「チーム 視聴」の検索結果

今すぐ視聴する

オープニングついに公開!
無料
第3回AbemaTVトーナメント オープニングついに公開! 将棋界初のドラフトによる団体戦を実施!各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦! 団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定し、3対3の団体戦で、1人ずつ3番勝負を行い、先に2勝することで3戦目は行わず、勝ち抜けとなります。 ポイント加算/減算のシステムについては、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、3人の合計のポイント数で勝敗が決定します。2戦先勝することで勝者チームにはプラス2ポイント、敗者チームにはマイナス2ポイントとなります。 勝敗は総当たりのポイント数で決定するため、今回の団体戦では連勝することが非常に大きな意味を持つこととなります。また、リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、各チームリーダー同士が1対局行い、勝者が決定します。 ※段位は収録当時のものになります
劇場版 弱虫ペダル
劇場版 弱虫ペダル 劇場版 弱虫ペダル インターハイにおいて、激闘の末に見事総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部の小野田坂道。夏も終わりに近づく中、卒業を控える3年生の金城、巻島、田所から、「全力で支え合い走りぬく」というチーム総北の魂を受け継いでいくために、日々の練習に取り組んでいた。そんなある日、チーム総北に、例年インターハイの成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」の出場招待が届く。打倒総北に燃える箱根学園、京都伏見、広島呉南といったライバルチーム、そして“炎のクライマー”吉本を擁する地元熊本台一など、全国の強豪チームが参戦するこのレースにむけて、坂道ら総北メンバーは士気を高めていく。ただ、一人を除いて――。
チーム糸谷「最強決定戦」
無料
第3回AbemaTVトーナメント チーム糸谷「最強決定戦」 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
第12話 海堂への切符
メジャー 第2シリーズ 第12話 海堂への切符 実技試験の最終テストは、5人1組による4チームのトーナメント戦。寿也と同じAチームになり喜ぶ吾郎だが、無名の軟式出身だと他のメンバーに見くびられ、外野を守ることに。対戦相手Dチームの新見は、Aチームのピッチャーの元チームメイト。相手の弱点を知り抜いた新見の作戦に翻弄され、Aチームは先制されてしまう。
Episode 6 チームの崩壊
ザ・チャレンジ~カットスロート~ Episode 6 チームの崩壊 チェットが病院から戻り喜ぶ赤チームだったが、まさかの展開が待っていた。これをきっかけに赤チームの雰囲気はどんどん険悪になっていき、カミラはある発言をきっかけに再び孤立してしまう。そしてグーラグでは、赤チームはまたしてもブランドンを送り込んで...。
Episode 7 チーム・カオス
ザ・チャレンジ~カットスロート~ Episode 7 チーム・カオス カミラはチャレンジで活躍を見せるものの、赤チームのメンバーは依然として彼女を認めようとせず、チームの統制も取れずにカオスと化す。グレーチームではカーラ・マリアをかばうエイブラムにローレルが反発。グーラグ行きの投票結果により、彼女の怒りがさらに爆発する。
麻雀駅伝2017 3rd Round 1/2
麻雀駅伝 麻雀駅伝2017 3rd Round 1/2 麻雀プロ3団体とプロ級アマチュア連合が激突する 『麻雀駅伝2017』は、3つの麻雀プロ団体に、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋が率いるアマチュア連合の計4チームが、異なるルールでたすき(点棒)をつなぐ駅伝形式の新大会。大会の形式は、1チーム6人で編成され、4日間それぞれ別のルールでの対戦する!3rd Roundは3人麻雀!最終日に向けた戦いが始まる!優勝に王手を掛けるチームはどこだ!
麻雀駅伝2017 3rd Round 2/2
麻雀駅伝 麻雀駅伝2017 3rd Round 2/2 麻雀プロ3団体とプロ級アマチュア連合が激突する 『麻雀駅伝2017』は、3つの麻雀プロ団体に、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋が率いるアマチュア連合の計4チームが、異なるルールでたすき(点棒)をつなぐ駅伝形式の新大会。大会の形式は、1チーム6人で編成され、4日間それぞれ別のルールでの対戦する!3rd Roundは3人麻雀!最終日に向けた戦いが始まる!優勝に王手を掛けるチームはどこだ!
おうちでAbemaTVトーナメント第2弾オープニング
無料
第3回AbemaTVトーナメント おうちでAbemaTVトーナメント第2弾オープニング 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
将棋界貫禄ある対決
無料
第3回AbemaTVトーナメント 将棋界貫禄ある対決 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
実力派女流棋士対決
無料
第3回AbemaTVトーナメント 実力派女流棋士対決 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
爆笑必至!の三番勝負
無料
第3回AbemaTVトーナメント 爆笑必至!の三番勝負 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
木村王位 VS 全世界の視聴者
無料
第3回AbemaTVトーナメント 木村王位 VS 全世界の視聴者 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
[ルール]木村王位 VS 全世界の視聴者
無料
第3回AbemaTVトーナメント [ルール]木村王位 VS 全世界の視聴者 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)の高見泰地七段、都成竜馬六段の3人が「チーム内最強」を決める総当たり戦を行います。ルールは「AbemaTVルール」(※)で行い、解説には谷川浩司九段が登場。 最初の対局は「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場。 続く2つ目の対局は「実力派女流棋士対決」として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場します。 3つ目の対局は「爆笑必至!の三番勝負」として、中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決します。 ラストに行われるのが、将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビジョンマッチです。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指します。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していきます。 ※「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用し1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所となっております。
【3/16】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ1日目
Mリーグ2019 【3/16】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ1日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」1日目 3月16日の対戦は セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電 セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/17】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ2日目
Mリーグ2019 【3/17】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ2日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」2日目 3月17日の対戦は セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/19】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ3日目
Mリーグ2019 【3/19】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ3日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」3日目 3月19日の対戦は 渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/20】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ4日目
Mリーグ2019 【3/20】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ4日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」4日目 3月20日の対戦は セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電 セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/21】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ5日目
Mリーグ2019 【3/21】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ5日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」5日目 3月21日の対戦は 渋谷ABEMASvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/23】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ6日目
Mリーグ2019 【3/23】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ6日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」6日目 3月23日の対戦は セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/24】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ7日目
Mリーグ2019 【3/24】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ7日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」7日目 3月24日の対戦は 渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/26】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ8日目
Mリーグ2019 【3/26】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ8日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」8日目 3月26日の対戦は セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電 セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/27】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ9日目
Mリーグ2019 【3/27】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ9日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」9日目 3月27日の対戦は セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/29】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ10日目
Mリーグ2019 【3/29】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ10日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」10日目 3月29日の対戦は KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/30】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ11日目
Mリーグ2019 【3/30】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ11日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」11日目 3月30日の対戦は セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
【3/31】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ12日目
Mリーグ2019 【3/31】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ12日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」12日目 3月31日の対戦は セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツ セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。
麻雀駅伝2017 1st Round
麻雀駅伝 麻雀駅伝2017 1st Round 麻雀プロ3団体とプロ級アマチュア連合が激突する 『麻雀駅伝2017』!『麻雀駅伝2017』は、3つの麻雀プロ団体に、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋が率いるアマチュア連合の計4チームが、異なるルールでたすき(点棒)をつなぐ駅伝形式の新大会。大会の形式は、1チーム6人で編成され、4日間それぞれ別のルールでの対戦する!初日は東風戦!スタートダッシュを切るチームはどこだ?プライドをかけた戦いが今始まる!
第5話
Z/X Code reunion 第5話 熱血教師「イラ」の指導により徐々に力をつけてきたあづみ達ランクEチームを待っていたのは他のチームとの対抗戦だった。 ランクDチームとの対戦に臨むが、過去のトラウマによりゼクスを暴走させた東雲纏が味方を攻撃した結果敗北してしまう。 落ち込む纏を励ます衣奈に纏はかつて生き別れた姉の姿を見る。 翌日のランクDチームと再試合、衣奈の励まして心を落ち着かせた纏は自身のパートナーゼクス「ゾンネ」と突如合体、それこそがイグニッションオーバーブーストと呼ばれる新たな力だった。
第3話
Z/X Code reunion 第3話 脅威の名は「イネルマ」、そしてこの学園は「イネルマ」と戦うために造られたものだった。 あづみとリゲルは一緒に戦った面々と同じチームに編成される。しかし、急造チームゆえに連携が取れず、他のチームとの模擬戦の結果最低ランクの「E」になってしまう。 失意の中、宿舎に向かった彼女たちを待っていたのはイラと呼ばれる教師だった。
第9話
Z/X Code reunion 第9話 ランクAチームを超える学園最強の生徒会チーム。 そんな彼女達が突如学園を去ることを告げられたあづみ達。 ランクAのリーダーである烏丸精華は清々した、これで自分たちが学園最強だと言うが、あづみはそんな言葉の中に寂しさを感じとる。 素直になれない精華のためにあづみ達が企画したのは生徒会チームのお別れ会だった。