「トランプ ツイッター」の検索結果

今すぐ視聴する

TikTokは誰の手に?ツイッター社が提携へ協議か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 TikTokは誰の手に?ツイッター社が提携へ協議か  マイクロソフトが乗り出したTikTokの買収に今度はツイッターが参戦するとアメリカのメディアが報じました。TikTokを欲しがる理由はどこにあるのでしょうか。  先月、トランプ大統領容認のもと、TikTokの国内事業の買収に向けて動き出していたのはマイクロソフトでした。しかし、トランプ大統領の発言に応じるかのように待ったを掛けたのがツイッターです。  ウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、ツイッター社がTikTokとの提携に向けて事前協議をしたとのこと。買収の可能性も視野にあるとか…。しかし、2つの企業には大きな差が。手元資金の差。手持ちの資金を比べると、マイクロソフトはツイッターの17倍以上。その差は歴然です。また、ツイッターには痛い過去が…。  過去の失敗。2012年、6秒のショート動画が投稿できるアプリ「Vine」を買収したツイッター。まるで現在のTikTokのようなサービスで若者世代に大人気でしたが…。わずが5年足らずでブームが去り、サービス終了。そうした苦い過去もありながらツイッター社は本当にTikTokの買収に動くのでしょうか。  10日、当のツイッター社では「#TwitterとTikTok合併許すな」というハッシュタグがトレンドに。
支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆  アメリカのトランプ大統領は自身のツイッターで11月の大統領選挙の延期を示唆しました。  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月の大統領選挙では郵便投票の必要性が指摘されていますが、トランプ大統領は自身のツイッターで「郵便投票になればこれまでで最も不正確な選挙になりかねない」と述べました。そのうえで「適格かつ安全に投票ができるようになるまで大統領選挙を延期してはどうか」との考えを示しました。世論調査で民主党のバイデン前副大統領のリードが伝えられるなか、新型コロナを理由に自身の支持率回復まで選挙を延期したい思惑があるものとみられます。
FBがトランプ氏の動画削除“子どもに免疫”発言受け
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 FBがトランプ氏の動画削除“子どもに免疫”発言受け  アメリカの交流サイト大手「フェイスブック」は、新型コロナウイルスについて誤った情報が含まれているとして、トランプ大統領の動画を削除したことを明らかにしました。  削除されたのは、保守系メディアとして知られるフォックスニュースが5日に放送したトランプ大統領のインタビュー動画です。トランプ大統領は「子どもにはほとんど免疫がある」などと発言し、学校に戻るべきだと主張していました。フェイスブックの広報担当者は「あるグループの人たちに新型コロナウイルスの免疫があるという誤った情報が含まれ、規定に違反している」と削除した理由を明らかにしています。アメリカメディアによりますと、ツイッターもこの動画を削除するまで閲覧を制限するとトランプ陣営に通告し、トランプ氏側がこれに応じて削除したとみられます。
トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告  アメリカのトランプ大統領は自ら服用していた新型コロナウイルスの治療効果が立証されていない薬について、改めて治療効果があると力説しました。  トランプ大統領:「感染初期段階になら効果があると思う。多くの最前線の医師たちもそう考えている」  トランプ大統領は一時、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を新型コロナの感染予防のために服用していました。しかし、新型コロナへの治療効果が立証されていないほか、FDA(米食品医薬品局)も「心臓へのリスクがある」として医療機関以外で使用しないよう警告を出しています。トランプ大統領は28日の会見で新型コロナへの治療効果があるとして改めて推奨し、この薬を勧める書き込みがツイッター社によって削除されたことについて理解できないと述べました。
米 失業率改善もコロナ再燃で雇用回復は停滞
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米 失業率改善もコロナ再燃で雇用回復は停滞  アメリカの7月の雇用統計が発表され、失業率は10.2%と前の月から小幅に改善しました。新型コロナウイルスの再燃で雇用の回復は停滞しています。  アメリカの7月の失業率は10.2%と、前の月から0.9ポイント改善しました。過去最悪だった4月の14.7%から3カ月連続の改善となります。一方で、農業部門以外の就業者は約180万人の増加で、6月の480万人の増加から鈍化しました。西部カリフォルニア州などで新型コロナウイルスの感染が再び拡大したため、雇用の回復が停滞したとみられます。アメリカでは、先月中旬の時点で少なくとも3000万人が失業保険を受給しています。トランプ大統領はツイッターで「素晴らしい雇用の数だ」とアピールしています。

おすすめの作品

米情報機関が分析「中国はトランプ再選望まず」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米情報機関が分析「中国はトランプ再選望まず」  アメリカの情報機関のトップは「中国は、予測不能なトランプ大統領の再選を望んでいない」とする分析結果を公表しました。  アメリカのスパイ対策機関のトップのエバニナ氏は声明で、「中国はトランプ大統領の行動が予測不能だとみており、大統領が再選しないことを好む」と分析した結果を発表しました。また、香港の問題や「TikTok」の禁止などでトランプ政権の対応に中国政府が反発すれば、トランプ大統領の再選に不利になると認識していると指摘しています。ロシアについてはトランプ大統領の再選を望んでいて、バイデン氏を「様々な手段で誹謗(ひぼう)中傷している」と分析しました。ロシア政府とつながりのある活動家が、テレビやSNSを通じてトランプ大統領を持ち上げる発言をしているということです。
トランプ大統領 激戦州で“コロナ対策”訴える
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 激戦州で“コロナ対策”訴える  トランプ大統領は11月の大統領選挙に向けて激戦州の一つであるオハイオ州を訪れ、重点公約として新型コロナウイルスの感染対策を行うと強調しました。  トランプ大統領:「まず『中国ウイルス』をやっつける。全方位からウイルスと戦い、皆さんが思っているよりも早く勝つ」  トランプ大統領は大統領選まで3カ月を切った6日、激戦州のオハイオ州を訪れて「重症化のリスクが低いとされる子どもの生活を取り戻す」と学校の再開を訴えました。トランプ大統領は重点公約に新型コロナ対策を掲げ、薬品の供給網を拡充させる考えも示したほか、11月の選挙の前後にワクチンが完成する可能性があると有権者にアピールしました。オハイオ州は前回の選挙で共和党のトランプ大統領が勝利しましたが、今回は民主党のバイデン前副大統領との接戦が伝えられています。
米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く  11月3日のアメリカ大統領選挙まであと3カ月となりました。世論調査では共和党のトランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領にリードを許す展開が続いています。  アメリカの政治サイトによりますと、7月後半の世論調査の平均ではバイデン氏が約7ポイントの差でトランプ氏をリードしています。ミシガン州やフロリダ州など激戦州でもバイデン氏がリードを保ち、トランプ大統領の支持基盤の高齢者からも一定の支持を得ています。  トランプ大統領:「バイデン氏は自分が何を話しているか分かっていない。側近が用意した文章を読むだけだ」  トランプ陣営は支持率低迷の責任を問う形で選対本部長を更迭し、テレビ広告も見直すなど巻き返しを図っています。ただ、トランプ氏の新型コロナウイルス対策に嫌気が差したと感じる有権者も多く、支持率回復には政策の見直しも求められそうです。一方、バイデン氏は公約で掲げた白人ではない女性の副大統領候補を近く明らかにしますが、まだ陣営内の意見をまとめきれていません。
大統領選の「郵便投票」制限を示唆 トランプ氏
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大統領選の「郵便投票」制限を示唆 トランプ氏  アメリカのトランプ大統領は11月の大統領選挙で広く導入が検討されている郵便投票について、大統領令で制限する可能性を示唆しました。  トランプ大統領:「大統領令を出す権限がある。まだ決めてはいない。いずれ分かる」  トランプ大統領は郵便投票が民主党に有利に働くことを警戒していて、当日に投票所に行けない人が郵便投票を利用することには賛成したものの、一律で郵便投票を奨励すれば「大きな混乱につながる」と批判しました。アメリカでは複数の州が大統領選挙ですべての有権者に投票用紙を郵送することを決めています。ネバダ州でも同様の対応を定める法律が可決されたことを受け、トランプ大統領はネバダ州を訴える考えも明らかにしました。
再選したら「北朝鮮とすぐ交渉する」トランプ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 再選したら「北朝鮮とすぐ交渉する」トランプ大統領  アメリカのトランプ大統領は11月の大統領選挙で再選を果たした場合、直ちに北朝鮮とイランとの交渉に入ると述べました。  トランプ大統領:「もし、11月の大統領選で勝ったら、直ちにイランと北朝鮮との交渉に入るだろう」  トランプ大統領は7日に行われた会見でこう述べ、北朝鮮もイランもアメリカと交渉をしたがっていると強調しました。また、「もし、バイデン氏が大統領になって中国と交渉したら、アメリカは中国に乗っ取られる」と述べ、中国への強硬姿勢をアピールしました。一方、新型コロナウイルス対策についてはアメリカ国内での死者数は16万人を超えていますが、トランプ大統領は「ウイルスは消え始めている」と持論を展開しました。
米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初
最新の国際ニュース【随時更新】 米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初  アメリカ、トランプ大統領の側近であるオブライエン大統領補佐官が新型コロナウイルスに感染したことをホワイトハウスが発表しました。  国家安全保障を担当するオブライエン大統領補佐官は今月、イギリスとドイツ、イタリアを訪問し、帰国した後に新型コロナへの感染が判明しました。トランプ政権中枢での感染確認はこれが初となります。オブライエン大統領補佐官はすでに先週から自己隔離に入っていて、症状は軽く、電話で業務を続けているということです。ホワイトハウスはトランプ大統領とペンス副大統領への感染リスクはないと強調しています。ホワイトハウスではこれまでペンス副大統領のスタッフなどの感染が確認されていて、トランプ大統領らは毎日、検査を受けているということです。
TikTok買収をトランプ大統領が容認 Mソフト交渉中
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 TikTok買収をトランプ大統領が容認 Mソフト交渉中  トランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「TikTok」のアメリカでの事業について、IT大手「マイクロソフト」などが買収することを期限付きで容認する姿勢を示しました。  トランプ大統領:「(TikTokは)期限の来月15日にアメリカで事業ができなくなる。でも、もしマイクロソフトや他の企業が買収すれば興味深いことになる」  トランプ政権はTikTokを通じてアメリカの個人情報が中国政府に渡るとして利用禁止など厳しい対応を示唆していましたが、アメリカ企業に買収の選択肢を与えました。一方で、来月15日までに買収が成立しなければ、TikTokのアメリカでの事業を認めないと警告しました。現在、マイクロソフトが買収交渉を進めています。トランプ大統領は買収が成立した場合、政府にも多額の金が支払われるべきだと主張しています。
トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「ティックトック」の、アメリカ国内での利用を禁止する考えを明らかにしました。  トランプ大統領は大統領専用機の機内で記者団に対し、「ティックトックには懸念があり、アメリカ国内での利用を禁止する」と述べました。ティックトックは中国の企業が運営する短い動画が投稿できるアプリで、アメリカ国内でも若者を中心に1億人のユーザーがいるとされます。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などの利用者データが中国政府に漏れる恐れがあるとみていて、すでにアメリカ軍関係者の利用を禁止しています。ティックトックを巡っては、マイクロソフト社がアメリカでの事業を買収する意向を示しているとの報道も出ています。
三度目のツイッターで新キャラ登場!
無料
アベマが選ぶバラエティ厳選集 三度目のツイッターで新キャラ登場! AbemaTVで放送された番組の中から、爆笑必至のバラエティ動画だけを集めました。
メーガン妃が39歳に 王室メンバーがSNSで祝福
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 メーガン妃が39歳に 王室メンバーがSNSで祝福  イギリス王室を離脱したヘンリー王子の妻・メーガン妃が4日に39歳の誕生日を迎え、王室メンバーがSNS上で祝福のコメントを寄せています。  イギリス王室の公式ツイッターでは、おととしに撮影されたエリザベス女王と隣り合って笑顔を見せるメーガン妃の写真を掲載しました。また、ヘンリー王子の兄・ウィリアム王子とキャサリン妃も公式ツイッターにメーガン妃の写真を載せて祝福しています。ヘンリー王子とメーガン妃を巡っては、王室ジャーナリストが王室離脱の舞台裏を描いた本が来週に出版される予定です。発売を前にイギリスメディアがウィリアム王子夫妻との確執があったなどと内容の一部を伝えていて、注目が集まっています。