「トランプ 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

“トランプ氏陰口”音声拾われ…怒りのドタキャン
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “トランプ氏陰口”音声拾われ…怒りのドタキャン  NATO(北大西洋条約機構)の首脳会談で、ある掟破りの手法を取ったトランプ大統領。そのトランプ氏を各国首脳が笑いものにする動画が公開され、波紋が広がっています。  ちょっとした「居酒屋談義」のつもりだったのかもしれません。トランプ大統領の陰口をたたく音声が図らずもマイクに拾われてしまったのは、各国の首脳たちです。  発端はイギリスのジョンソン首相がフランスのマクロン大統領に切り出した、こんな質問でした。  イギリス、ジョンソン首相:「それが遅刻の原因なのかい?」  カナダ、トルドー首相:「遅刻は“彼”が40分も記者会見をしたからだ!」  各国首脳が話す「彼」とはトランプ氏のことです。というのも、トランプ氏はこの日に行われた各国首脳らとの会談の冒頭、相手を放置し、しゃべってしゃべって、しゃべり尽くしたのです。その時間、マクロン大統領やトルドー首相ら合わせて2時間超え。まるでトランプ氏の単独会見です。  冒頭の居酒屋談義には続きがあります。  カナダ、トルドー首相:「“彼”のスタッフは開いた口がふさがらなくて床に落ちてたよ!」  よほど腹を立てたのでしょう。トランプ氏は翌日、トルドー首相に反撃。  アメリカ、トランプ大統領:「裏表がある男だな」  さらに、予定されていた記者会見の中止を直前にツイッターで発表したのです。  防衛費負担などを巡って、足並みの乱れが目立つなか、首脳同士がどう結束を示すかに注目が集まっていた今回のNATO首脳会議。残念ながらあつれきが浮き彫りになる結果…
米下院「トランプ大統領が権力乱用」ウクライナ疑惑
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米下院「トランプ大統領が権力乱用」ウクライナ疑惑  アメリカ議会の下院はウクライナの疑惑を巡る報告書を発表し、トランプ大統領が「権力を乱用した」と認定しました。野党・民主党はトランプ大統領の年内の弾劾(だんがい)訴追を目指します。  報告書は、トランプ大統領が来年のアメリカ大統領選挙のライバルである民主党のバイデン氏のスキャンダルを調査するようウクライナに圧力を掛けたと認定しました。ウクライナに軍事的な支援などをする見返りにバイデン氏の調査を求めたと指摘し、トランプ大統領の政治的利益のためにアメリカの外交政策がねじ曲げられたと批判しています。さらに、議会で証言に立った政府職員に脅迫行為をしたと非難しました。民主党は、年内にも下院でトランプ大統領の弾劾訴追を目指す方針です。
在日米軍経費「日本も負担増を…」 トランプ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 在日米軍経費「日本も負担増を…」 トランプ大統領  トランプ大統領は在日アメリカ軍の駐留経費について、日本側に負担を増やすよう求めたと明らかにしました。  トランプ大統領:「私は安倍総理、私の友人・シンゾウにこう言ったんだ。“我々を助けてくれ。アメリカはたくさんの金を払っている。君たちは豊かな国なのに、我々は君たちの軍事費を払っている”とね」  そのうえで、「日本はたくさんのことをしてくれるだろう」と期待感を示しました。アメリカの一部メディアは駐留経費について、トランプ政権が日本政府に現在の4倍から5倍の増額を求める見込みだと報じています。トランプ大統領はNATO(北大西洋条約機構)の加盟各国などにも負担増を求めています。
北朝鮮巡りトランプ氏「必要であれば軍事力行使も」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮巡りトランプ氏「必要であれば軍事力行使も」  ロンドンを訪れているトランプ大統領は、挑発を続ける北朝鮮について金正恩委員長との良好な関係を強調する一方、必要であれば軍事力も行使すると述べました。  アメリカ、トランプ大統領:「金委員長とは良好な関係だ。今後、どうなるか見てみよう。彼はミサイルを撃つのが好きだ。だから私は『ロケットマン』と呼んでいるんだよ。米軍は強い。もし必要であれば、米軍の力を用いることもある」  トランプ大統領は、挑発を続ける北朝鮮に対して対話を続けるよう牽制(けんせい)しました。米朝の非核化交渉は完全な非核化を求めるアメリカに対して、北朝鮮が先に制裁緩和を求めるなど膠着(こうちゃく)状態が続いています。一方、部分合意を目指している中国との貿易協議についてトランプ大統領は、「期限を設けていない。来年の大統領選挙後の合意もあり得る」と述べました。香港人権法の成立に中国が反発を強めているなか、米中による貿易戦争が長期化する見通しを示した形となりました。
会談でトランプ氏が軽口 仏大統領「まじめにやれ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 会談でトランプ氏が軽口 仏大統領「まじめにやれ」  トランプ大統領の「イスラム国」を巡る冗談に不快感を示しました。  アメリカ、トランプ大統領:「(欧州出身の)優秀な『イスラム国』戦闘員は欲しいかい?好きなだけあげるよ」  フランス、マクロン大統領:「もっと真面目にやりましょうよ。ほとんどの戦闘員がシリアやイラク出身ですよ」  トランプ大統領は3日、フランスのマクロン大統領と会談し、シリアで拘束されているフランスなどヨーロッパ出身の戦闘員について、冗談交じりに身柄を引き取るよう要請しました。一方、マクロン大統領はヨーロッパ出身の戦闘員は全体のごく一部だとしたうえで、「優先すべきは『イスラム国』の壊滅だ」と反論しました。
トランプ氏の発言に「金正恩委員長非常に不快感」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏の発言に「金正恩委員長非常に不快感」  アメリカのトランプ大統領が北朝鮮に「必要なら軍事力を行使する」と述べたことに対し、北朝鮮のメディアは「金正恩委員長が非常に不快感を持って接した」と批判しました。  朝鮮中央通信は4日、朝鮮人民軍の朴正天(パク・ジョンチョン)総参謀長によるトランプ大統領の発言についての談話を伝えました。そのなかで「武力行使はアメリカだけの特権ではない」と反発し、「アメリカが軍事行動を強行する場合、我々も迅速な相応の行動に出る」と牽制(けんせい)しました。また、金委員長がトランプ発言に対して「非常に不快感を持って接した」と伝え、不満をあらわにしました。
予告なし トランプ大統領がアフガニスタン初訪問
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 予告なし トランプ大統領がアフガニスタン初訪問  トランプ大統領は28日、予告せずにアフガニスタンを訪問し、反政府勢力のタリバンとの和平協議を再開したと明らかにしました。  トランプ大統領:「タリバンは合意を求めている。合意に至るか見てみよう」  トランプ大統領は28日、首都カブール北方のバグラム米空軍基地を訪れ、駐留アメリカ兵らに七面鳥を振る舞ってねぎらいました。また、アフガニスタンのガニ大統領と会談し、タリバンとの和平協議の再開を明らかにしました。アフガニスタンに駐留するアメリカ軍を1万4000人ほどから8600人に減らす意向も示していて、アメリカ軍が駐留を続けることを「経費がかかる」と疑問視していることが今回の交渉再開につながったとみられます。
「コナン」をホワイトハウスに招待 軍事作戦で活躍
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「コナン」をホワイトハウスに招待 軍事作戦で活躍  アメリカのトランプ大統領は、過激派組織「イスラム国」の最高指導者・バグダディ容疑者の殺害作戦で活躍した軍用犬「コナン」をホワイトハウスに招待しました。  トランプ大統領:「コナンは素晴らしい犬だ。コナンと楽しい時間を過ごした。とても優秀で賢い」  軍用犬「コナン」は先月、シリア北部での軍事作戦でバグダディ容疑者を行き止まりのトンネルまで追跡し、自爆に追い込みました。トランプ大統領は今月25日、コナンをホワイトハウスに招待してメダルと盾を授与し、功績をたたえました。コナンはこの作戦で重傷を負いましたが、すでに回復しているということです。
トランプ大統領が中曽根氏称える「日米の礎築いた」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領が中曽根氏称える「日米の礎築いた」  アメリカのトランプ大統領は中曽根元総理大臣の死去を受けて哀悼の意を表し、「日米の協力関係の礎を築いた」と功績をたたえました。  トランプ大統領は30日、「アメリカの国民を代表してメラニアとともに、日本の国民とご遺族に最も深い哀悼の意を表します」という声明を出しました。声明はさらに、中曽根元総理の日米同盟強化の努力やアジアにおける民主化拡大の取り組みなどに言及し、「日米の地球規模でのパートナーシップの礎を築いた」と功績をたたえました。また、中曽根元総理と信頼関係を築いた故レーガン元大統領の言葉を引用し、「友人であり、賢明な同志であり、太平洋地域でアメリカの最も重要な同盟国のリーダーだった」と強調しました。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
ブルームバーグ前NY市長、大統領選に出馬表明
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ブルームバーグ前NY市長、大統領選に出馬表明  来年のアメリカ大統領選挙に向けた野党・民主党の指名争いで、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)が正式に出馬を表明しました。  ブルームバーグ前ニューヨーク市長は24日、「ドナルド・トランプ氏を倒してアメリカを立て直すため、大統領に立候補する」と声明を発表し、雇用の創出や銃犯罪の抑止などの政策を掲げました。ブルームバーグ前ニューヨーク市長は同じ中道派のバイデン前副大統領が出馬したことなどから、3月にいったん出馬を見送りましたが、民主党の指名争いで混戦が続いていることから決断したとみられます。情報サービス企業の創設者で世界でも有数の資産家のブルームバーグ前ニューヨーク市長は100億円以上をトランプ氏を批判する広告に投入すると発表するなど、豊富な資金力をバックに選挙戦を展開するとみられます。
米大統領の署名で香港人権法が成立 中国は報復示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領の署名で香港人権法が成立 中国は報復示唆  アメリカのトランプ大統領は香港で「一国二制度」が機能しているかどうかチェックし、人権が守られるよう支援する法案に署名しました。法案は成立し、中国政府の反発が予想されます。  ホワイトハウスは27日、トランプ大統領が「香港人権・民主主義法案」に署名して成立したと明らかにしました。この法律は、香港に高度な自治を認める一国二制度が機能しているかどうかの検証をアメリカ政府に義務付け、人権侵害があった場合、関与した中国当局者に制裁を科すことを認めています。また、催涙ガスなどを香港警察に輸出することを禁止します。法案に署名しないよう求めてきた中国政府はこれまで「内政干渉をやめるべきだ」と主張し、報復措置を示唆しています。アメリカと中国の対立が深まれば、米中貿易協議に影響を与える可能性もあります。一方、香港警察は28日朝からデモ隊と衝突があった香港理工大学に立ち入り、危険物の処理や現場検証をしています。地元メディアによりますと、構内には学生ら20人程度が残っている情報もあるということです。
香港政府も反発の声明 米中貿易協議に影響か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港政府も反発の声明 米中貿易協議に影響か  アメリカのトランプ大統領は香港で「一国二制度」が機能しているかどうかチェックし、人権が守られるよう支援する法案に署名しました。中国政府は「内政干渉だ」と反発しています。  ホワイトハウスは27日、トランプ大統領が「香港人権・民主主義法案」に署名して成立したと明らかにしました。この法律は、香港に高度な自治を認める一国二制度が機能しているかどうかの検証をアメリカ政府に義務付け、人権侵害があった場合、関与した中国当局者に制裁を科すことを認めています。法案成立を受けて中国外務省はコメントを発表し、「香港への介入であり、中国への内政干渉だ。国際法と国際関係の基本ルールに深刻に違反している」と反発しました。香港政府も「デモ参加者に誤ったメッセージになり、有益ではない」という声明を出しました。アメリカと中国の対立が深まれば、米中貿易協議に影響を与える可能性もあります。一方、香港警察は28日朝からデモ隊と衝突した香港理工大学の現場検証をしています。構内には、まだ学生ら20人程度が立てこもっているという情報もあります。
#9 神様がくれた最後のチャンス
恋する♥週末ホームステイ-Season8 #9 神様がくれた最後のチャンス ▷大阪男子×東京女子▷ ▼「真剣佑に…!」『しょうけい』勝負のイメチェンで脱“お兄ちゃん”!? ▼恋トランプが連敗男子にチャンスを与える!?運命が味方するのは誰? ▷関東男子×東北女子▷ ▼最後の2日間。運命の恋トランプがすれ違う想いを結びつける? ▼「ずっと一緒にいたいのはあなた」オクテ女子の精一杯の手紙の想い。
“香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 “香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
市庁舎は“ハチの巣”に…麻薬組織と銃撃戦19人死亡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 市庁舎は“ハチの巣”に…麻薬組織と銃撃戦19人死亡  メキシコ北部で麻薬組織と治安部隊の銃撃戦があり、市民を含む19人が死亡しました。  壁に開いた無数の穴。これはすべて銃弾によるものです。メキシコ北部のアメリカとの国境沿いの町で先月30日、武装した麻薬組織が市庁舎を襲いました。これにメキシコ治安部隊が応戦して銃撃戦は1時間にも及びました。この銃撃戦で警察官4人と市民2人、武装グループのメンバー合わせて19人が死亡しました。数日前、アメリカのトランプ大統領がメキシコの麻薬組織を外国テロ組織に認定すると発表したばかりでした。
「内政干渉に反対」 中韓外相会談で王氏が米けん制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「内政干渉に反対」 中韓外相会談で王氏が米けん制  中国の王毅外相は4年ぶりに韓国を訪問し、康京和(カン・ギョンファ)外相と会談しました。王外相は「単独主義が国際秩序を破壊している」と述べ、保護主義を強めるアメリカのトランプ政権を牽制(けんせい)しました。  中国の王外相は4日に韓国の康外相と会談し、「多国間主義の理念を堅持したい」と述べました。また、香港や新疆ウイグル自治区の問題を巡るアメリカの対中圧力を念頭に「内政干渉に反対する」とも言及しました。会談では、北朝鮮情勢や今月下旬に中国の成都で開催予定の日中韓首脳会談の議題も協議したとみられます。
ファーウェイ2度目の提訴 米国の制裁は「不当」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ファーウェイ2度目の提訴 米国の制裁は「不当」  アメリカの制裁に対して中国の「ファーウェイ」が2度目の提訴です。  中国の通信機器大手のファーウェイはトランプ政権がアメリカの通信会社にファーウェイ製品を使うことを禁止するのは不当だとして差し止めを求め、アメリカの裁判所に提訴しました。アメリカ当局は先月、ファーウェイを「安全保障上の脅威」と認定し、アメリカ政府から補助金を受ける通信会社にファーウェイ製品の購入を禁じる方針を明らかにしています。今年3月にもファーウェイはアメリカの政府機関が自社の製品を調達するのを禁じるのは違憲だとして提訴しています。
#10 アンネの憂鬱
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #10 アンネの憂鬱 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「少しの間、目をつむってて」最後の夜に『アル』が『らいりー』に甘い贈り物。 ▼“運命は変えられる”告白直前、『らいりー』『そう』『アレク』それぞれの片思いが動き出す。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼一寸先は闇…告白前夜にすれ違い始めた心。それぞれの思いが歯車を狂わせる。 ▼『運命の恋トランプ』が傷心の『しんや』に大逆転の奇跡を運ぶ。
#7 【先行公開】甘キュン!サプライズ。(12月10日本編UP)
無料
恋する♥週末ホームステイ 2019・秋「約束」 #7 【先行公開】甘キュン!サプライズ。(12月10日本編UP) 次回の放送内容を先行公開!来週火曜よる10時の放送をお見逃しなく! ▷関西女子×全国センバツ男子▷ 『ここ』をめぐる男子の戦いは白熱。そんな中、『りゅーの』が特技を生かしたサプライズ、勝負をかける。さらに「運命の恋トランプ」がメンバーの心を揺さぶる。意中のペア、意外なペア、それぞれの想いが交錯する中、『ましろ』が『ともき』を呼び出す...。
第1話
結婚契約 第1話 夫に先立たれたヘスは、借金取りに追われながら娘のウンソンを1人で育てていた。レストラン「プロミス」の求人に応募しに行った日、ウンソンが車にひかれそうになり、助けたヘスが気を失ってしまう。車を運転していたジフンはヘスを病院へ運ぶが、当たり屋だと勘違いし、厳しい言葉を投げつける。だが、実は彼が「プロミス」の経営者だった。そのジフンは、実の母親がすぐにも肝移植を受けなければならない状態だと知らされ...
米でクリスマス商戦…「ブラックフライデー」始まる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米でクリスマス商戦…「ブラックフライデー」始まる  アメリカで大型セール「ブラックフライデー」がスタートし、クリスマス商戦が幕を開けました。  アメリカの今年のクリスマス商戦の総売上高は、好調な個人消費を背景に去年よりも4%程度増えると見込まれています。  買い物客:「今年の年末は1000ドル(約11万円)ぐらい使う予定」  中国との貿易摩擦が続くなか、トランプ政権はクリスマス商戦に配慮し、おもちゃやゲーム機など日本円で17兆円相当の中国製品への追加関税の発動を来月15日に延期しています。一方、経済の専門家からは米中の貿易交渉が長引けば好調な個人消費にも陰りが出てくるという懸念も上がっています。
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
#35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク! "今回のゲストはカンニング竹山さん! 韓国への輸出規制強化を中心に冷え込む日韓関係について橋下さんが思う事とは? 自らも訪問した福島の現在について竹山さんが熱く語る! 他にも「トランプ大統領の人種差別的発言」や「参議院選挙」など 炎上覚悟の二人のほろ酔いトークが大展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT "
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
#2:2番目なんていない!
無料
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #2:2番目なんていない! あみだくじで決まった2グループに分かれてのデート♡ 前回男子から気になる女子に渡されたブレスレット。「脈アリ」の場合は女子がブレスレットを着けてくる! さらに、女子会では「運命のトランプゲーム」によって女子が会いたい男子を指名してデートできる権利を争う展開に!
#94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる!
NEWS RAP JAPAN #94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる! What'sUPNEWS「安倍首相、悪夢のような民主党政権」「トランプ氏6割が自由時間に反論」「バイトの不適切堂が相次ぐ」などマイクリレーで注目ニュースを紹介! 「ふるさと納税でAmazonギフト券ありなし」バトルでは初登場HI-KING TAKASEが3対1で立ち向かう! NEWSRAPANTHEMは「俺のバレンタイン」がテーマ!ラポーターが語るバレンタインの思い出を発表!初登場の見取り図盛山の経験したバレンタインは今じゃ当たり前のあのサービスに繋がる?! 中継は今年も来ました!ランチパック!
クリスマス商戦「ブラックフライデー」中古品が鍵
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 クリスマス商戦「ブラックフライデー」中古品が鍵  熱狂の季節が今年もやってきました。アメリカでクリスマス商戦の開始を告げる「ブラックフライデー」です。大勢の人たちが詰め掛けるこのイベント。ただ、今年は少し様子が違って「中古品」がキーワードのようです。  ここ数年、アメリカのクリスマス商戦「ブラックフライデー」にあやかり、売り上げを伸ばそうと大型セールが日本各地に広がっています。  ブラックフライデーは日本でもジワジワと浸透しているようですが、本場のアメリカはこんなものではありません。セール開始の瞬間を撮影しながら店の中へ進んでいく人、人、人。アメリカでは29日がブラックフライデーにあたり、ニューヨークでは1日早くクリスマス商戦がスタート。早速、サンタクロースも出動しました。年末までの売上高は去年よりも4%伸び、日本円で約80兆円規模になる見込みとなっています。  トランプ大統領もクリスマス商戦が落ち込まないよう、予定していた中国への17兆円規模の追加関税を先送りしました。旺盛な個人消費に支えられてきたアメリカ経済ですが、少し違った動きが…。  それは中古品です。ずらりと並んだ高級ブランドの洋服やバッグ。これらすべて中古品ということですが、最近、プレゼント用に買う人が増えているということです。プレゼントに中古品を選ぶ人の多くは若者です。深刻な不景気となったリーマン・ショック以降に社会人となった若者世代は、節約志向や環境への意識が高いとされています。