「チョ・ジョンミン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

パイロット版 第3話「近づいた距離」
布団の外はあぶない パイロット版 第3話「近づいた距離」 EXOのシウミンが合流後、チョ・ジョンチが参加。サンウとダニエルはキッチンで、うまい具合に分担作業を。シウミンとジョンチは共同休暇の洗礼を受ける...。
第11話
宮廷女官チャングムの誓い 第11話 チョン最高尚宮はチャングムとクムヨンを義禁府(ウィグムブ)へ引き渡そうとするが、提調尚宮にこの件は伏せろと命じられる。近頃 体が弱っている元子(ウォンジャ)を気遣った王は、蟲草全鴨湯(チュンチョジョンアプタン)を用意させるが、逆に元子の手足に麻痺が起こる。料理を作ったトックは毒をもったと疑われ...。
パイロット版 第1話「共同休暇スタート」
布団の外はあぶない パイロット版 第1話「共同休暇スタート」 一つ屋根の下で共に過ごす男子たちの唯一の共通点は「家大好きっこ」。WannaOneのカン・ダニエルら人見知りの4人が顔を合わせるのはいつになるやら...。
パイロット版 第2話「始めるには時間が必要」
布団の外はあぶない パイロット版 第2話「始めるには時間が必要」 何をすればいいかわからない家大好きっこ4人。なんとなく宿のプールで泳ぐことになったが、誰も立ち上がろうとはせず、気まずい雰囲気が流れるが...。
第35話
無料
六龍が飛ぶ 第35話 チョン・モンジュは、チョ・ジュンとナム・ウンをはじめとするイ・ソンゲの党与全てを流刑にした。恭讓王はチョク・サガンが無事に仕事を終えて戻ってくれば矯旨のとおり処刑を執行することを命じた。
第13話
キツネちゃん、何しているの? 第13話 ビョンヒは、チョルスの胸に抱かれたまま幸せそうな顔で、今こうしているのをどこかで見た気がすると言う。ジュニはメイクアップ学院に登録してピョンガクにメールを送る。ビョンヒはヒミョンに謝りながら、ヒミョンは恋愛するには良い人だから揺れたようだと話す。カフェから出てきたヒミョンは固い表情でとめどなく歩く。気分がいいチョルスは、整備所のスタッフたちに恋愛中だと叫びながら熱心に生きると話す。ビョンヒはときめく表情でチョルスの電話を受け、横断歩道の向かい側にチョルスを見つける。チョルスがビョンヒにもう姉さんと呼ばないと言うと、ビョンヒはチョルスの目をまっすぐに見られない。一緒に遊園地に行ったビョンヒとチョルスは楽しい時間を過ごし、ビョンヒにキスすることだけを考えていたチョルスは、ビョンヒを見てキスしておいて照れている。チョルスがビョンヒの目を見つめて頬を包むと、二人は深いキスを交わす。ビョンヒは家族とスンヘを家に呼んで事実を話し、チョルスはスンナムの前にひざまずく。疲れてベッドに倒れていたビョンヒは、窓を叩く音に飛び起きる。チョルスを見たビョンヒは感激して、会いたくて来たというチョルスにビョンヒも会いたかったと答える。
第16話
キツネちゃん、何しているの? 第16話 別れようというチョルスの言葉に怒って説得していたビョンヒは、勝手にしろと言って家に入ってしまう。ピョンガクは家の前で自分を待っているジュニを見つけ、ジュニはピョンガクに留学に行って来たら結婚するという条件を聞いてくれるなら留学に行くと話す。セシボンの事務所、ソンランは履歴書を書くのに忙しく、仕事と恋の両方を失いそうなビョンヒは、ただぼうっとしている。ビョンヒがチョルスの整備所に電話するとチョルスはもう出勤しないと言われ、チョルスの倉庫部屋を見回しているとドアを開ける音がして、隠れたビョンヒはチョルスと目が合う。ビョンヒとチョルスが別れたと聞いたヒミョンはチョルスを訪ね、気をつけて行って来いと兄のように慰める。チョルスの入隊前日、スンヘはチョルスに肉を食べさせ、チョルスはビデオ店を見て回ると、陳列棚などあちこち直してやる。スンナムの新しい車を持ってきたチョルスはビョンヒと最後の挨拶を交わし、ビョンヒは背を向けるチョルスを後ろから抱きしめる。ファン社長はビョンヒとソンランが作ったセシボンを見て感激して戻って来る。ビョンヒの誕生日、チョルスに貰ったギフトボックスを開けたビョンヒはキャンピングカーの鍵を見つけ、キャンピングカーを見たビョンヒは感激して涙を浮かべる。
第9話
キツネちゃん、何しているの? 第9話 ビョンヒはヒミョンと昼食を食べながら、チョルスとの関係を誤解しないでほしいと話す。ビョンヒは夕食を奢ると言ってチョルスを素敵な場所に連れて行き、チョルスの心を受け入れられないと言う。その時ジュヒが近付くとビョンヒは嬉しそうに迎え、二人で楽しく遊べと言って立ち上がる。チョルスは横を通り過ぎるビョンヒの手を握って、ジュヒに自分が好きなのはビョンヒだと言うと、驚いたビョンヒを連れて出ていく。ジュニはピョンガクの電話を受けて飛び起きると、ピョンガクの家に行き出勤するピョンガクを見送る。チョルスは音楽を流したまま部屋で身動きせず、ビョンヒはそんなチョルスを心配に思いドアの前でチョルスを呼んでみるが答えがない。帰宅したビョンヒはチョルスの部屋の窓の近くでチョルスにあれこれ話し始め、じっと聞いていたチョルスは外に出てビョンヒに心配するなと、ただ数日休んだだけだと話す。セシボン創刊10周年イベント当日、ビョンヒはスーツを着て花束を抱えて現れたチョルスを見て驚く。
第7話
キツネちゃん、何しているの? 第7話 ヒミョンはチョルスにわざと無理に車の修理を要求し、チョルスは呆れながらも仕方なくわかったと答える。新しい名刺を受け取ったビョンヒは取材のためにある教授を訪ね、しばらく話していた教授は助教授が訪れた後、申し訳ないと言ってビョンヒを追い返す。チョルスの整備所に行ったビョンヒはスンナムの車を受け取って家に行き、チョルスはスクーターに乗ってついて行く。運転していたビョンヒは、事故に遭ったスクーターを見てチョルスだと思って泣きながら駆け寄るが、その時チョルスが乗ったスクーターが走ってきて止まる。ビョンヒはチョルスにヘルメットは必ず使うよう言って、頑丈なヘルメットを一つ買ってやろうかと尋ねる。チョルスから車を受け取りながらヒミョンは封筒を差し出し、チョルスがいらないと言うとヒミョンはこれで酒を買えと言う。飲み屋に向かい合って座ったチョルスとヒミョンは酒を飲みながら話をして、飲み屋から出てきたヒミョンにビョンヒから電話が来るとチョルスはびくっとして車の陰に隠れる。倉庫部屋にチョルスと一緒にいたビョンヒは、スンヘがドアをノックする音に階段に行こうとするが、ジュニがベルを鳴らすとびっくりする。スンヘが窓を開けるとチョルスはビョンヒを引っ張り見えないところに隠れ、二人は抱き合った状態でじっとしている。
第14話
キツネちゃん、何しているの? 第14話 モーテルで警察とひとしきり騒ぎを起こしたビョンヒは、癪に障ってむやみに歩き、チョルスはビョンヒを楽しませようと踊り始める。倉庫部屋に行ったチョルスはビョンヒの顔を拭いてやり、ビョンヒはチョルスの目は本当にきれいだと言う。翌朝、スンヘが寝ているビョンヒとチョルスを呆れて見ながら怒鳴ると、目を覚ました二人は驚いて飛び起きる。スンヘはビョンヒの頬を叩き、チョルスは飛び出していくビョンヒを追いかけようとして、スンヘが泣き始めるとその場を離れられず苦しむ。スンヘからの電話を受けたスンナムは、ビョンヒが部屋から出られないようにテーブルで塞いで食事をする。出勤したチョルスは、ビョンヒと電話が繋がらず音声メッセージを残し、整備所に入ってくるヒミョンの車を見て驚く。チョルスはジュニとの通話中にビョンヒが部屋に閉じ込められたことを知り、恐る恐るビョンヒの部屋の窓に向かう。スンナムの通報で警察が押しかけ、不法侵入の疑いでチョルスを連行し、ビョンヒは飛び出そうとして転んでしまう。次の日、警察署の前でチョルスが出てくるのを待っていたビョンヒは、憔悴したチョルスの姿に涙が出る。会社で熱心に記事を書いていたビョンヒは、ヒミョンが入って来ると驚き、チョルスに電話して急に約束ができたと言う。