「チョン・ドンハ」の検索結果

「チョン・ドンハ」に関する情報は見つかりませんでした。
「チョン・ドン」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第33話
無料
朱蒙 第33話 プヨ軍はサヨンが発案した凧を使った作戦で漢軍を慌てさせ、さらに兵の奮闘によって見事にヤンジョンが率いる漢軍を敗走させる。しかし、チュモンはチンボンの太守を仕留めたものの、イムドゥンの太守は逃走。流民の少年チョンドンの戦死を看取ったチュモンは怒りを抑えられず、復しゅうに燃える流民軍を率いて本隊を離れ、イムドゥンの太守を追撃する。一方、クムワは自ら先陣に立って活躍するが、胸に敵兵からの矢を受けて重傷を負い、危篤状態に陥る。 チュモンが太守を追って出たことをテソから密かに知らされたヤンジョンは、チュモンが率いる流民軍を潰せと鉄騎軍に命じ、さらに密偵の情報でクムワの負傷を察し、敗走を中止して再び攻撃に転じる。鉄騎軍の奇襲を受けた流民軍は壊滅し、チュモンは行方不明になってしまう。ソソノはウテからチュモンのことを聞かされ、オイたちとともにチュモンを捜しに向かうが、取り乱して倒れてしまう。 テソはヤンジョンと会合を持ち、どちらにとっても危険の多い戦をここでやめようと提案する。オイたちは敵討ちをさせてほしいとテソに懇願するが一蹴され、いずれプヨの王になって娘ヤンソルランを王妃に迎えるとヤンジョンに約束したテソは、プヨ全軍を率いて本国へ引き上げる。ユファは帰還した軍にチュモンの姿がなく、さらにクムワが瀕死であることを聞いて動揺する。一方、息子たちの凱旋を出迎えた王妃は、いまやテソが事実上の権力者となったことに喜びを隠せない。テソはそんな母に、長年の恨みを晴らすと約束する。

おすすめの作品

第3話
六龍が飛ぶ 第3話 幼いパンウォンはチョン・ドジョンの弟子であるホ・ガンと出会う。パンウォンは、ホ・ガンから「チョン・ドジョンのようになることを望むなら成均館に来い」と言われ、イ・ソンゲに咸州には戻らないと告げる。
第15話
六龍が飛ぶ 第15話 ヨニはチョン・ドジョンを連れてその場を離れようとするが、刺客と鉢合わせとなる。しかし、タンセがこの危険を救う。タンセとヨニを調べたプニは涙を流し、タンセはチョン・ドジョンにここに残ると伝える。
第44話
無料
六龍が飛ぶ 第44話 ハ・リュンとミン・ジェは、チョン・ドジョンを明国に送らないとするイ・ソンゲに、必ず送らなければならないと言う。チョ・マルセンもまた儒生を率いてチョン・ドジョンを明国に送れとの上訴を読んだ。
第34話
六龍が飛ぶ 第34話 イ・バンジはプニがヨンヒャンに会ったという事実を知り、チョン・ドジョンは殿下の矯旨に基づき流刑となる。一方、ヨンヒャンはイ・ソンゲを殺し、チョン・モンジュを支持して再び国を安定させようとする。
第37話
六龍が飛ぶ 第37話 恭讓王を訪ねたチョン・ドジョンは、チョン・モンジュをさらし首にして逆賊であることを公表する矯旨を下してほしいと言う。パンウォンは、自分を処刑する旨の張り紙をしたのは誰なのかを調べるようプニに指示する。
第39話
六龍が飛ぶ 第39話 イ・ソンゲはチョン・ドジョンにパンソクを守ってほしいと言う。パンウォンとミン・ダギョンは開国功臣を知らせる張り紙にパンウォンの名前がないことを知り、ドジョンは財政と軍事力までを独占することとなる。
第40話
六龍が飛ぶ 第40話 チョン・ドジョンはモエンパから受け取った赤い封筒をヨニに渡すようピウォルに指示した。これに気付いたユクサン先生は、赤い封筒を探そうとし、プニの組織のソンドルとチルボクもまた赤い封筒を追う。
第43話
六龍が飛ぶ 第43話 ムヒュルは帰ってきたパンウォンと再会し、互いの変わった姿を喜ぶ。チョン・ドジョンは、パンウォンが戻ってきて無名が再び現れたとの報に危機感を覚える。一方、漢陽に戻ったムヒュルはユンランの姿を見つける。
第7話
六龍が飛ぶ 第7話 ムヒュルは一緒に行こうと言うプニの提案を承諾し、プニと一緒に咸州へ向かう。パンウォンも咸州に向かいチョン・ドジョンに会うための計略を練る。一方、プニはイ・ソンゲに諜者と間違われるという危機に直面する。
第8話
六龍が飛ぶ 第8話 全ての人々を咸州に入れた戍将だというチョン・ドジョンは、イ・ソンゲに「都堂3人衆の悪事を暴き出し、新しい国を作ろう」と提案する。しかし、イ・ソンゲはこれを受け入れず、パンウォンは彼にある話をする。