「トランプ 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

トランプ氏 G7で親族運営のリゾート地の開催を撤回
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 G7で親族運営のリゾート地の開催を撤回  アメリカのトランプ大統領は、来年のG7(主要7カ国首脳会議)サミットを自らの会社が保有するゴルフリゾートで開催する計画を撤回しました。  ホワイトハウスは17日、アメリカが議長国を務める来年6月のG7をトランプ大統領の会社が保有するフロリダ州の高級ゴルフリゾート「トランプ・ナショナル・ドラル・マイアミ」で開催すると発表しました。しかし、野党・民主党などから「大統領という権力を利用して個人の利益を図っている」などと批判が広がり、トランプ大統領は19日になってツイッターで「トランプ・リゾートでのG7開催をやめる」と表明しました。
「何も関係ない」トランプ氏、米軍撤退批判に反論
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「何も関係ない」トランプ氏、米軍撤退批判に反論  トランプ大統領はトルコ軍がシリア北部で軍事作戦を展開していることについて、「アメリカと何の関係もない土地だ」とアメリカ軍の撤退は正しい判断と強調しました。  トランプ大統領:「我々の兵士は危険な所にいない。いるべきではない。二つの国が米国と関係のない土地を巡って戦っている」  アメリカ軍の部隊の撤退がトルコのシリア侵攻を招いたとの批判について、トランプ大統領はトルコに攻撃の「青信号を出していない」と話しました。
バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める  トランプ大統領がアメリカ大統領選挙の民主党有力候補であるバイデン前副大統領に関する調査を他の国に依頼していたことについて、バイデン氏はトランプ大統領の弾劾(だんがい)を求めました。  トランプ大統領はバイデン氏の息子の不正なビジネスを疑い、バイデン氏も含めた調査をウクライナや中国に依頼していました。  バイデン前副大統領:「合衆国憲法、民主主義、根本的な高潔さを守るために彼は弾劾されるべきだ」  バイデン氏は疑惑を否定する一方、初めて弾劾を明確に要求しました。民主党の候補者争いの世論調査では8日、平均支持率でエリザベス・ウォーレン上院議員がトップの座を奪っていて、バイデン氏は対決姿勢を鮮明にすることで支持回復の狙いもあるとみられます。一方、トランプ大統領はツイッターで「眠たいジョー・バイデンは少なくとも2つの国から多額の金をせしめたのに、私の弾劾を求めるとは哀れなことだ」とやり返しています。
トランプ氏 下院議長に「あなたは三流政治家だ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 下院議長に「あなたは三流政治家だ」  下院議長を「三流の政治家だ」と批判しました。  アメリカ軍のシリア北部からの撤退について議会下院が反対の決議案を採決して可決しました。これにトランプ大統領が怒り、ペロシ下院議長に対して「あなたは三流の政治家だ」だと批判したということです。ペロシ下院議長は、トランプ大統領は「怒りすぎて正気を失っていた」とコメントしました。また、トランプ大統領は軍事作戦初日にあたる9日に「強がるな。バカなまねはやめろ!」などと書かれた書簡をトルコのエルドアン大統領に送ったと公表しました。軍事作戦を黙認したとの批判をかわす狙いがあるとみられます。
米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価  アメリカと中国は、2カ月半ぶりとなる貿易問題を巡る閣僚級の協議をワシントンで再開しました。トランプ大統領は「非常に良かった」と評価しました。  アメリカと中国は、中国企業によるアメリカ企業の知的財産の侵害などを巡って対立が続いています。アメリカは15日から中国からの輸入品約27兆円分に対して制裁関税を25%から30%に引き上げると表明していますが、協議の進展具合によっては回避する余地も残しています。  アメリカ、トランプ大統領:「中国との協議は非常に良かった。さらに協議をするだろうが、基本的には仕上げにかかっている」  トランプ大統領は11日にホワイトハウスで劉鶴副首相と面会する見通しです。
トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定  アメリカのトランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領への捜査を進めるようウクライナに圧力を掛けた疑惑について、ウクライナの大統領は完全否定しました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「独立国家である米国の選挙にはどんなことがあっても干渉したくない」  ゼレンスキー大統領は10日のインタビューで、トランプ大統領から「脅迫を受けた事実はない」と明言しました。アメリカの下院では、トランプ大統領がウクライナへの軍事支援を再開する見返りにバイデン前副大統領に関する汚職疑惑の捜査を進めるようウクライナ側に依頼したとして弾劾(だんがい)調査が進められています。ゼレンスキー大統領はこの点について「アメリカの軍事支援再開はおろか支援が止まっていたことすら知らなかった」と主張しました。
ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張  ウクライナの企業から巨額の利益を得ていたとトランプ大統領が批判している民主党のバイデン前副大統領の息子がインタビューに応じ、自らの潔白を主張しました。  ハンター・バイデン氏は父親のジョー・バイデン氏が副大統領の任期中の2014年にウクライナのガス会社の幹部を務めた経緯があり、トランプ大統領はバイデン氏の立場を利用した不正な取引を疑っています。  ハンター・バイデン氏:「私は間違いを犯したか?俯瞰(ふかん)してみれば多分、そうだろう。ただ、倫理的に間違ったことは一切していない」  アメリカのテレビでインタビューに応じたハンター氏はガス会社の幹部を務めたことでトランプ大統領に批判の余地を与えたとの認識を示し、「まずい判断だった」と話しました。そのうえで「間違ったことは何もしていない」とトランプ大統領の指摘を否定しました。
来年のG7 トランプ氏親族のゴルフリゾートで開催へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 来年のG7 トランプ氏親族のゴルフリゾートで開催へ  アメリカが議長国を務める来年のG7サミットについて、ホワイトハウスはトランプ大統領の親族が運営するゴルフリゾートで開催することを正式に発表しました。  米・マルバニー首席補佐官代行:「第46回G7サミットを来年6月10日から12日までフロリダ州マイアミの『トランプ・ナショナル・ドラル』で行う」  ホワイトハウスの説明では都市部から離れた立地や広い敷地が評価され、12カ所の候補地から選ばれたということです。「トランプ・ナショナル・ドラル・マイアミ」は複数のゴルフコースやスパなどがあって高級リゾートとして知られていますが、この数年は利益が減り、大統領によるブランドイメージの悪化が指摘されていました。ホワイトハウスは「施設側は利益を上げない」と説明していますが、外国政府からの報酬を禁止する合衆国憲法に抵触する恐れが指摘されています。
「トランプの病うつったか」麻生大臣が米財務長官を
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「トランプの病うつったか」麻生大臣が米財務長官を  アメリカのムニューシン財務長官と会談した麻生財務大臣が会見で財務長官を「あいつ」と呼び、「トランプの病がうつったのかな」などと発言しました。  ワシントンで麻生大臣と会談したムニューシン財務長官は18日、ツイッターに「日本の麻生財務大臣と会った」と投稿しました。しかし、この会談を非公式と認識していた麻生大臣はその後の会見で次のように話しました。  麻生財務大臣:「立ち話をした話を自分でツイッターに出すなんていう趣味があいつにあるのかなと…珍しい。トランプの病がうつったのかな」  麻生大臣は会談の内容は明らかにせず、あくまで非公式だとしています。
米大統領、“子どものけんか”に例え停戦の成果強調
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領、“子どものけんか”に例え停戦の成果強調  アメリカのトランプ大統領はシリア北部のクルド人勢力へのトルコ軍の攻撃について、子どものけんかになぞらえて停戦合意の成果を強調しました。  トランプ大統領:「時には当事者同士、戦わせなくてはならない。そうすれば戦いがいかに過酷かというのが分かるだろう。そうだろう?時には少し戦わせて、子ども同士がけんかして、後で引き離すみたいに、な」  アメリカとトルコの合意ではトルコ軍がシリア国内での軍事作戦を5日間停止する一方、クルド人勢力の部隊はトルコとシリアの国境地帯から撤退するとしています。また、その間にアメリカはトルコに対してさらなる制裁措置などは科さないとしています。アメリカ国内では、トルコ軍のシリアへの侵攻を容認するトランプ大統領の姿勢に議会などから批判の声が上がっています。
アメリカと中国 閣僚級の貿易協議を再開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカと中国 閣僚級の貿易協議を再開  アメリカと中国は貿易問題を巡る閣僚級の協議をワシントンで再開しました。トランプ大統領は安易に妥協しない姿勢を見せ、中国を牽制(けんせい)しています。  アメリカと中国は2日間の日程で貿易協議を再開しました。両国の間では中国企業によるアメリカ企業の知的財産の侵害などを巡って対立が続いています。アメリカは15日から、中国からの輸入品約27兆円分に対して制裁関税の引き上げを表明していますが、協議の進展具合によっては回避する余地も残しています。トランプ大統領はツイッターで「中国側は合意したがっているが、私はどうだろうか?」と牽制しています。
亡命した北朝鮮元公使「米大統領選中に核実験も」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 亡命した北朝鮮元公使「米大統領選中に核実験も」  亡命した北朝鮮の元高官がニューヨークで講演し、アメリカの制裁が続けば「北朝鮮が来年の大統領選挙中に核実験をするだろう」という見方を示しました。  元駐英国北朝鮮大使館公使・太永浩(テ・ヨンホ)氏:「(米の制裁が続けば)金正恩氏はトランプ大統領の再選キャンペーン中に核やICBM(大陸間弾道ミサイル)の実験をするだろう」  イギリスの北朝鮮大使館元公使で2016年に亡命した太氏は、講演で北朝鮮が制裁緩和に向けて今後、トランプ政権に圧力を掛けるという見方を示しました。また、「金正恩氏に非核化の意思がないと分かっていながら、アメリカは追加の制裁を行っていない」と主張し、制裁の強化を訴えました。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
シリア軍事作戦 米は制裁示唆 国連は停止求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 シリア軍事作戦 米は制裁示唆 国連は停止求める  トルコによるシリアのクルド人勢力への軍事作戦は激しい戦闘が続いていて、トルコ側でも生後9カ月の乳児を含む多数の民間人が死亡するなど被害は双方で拡大しています。  トルコのエルドアン大統領は10日、軍事作戦について「テロリスト109人を殺害した」と強調しました。これに対してクルド人勢力も反撃に出て、生後9カ月の乳児を含む民間人5人が死亡し、46人が負傷するなどトルコとクルド側の双方で被害が拡大しています。  トランプ大統領:「我々は恐らく制裁や他の金融の面で非常に厳しい行動に出るだろう」  一方、アメリカのトランプ大統領はトルコに対して制裁を科す考えを示唆しました。トルコに対する厳しい姿勢を見せることで、軍事作戦を黙認したという国内の批判を抑える狙いがあるとみられます。また、国連の安全保障理事会は緊急の非公式会合を開き、ヨーロッパ6カ国が共同でトルコに対して軍事行動の停止を求めました。
領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領  トランプ大統領のウクライナ疑惑で渦中にあるウクライナのゼレンスキー大統領がANNの取材に応じ、安倍総理大臣と会談した際に両国がロシアとの間に抱える領土問題について協議する考えを明らかにしました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「(Q.日本は領土問題についてロシアにどう対処すべきか?)安倍総理と議論したい。どんな質問にも答える。もし、私の答えが総理の助けになれば大変、幸せだ」  ゼレンスキー大統領は10日にウクライナの首都キエフでANNのインタビューに応じ、北方領土問題を抱える日本と、ロシアによってクリミア半島を併合されたウクライナは「同じ悲劇を抱えている」との見方を示しました。そのうえで、天皇陛下の「即位の礼」に参列するため日本を訪問する今月後半に安倍総理と会談し、日本とウクライナが抱えるロシアとの領土問題について意見を交わす考えを示しました。  一方、トランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領の息子の汚職疑惑を追及するようゼレンスキー大統領に圧力を掛けたとされる疑惑については、安倍総理と議論するかについて明言を避けました。
シリア政権軍が部隊展開 トルコは軍事作戦続行
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 シリア政権軍が部隊展開 トルコは軍事作戦続行  シリアの政権軍はトルコが侵攻したシリア北部に部隊を展開しました。一方のトルコはシリア北部のクルド人勢力への軍事作戦を進める考えで、緊張が高まっています。  現地メディアなどによりますと、シリアのアサド政権はシリア北部を拠点にするクルド人勢力に協力してトルコに対抗する方針を決め、14日にシリア北部に部隊を展開させました。一方、シリア北部に侵攻したトルコ軍は攻勢を強めていて、これまでに約500人のクルド人勢力を殺害したということです。トルコのエルドアン大統領はクルド人勢力への軍事作戦を引き続き進める考えを強調しました。シリア政権軍がクルド人勢力と一緒にトルコと戦う姿勢を見せてもひるまない構えです。こうしたなか、アメリカのトランプ政権はトルコに対し、鉄鋼の関税を50%に引き上げるなどの制裁を発表しました。エスパー国防長官はトルコの侵攻によってクルド人勢力が収監していた過激派組織「イスラム国」の戦闘員らが大勢、脱走したとしてトルコを非難しました。トランプ大統領は安全確保の観点からシリア北部に駐留するアメリカ軍の撤収を命じましたが、イスラム国を監視するため一部の兵士を残す見通しです。
#9 神様がくれた最後のチャンス
恋する♥週末ホームステイ-Season8 #9 神様がくれた最後のチャンス ▷大阪男子×東京女子▷ ▼「真剣佑に…!」『しょうけい』勝負のイメチェンで脱“お兄ちゃん”!? ▼恋トランプが連敗男子にチャンスを与える!?運命が味方するのは誰? ▷関東男子×東北女子▷ ▼最後の2日間。運命の恋トランプがすれ違う想いを結びつける? ▼「ずっと一緒にいたいのはあなた」オクテ女子の精一杯の手紙の想い。
Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
#10 アンネの憂鬱
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #10 アンネの憂鬱 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「少しの間、目をつむってて」最後の夜に『アル』が『らいりー』に甘い贈り物。 ▼“運命は変えられる”告白直前、『らいりー』『そう』『アレク』それぞれの片思いが動き出す。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼一寸先は闇…告白前夜にすれ違い始めた心。それぞれの思いが歯車を狂わせる。 ▼『運命の恋トランプ』が傷心の『しんや』に大逆転の奇跡を運ぶ。
第1話
結婚契約 第1話 夫に先立たれたヘスは、借金取りに追われながら娘のウンソンを1人で育てていた。レストラン「プロミス」の求人に応募しに行った日、ウンソンが車にひかれそうになり、助けたヘスが気を失ってしまう。車を運転していたジフンはヘスを病院へ運ぶが、当たり屋だと勘違いし、厳しい言葉を投げつける。だが、実は彼が「プロミス」の経営者だった。そのジフンは、実の母親がすぐにも肝移植を受けなければならない状態だと知らされ...
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
米下院「香港人権法案」可決 中国は対抗措置で牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米下院「香港人権法案」可決 中国は対抗措置で牽制  アメリカ議会の下院で「香港人権法案」が可決されました。これに対して中国は対抗措置を取ると激しく反発しています。  アメリカ議会の下院は15日、香港に高度な自治を認める「一国二制度」が守られているかどうかアメリカ政府に毎年、検証することを求める「香港人権・民主主義法案」を可決しました。これに対して中国外務省は即座に香港関連の法案審議を中止し、香港への介入や内政干渉をやめるよう改めて求めました。さらに、「アメリカの誤りに対して中国は必ず対抗措置を取り、断固として自らの主権や安全、利益を守る」とアメリカを牽制(けんせい)しました。法案の成立にはトランプ大統領の署名が必要で、中国側は反発を強めています。
#35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下【毎週木曜よる11時〜】 #35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク! "今回のゲストはカンニング竹山さん! 韓国への輸出規制強化を中心に冷え込む日韓関係について橋下さんが思う事とは? 自らも訪問した福島の現在について竹山さんが熱く語る! 他にも「トランプ大統領の人種差別的発言」や「参議院選挙」など 炎上覚悟の二人のほろ酔いトークが大展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT "
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
#2:2番目なんていない!
無料
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #2:2番目なんていない! あみだくじで決まった2グループに分かれてのデート♡ 前回男子から気になる女子に渡されたブレスレット。「脈アリ」の場合は女子がブレスレットを着けてくる! さらに、女子会では「運命のトランプゲーム」によって女子が会いたい男子を指名してデートできる権利を争う展開に!
#94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる!
NEWS RAP JAPAN #94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる! What'sUPNEWS「安倍首相、悪夢のような民主党政権」「トランプ氏6割が自由時間に反論」「バイトの不適切堂が相次ぐ」などマイクリレーで注目ニュースを紹介! 「ふるさと納税でAmazonギフト券ありなし」バトルでは初登場HI-KING TAKASEが3対1で立ち向かう! NEWSRAPANTHEMは「俺のバレンタイン」がテーマ!ラポーターが語るバレンタインの思い出を発表!初登場の見取り図盛山の経験したバレンタインは今じゃ当たり前のあのサービスに繋がる?! 中継は今年も来ました!ランチパック!