「トランプ 北朝鮮 ベトナム」の検索結果

「トランプ 北朝鮮 ベトナム」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ 北朝鮮」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

“本格論戦”予算委始まる まずは与党の苦言から
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “本格論戦”予算委始まる まずは与党の苦言から  国会では10日から予算委員会での本格論戦がスタートしました。最初に質問に立ったのは「ポスト安倍」を目指す自民党の岸田政調会長です。  (政治部・前田洋平記者報告)  岸田氏は北朝鮮によるミサイル発射が相次ぐなかで、もっと強い姿勢で臨むべきではないかと苦言を呈しました。  自民党・岸田政調会長:「政府の対応、あるいはこうした北朝鮮の動きに対する説明。これに対する大変な歯がゆさを感じている」  安倍総理大臣:「日米首脳会談で冒頭、私から北朝鮮の短距離弾道ミサイルの発射は安保理決議違反であり、極めて遺憾である旨述べ、トランプ大統領から完全に理解する旨の発言があるなど、累次の機会に確認をしてきているところだ」  また、憲法改正について安倍総理は「国民投票に向けた議論を行い、発議する責任が国会議員にある」と意欲を示しました。9日夜、安倍総理は自民党幹部との会合で「12月に選挙をして勝ったことがありましたね」と語ったということです。野党が改正議論に応じないのであれば衆議院の解散に打って出るとも取れる発言で、波紋を広げそうです。10日午後からは統一会派を結成した野党側が関西電力の問題を中心に質問する予定です。

おすすめの作品

「何も関係ない」トランプ氏、米軍撤退批判に反論
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「何も関係ない」トランプ氏、米軍撤退批判に反論  トランプ大統領はトルコ軍がシリア北部で軍事作戦を展開していることについて、「アメリカと何の関係もない土地だ」とアメリカ軍の撤退は正しい判断と強調しました。  トランプ大統領:「我々の兵士は危険な所にいない。いるべきではない。二つの国が米国と関係のない土地を巡って戦っている」  アメリカ軍の部隊の撤退がトルコのシリア侵攻を招いたとの批判について、トランプ大統領はトルコに攻撃の「青信号を出していない」と話しました。
バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める  トランプ大統領がアメリカ大統領選挙の民主党有力候補であるバイデン前副大統領に関する調査を他の国に依頼していたことについて、バイデン氏はトランプ大統領の弾劾(だんがい)を求めました。  トランプ大統領はバイデン氏の息子の不正なビジネスを疑い、バイデン氏も含めた調査をウクライナや中国に依頼していました。  バイデン前副大統領:「合衆国憲法、民主主義、根本的な高潔さを守るために彼は弾劾されるべきだ」  バイデン氏は疑惑を否定する一方、初めて弾劾を明確に要求しました。民主党の候補者争いの世論調査では8日、平均支持率でエリザベス・ウォーレン上院議員がトップの座を奪っていて、バイデン氏は対決姿勢を鮮明にすることで支持回復の狙いもあるとみられます。一方、トランプ大統領はツイッターで「眠たいジョー・バイデンは少なくとも2つの国から多額の金をせしめたのに、私の弾劾を求めるとは哀れなことだ」とやり返しています。
「安倍総理は39歳になった」トランプ氏が謎の発言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「安倍総理は39歳になった」トランプ氏が謎の発言  日米貿易協定の署名式に立ち会ったトランプ大統領の発言。真意は謎です。  アメリカ・トランプ大統領:「良き友人の安倍総理、誕生日おめでとう。彼はきょう39歳になったんだ」  安倍総理大臣の誕生日は実際は9月21日で、先月で65歳になりました。何とも分かりにくいトランプ大統領のジョークですが、来年の大統領選に向けてアピールできる日本との貿易協定が署名にこぎつけられたため、ご機嫌だったのかもしれません。インターネット上では「10月7日が誕生日だったロシアのプーチン大統領と間違えたのではないか」と臆測が飛び交っています。
トランプ氏 下院議長に「あなたは三流政治家だ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 下院議長に「あなたは三流政治家だ」  下院議長を「三流の政治家だ」と批判しました。  アメリカ軍のシリア北部からの撤退について議会下院が反対の決議案を採決して可決しました。これにトランプ大統領が怒り、ペロシ下院議長に対して「あなたは三流の政治家だ」だと批判したということです。ペロシ下院議長は、トランプ大統領は「怒りすぎて正気を失っていた」とコメントしました。また、トランプ大統領は軍事作戦初日にあたる9日に「強がるな。バカなまねはやめろ!」などと書かれた書簡をトルコのエルドアン大統領に送ったと公表しました。軍事作戦を黙認したとの批判をかわす狙いがあるとみられます。
トランプ大統領 北朝鮮SLBM開発の報告に興味示さず
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 北朝鮮SLBM開発の報告に興味示さず  北朝鮮が2日に発射したとみられるSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)について、トランプ大統領が発射の前に開発の現状に興味を示していなかったとアメリカのメディアが報じました。  アメリカの雑誌「タイム」によりますと、トランプ大統領は北朝鮮のミサイル発射の前に行われた会議で政府高官が北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイルの開発の現状を説明したところ、興味を示さなかったということです。そのうえで、北朝鮮との協議を続けるよう決めたということです。トランプ大統領は2日にミサイルが発射された後も問題視しない姿勢で、「我々は彼らとまもなく話すだろう」と対話を優先させる意向を示しています。
米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価  アメリカと中国は、2カ月半ぶりとなる貿易問題を巡る閣僚級の協議をワシントンで再開しました。トランプ大統領は「非常に良かった」と評価しました。  アメリカと中国は、中国企業によるアメリカ企業の知的財産の侵害などを巡って対立が続いています。アメリカは15日から中国からの輸入品約27兆円分に対して制裁関税を25%から30%に引き上げると表明していますが、協議の進展具合によっては回避する余地も残しています。  アメリカ、トランプ大統領:「中国との協議は非常に良かった。さらに協議をするだろうが、基本的には仕上げにかかっている」  トランプ大統領は11日にホワイトハウスで劉鶴副首相と面会する見通しです。
トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定  アメリカのトランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領への捜査を進めるようウクライナに圧力を掛けた疑惑について、ウクライナの大統領は完全否定しました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「独立国家である米国の選挙にはどんなことがあっても干渉したくない」  ゼレンスキー大統領は10日のインタビューで、トランプ大統領から「脅迫を受けた事実はない」と明言しました。アメリカの下院では、トランプ大統領がウクライナへの軍事支援を再開する見返りにバイデン前副大統領に関する汚職疑惑の捜査を進めるようウクライナ側に依頼したとして弾劾(だんがい)調査が進められています。ゼレンスキー大統領はこの点について「アメリカの軍事支援再開はおろか支援が止まっていたことすら知らなかった」と主張しました。
ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張  ウクライナの企業から巨額の利益を得ていたとトランプ大統領が批判している民主党のバイデン前副大統領の息子がインタビューに応じ、自らの潔白を主張しました。  ハンター・バイデン氏は父親のジョー・バイデン氏が副大統領の任期中の2014年にウクライナのガス会社の幹部を務めた経緯があり、トランプ大統領はバイデン氏の立場を利用した不正な取引を疑っています。  ハンター・バイデン氏:「私は間違いを犯したか?俯瞰(ふかん)してみれば多分、そうだろう。ただ、倫理的に間違ったことは一切していない」  アメリカのテレビでインタビューに応じたハンター氏はガス会社の幹部を務めたことでトランプ大統領に批判の余地を与えたとの認識を示し、「まずい判断だった」と話しました。そのうえで「間違ったことは何もしていない」とトランプ大統領の指摘を否定しました。
来年のG7 トランプ氏親族のゴルフリゾートで開催へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 来年のG7 トランプ氏親族のゴルフリゾートで開催へ  アメリカが議長国を務める来年のG7サミットについて、ホワイトハウスはトランプ大統領の親族が運営するゴルフリゾートで開催することを正式に発表しました。  米・マルバニー首席補佐官代行:「第46回G7サミットを来年6月10日から12日までフロリダ州マイアミの『トランプ・ナショナル・ドラル』で行う」  ホワイトハウスの説明では都市部から離れた立地や広い敷地が評価され、12カ所の候補地から選ばれたということです。「トランプ・ナショナル・ドラル・マイアミ」は複数のゴルフコースやスパなどがあって高級リゾートとして知られていますが、この数年は利益が減り、大統領によるブランドイメージの悪化が指摘されていました。ホワイトハウスは「施設側は利益を上げない」と説明していますが、外国政府からの報酬を禁止する合衆国憲法に抵触する恐れが指摘されています。
前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」  アメリカのトランプ大統領が中国に対してバイデン前副大統領の疑惑を調査するよう求めたことについて、中国は「調査の意思はない」と拒否しました。  中国外務省報道官:「お分かりのように中国は一貫して内政不干渉の原則を堅持している。我々はアメリカの内政問題に介入する意思はない」  中国外務省は8日、会見で「内政問題には介入しない」と述べ、トランプ大統領が求めている中国側でのバイデン氏の調査は行わないことを明言しました。バイデン氏は来年のアメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びでトップ争いを繰り広げています。すでにウクライナに調査を求めているトランプ大統領ですが、「中国もバイデン氏を調査するべきだ」と主張していました。