「チョン・イル 放送」の検索結果

「チョン・イル 放送」に関する情報は見つかりませんでした。
「チョン・イル」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第2話 オーガニック人間
無料
ステキな片想い 第2話 オーガニック人間 イリョンに何か光るものを感じたセフンは事務所にスカウトするが、興味がないとあしらわれてしまう。断られる経験がないセフンはプライドを深く傷つけられるが、諦めきれずイリョンの後を追う。
第5話 俺と契約しろ
無料
ステキな片想い 第5話 俺と契約しろ 事務所はセフンが消えたことで大騒ぎになっていた。イリョンはセフンを帰らせようとするが、セフンはなんとか契約を結ぼうと粘る。あまりにしつこく迫るセフンに自分が好きなのかと尋ねるイリョン。セフンは言葉に詰まるが・・・。
第8話 新人イビリ?
無料
ステキな片想い 第8話 新人イビリ? ミュージックビデオへの出演を決めたイリョンに、セフンは住む場所を提供する。事務所を訪れたイリョンをトップアイドルのミンジュが呼び出し、それを新人イビリだと思ったセフンは慌ててその場に駆けつけるが・・・?
最終回 ステキな両想い
ステキな片想い 最終回 ステキな両想い セフンが中国へ行ってしまうと聞いたイリョンは、雨の中慌てて飛び出しセフンの元へ向かう。思いが通じ合ったセフンとイリョンだったが、数日後に2人のスキャンダル記事が発表されることになり...?
第1話 衝撃の出会い
無料
ステキな片想い 第1話 衝撃の出会い 大手エンタメ会社のCEOであるセフン。ある日事務所のトップアイドルであるミンジュが撮影所から脱走してしまい、ひょんなことから代わりを務めることになったイリョンをひと目見たセフンは、これまで感じたことのない感情に襲われるが...?
第3話 イリョンを訪ねて
無料
ステキな片想い 第3話 イリョンを訪ねて イリョンが助けを求めたのは、ライバル会社のチャン社長だった。そのことでさらにイリョンに対する執着を強めたセフンは、彼女を事務所に入れるための計画を立て始める。そして自ら契約書を持って彼女が住むという山奥へ向かうが・・・。
第4話 山奥で2人きり
ステキな片想い 第4話 山奥で2人きり イリョンが溺れていると勘違いしたセフンはとっさに泉に飛び込むが、足がつって自分が溺れてしまう。目を覚ますと彼女の家に運び込まれていた。都会で生まれ育ったため山の夜が怖いセフンはイリョンをそばに置こうとするが・・・。
第9話 愛なんだ
無料
ステキな片想い 第9話 愛なんだ これまでに感じたことのない感情に振り回され、混乱するセフン。そんな中、テレビ電話で通話中に来客があってから連絡がつかなくなったイリョンのことが心配になり、セフンは家を飛び出すが・・・。
第11話 私を好きなの?
ステキな片想い 第11話 私を好きなの? チャン社長がイリョンを呼び出し自分と契約するように説得する所へ、セフンが駆けつける。イリョンは自分のことを好きなのかとセフンに尋ねるが、素直に自分の思いを認められないセフンだった。
第12話 笑顔の理由
ステキな片想い 第12話 笑顔の理由 好きだということを認められず、イリョンから距離を置くセフン。セフンの態度に寂しさを感じるイリョンは、PVの撮影をしながらセフンのことを思い出し、自然と笑顔になるのだった。
第13話 突然の別れ
ステキな片想い 第13話 突然の別れ セフンはホ室長から恋愛の手ほどきを受け、それを実行しようとするが、ことごとくうまくいかない。それどころか、イリョンは突然五台山に帰ると言い出してしまうが...。
第14話 消えたイリョン
無料
ステキな片想い 第14話 消えたイリョン 情緒不安定に陥ったセフンは、イリョンが急に帰ってしまった理由すら聞いていないことに気づき、いても立ってもいられず五台山に向かう。しかしそこにはイリョンの姿はなかった。
第15話 深刻な症状
無料
ステキな片想い 第15話 深刻な症状 ホ室長にイリョンの行方を捜させていたセフンだったが、ネットもしない彼女をそう簡単に捜し出すことはできなった。仕事も手につかず、半ば諦めかけていたセフンだったが...。
第16話 本当の気持ち
無料
ステキな片想い 第16話 本当の気持ち 再会したセフンとイリョン。イリョンは急に帰らなければいけなくなった理由をセフンに話し、セフンも自分の気持ちを素直にイリョンへ伝えるのだった。しかし、イリョンがチャン社長とは連絡を取っていたことを知ったセフンは・・・。
第17話 いっそ泣いてくれ
ステキな片想い 第17話 いっそ泣いてくれ イリョンがチャン社長とだけは連絡を取っていたことを知り、セフンは嫉妬心から頭に血が上がり、イリョンとケンカ別れをしてしまう。そして他の女性と抱き会う姿をイリョンに見せつけるが...。
第18話 イリョンの入院
ステキな片想い 第18話 イリョンの入院 イリョンからの電話に舞い上がるセフンだったが、それは入院手続きのため来てほしいという内容だった。弱っている自分をただ看病してくれるセフンの優しさに触れ、戸惑うイリョンだったが・・・。
第19話 完璧な片想い
ステキな片想い 第19話 完璧な片想い セフンの考えがわからなくなっていたイリョンは、改めて自分のことをどう思っているのか尋ねる。セフンは自分の気持ちを正直に伝え、どうするかはイリョン次第だと言うが・・・。
第6話 手段は選ばない
無料
ステキな片想い 第6話 手段は選ばない いくら説得をしても頷かないイリョンに、セフンはプライドを傷つけられながら会社に戻る。その後もイリョンからの電話を待つが、いっこうに連絡は来ない。痺れを切らしたセフンは、もう手段を選ばず彼女を手に入れることを決心するが...。
第7話 ヒットアイテム
無料
ステキな片想い 第7話 ヒットアイテム イリョンの住む五台(オデ)山が台風に襲われているというニュースを聞き、セフンはいても立ってもいられず駆けつける。イリョンをソウルに連れて来ることに成功したセフンは、どうにかミュージックビデオへ出演させようと説得を続ける。
第10話 気になる人
ステキな片想い 第10話 気になる人 やっと自分のイリョンへの気持ちを理解したセフン。イリョンもまた、振り回されながらも次第にセフンが気になっていた。一方、セフンがイリョンをスカウトしようとしていると知ったチャン社長は、セフンに負けたくない一心でイリョンに近づく。
第6話
太陽を抱く月 第6話 ヨヌの死を伝え聞いたフォンは深く悲しむが、大妃(テビ)の命令によって葬式にも行けない。一方、放浪中だった陽明君(ヤンミョングン)はヨヌが病気だと聞き駆けつけるが、すでに葬式が行われている様子を見て泣き崩れる。そしてフォンにヨヌを守れなかったことをなじる。陽明君のヨヌへの思いを知ったフォンはぼう然とする。それから8年の時が過ぎ、フォンは王となっていた。
第9話
太陽を抱く月 第9話 フォンは温陽(オニャン)で会ったウォルが目の前にいて驚くが、厄受け巫女だという説明を聞き、ヨヌと似ているだけで惑わされてはいけないと、ウォルを王宮から追放するように命じる。陽明君(ヤンミョングン)はウォルが辺境に追放したと聞いて落胆するが、市場でウォルと再会を果たす。ウォルは先日の礼と名前を言い残して去ってしまう。
第7話
太陽を抱く月 第7話 ノギョンが外出の間、ヨヌは王様の行列を見物しに行き、フォンの顔を見て思わず涙を流す。そして記憶の単片を思い出すが、自分の記憶とは思わず、フォンの思いを読み取ったのだと思い込む。偶然、王様の行列に遭遇した陽明君(ヤンミョングン)は群衆の中からヨヌに似た女性を見つけて追いかけるが見失ってしまう。フォンはウンと王宮の外へ出かける。山で道に迷った2人が雨宿りしようとすると、そこでヨヌに似た女性と出会う。
第8話
太陽を抱く月 第8話 観象監(クァンサンガム)の教授たちにさらわれたウォルは隙を見て逃げ出し、陽明君(ヤンミョングン)に助けられるが、またすぐに捕らえられてしまう。王宮に連れてこられたウォルは王の厄受け巫女として寝殿に入れられる。フォンはユン・デヒョンの露骨な挑発に不安を覚え、眠りを誘うお茶を飲まずに寝床に就く。いつもどおりにフォンのそばで安眠を助けていたウォルは、急に目を見開くフォンを見て驚く。
第10話
太陽を抱く月 第10話 ウォルは再び厄受け巫女(みこ)としてフォンの就寝中に付き添うことになる。起きてウォルを待っていたフォンは、自分の苦しみを鎮められるかと問う。そんな2人の様子を見ていた王妃ポギョンは嫉妬に駆られる。その後、フォンはウォルからの手紙を受け取り、かつてのヨヌの手紙を思い出す。 陽明君(ヤンミョングン)は、町でウォルを捜していた。そこに通りかかったチャンシルが、幼いときに会った陽明君を思い出し、声をかける。
第5話
太陽を抱く月 第5話 フォンの妃(きさき)に選ばれたヨヌは、宮殿内に用意された住まいである隠月(ウノル)閣で婚儀の準備を始める。気軽に会えないフォンは、慣れぬ作法の習練に苦労するヨヌを手紙で励ましていた。 一方大妃(デビ)は、ユン・ドヒョンの娘が世子嬪に選ばれなかったことでヨヌを消そうと躍起になり、ノギョンへヨヌの殺害の命じる。ノギョンは心ならずも邪術の儀式を行い、ヨヌは得体の知れない病気にかかってしまう。婚礼前のヨヌは、回復の兆しもないことから宮中から追い出されてしまう。
第11話
太陽を抱く月 第11話 フォンはウォルの過去について質問を浴びせるが、ウォルは、自分は別人だと涙ながらに訴える。ノギョンは営みの日に備えるため、厄受け巫女の代わりに合歓の札を入れるよう大王大妃(テワンテビ)に頼み込む。フォンはヨヌの最後の手紙に疑問を感じ、ヨヌの死について調べ始める。そんな中、元尚膳(サンソン)の家を訪ねた帰りに、町で偶然ウォルと会う。チャンシルがウォルを呼び出したと知り、陽明君は期待に胸を膨らませてウォルを待っていたが、フォンと一緒にいるウォルを見かけ愕然とする。
第13話
太陽を抱く月 第13話 フォンは胸に激痛を覚えて王妃の前で倒れてしまう。ウォルは王に呪いをかけたという罪で捕らえられる。ユン・デヒョンはこの機会にフォンを押さえ込もうとして、ウォルに嘘の証言を強要するが、ウォルはそれを拒む。ウォルが激しい拷問を受けていた時、陽明君(ヤンミョングン)が現れてウォルの無実を証明する。フォンは陽明君が介入したと知り、王族の名誉を理由にウォルとは関わるなと警告する。陽明君はフォンの真意を誤解して、欲しい物を何一つ手に入れられない自分の境遇を恨むのだが...
第15話
太陽を抱く月 第15話 陽明君(ヤンミョングン)は活人署(ファリンソ)でウォルと再会し、一緒に病人を助ける。そして人手不足で困っている活人署を手伝い続けることにする。 ユン・デヒョンはフォンが8年前のことを調べていると感づき、捜査を妨害するために世子嬪(セジャビン)の教育係だったノ尚宮(サングン)を殺す。 ウォルは父親の墓参りに行き、家族の姿を見かける。そこで父親が、娘を死なせた悲しみに打ちひしがれて自殺したと知り、胸を痛める。 一方、陽明君はウォルの口から解憂石という言葉を聞いて、ウォルがヨヌではないかと疑うのだが...
第16話
太陽を抱く月 第16話 王妃はヨヌに生き写しのウォルを見て、動揺を隠せない。ウォルは、かつての友である自分を見ておびえる王妃を不審に思う。隠月閣でフォンと偶然会ったウォルは、記憶が戻ったことを言えず、涙をのんで活人署へ戻る。ウォルを訪ねてきたノギョンは、呪術にミナ王女が関わっていたことを告げ、王様に真相を教えるべきかどうか、ウォルに選択を委ねる。フォンはホン・ギュテが調べてきたことやノギョンの話を聞いて、ウォルがヨヌではないかという推論に至るのだが...