「トランプ 中継」の検索結果

今すぐ視聴する

「クレージーだ」トランプ氏自らの再選の為に他国と取引か 負け戦とも思える米下院の思惑とは?
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 「クレージーだ」トランプ氏自らの再選の為に他国と取引か 負け戦とも思える米下院の思惑とは? ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
#94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる!
NEWS RAP JAPAN #94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる! What'sUPNEWS「安倍首相、悪夢のような民主党政権」「トランプ氏6割が自由時間に反論」「バイトの不適切堂が相次ぐ」などマイクリレーで注目ニュースを紹介! 「ふるさと納税でAmazonギフト券ありなし」バトルでは初登場HI-KING TAKASEが3対1で立ち向かう! NEWSRAPANTHEMは「俺のバレンタイン」がテーマ!ラポーターが語るバレンタインの思い出を発表!初登場の見取り図盛山の経験したバレンタインは今じゃ当たり前のあのサービスに繋がる?! 中継は今年も来ました!ランチパック!

おすすめの作品

「大統領からの明確な指示」 ウクライナ疑惑で証言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「大統領からの明確な指示」 ウクライナ疑惑で証言  アメリカのトランプ大統領のウクライナ疑惑を巡り、トランプ大統領が任命したEU(ヨーロッパ連合)大使がウクライナへの働き掛けについて「大統領の明確な指示があった」と議会で証言しました。  アメリカ、ソンドランド駐EU大使:「トランプ大統領からの明確な指示に基づいて(トランプ大統領の顧問弁護士の)ジュリアーニ氏とともにウクライナに働き掛けた」  ウクライナ疑惑では、来年の大統領選挙の民主党・バイデン候補に関するスキャンダル調査をトランプ大統領がウクライナに求めていたかどうかが焦点になっています。トランプ大統領が任命したソンドランド大使は公聴会で、ウクライナのゼレンスキー大統領がホワイトハウスを訪問する見返りにバイデン氏の調査を求めたことを認めました。さらに、政権幹部と情報を共有していたと証言しました。  トランプ大統領:「私は大使のことをよく知らない。彼とはあまり話したことがない」  ソンドランド大使の証言を受け、トランプ大統領は大使のことをよく知らないとしたうえで「大使に『何が欲しいか?』と聞かれたので、何も要らないと答えた」などと釈明しました。野党・民主党は権力の乱用や収賄にあたる可能性があるとして、トランプ大統領の弾劾(だんがい)決議に向けて攻勢を強める構えです。
トランプ氏「合意しなければ関税上げる」中国に警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏「合意しなければ関税上げる」中国に警告  アメリカのトランプ大統領は、中国との貿易問題で近く署名を目指す部分合意について「合意しなければ関税を大きく引き上げる」と中国に警告しました。  トランプ大統領:「合意できなければ関税を大きく引き上げる。非常に大幅にだ」  トランプ大統領は「中国との第1段階の合意への署名は近く行われる可能性がある」とした一方で、「アメリカにとって良いものでなければ受け入れない」と牽制(けんせい)しました。トランプ大統領は先月に「第1段階の合意に達した」と明らかにしましたが、関税の一部撤回を巡って中国と主張が食い違うなど、協議は続いています。来月中旬にはこれまで制裁関税がかけられていない中国製品に新たな制裁関税を発動する予定で、トランプ大統領は関税をちらつかせて中国の譲歩を求めたい考えです。
ウクライナ疑惑で米高官 トランプ氏発言「不適切」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ウクライナ疑惑で米高官 トランプ氏発言「不適切」  トランプ大統領を巡るいわゆる「ウクライナ疑惑」でアメリカの政府高官が公聴会で証言し、ウクライナの大統領と電話会談した際のトランプ大統領の発言に「不適切だ」と懸念を持ったと明らかにしました。  ホワイトハウスの高官・ビンドマン氏:「電話会談に懸念を持った。米大統領が政敵の調査を外国政府に求めるのは不適切だ」  NSC(国家安全保障会議)の高官・ビンドマン氏は、7月にトランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談を聞いていた際、トランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領に関する調査をウクライナ側に求めたことに懸念を持ち、NSCの顧問弁護士に報告したと証言しました。また、ウクライナとの国力の差を考えると、トランプ大統領の要求は命令に近いものだったという認識を示しました。
公聴会で現役外交官証言「トランプ氏が調査求めた」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 公聴会で現役外交官証言「トランプ氏が調査求めた」  アメリカ、トランプ大統領のウクライナ疑惑に関する公聴会で、トランプ大統領が軍事支援と引き換えにウクライナ側にバイデン前副大統領のスキャンダルを調査するよう求めたと現役の外交官が証言しました。  テイラー駐ウクライナ臨時代理大使:「電話でトランプ大統領が(私の上司の)大使に『調査』について尋ねているのが聞こえた。大使はウクライナ政府が調査を始める用意があると答えていた」  テイラー駐ウクライナ臨時代理大使は、調査を始めなければウクライナへの軍事支援は行われない条件だったとの認識を示しました。来年の大統領選挙におけるトランプ大統領の再選のため、外交政策がゆがめられる経緯が明らかにされました。一方、与党の共和党議員は「ウクライナ大統領が疑惑を公に否定している」と反論しました。野党・民主党は年内の弾劾(だんがい)訴追を目指す考えですが、共和党が多数の上院でトランプ大統領の違法行為が認定される見通しは立っていません。
トランプ氏 対中関税の一部撤回「合意していない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 対中関税の一部撤回「合意していない」  トランプ大統領はアメリカと中国の貿易問題で、中国政府が互いの製品にかけ合った制裁関税の一部を撤回することで合意したと発表したことについて、「合意していない」と否定しました。  トランプ大統領:「中国は撤回を求めているが、私は何も同意していない」  中国はアメリカとの第1段階の合意に制裁関税の一部撤回が含まれると発表しましたが、トランプ大統領はこれを否定し、認識の違いが浮き彫りになりました。そのうえで「中国は私よりもずっと合意を求めている」と発言し、簡単には譲歩しない姿勢を示しました。また、年内の実現を目指す習近平国家主席との首脳会談の開催場所について、トランプ大統領の支持者が多い「アイオワ州や他の農業地域になる可能性がある」と述べ、アメリカ国内での開催を強調しました。
「大統領の指示で行った」 米国務省幹部が証言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「大統領の指示で行った」 米国務省幹部が証言  アメリカ議会下院ではトランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る公聴会が開かれ、現役の国務省幹部がウクライナ側への働き掛けを「大統領の指示で行った」と証言しました。  アメリカ、ソンドランド駐EU(ヨーロッパ連合)大使:「トランプ大統領からの明確な指示に基づいて(トランプ大統領の顧問弁護士の)ジュリアーニ氏とともにウクライナへの働き掛けを行った」  ウクライナ疑惑では、来年の大統領選挙の民主党・バイデン候補に関するスキャンダル調査をトランプ大統領がウクライナ側に求めていたかどうかが焦点となっています。公聴会でソンドランド大使は、ウクライナのゼレンスキー大統領のホワイトハウス訪問と引き換えにバイデン氏の調査を求めたことを認めました。さらに、政権幹部とも情報を共有していたと証言しました。野党・民主党は権力の乱用や収賄にあたる可能性があるとして、弾劾(だんがい)決議に向けて攻勢を強める構えです。
米政府VSカリフォルニア州 トヨタなどにとばっちり
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米政府VSカリフォルニア州 トヨタなどにとばっちり  トランプ大統領とカリフォルニア州の対立でトヨタなどがとばっちりです。  アメリカ・カリフォルニア州のニューサム知事は、環境政策でトランプ政権を支持する立場を表明したトヨタや日産、GMなどからの公用車の購入を来年1月から停止すると発表しました。一方で、カリフォルニア州独自の厳しい環境規制を遵守(じゅんしゅ)するホンダやフォードなどからの購入は継続します。カリフォルニア州は地球温暖化対策などに後ろ向きなトランプ政権と激しく対立しています。トヨタと日産は対立のとばっちりを受けた形です。
北朝鮮がトランプ氏に「無益な会談には興味はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮がトランプ氏に「無益な会談には興味はない」  北朝鮮メディアは、アメリカのトランプ大統領が「近いうちに会おう」と呼び掛けたことに対して「無益な会談には興味はない」などとする談話を発表しました。  朝鮮中央通信は18日、「我々は無益な会談には興味を持たない」とする金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問の談話を発表しました。トランプ大統領が17日にツイッターで金正恩委員長に対して「近いうちに会おう」と呼び掛けたことに、談話で金桂冠顧問は「時間稼ぎ」と一蹴しました。さらに「これ以上、アメリカの大統領に自慢の材料を与えない」としたうえで、「対話のためには我々を敵とみなす政策を撤回するべきだ」と強調しました。北朝鮮としては、非核化交渉の「期限」とする年末を前にアメリカから譲歩を引き出したい狙いがあるとみられます。
トランプ氏、正恩氏に「適切に導けるのは私だけ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏、正恩氏に「適切に導けるのは私だけ」  アメリカのトランプ大統領は北朝鮮の金正恩委員長に対して「近いうちに会おう」と呼び掛け、再会談の早期の実現に意欲を示しました。  アメリカは北朝鮮と先月に行った非核化を巡る実務者協議も進まず、北朝鮮の反発に配慮する形で今月に実施する予定だった米韓の合同軍事演習を延期すると17日に発表しています。こうしたなか、トランプ大統領は17日にツイッターで、金委員長に対して「あなたを適切な場所に導けるのは私だけだ」と強調し、「早く行動して合意をまとめるべきだ。近いうちに会おう」と呼び掛けました。また、朝鮮中央通信が金委員長への批判を続けるアメリカのバイデン前副大統領を「狂犬」と呼んだことについて「ジョー・バイデンは眠たそうでとても動きが遅いかもしれないが、『狂犬』ではない。いくらかはましだ」と大統領選挙の有力なライバルであるバイデン氏を皮肉交じりに擁護しました。
トランプ政権が「思いやり予算」の大幅増額を要求
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 トランプ政権が「思いやり予算」の大幅増額を要求  トランプ政権が「思いやり予算」の大幅増額を要求していました。  アメリカのボルトン大統領補佐官は今年7月に来日し、当時の河野外務大臣らと会談しました。日本政府関係者によりますと、そのなかでボルトン氏は在日アメリカ軍駐留経費の日本側の負担、いわゆる「思いやり予算」について今年度の約2000億円から大幅に増やすよう求めたということです。アメリカの外交誌は約4倍に増やすよう要求したと報じています。菅官房長官は18日に「合意に基づいて適切に分担されている」と述べ、今の額が適正だという考えを示しました。