「チョン・ユミ」の検索結果

今すぐ視聴する

ユン食堂#1
無料
ユン食堂 ユン食堂#1 ユン食堂の社長兼、料理長であるユン・ヨジョンのそばには頼もしい人材が2人も。誰よりも一生懸命なイ・ソジン常務。外国人から動物までをも虜にする、ラブリーな調理補助、チョン・ユミ。世界各国の人々の胃袋をつかむために奮闘する、ユンファミリーの渡航前からオープン準備までを大公開。さらに、ユン食堂のメインメニューであるプルコギのレシピも紹介。
ユン食堂#8
ユン食堂 ユン食堂#8 外国のお客さんに味を認められ、休む暇なく注文が入る、ユン食堂の最終営業日。果たしてユンファミリーは、抜群のチームワークを発揮させ、無事に営業を終えることができるのだろうか?そして営業終了後、海辺で夕焼けを見ながら夕食を楽しむ4人。インドネシアのギリ島で過ごす最後の夜は果たして...
ユン食堂#9(終)
ユン食堂 ユン食堂#9(終) 話題のユン食堂がソウルにオープン?ギリ島で最後の営業を終えた4人が、再びソウルで集結し、エプロンを付けてあのプルコギの味を再現する。また、本編では見せることのできなかった裏話を大公開。さらに、ユンファミリーの特別な休暇の様子と、ユン食堂を訪れてくださった世界各国の人々のストーリーも。
ユン食堂#2
ユン食堂 ユン食堂#2 準備が全て整ったユン食堂のオープン初日。ユンシェフが作ったプルコギを食べたお客さんは、どのような反応を見せるのか?一方、ホール担当のイ常務は1人でオーダーを取って、ドリンクを作るのに大忙し。その時、ユン食堂に一筋の光が。バイトの神シン・グが登場する。ユン食堂を成功に導くためのイ常務の経営戦略とは...
ユン食堂#4
無料
ユン食堂 ユン食堂#4 1号店に続き、2号店の成功も期待するが、新たな危機に直撃。人通りが少ないせいか、なかなかお客さんが来ないのだ。この危機から脱出するために、ラーメンと餃子を新メニューとして加えることにしたユン食堂。急に降り出した雨のおかげで、ユン食堂はお客さんでいっぱいになるが、この日の営業はうまくいくのだろうか?
ユン食堂#7
無料
ユン食堂 ユン食堂#7 インドネシアの電力は弱く、度重なる電気トラブルでチキンを揚げることが出来ず戸惑う、厨房の社長とユミ。そんな中、ユン食堂は史上初の満席を達成。大繁盛のおかげで、注文が一度に押し寄せるが、慌てることなく手際よく料理を提供するファミリーたち。目の前に広がる美しい海を力に、今日も頑張るユン食堂であった。
ユン食堂#3
ユン食堂 ユン食堂#3 オープン翌日、想像もしていなかった出来事が起きる。たった1日で跡形もなく消えてしまったユン食堂を目の前に言葉も出ない4人。気持ちを新たに再オープンさせた“ユン食堂 2号店”とは?バイトの神“クッケビ”にとっては、この日が初出勤。果たしてシン・グは外国人のお客さんを相手に、無事アルバイトを終えることができるのだろうか?
ユン食堂#5
無料
ユン食堂 ユン食堂#5 新メニューのラーメンと餃子が、外国人のお客さんの心をつかんだユン食堂。親指を立てて食べるお客さんの姿に喜ぶ、ユンシェフ。そこへ更に、チキンも新メニューとして加えることに。大ヒットの予感か?それだけではなく、ニューアイテムのパドルボートも登場。このニューアイテムのおかげで、ユン食堂はより一層パワーアップ。
ユン食堂#6
ユン食堂 ユン食堂#6 絶えることなく続々とやってくるお客さんのおかげで、笑顔の絶えないユンファミリー。今回もユン食堂は新たなメニューを加えることに。餃子、ラーメン、チキンに続いて登場する新メニューは、香ばしくてサクサクした食感が堪らない海鮮チヂミ。ユンシェフが試行錯誤を重ねて完成させた新メニューは、ヒットするのだろうか?
第34話
六龍が飛ぶ 第34話 イ・バンジはプニがヨンヒャンに会ったという事実を知り、チョン・ドジョンは殿下の矯旨に基づき流刑となる。一方、ヨンヒャンはイ・ソンゲを殺し、チョン・モンジュを支持して再び国を安定させようとする。
第35話
六龍が飛ぶ 第35話 チョン・モンジュは、チョ・ジュンとナム・ウンをはじめとするイ・ソンゲの党与全てを流刑にした。恭讓王はチョク・サガンが無事に仕事を終えて戻ってくれば矯旨のとおり処刑を執行することを命じた。
第36話
六龍が飛ぶ 第36話 イ・バンジは家別抄の武士たちと赴いた場所でチョク・サガンに会い、パンウォンはヨンギュと共に向かった善竹橋でチョン・モンジュに遭遇。ムヒュルはパンウォンとヨンギュ、イ・バンジの計画を知って驚く。
第37話
六龍が飛ぶ 第37話 恭讓王を訪ねたチョン・ドジョンは、チョン・モンジュをさらし首にして逆賊であることを公表する矯旨を下してほしいと言う。パンウォンは、自分を処刑する旨の張り紙をしたのは誰なのかを調べるようプニに指示する。
第38話
六龍が飛ぶ 第38話 イ・ソンゲは、パンウォンが杜門洞に火をつけたという知らせを聞き、士大夫と儒生たちは官職に復帰。ヨニは、パンウォンと距離を置くようプニに告げ、パンウは「自分を捜そうとすれば死ぬ」と言い残して姿を消した。
第39話
六龍が飛ぶ 第39話 イ・ソンゲはチョン・ドジョンにパンソクを守ってほしいと言う。パンウォンとミン・ダギョンは開国功臣を知らせる張り紙にパンウォンの名前がないことを知り、ドジョンは財政と軍事力までを独占することとなる。
第40話
六龍が飛ぶ 第40話 チョン・ドジョンはモエンパから受け取った赤い封筒をヨニに渡すようピウォルに指示した。これに気付いたユクサン先生は、赤い封筒を探そうとし、プニの組織のソンドルとチルボクもまた赤い封筒を追う。
第41話
六龍が飛ぶ 第41話 チョヨンとイ・シンジョクは巡軍府に連行されて拷問を受けた。一方、ハ・リュンはパングァとパンガンに、イ・ソンゲを訪ねパンウォンのことをチョヨンとの対面後に処決しようという奏請を差し上げるよう伝える。
第42話
六龍が飛ぶ 第42話 ムヒュルはパンウォンを守るため朱棣の首に刃を当てて死の危機に陥り、パンウォンは「ムヒュルが死ぬなら戦って死なせてくれ」と申し出、朱棣はそれを受け入れる。一方、イ・ソンゲはユンランの処刑を命じた。
第43話
六龍が飛ぶ 第43話 ムヒュルは帰ってきたパンウォンと再会し、互いの変わった姿を喜ぶ。チョン・ドジョンは、パンウォンが戻ってきて無名が再び現れたとの報に危機感を覚える。一方、漢陽に戻ったムヒュルはユンランの姿を見つける。
第1話
無料
六龍が飛ぶ 第1話 イ・ソンゲは開京から来た御命を受けて意を伝えるため、ペク・グンスを開京に行かせようと考える。まだ幼いパンウォンは、自分も行くと言い張り、結局チョ・ヨンギュ、ペク・グンスと一緒に開京へ向かう。
第3話
六龍が飛ぶ 第3話 幼いパンウォンはチョン・ドジョンの弟子であるホ・ガンと出会う。パンウォンは、ホ・ガンから「チョン・ドジョンのようになることを望むなら成均館に来い」と言われ、イ・ソンゲに咸州には戻らないと告げる。
第4話
六龍が飛ぶ 第4話 母を捜すために出発した幼いタンセは、キル・ソンミに会い衝撃的な言葉を聞かされる。ミョサンは11人の家族を生かすためホン・デホンに会い、幼いムヒュルを弟子として受け入れるよう願い出る。
第5話
六龍が飛ぶ 第5話 殺害されたペク・ユンを発見したハン・グヨンはホン・インバンにこの事実を伝えた。イ・バンウォンは、ペク・ユンの死について話しているキル・テミと儒生の会話を聞き、カササギ毒蛇のことを知る。
第6話
六龍が飛ぶ 第6話 プニパン村の人々が待っている洞窟に行き、会わなければならない人がいるから戻ってくるまで待ってくれと言う。洞窟に向かったイ・バンウォンはプニの姿を見て喜ぶがパン村の人々に全ての物を奪われたまま木に縛られる。
第7話
六龍が飛ぶ 第7話 ムヒュルは一緒に行こうと言うプニの提案を承諾し、プニと一緒に咸州へ向かう。パンウォンも咸州に向かいチョン・ドジョンに会うための計略を練る。一方、プニはイ・ソンゲに諜者と間違われるという危機に直面する。
第8話
六龍が飛ぶ 第8話 全ての人々を咸州に入れた戍将だというチョン・ドジョンは、イ・ソンゲに「都堂3人衆の悪事を暴き出し、新しい国を作ろう」と提案する。しかし、イ・ソンゲはこれを受け入れず、パンウォンは彼にある話をする。
第9話
六龍が飛ぶ 第9話 チョン・ドジョンはホン・インバンに会い、チェ・ヨンとイ・インギョムに対抗するにはホン・インバン、キル・テミ、イ・ソンゲが同じ側に立つ必要があると主張した。一方、成人して再会したタンセとヨニは涙を流す。
第10話
六龍が飛ぶ 第10話 パンウォンはプニに、安辺策が通過したことを伝える。彼は今後の計画を問うプニに、安辺策が撤回されることはないから安心するよう告げるが、この知らせを聞いたイ・ソンゲは、安辺策を撤回しようとする。
第11話
六龍が飛ぶ 第11話 パンウォンは、安辺策通過のためホン・インバンと裏取引をした疑いで追補され、パンウは安辺策撤回の状啓を上げず父、イ・ソンゲにこのことを知らせる。プニはホン・インバンに自分の考えを伝え、助けを得て...。
第12話
六龍が飛ぶ 第12話 イ・インギョムは手紙のすり替えの件で、チョン・ドジョンを疑い、ペク・ユン殺害の背後にイ・ソンゲの名前が出てきた時のことを考える。キル・テミは手紙がタンセの検体と似ていると思い、タンセを訪ねた。