をひとりの娘が偶然発見。その娘の名はトンイ。トンイはすぐに助けを呼びに行こうとするが、高官は必死に何かを伝えようとしていた...。
第11話
トンイ 第11話 何とか粛宗に助けられたトンイは、協力を得ようと訪ねたことを話す。判官を装っていた粛宗はその場をなんとかしのぎ、捕庁に向かい、トンイが明らかにしたオクチョンの証拠を直接目にする。またトンイの手柄によって助けられたオクチョンは、トンイを宮女として使おうと考えていた。
第21話
トンイ 第21話 大妃が他界し中殿の廃位を決断するしかなかった粛宗。一方トンイは中殿の無実を証明する証拠を殿下に届けようとするが、今はまだ動く時ではないと、ソ従事官に止められてしまう。ソ従事官はその時のためにチョンスを軍官にし、チャン・ヒジェの動向を監視させるのだった。
第11話 罪なき忠義
イ・サン 第11話 罪なき忠義 文科の試験の答案に、英祖(ヨンジョ)を非難する文章が見つかり、科挙は中止される。 武科を受験していたテスが、試験問題についてホン・グギョンに尋ねると、ホン・グギョンはサンが危機に陥るであろうと警告する。 サンも謀反を疑われるなか、夜に逆賊が侵入する。英祖は事なきを得たが、真相の究明をサンに命ずる。
第21話 市場の反乱
イ・サン 第21話 市場の反乱 図画署(トファソ)の画員たちは、茶母(タモ)のソンヨンが絵を描くことに反対していたが、ソンヨンは絵師たちの競技会で5位に入り、パク署長は嬪宮(ピングン)の屏風をソンヨンに再び描かせる。 サンは、闇の商人たちに会い、税を納めれば自由な商売ができるようにすることを約束する。
第61話 王の告白
イ・サン 第61話 王の告白 逆賊をかくまった容疑で捕らえられたソンヨンの元を訪れたサンは、ソンヨンに事情を尋ねるが、ソンヨンは理由を話さず、処罰してくれと訴える。 また、サンは、逆賊と疑われる者たちの居所から出て来た銃が彼らの物なら、なぜ刀しか持っていなかった兵士たちに簡単に捕まったのかと、ホン・グギョンに疑問を投げかける。
第71話 命がけの出産
イ・サン 第71話 命がけの出産 サンが思悼世子(サドセジャ)の墓を訪れたと知った大妃や老論(ノロン)派は、何かあるに違いないとして不安を覚える。 一方、懐妊して“昭容(ソヨン)”という位を授かったソンヨンだが、出産予定日を過ぎても陣痛が来ない。主治医は、このまま陣痛が来ないと、ソンヨンの命も危険であると診断する。
第31話
無料
トンイ 第31話 トンイを自分が寵愛し特別に尚宮の地位を与えると重臣たちに宣言した。その地位によって重臣たちがむやみにトンイに手出しできなくするためだった。何も知らずに殿下が用意した礼服を着て入宮したトンイ。みなが自分に礼を尽くすのを見てトンイは尚膳が誤解していると殿下に告げる。
第41話
トンイ 第41話 剣契が宮外の私家にいたトンイの命を狙い忍び込んできた。殺されそうになったトンイは自分が剣契の元首長の娘だと打ち明け、命を取りとめたトンイは、騒ぎをかぎつけてきた漢城府の官軍から剣契員を逃してやる。殺された父と剣契の仇を討つために両班を殺害したケドゥラを説得するため、トンイはソリの妓楼でケドゥラと再会する
第51話
トンイ 第51話 世子の病気を伏せることで禧嬪と和解しようとしたトンイだったが、トンイの言葉を信じず断わる禧嬪。その頃、チャン・ヒジェがヨニン君の書袋に世子の帝王学の書を忍ばせたことで、ヨニン君が書を盗み世子の座を狙っていると攻められることになった。これはトンイたちが内医女に証言させ世子の病を公にできないようにするのが狙いだった。
第1話 三人の約束
無料
イ・サン 第1話 三人の約束 朝廷は権力争いの中にあった。英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を刑罰で米びつに閉じ込めた。夜になり、思悼世子の息子イ・サンは、閉じ込められた父の元へ向かう。 父が絵師だったソンヨンは、親戚の力で女官見習いとなる。ある夜、ちゅう房までお使いを頼まれた彼女は宮中で迷子になった...。
第31話 父の教え
イ・サン 第31話 父の教え すでに王妃は死んだも同然で自分たちに好機が訪れたと判断したファワン。彼女は息子であるチョン・フギョムに対して、彼がサンに取って代わることを望んでいると告げる。 一方、絶望に打ちひしがれたサンは、テス、ソンヨンと会い、泥酔した状態で宮殿に戻る。この事実を知った恵嬪(ヘビン)は、ソンヨンを呼びつける。
第51話 叶わぬ恋
イ・サン 第51話 叶わぬ恋 ひざまずいて許しを請う老論(ノロン)派の重臣たちに対しサンは、今ごろ戻って来ても遅いこと、チャン・テウが出向いていないことを指摘する。 一方でサンは、ソンヨンの気持ちを確認しようと彼女を呼ぶが、ちょうどその時、チャン・テウが来訪したため、ソンヨンには書斎で待つように言う。
第41話 無謀な戦い
イ・サン 第41話 無謀な戦い 老論(ノロン)派を集めた王妃は、武力に訴えてでも世孫を廃位するべきだと主張する。そして、その計画どおりに、掌握した親衛隊や禁衛営(クミヨン)の兵士たちがサンの護衛部隊と敵対することになる。 しかし、サンの説得により心変わりをした親衛隊長は兵士たちを率いて東宮殿に向かい、禁衛営を武装解除させる。