「チャンサカ 彼女」の検索結果

「チャンサカ 彼女」に関する情報は見つかりませんでした。
「彼女」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

猟奇的な彼女
猟奇的な彼女 猟奇的な彼女 大学生のキョヌはある晩、地下鉄の中でベロベロに酔っぱらった超美人な“彼女”と出会う。可愛い顔をして、「ぶっ殺されたい?」が口癖で、過激な行動を繰り返す彼女のペースに飲み込まれ、困惑しながらもその魅力にひきこまれていくキョヌ。しかし、タフでワイルドに見える“彼女”には、ある切ない秘密があった...。予測できない恋の行方、心揺さぶられる驚きと感動のエンディング。そして、誰もが好きにならずにはいられない“猟奇的な彼女”! 史上最高に魅力的なヒロインと、傑作ラブストーリーが誕生した!!
第1話
無料
彼女はキレイだった 第1話 ヘジンは小学生のころ相思相愛だったソンジュンがアメリカから帰国するとのメールを受け、ハリに待ち合わせ場所まで送ってもらう。そこに現れたソンジュンは肥満児だった過去をみじんも感じさせないイケメンに成長しており、正反対の残念な女性に成長した自分を恥じたヘジンは、ハリに自分の代役を頼み...。
第2話
彼女はキレイだった 第2話 ザ・モストの編集部に出向となったヘジンはニューヨーク本社から副編集長として配属されたソンジュンと再会する。ハリをヘジンだと思っているソンジュンは本社に見放されかけている編集部を立て直すため、慣れない仕事でミスを連発するヘジンに辛らつな言葉を浴びせるのだが...。
第3話
彼女はキレイだった 第3話 シニョクはヘジンとソンジュンの間に何かあることに気づき始め、ヘジンをからかう。ソンジュンにバカにされ続けたヘジンは怒りに燃えファッションについて猛勉強を開始する。そんな中、母親を侮辱する継母とその継母をかばう父親に心を傷つけられたハリは酒に酔い、バーで男と揉め事になる。そこにソンジュンが現れ...。
第4話
彼女はキレイだった 第4話 理不尽な理由でソンジュンに激怒されたヘジンはシニョクとヤケ酒を飲み、ベロベロに酔った状態でソンジュンに電話をかけ“私がヘジンよ”と告げる。一方、父親との関係修復に失敗したハリは憂うつな日々を送る中、ヘジンの代役としてソンジュンと会ううちに、心が揺れ始めていた。
第5話
彼女はキレイだった 第5話 休日に会社を訪れたヘジンはソンジュンと本社の人間との電話を偶然聞き、ザ・モストがトップファッション誌の座に返り咲けなければ廃刊になることを知ってしまう。一方、人知れずホテル暮らしを続けるシニョクは、そこで働くハリがヘジンの親友であることを知らぬまま、親交を深めていた。
第6話
彼女はキレイだった 第6話 雨に打たれ、体調を崩したソンジュンを心配したヘジンは、シニョクにソンジュンへ薬とお粥を届けてもらう。体調が回復したソンジュンだったが、ハリと会い続けるうちに自分の記憶の中のヘジンとハリの性格が重ならないことにとまどい始める。そんな中、ヘジンの話でソンジュンがアメリカに帰る可能性があることを知ったハリは...。
第7話
彼女はキレイだった 第7話 ロケハンのため出張に行くことになったヘジンとソンジュンは田舎の飲食店で食事をするが、財布を忘れたソンジュンのせいで払い切れなかった食事代分を、働いて返すことになる。力を合わせて働き終えた2人の距離はますます近づき...。そんな中、シニョクは2人をこれ以上接近させまいと出張先に向かい...。
第8話
彼女はキレイだった 第8話 ヘジンとハリが親友同士だったと知ったシニョクは、ヘジンのふりをやめるようハリを説得する。ソンジュンはヘジンとハリとの間で心が揺れ動き苦しみ続ける。そんな中、撮影現場でのトラブルをヘジンが引き起こしたと誤解したソンジュンはヘジンに怒り、解雇を言い渡すのだが...。
第9話
彼女はキレイだった 第9話 職場に復帰したヘジンの変貌ぶりに編集部の面々は驚愕する。シニョクは相変わらずヘジンをからかい続けるが、ヘジンとソンジュンのさらなる接近に不安が増していく。そんな中、ヘジンは童話作家にインタビューするため、編集部の先輩から車を借りるのだが、乗った車が壊れていて...。
第10話
彼女はキレイだった 第10話 交通事故を起こしかけたヘジンのもとに駆けつけたソンジュンは、無意識にヘジンを強く抱きしめる。ヘジンに対する自分の気持ちに気づいたソンジュンは、ハリに対して罪悪感を感じる。一方、ハリは自分がヘジンのふりをしてきたことをヘジンとソンジュンに告げる覚悟をする。
第11話
彼女はキレイだった 第11話 ヘジンとソンジュンは真の再会を果たし、これまでの出来事を語り合う。そんな中、ヘジンの前で強がり続ける傷心のハリの前に日本から一時帰国した母、ヘジョンが現れる。編集部ではシニョクが他社からの引き抜きに応じたとのウワサが流れる。渦中のシニョクは姿を見せず...。
第12話
彼女はキレイだった 第12話 ソンジュンに引き留められたシニョクはザ・モストへの残留を決める。編集部に復帰したシニョクは仕事に打ち込むが、ヘジンへの想いを抑えきれず...。一方、次回号の売上関連スコアが業界で1位にならなければ廃刊になるザ・モストを救うためソンジュンは奔走するのだが、無理がたたり空港で倒れてしまう。
第13話
彼女はキレイだった 第13話 男女としての交際をスタートさせたソンジュンとヘジンだったが、ヘジンはソンジュンがあまりにも幸せそうに振る舞うことで編集部の面々に交際を悟られるかと気が気でない。そんな中、ソンジュンの元上司が編集部を訪れ、ザ・モストの廃刊に関する最後通告をする。 ソンジュンが廃刊の危機を隠してきたことを知ったチャ記者は...。
第14話
彼女はキレイだった 第14話 特集号でインタビューを予定していた大物映画監督のドタキャンにより、ザ・モストの廃刊が避けられぬものになろうとする中、プンホ記者が正体不明の超人気作家、テンへのインタビューを提案する。ソンジュンはテンに連絡を取るため、テンの小説の出版社へ向かう。一方、ホテルを辞めたハリは自分にできることが何か模索するのだが...。
第15話
彼女はキレイだった 第15話 テンの正体がシニョクだったことを知り、ソンジュンは驚愕する。シニョクは自分へのインタビューを自ら記事にしてザ・モストを廃刊の危機から救い姿を消す。そんな中、ヘジンはソンジュンと共にアメリカへ渡ることにするのだが、懇意にしていた童話作家から一緒に童話を作る仕事に誘われ...。
第16話
彼女はキレイだった 第16話 ハリはホテル経営を学ぶために大学院に通う中、年下の学生からのアプローチをかわすことに苦労する日々を送り、シニョクは世界各地を転々としながら執筆活動を続けていた。童話作家としての道を歩み始めたヘジンは、アメリカに渡ったソンジュンと毎日電話で連絡を取り合っていたが、ある日ソンジュンに連絡がつかなくなり...。
第1話
僕には愛しすぎる彼女 第1話 人気作曲家のヒョヌクが事故で恋人ソウンを亡くして3年。世間から姿を消し、ひっそりと暮らしていたヒョヌクは、ある日、死んだソウンの携帯の着信に気づき驚く。留守電のメッセージからそれがソウンの妹セナと知ったヒョヌクは、彼女の窮地を知り心が揺れる。一方、作曲家を目指すセナは借金取りに追われる中、偽名を使ってホテルで働き始める。セナを捜すためにソウルに出てきたヒョヌクは滞在先のホテルでセナに出会うが...。
第2話
僕には愛しすぎる彼女 第2話 ヒョヌクはホテルをクビになったセナがソウンの妹と知り、彼女の住む部屋のそばに移り住むことに。そうとも知らず弁当屋でバイトを始めたセナは、配達先の家主がヒョヌクで驚く。偶然を装い、たびたびセナの前に現れるヒョヌクと、そんなヒョヌクが気になるセナ。そんな中、借金取りに追われるセナを見かけたヒョヌクは、彼女を追い掛け一緒に逃げるはめに。一方、人気音楽グループ「無限動力」のシウは、セナが作った曲のCDを聴き...。
第3話
僕には愛しすぎる彼女 第3話 田舎に帰ろうとするセナを引き留めたヒョヌクは、セナの作曲家としての可能性を買ったと話し、AnAに来るように告げる。そして、ヒョヌクは療養中の父に代わりAnAの臨時社長に。AnAを訪ねたセナはヒョヌクが社長と知り驚くが、「2ヵ月以内に2千万ウォンのヒット曲を作る」という提案を受け、契約することに。だが、売れっ子プロデューサーでヒョヌクを敵視するジョヨンはセナを冷酷に扱う。同じ事務所のシウかもいじめられるセナだが...。
第4話
僕には愛しすぎる彼女 第4話 ヒョヌクから「誰かの歌を聴いて心がふるえたのは久しぶりだ」と言われ、セナの心は動く。だが、「無限動力」のタイトル曲をかけたジョヨンとの作曲対決を前にしたセナは、棄権しろと言うヘユンや、容赦しないと宣戦布告するジョヨンの間で気が重くなる。ヒョヌクは対決の件で四面楚歌になるセナを案じるが、セナは自力でどうにかすると突き放す。ひょんなことからシウの優しさに触れたセナは、シウにどんな曲が聴きたいかと聴くが...。
第5話
僕には愛しすぎる彼女 第5話 「無限動力」の突然の解散宣言で窮地に陥るヒョヌクを励まし、自作の曲を渡すセナ。AnAでは緊急会議が開かれ、ヒョヌクは連絡の取れないシウを捜すよう命じる。そのシウは、会見で不仲を明かしたメンバーのレホンの言葉にショックを受けていた。一方、ヒョヌクが自分の曲を聴いてくれたか気になっていたセナは、ヒョヌクから編曲のやり直しを命じられ、再び曲作りへの意欲を燃やす。ヒョヌクはシウをソロデビューさせることにするが...。
第6話
僕には愛しすぎる彼女 第6話 身を隠していたシウがセナの前に現れ、セナを連れ去って行く。2人のやり取りを目にし、気になるヒョヌク。ソロになるか悩むシウはセナをカラオケに連れて行き、セナの曲を聴いて歌いたくなったと話す。そんな中、シウは母がレホンの家にいると聞き、急いで向かう。そこにはシウが「無限動力」に戻れるように頼みこむ母の姿が。母に怒りをぶつけるシウだが、付いてきたセナが止めに入る。セナの言葉に心を動かされたシウは、ヒョヌクに会いに行き...。
第7話
僕には愛しすぎる彼女 第7話 頭痛でクラブの外に出てきたヒョヌクが気になり、付いていくセナ。なぜ作曲をしないのかと問うセナだが、ヒョヌクは答えをはぐらかす。そんなヒョヌクにセナは、自分が作った曲をシウのソロデビュー曲に推してくれた礼を伝える。一方、ソロデビューを前にしたシウはほかの候補曲を入手する。そして、ヒョヌクに会いに行き、セナの曲は歌えないと曲の変更を申し出る。シウのソロデビュー曲の件で投資家から反対を受けていたヒョヌクは葛藤が膨らみ...。
第8話
無料
僕には愛しすぎる彼女 第8話 ヒョヌクからAnAにいる間は誰とも誤解されるようなことはするなと言われ、セナの心はときめく。そしてシウはセナを呼び出し、セナの曲は悪くなかったと改めて曲を断ったことを詫びる。愛犬タルボンの病状がよくないことを知ったヒョヌクは、セナを再びペットシッターに。タルボンを連れてヒョヌクと公園に遊びに行ったセナは、そこでヘユンからヒョヌクが恋人を失った心の傷を持つことが明かされる。セナの曲がドラマの挿入歌に決まり...。
第9話
無料
僕には愛しすぎる彼女 第9話 タルボンの死期が迫り悲しみに暮れる中、セナに慰められたヒョヌクは思わず彼女にキスをする。さらに手を繋いでセナを家まで送り、そんなヒョヌクにセナは幸せな気持ちに。ヒョヌクは酔ったヘユンから想いを告げられるが、これまでどおりの関係でいようと説くしかない。そんな中、シウはセナを食事に誘い、そこでヒョヌクに遭遇する。ヒョヌクとシウの間に緊張した空気が流れ、セナはヒョヌクがシウとの関係を誤解したのではと案じるが...。
第10話
僕には愛しすぎる彼女 第10話 シウと写真を撮られたことで、ヘユンから解雇を言い渡されるセナ。ヘユンがセナの正体に気づいていることを知ったヒョヌクは、セナを案じつつも、君を守れるのはここまでだと契約終了を宣告する。そして、ヒョヌクはヘユンに、セナとは縁を切るから彼女の姉との関係は秘密にしてほしいと頼む。一方、退院が決まったシウは写真の件でセナが解雇されたことを知る。セナを慰めようとするシウだが、セナはヒョヌクのことが忘れられず...。
第11話
僕には愛しすぎる彼女 第11話 セナを追ったヒョヌクは自分の気持ちに素直になり、彼女を抱きよせる。その日がヒョヌクの誕生日だと知ったセナは、ささやかなお祝いをし、最後にキスをプレゼントする。そして、ヒョヌクはヘユンに気持ちを受け取れないことを伝え、セナを好きだということを認める。一方、セナはシウの曲を作るため、彼の素顔を知ろうと密着することに。ヘユンは酔った勢いで、ジョヨンにセナがソウンの妹であることを話してしまったことを思い出し...。
第12話
僕には愛しすぎる彼女 第12話 ヒョヌクはセナを初デートに誘うが、姉さんも呼びたかったというセナの言葉に動揺する。さらにセナからジョユンが姉のことを知っていたと聞かされ、不安が膨らむヒョヌク。そんな中、セナがシウに作った曲が大ヒット。AnAでは今後も2人を組ませることを検討する。シウはセナを呼び、コンビ1曲目の成功を祝ってパーティーを開く。セナに交際を申し込むシウだが、セナは好きな人がいると断る。セナはジョヨンから作曲の依頼を受け...。
第13話
僕には愛しすぎる彼女 第13話 ヒョヌクとソウンの写真を見つけ、2人が恋人だったことを知るセナ。ヒョヌクは一緒にアメリカに発つはずのセナが空港に現れず、必死に探していた。まさかと思いソウンの店に行ったヒョヌクは、写真がなくなっていることに気づく。セナが家に戻ると、そこにはヒョヌクが。だが、ソウンの妹と知って自分に近づいてきたことを認めたヒョヌクに、セナは怒りがこみあげる。セナのアメリカ行きが中止になったことを知り、喜ぶシウだが...。