「トランプ 北朝鮮 ベトナム」の検索結果

「トランプ 北朝鮮 ベトナム」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ 北朝鮮」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

トランプ大統領、金委員長に誕生日のメッセージ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領、金委員長に誕生日のメッセージ  アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金正恩委員長に誕生日のメッセージを送ったと韓国政府の高官が明らかにしました。  韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は10日に訪問先のアメリカから帰国し、トランプ大統領と面会した際の内容を説明しました。面会が行われたのは金委員長の誕生日とされる8日で、トランプ大統領は金委員長の誕生日を祝ったうえで、「誕生日のメッセージを文在寅(ムン・ジェイン)大統領から金委員長へと必ず伝えてほしい」と述べたということです。これを受け、韓国政府は9日に「適切な方法で」北朝鮮側に伝えたとしています。アメリカと北朝鮮の非核化交渉が難航し、金委員長が新たな戦略兵器の実験を示唆するなか、米朝首脳同士の関係を強調することで北朝鮮側を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられます。
北朝鮮「要求を全てのまなければ対話の再開ない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮「要求を全てのまなければ対話の再開ない」  北朝鮮の高官が非核化交渉に関してアメリカが「要求をすべてのまなければ、対話の再開はない」などとする談話を発表しました。  朝鮮中央通信は11日、アメリカを訪問していた韓国政府の高官がトランプ大統領から金正恩委員長の誕生日を祝うメッセージを受け取って北朝鮮に伝えたと明かしたことを否定しました。そして、北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問が「トランプ大統領の親書を直接、受け取った」とする談話を発表しました。そのうえで、韓国に対して「仲裁者の役割を果たそうという未練がまだあるようだ」と不快感を示しました。また、金委員長とトランプ大統領の個人的な関係は良好だとする一方、非核化交渉について「我々の要求をすべてのまなければ対話の再開はない」という談話を発表し、アメリカを牽制(けんせい)しました。

おすすめの作品

弾劾裁判の審理始まる トランプ氏「魔女狩りだ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 弾劾裁判の審理始まる トランプ氏「魔女狩りだ」  トランプ大統領に対する弾劾(だんがい)裁判の審理がアメリカの議会上院で始まりました。史上3例目の大統領弾劾裁判は与野党の全面対決となっています。  いわゆる「ウクライナ疑惑」を巡るトランプ大統領に対する弾劾裁判は、野党・民主党がホワイトハウスや国務省の関係者を証人として呼ぶことを求めたのに対し、与党・共和党がこれに反対して全面対決の様相です。ただ、上院では与党・共和党が多数を占め、トランプ大統領が罷免(ひめん)される可能性は低いとみられています。新たな証拠が出ることを懸念する共和党は早期の幕引きを目指す一方、民主党は共和党からの造反を誘い、トランプ大統領に政治的打撃を与えたい考えです。  トランプ大統領:「(弾劾裁判は)でっちあげだ。魔女狩りだ」  スイスで始まったダボス会議に出席しているトランプ大統領は弾劾裁判を強く批判しています。
トランプ大統領の弾劾裁判始まる 米国史上3人目
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領の弾劾裁判始まる 米国史上3人目  アメリカのトランプ大統領の弾劾(だんがい)裁判が議会上院で正式に始まりました。弾劾裁判にかけられる大統領としてはアメリカ史上、3人目です。  トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡ってアメリカの議会上院では16日、裁判長を務める最高裁判所の長官や陪審員役となる上院議員が宣誓して弾劾裁判が正式に始まりました。実質的な審議は21日から始まり、裁判に出席した上院議員の3分の2以上が有罪と判断すればトランプ大統領の罷免(ひめん)が決まります。ただ、上院は与党・共和党が多数を占め、罷免の可能性は低いとみられます。  トランプ大統領:「断言するが、これは壮大なでっちあげだ」  トランプ大統領は自身の潔白を改めて主張しました。
冒陳でトランプ大統領の罷免要求…弾劾裁判2日目
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 冒陳でトランプ大統領の罷免要求…弾劾裁判2日目  アメリカのトランプ大統領のいわゆる「ウクライナ疑惑」を巡る弾劾(だんがい)裁判は2日目の審理が行われ、検察官役の野党議員は冒頭陳述でトランプ大統領の罷免(ひめん)を求めました。  検察官役・民主党、シフ下院議員:「公正な陪審員は数日で出される証拠を聞けば、憲法によってトランプ大統領が罷免されるべきだと分かるだろう」  野党・民主党の議員による冒頭陳述は3日間続き、民主党のシフ議員は「トランプ大統領がウクライナに対してバイデン前副大統領に関する調査を開始し、公表するよう圧力を掛けた」と主張しました。一方、トランプ大統領はツイッターで「圧力はなかった」と反発しています。民主党は大統領の側近らの証言を求めていて、証人を呼ぶかどうかの議論は31日にも始まる可能性があります。
第142話 戦え!トランプ下克上
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第142話 戦え!トランプ下克上 公園前派出所でトランプゲーム「大富豪」の壮絶なバトルが繰り広げられた。
ダボス会議 グレタさんとトランプ大統領が舌戦
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ダボス会議 グレタさんとトランプ大統領が舌戦  世界の政財界トップが一堂に会するダボス会議で17歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんとトランプ大統領がそれぞれ演説し、舌戦を繰り広げました。  環境活動家・グレタさん:「メディアや権力者が報じたり、議論したくないことは分かっています。それでも私はそれが実現するまで訴え続けます」  グレタさんは若者による環境への取り組みが話題になる一方で、対応策が全く実行されていないと世界のリーダーらを批判しました。一方、トランプ大統領はグレタさんも会場で演説に耳を傾けるなか、石油や天然ガスの経済的な重要性を主張しました。そのうえで、環境問題への活動に対して「今は悲観する時ではない。恐れや疑念は良い考え方ではない」などと述べました。
「トランプ大統領の殺害に3億円」イランの国会議員
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「トランプ大統領の殺害に3億円」イランの国会議員  イランの国会議員がアメリカのトランプ大統領を殺害した人に日本円で約3億円の懸賞金を出すと表明しました。  アフマド・ハムゼイ議員は21日に議会で演説し、「我々はトランプ大統領を殺害した者に現金300万ドル(日本円で約3億円)の懸賞金を出す」と明らかにしました。3日にイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官がアメリカ軍の空爆で殺害されたことに対する報復だとしています。ただ、この決定が最高指導者ハメネイ師らイランの指導部によるものかどうかについては言及しませんでした。また、ハムゼイ議員は「核兵器を持っていればアメリカの脅威から免れていただろう」と述べ、核合意からの速やかな脱退を訴えました。
WHO「緊急事態」先送り トランプ氏は「心配無用」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 WHO「緊急事態」先送り トランプ氏は「心配無用」  WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスに関する緊急の会合を開き、専門家らが「緊急事態」にあたるかどうかの協議を行いました。  WHOは22日に感染拡大を受けて、中国、日本、タイなど世界各国の専門家らによる緊急会合を開きました。現在の状況が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態にあたるのかどうかの判断が注目されましたが、「より多くの情報が必要だ」として23日も議論を続けることになりました。  アメリカ、トランプ大統領:「我々にはウイルス対策の計画があり、しっかりと対処するだろう。中国も順調だと思っている」  感染者1人が見つかったアメリカのトランプ大統領は「心配する必要は全くない。数千万人に1人の話だ」と楽観的な姿勢を示しています。
米中貿易協議 「第1段階」合意文書に署名
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易協議 「第1段階」合意文書に署名  アメリカと中国は貿易協議を巡る第1段階の合意文書に署名をしました。中国が大量のアメリカ農産品などを購入することなどが盛り込まれました。  トランプ大統領:「我々は中国とかつてない重大な一歩を踏み出す。将来に向けた公平で互恵的な貿易のためのものだ」  アメリカ政府によりますと、米中両国は中国がアメリカ製品の輸入を2年間で約22兆円分増やすことやアメリカ企業に対する技術移転の強要を終わらせることなど7項目で合意しました。アメリカはこれまでに課した関税の一部を削減しますが、約27兆円分の中国製品に対する25%の関税は据え置きます。今後について、トランプ大統領は中国を訪問して次の協議を始める考えを示しましたが、「第3段階は想定していない」とも話しました。トランプ大統領は引き続き据え置いた関税を材料に譲歩を迫る狙いですが、中国によるハイテク産業への補助金政策などの構造問題に迫れるかは不透明です。
北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
「制裁緩和は時期尚早」対北朝鮮で日米韓が連携確認
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「制裁緩和は時期尚早」対北朝鮮で日米韓が連携確認  北朝鮮政策について、日米韓3カ国での緊密な連携を確認しました。  茂木外務大臣:「今の段階で制裁緩和は時期尚早だと、そういう議論をさせて頂きました」  アメリカを訪れている茂木大臣は14日、サンフランシスコ近郊でアメリカのポンペオ国務長官、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談しました。会談では、米朝対話を通じて北朝鮮の非核化を目指すというアメリカの取り組みを支持することで合意しました。また、茂木大臣は日本人拉致問題の早期解決に向けてアメリカと韓国に改めて協力を呼び掛けました。