「トランプ 北朝鮮 ベトナム」の検索結果

「トランプ 北朝鮮 ベトナム」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ 北朝鮮」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「会談提案しつつ敵対行為」 北朝鮮が米国批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「会談提案しつつ敵対行為」 北朝鮮が米国批判  北朝鮮の国連代表部は緊急声明を発表し、アメリカが米朝首脳会談を提案した同じタイミングで国連の加盟国に制裁の履行を求めたとして強く批判しました。  声明はトランプ大統領が金正恩委員長に会談を呼び掛けた先月29日に、アメリカがすべての国連加盟国に対して北朝鮮への制裁の履行を呼び掛ける書簡を出していたと主張しました。そのうえで、「米朝対話を語っておきながら敵対的行為にのめり込む現実を示している」と制裁維持の姿勢を崩さないアメリカを強く批判しました。声明はまた、先月にアメリカや日本などが「北朝鮮が安保理制裁で定めた上限を超える石油を密輸した」と指摘する報告書を国連に提出したことを「敵対的行為だ」と非難しました。
女性報道官が警備押しのけ…米朝“報道バトル”制す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 女性報道官が警備押しのけ…米朝“報道バトル”制す  北朝鮮の頑なな態度をこじ開けたのは報道官の女性だった。立ちはだかる北朝鮮の警備員を押しのけ、マスコミを会場の中へと招き入れた。  就任したばかりのホワイトハウス報道官、ステファニー・グリシャム氏だ。左手で北の警護員の体を押さえ右手でぐいと隙間を広げる。目を見開き「行け」と合図。尻で警護員を押しのけスペースを確保。肝の据わり方が違うのだ。  場所は電撃的に決まった米朝会談の会場。まもなく会談が始まるという段階でアメリカの代表取材団は外に締め出されていた。扉から中には入れるのではないか。機会をうかがっている女性は取材団の関係者。  建物内部に入ったものの、すぐに北朝鮮の警護員が行く手を阻む。そこに現れたのが冒頭で紹介したホワイトハウス、グリシャム報道官だ。彼女が道を作ったことでカメラはなんとか2人の首脳の姿を捉えることができた。これには、日ごろ、トランプ政権と敵対関係にあるアメリカのメディアもこぞって称賛。ただし、彼女が体を張ったのは報道の自由のためだったのか、それとも、この電撃的米朝会談をトランプ氏の偉業としてPRするためだったのかは分からない。今後のメディアとの関係を注視する必要がある。
“対北”方針説明か 米ビーガン特別代表が欧州へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “対北”方針説明か 米ビーガン特別代表が欧州へ  米朝交渉を担当するアメリカ国務省のビーガン特別代表は、ヨーロッパに向けてワシントンを出発しました。  北朝鮮との交渉を担当しているアメリカのビーガン特別代表は、8日から11日の日程でベルギーのブリュッセルとドイツのベルリンを訪れます。北朝鮮の非核化問題についてヨーロッパの関係国や韓国外務省の幹部と相次いで会談する予定です。先月、板門店(パンムンジョム)で行われたトランプ大統領と金正恩委員長による3回目の首脳会談で米朝双方は、数週間以内に実務者による協議を再開することで合意していて、早ければ月内の協議再開が取り沙汰されています。そうした動きを受け、今回のヨーロッパ訪問では今後の協議方針について関係国に説明するものとみられます。
【G20トランプ大統領会見】「金委員長と非武装地帯で握手できると思う」
無料
Abema最新NEWSはここでチェック! 【G20トランプ大統領会見】「金委員長と非武装地帯で握手できると思う」 トランプ大統領は、トランプ大統領は午後4時前から始まった記者会見で「金正恩委員長と会うかもしれない。金委員長と非武装地帯で握手できると思う」と述べた。今夜からの韓国訪問に合わせて北朝鮮の金委員長と3回目の会談をする可能性を明らかにした。
「ハガティ駐日大使が上院選に出馬」トランプ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「ハガティ駐日大使が上院選に出馬」トランプ大統領  アメリカのトランプ大統領は、ハガティ駐日大使が来年の上院議員選挙にテネシー州から立候補するとツイッターで明らかにしました。  トランプ大統領はハガティ氏が地元のテネシー州で上院議員の選挙に立候補するとツイッターに投稿し、「彼は犯罪や移民に対して強硬だ」とアピールしました。ハガティ氏はトランプ大統領や娘のイバンカ補佐官と良好な関係を築いていて、2011年から4年間、テネシー州の経済開発庁長官を務めていました。ただ、CNNテレビは北朝鮮問題を抱える東アジアの情勢に対応するため、トランプ大統領がハガティ氏の駐日大使留任を希望する可能性も指摘しています。
G20大阪サミットSP!“安倍外交”正念場
無料
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 G20大阪サミットSP!“安倍外交”正念場 今週のよるバズは... ■大阪で行われているG20。トランプ大統領は来日直前に私的な会話として「日米安保条約は不公平だ」と不満を漏らす発言をしたという。その発言の狙いとは? ■世界が注視する「米中貿易協議」。首脳会談では制裁関税の応酬合戦にピリオドを打つことができるのか? ■2回目の米朝首脳会談が物別れに終わり「非核化」交渉が停滞する中、トランプ大統領と金正恩委員長は書簡のやりとりを継続しているという。そこには「新提案」も?北朝鮮非核化の行方とは。 ■G20で「日ロ平和条約」締結を目指していた安倍総理。事実上の2島返還にかじを切って交渉したが、今回「大筋合意」は断念した。今後の日ロ関係は?北方領土交渉は“長期化”するのだろうか?

おすすめの作品

韓国 戦略物資“密輸出”4年間で150回以上を摘発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国 戦略物資“密輸出”4年間で150回以上を摘発  韓国政府が戦略物資の「密輸出」を4年間で150回以上、摘発していたことを明らかにしました。  韓国の産業通商資源省によりますと、軍事転用が可能な戦略物資の密輸出の摘発は、2015年から2019年3月までの4年間で156件に上ったということです。日本が輸出規制の対象とした「フッ化水素」がベトナムやUAE(アラブ首長国連邦)などに密輸された事案も確認されたということです。摘発が相次いだことについて、韓国政府は「輸出管理が効果的に運営されている証拠だ」と主張しています。また、日本側が北朝鮮へのフッ化水素の「横流し」を疑っているとしたうえで、「いかなる証拠も発見できない」と真っ向から否定しました。
トランプ氏は「無能で機能不全」駐米英国大使が報告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏は「無能で機能不全」駐米英国大使が報告  アメリカに駐在するイギリスの大使がトランプ大統領について「無能で機能していない」と酷評する報告を本国に送っていたとイギリスの新聞が伝えました。  メールオンサンデーによりますと、イギリスの大使は2017年以降、「今後、トランプ政権の機能不全や無能さが改善されるとはまず考えられない」などとする報告をイギリス政府に送っていました。トランプ大統領についても「愚かで安定性に欠け、無能」と指摘していました。イギリス外務省は「大使の仕事は率直な意見を本国に伝えることであるが、政府の見解とは必ずしも一致しない」という声明を出し、報道内容を否定しませんでした。  トランプ大統領:「イギリスとその大使はしっかりした仕事をしていない」  トランプ大統領は不快感を示しました。
「英大使はとても愚か」トランプ氏メイ首相にも矛先
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「英大使はとても愚か」トランプ氏メイ首相にも矛先  アメリカのトランプ政権を酷評する報告をしていたアメリカに駐在するイギリス大使について、トランプ大統領は「とても愚かだ」と酷評しました。批判の矛先はイギリスのメイ首相にも向けられました。  アメリカに駐在するイギリスのダロック大使がトランプ政権を“無能だ”などと本国に報告していたことを受けて、トランプ大統領は「イギリスがアメリカに押し付けた大使はとても愚かなやつだ」とツイッターに投稿しました。矛先はイギリスのメイ首相にも向けられ、「EU(ヨーロッパ連合)からの離脱交渉でメイ首相に対処の仕方を指南したのに、馬鹿なやり方をして失敗した。アメリカは世界一の経済と軍隊を持ち、成長し続けている」と批判しています。
トランプ政権 労働長官が辞任 検事時代の対応巡り
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ政権 労働長官が辞任 検事時代の対応巡り  トランプ政権の労働長官が辞任する意向を示しました。長官はかつて検事だった時に買春事件の被告の刑を軽くしたとして批判されていました。  トランプ大統領:「決めたのは彼だ。私ではない。私は彼を支持している」  米・アコスタ労働長官:「私がこの職にとどまることで12年前の案件が議論され、今の素晴らしい経済が注目されなくなるのは自分勝手になると思った」  アメリカでは今月、トランプ大統領と親交のあった投資家・エプスタイン被告が少女買春の罪で起訴されました。アコスタ労働長官は2006年ごろ、このエプスタイン被告の同様の事件で検事として捜査を担当し、終身刑まであったにもかかわらず、司法取引で刑を軽くしたとして批判が集まっていました。政権への打撃を小さくするため、トランプ大統領が辞任を迫った可能性もあります。
「トランプ氏は無能」と酷評 イギリス大使が辞任
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「トランプ氏は無能」と酷評 イギリス大使が辞任  「トランプ大統領は無能」と酷評していたアメリカ駐在のイギリス大使が辞任しました。  イギリス、メイ首相:「『あなたが大使の座を去る必要があると感じたことはとても無念だ』とダロック大使に伝えた。内閣全体がダロック大使を全面的に支持しています」  イギリスのダロック大使は「現在の状況では、私の役割を果たすことは不可能だ」と辞任を表明しました。大使は、トランプ大統領について「愚かで安定性に欠け、無能」と酷評する報告を本国に送っていたことがイギリスの新聞に報じられていました。これに対し、トランプ大統領が「イギリスがアメリカに押し付けた大使は愚かなやつだ」と反論するなど騒動が拡大していました。
「核合意離脱は嫌がらせ」 英の前大使が本国に報告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「核合意離脱は嫌がらせ」 英の前大使が本国に報告  トランプ大統領を「無能」と酷評して辞任したイギリスの前駐米大使は、トランプ大統領がイランとの核合意を離脱したのは「オバマ前大統領への嫌がらせだった」と報告していたことが分かりました。  イギリスの新聞「メール・オン・サンデー」によりますと、辞任したダロック前駐米大使が去年5月、「トランプ大統領がイランとの核合意を離脱したのは核合意を取り決めたオバマ前大統領への嫌がらせだ」という見方を本国に報告していました。そのうえで、「核合意の離脱を巡ってトランプ政権内に亀裂が生じている」とし、「ホワイトハウスには長期的な戦略が欠けている」と非難していたということです。
独立記念日でトランプ大統領 米軍動員し異例の演説
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 独立記念日でトランプ大統領 米軍動員し異例の演説  アメリカの独立記念日にあたる4日、トランプ大統領は首都ワシントンで演説しました。アメリカ軍を動員する異例のスタイルになりました。  トランプ大統領:「我々は月に再び行く。そして、いつかアメリカの旗を火星にはためかせるのだ。アメリカに不可能なことはない」  おととしにフランスを訪問した際に視察した軍事パレードにヒントを得たトランプ大統領肝煎りの演説には、アメリカ軍のステルス戦闘機が姿を見せるなど、軍を全面に出す演出が展開されました。独立記念日に大統領の演説が行われるのは極めて異例です。演説に先立って抗議デモが行われるなど、「国民的な祝日を政治利用している」との批判も出ています。
「関係づくりの達人」中国メディアがトランプ氏絶賛
最新の国際ニュース【随時更新】 「関係づくりの達人」中国メディアがトランプ氏絶賛  30日に行われた3回目の米朝首脳会談を受け、アメリカに厳しい論調の中国メディアがトランプ大統領を絶賛しました。  中国共産党系の新聞「環球時報」は米朝首脳会談を受け、「トランプ大統領は首脳同士の個人的な関係づくりの達人。北朝鮮首脳との良好な関係は本当に奇跡的だ」と絶賛しました。さらに「朝鮮半島情勢は戦争の瀬戸際から安定した状態に変わった」と評価しました。アメリカに厳しい言葉が目立つ新聞が異例の論調ですが、G20サミットがあった大阪での米中首脳会談で一定の成果が出たことも背景にありそうです。
イランの核開発を“火遊び”と非難 米トランプ政権
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランの核開発を“火遊び”と非難 米トランプ政権   イランが低濃縮ウランの貯蔵量が核合意で定められた上限を超えたと発表したことについて、トランプ政権は「核兵器の開発を許さない」と反発しました。  トランプ大統領:「(イランへの)メッセージはない。彼らは自分がしていることが分かっている。“火遊び”だと思うので、言うことはない」  ホワイトハウスは、声明で「イランに対してウランの濃縮を少しでも許していたのは間違いだった」と去年に離脱した核合意について批判し、ウラン濃縮の完全な停止を求める考えを示しました。また、ポンペオ国務長官も声明を出して新たな合意を求める姿勢を強調し、「イランが外交を拒み、核の計画を進める限り、経済的な圧力や外交的な孤立は一層強くなる」と警告しました。
北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。