「テレビ朝日 通販」の検索結果

今すぐ視聴する

逮捕前に直撃…「ケフィア」元代表が語った言葉とは
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 逮捕前に直撃…「ケフィア」元代表が語った言葉とは  1000億円以上の負債を抱えて破産した通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表らが逮捕されました。逮捕前の直撃取材に元代表の男が語った言葉とは。  逮捕の4日前、我々は渦中の人物を捉えていました。質問を無視するかのように歩き続けたのは、通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表・鏑木秀弥容疑者(84)です。高齢者など19人から不正に金を集めたとして部下ら8人とともに逮捕されました。  鏑木容疑者らが集めた金は約1億8000万円。さらに、全国で2200億円以上を出資させたといいます。しかし…。  出資した人:「返ってこない。お金ですか、私個人の6800万円くらいですかね」  その手口は、鏑木容疑者らは通販の客らから出資を集い、干し柿や乳製品などの製造を委託。これを買い取って販売するとしていました。配当は半年で約10%などとされましたが、戻らず。出資者は4万人以上に達します。ケフィアはおととしに倒産。翌年、鏑木容疑者の長男は自殺しました。  重い口を開いた鏑木容疑者。最後はおわびの言葉が。  逮捕された鏑木秀弥容疑者:「(Q.なにか一言でも言葉があればと思うんですが)それは皆に申し訳ないと言っています」  警視庁は今後、金の流れなどを詳しく調べる方針です。
楽天に公取委が立ち入り検査 送料無料化問題めぐり
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 楽天に公取委が立ち入り検査 送料無料化問題めぐり  ネット通販大手の楽天が運営する「楽天市場」の送料無料化問題を巡り、公正取引委員会が10日、楽天に立ち入り検査に入りました。
楽天“送料無料”導入前に公取委「違反の恐れ」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 楽天“送料無料”導入前に公取委「違反の恐れ」  送料無料制度の導入は独占禁止法違反の恐れがあると回答していました。  通販サイト「楽天市場」を運営する楽天は来月18日以降、3980円以上の買い物をすると原則、出店者の負担で送料無料にすることを決めています。関係者によりますと、決定前の去年、楽天は独占禁止法違反にあたるかを相談し、公正取引委員会は「違反の恐れがある」と回答したということです。その後、楽天は送料無料の方針を変えず、今月10日に公正取引委員会は立ち入り検査に踏み切りました。
破産の「ケフィア」元代表ら逮捕 出資法違反の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 破産の「ケフィア」元代表ら逮捕 出資法違反の疑い  1000億円以上の負債を抱えて破産した通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表の男ら9人が出資法違反の疑いで逮捕されました。  ケフィア事業振興会の元代表・鏑木秀弥容疑者(84)ら9人は2017年から2018年にかけて、干し柿などの加工食品への出資の名目で「元本は100%保証」「半年で約10%の配当」などと話を持ち掛け、合わせて1億8000万円を19人から集めた疑いが持たれています。この会社は4万人以上から約2100億円を集め、おととしに1000億円以上の負債を抱えて倒産しました。警視庁は今後、鏑木容疑者らから詳しく事情を聴き、集めた資金の流れなどを調べることにしています。
楽天に立ち入り検査 出店者への聞き取りも 公取委
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 楽天に立ち入り検査 出店者への聞き取りも 公取委  ネット通販大手「楽天市場」による送料無料化を巡り、公正取引委員会が楽天に立ち入り検査を行ったことが分かりました。  楽天市場を運営する楽天は3月18日から3980円以上の買い物をすると原則、送料を無料にする方針を打ち出しています。これが送料を出店者が負担することになり、独占禁止法の「優越的地位の乱用」にあたるとして、一部の出店者が公正取引委員会に調査を依頼していました。これを受けて公正取引委員会は出店者への聞き取りを行いましたが、楽天側にも立ち入り検査を行ったということです。両者の主張を受け、公正取引委員会が今後、どのような判断を下すかが焦点となります。
新型コロナ感染対策? 中国で「セルフカット」急増
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ感染対策? 中国で「セルフカット」急増  新型コロナウイルスの感染が拡大する中国では不要な外出を控えるため、理容店などには行かずに自宅で自分の髪を切る若者が増えています。  バリカンで自分の髪を切る若い男性。うまくいったのか、自分の姿にうっとりと自撮りをしています。さらに、自分で髪を切る方法を教える男性もいます。中国では新型コロナウイルスの感染を防ぐために当局が不要な外出を控えるよう呼び掛けていて、自宅で自分の髪を切る若者が急増しています。中国メディアはこうした状況を受けて、ネット通販で電気シェーバーやヘアカラー剤などの売り上げが伸びていると報じています。
ケフィア元代表ら9人逮捕 集金方法は幹部が考案
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ケフィア元代表ら9人逮捕 集金方法は幹部が考案  倒産した通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表ら9人が逮捕された事件で、顧客から金を集める方法は幹部の男2人が提案していたことが分かりました。  ケフィア事業振興会の元代表・鏑木秀弥容疑者(84)ら9人は、加工食品への出資の名目で約1億8000万円を不正に集めた疑いが持たれています。この会社は加工食品への出資について「オーナー制度」と名付け、全国4万人以上から2200億円を集めました。その後の捜査関係者への取材で、オーナー制度は逮捕された幹部の1人、田野純一郎容疑者(48)が鏑木容疑者に持ち掛けていたことが分かりました。取り調べに対し、鏑木容疑者は「会社が倒産してしまうので、金を集めるしかなかった」と容疑を認めています。
政府 巨大IT企業に対する規制法案を閣議決定
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 政府 巨大IT企業に対する規制法案を閣議決定  政府はグーグルやアマゾンなどの巨大IT企業に対し、取引先との契約条件の開示を義務付けるなど市場の透明性を高める新たな法案を閣議決定しました。  巨大IT企業を巡っては、市場を支配する立場を利用して取引先に不利な取引を強いているとの懸念が指摘されています。閣議決定された法案では、巨大IT企業に対して取引条件の開示を義務付けたり運営状況を年度ごとに政府に報告するよう求めています。対象となる企業はグーグルなど巨大なアプリストアやアマゾン、楽天などの通販サイトが想定されていて、取引条件が不当に開示されなければ罰則の対象となる可能性もあります。政府は今国会での成立を目指しています。
「ケフィア事業振興会」元代表の男ら9人を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「ケフィア事業振興会」元代表の男ら9人を逮捕  1000億円以上の負債を抱えて破産した通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表の男ら9人が18日午前、出資法違反の疑いで逮捕されました。  ケフィア事業振興会の元代表・鏑木秀弥容疑者(84)ら9人は2017年からおととしにかけて、干し柿などの加工食品への出資の名目で「元本は100%保証」「半年で約10%の配当」などと話を持ち掛け、合わせて1億8000万円を集めた疑いが持たれています。この団体は全国の4万人以上から約2100億円を集めましたが、おととしに1000億円以上の負債を抱えて倒産しました。警視庁は一連の行為が鏑木容疑者の主導で行われた可能性が高いと判断して逮捕しました。今後は鏑木容疑者らから事情を聴くなどして、集めた資金の流れなどを詳しく調べる方針です。
ケフィアの元代表ら 約235万人狙い投資持ち掛け
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ケフィアの元代表ら 約235万人狙い投資持ち掛け  倒産した通販会社「ケフィア事業振興会」の元代表ら9人が逮捕された事件で、元代表らが自社が販売していた健康食品の購入者約235万人を狙って投資を持ち掛けていたことが分かりました。  ケフィア事業振興会の元代表・鏑木秀弥容疑者(84)ら9人は、加工食品への出資の名目で約1億8000万円を不正に集めた疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、鏑木容疑者らは会社の設立当時に販売していたヨーグルトやハチミツなどの健康食品を購入した約235万人を対象に出資を持ち掛けていたことが分かりました。その際、強引な電話勧誘はせず、興味を持った客がダイレクトメールで申し込んでくるのを待つことでトラブルが起きることを抑えていたということです。警視庁はこれらの集客方法が限られた幹部の指示によって行われたとみて捜査しています。
ビッグデータで感染者特定 中国で批判ある中実績も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ビッグデータで感染者特定 中国で批判ある中実績も  新型コロナウイルスの感染が拡大する中国で、スマートフォンの位置情報や監視カメラのデータから感染者や濃厚接触者らを特定しようとする動きが進んでいます。  中国メディアによりますと、浙江省で先月、ある男性に市の担当者から突然「武漢から高速鉄道で戻ってきたか」と連絡がありました。武漢に行ったことを報告していなかった男性はその後、隔離されて感染が確認されました。市は「ビッグデータ」と呼ばれる中国全土の監視カメラや携帯電話の位置情報などの情報を活用したとみられています。また、海南省でもこうしたビッグデータを使って濃厚接触者を一日で96人も特定したということです。さらに、杭州市はネット通販最大手のアリババが開発した「健康バーコード」を先行導入しました。市民らは濃厚接触者かそれ以外の人かで色分けされていて、機械でバーコードを読み取ることで濃厚接触者が駅などの公共の場所に立ち入らないよう行動を管理しているということです。プライバシーの観点から国民の間には批判の声もありますが、中国全土で導入される動きもあります。
#22 『郵便物の受け取り方を変えた!“留守でも安心”宅配ボックス』フルタイムシステム:原幸一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #22 『郵便物の受け取り方を変えた!“留守でも安心”宅配ボックス』フルタイムシステム:原幸一郎 住人が留守でも宅配便や郵便物の受け取りを代行してくれる宅配ボックス。 仕事で帰宅が遅い人や、ネット通販のヘビーユーザーなどにニーズが高まっていて、 日本の新築マンションのほぼ全てに設置されるようになりました。 1980年代半ば、日本で初めて宅配ボックスを実用化したのが原幸一郎さんです。 マンションの管理会社を経営していたとき、 宅配物にまつわるトラブルが頻発したことがきっかけだったといいます。 今でこそ当たり前に設置されるようになった宅配ボックスですが、 実は開発当初から数年は見向きもされなかったといいます。 その苦境をどう乗り越えてきたのか、 そして宅配ボックスが私たちの暮らしにもたらす更なる効果を原さんに伺いました。 【提供】日産自動車