「トランプ 北朝鮮」の検索結果

「トランプ 北朝鮮」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

米の“外出自粛”4月30日まで延長 トランプ氏発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米の“外出自粛”4月30日まで延長 トランプ氏発表  アメリカでは新型コロナウイルスの感染者が14万人を超え、トランプ大統領は外食などの自粛を求める行動の指針を来月末まで延長すると発表しました。  アメリカ政府が今月中旬に発表した外食などの自粛を求めた指針について、トランプ大統領は今月末の期限を前に来月30日までの延長を発表しました。  トランプ大統領:「致死率は2週間後に最も高くなると推定されている」  トランプ大統領は来月12日のキリスト教の復活祭までに経済活動を正常化して、ウイルスの影響が比較的小さい地域では指針を緩和することを検討していました。しかし、29日に事態の深刻化を受けて国全体を対象により長い期間の自粛に踏み切り、「6月1日までには回復の軌道に乗るだろう」と修正しました。また、トランプ政権の感染症対策にも関わる専門家は、死者の数がアメリカで10万人から20万人に上る可能性があると話しました。
「GM」に人工呼吸器の生産を命令 トランプ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「GM」に人工呼吸器の生産を命令 トランプ大統領  トランプ大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大で不足する人工呼吸器の生産を自動車大手の「ゼネラル・モーターズ」に命じました。  トランプ大統領:「国防生産法に基づき、GM社に連邦政府との人工呼吸器の契約を受け入れ、優先するよう命じた」  アメリカ国内で数十万台が必要とされる人工呼吸器について、トランプ大統領は朝鮮戦争の際に成立した国防生産法に基づき、自動車メーカー大手のゼネラル・モーターズに製造を命じました。ゼネラル・モーターズも医療機器メーカーとともに製造することを発表しています。また、外出禁止などの生活の制限の解除を急ぐトランプ大統領は、日常の行動に関する新たな指針を来週にも発表する意向を示しました。
トランプ氏2度目も陰性 検査理由は好奇心から?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏2度目も陰性 検査理由は好奇心から?  アメリカのトランプ大統領は新型コロナウイルスの2度目の検査を受け、陰性だったことを発表しました。  トランプ大統領:「14分ぐらいで結果が出た。どのぐらい早く結果が出るか体験したかった。非常に簡単だった」  トランプ大統領は2回目の検査を受けた必要性については言及せず、検査の理由を好奇心からと説明しました。そのうえで、先月下旬に承認された約15分で結果が分かる検査キットの性能をアピールしました。また、アメリカ政府はこれまで市民に対してせきなどの症状がない限りマスクの着用を勧めていなかった指針を変えることを検討していますが、トランプ大統領は「義務的なものにはならないだろう」とマスクの着用を個人に任せる姿勢を強調しました。
トランプ大統領「私はしない」が国民にマスク推奨
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領「私はしない」が国民にマスク推奨  トランプ大統領は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療関係者ではない国民に対してもマスクや布の着用を勧める方針を示しました。  トランプ大統領:「CDC(疾病対策センター)は自発的な衛生対策として布を使って顔を覆うことを勧める。自主的なものだ。私はしないと思う」  アメリカではこれまで、せきなどの症状がない国民にはマスクの着用は勧められていませんでしたが、症状のない感染者が無意識に感染を拡大させる懸念が広がって方針を変えた形です。トランプ大統領は、マスクの着用を一律に勧めることは不安をあおるとして否定的だとされていました。「着用は自主的なもの」だと強調し、自らも「しないだろう」と話しました。  一方、トランプ大統領は11月に予定されているアメリカの大統領選について、予定通り実施されるという考えを示しました。ジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、アメリカでは約27万7000人の感染が確認され、7000人以上が死亡しています。
第142話 戦え!トランプ下克上
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第142話 戦え!トランプ下克上 公園前派出所でトランプゲーム「大富豪」の壮絶なバトルが繰り広げられた。
人工呼吸器めぐりトランプ氏「使わないなら手放せ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 人工呼吸器めぐりトランプ氏「使わないなら手放せ」  病院が人工呼吸器をため込んでいると指摘しました。  トランプ大統領:「食料品店での買いだめと変わらない。人工呼吸器を手放さなければいけない」  トランプ大統領は29日、人工呼吸器を含む医療機器をため込んでいる病院があると指摘し、「使う予定が全くない病院は手放さなければいけない」と訴えました。また、人工呼吸器の製造を命じた自動車メーカー大手「ゼネラル・モーターズ」について、「(人工呼吸器の製造に)非常に懸命に取り組んでいる」と述べ、感謝の意を示しました。ロイター通信によりますと、ゼネラル・モーターズは夏までに月に1万台の製造を目指すということです。
中国 WHOは「高く称賛」 トランプ氏の批判に反論
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 WHOは「高く称賛」 トランプ氏の批判に反論  新型コロナウイルスへの対応を巡り、アメリカのトランプ大統領がWHO(世界保健機関)を「中国に肩入れしている」と批判したのに対し、中国政府は「国際的に称賛されている」と評価しました。  中国外務省は会見で、WHOについて「最も権威がある専門的な組織としてウイルスと闘う重大な役割を果たした」と評価しました。さらに「国際社会に認められ、高く称賛されている」として「今後も重要な役割を果たすことを支持する」と強調しました。一方、トランプ大統領はWHOについて「中国に肩入れしている。不満に思っている人も多い」などと批判しています。WHOの一連の対応を巡っては批判的な声も上がっていて、テドロス事務局長の辞任を求める署名は26日までに53万人を超えています。
「呼吸や会話でも感染」トランプ政権に研究者が指摘
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「呼吸や会話でも感染」トランプ政権に研究者が指摘  新型コロナウイルスの感染拡大が続くアメリカで、研究者が「通常の呼吸や会話だけで感染する恐れがある」とホワイトハウスに指摘していたことが分かりました。  トランプ大統領は3日、これまでの方針を転換してアメリカ国民にマスクや布で鼻や口を覆うよう勧める方針を示しました。これに先立ってアメリカ科学アカデミーはホワイトハウスに書簡を送り、このなかで、くしゃみやせきといった飛沫(ひまつ)に加え、通常の呼吸や会話だけでもウイルスが広がって感染する可能性を示したということです。症状のない感染者から無意識に感染を広げる恐れがあるとして、トランプ大統領がマスクなどを推奨するきっかけになったとみられています。
トランプ氏発言にNY州知事が「宣戦布告だ」と反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏発言にNY州知事が「宣戦布告だ」と反発  感染の拡大が深刻なアメリカではトランプ大統領がニューヨーク州などを事実上、封鎖する措置を検討していることに対し、ニューヨーク州の知事が「州への宣戦布告だ」と激しく反発しました。  ニューヨーク州・クオモ知事:「これは連邦政府による州への宣戦布告だ。完全封鎖は中国・武漢で行われたことで、我々は中国でもないし、戦時中でもない」  ニューヨーク州のクオモ知事は28日にCNNに出演し、強制的な移動制限によって州が完全に封鎖されれば「大混乱や破壊的な影響を招き、数カ月にわたって経済をさらに落ち込ませる」と非難しました。一方、トランプ大統領はツイッターで、強制的な移動制限は「必要ない」と発言を撤回しました。最終的にCDC(米疾病対策センター)がニューヨークやニュージャージーなど3つの州の住民に対して国内での旅行を14日間、自粛するよう勧告しました。生活に不可欠な物流や医療関連、金融サービスの従事者には適用されないとしています。CDCは「実施については州知事に裁量がある」として、強制力を伴わないものとなります。
銃販売も「生活に不可欠」 外出禁止令下も営業認可
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 銃販売も「生活に不可欠」 外出禁止令下も営業認可  銃の販売も「生活に不可欠だ」と認めました。  アメリカで新型コロナウイルスの感染が広がるなか、外出禁止令が出された州では生活必需品を扱う店以外は営業を禁じられるところもあります。トランプ政権は営業を認める生活に不可欠な業種について、食料品の販売や医療などと同じように、銃の販売や射撃の練習場を新たに指定しました。アメリカのメディアによりますと、全米射撃協会が「自己防衛の権利がある」などと主張する書簡を送るなど、トランプ政権に働き掛けたということです。
新型コロナウイルス巡り対立の米中首脳が電話で会談
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナウイルス巡り対立の米中首脳が電話で会談  新型コロナウイルスを巡ってアメリカと中国が対立を深めるなか、27日にトランプ大統領と習近平国家主席が電話で会談しました。  会談後、トランプ大統領は自身のツイッターに「新型コロナウイルスについて詳細な議論をした」「中国は新型コロナウイルスの知見を持っていて、緊密に協力している」と投稿しました。一方、中国国営メディアは、習主席は「中国国民はアメリカが早く感染を食い止めるよう願っている」「両国は感染の拡大の防止で団結すべきだ」と述べ、互いが協力する必要性を強調したと報じています。ウイルスの発生源を巡って両国は非難の応酬を続けていて、このタイミングで両首脳が直接話すことで対立の激化を避ける狙いがあるとみられます。
米で220兆円規模の経済支援策も…NYダウ大幅下落
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米で220兆円規模の経済支援策も…NYダウ大幅下落  新型コロナウイルスの感染拡大で失速するアメリカ経済の下支えのため、トランプ大統領は2兆ドル、日本円で220兆円規模の経済支援策に署名しました。  トランプ大統領が署名して正式に成立した経済支援策は議会で超党派による賛成で可決され、個人と企業両方への支援が柱になっています。大人に最大1200ドル、子どもには500ドルの現金給付のほか、企業向けには経営が悪化しているホテルや外食産業、航空会社への資金支援や従業員への給与支払いの資金として中小企業への融資が行われます。しかし、巨額の経済対策にもかかわらず、27日のニューヨーク市場のダウ平均株価は前日より900ドル以上、値を下げて取引を終えています。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
新型コロナ対策で暴動が…世界で混乱広がる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ対策で暴動が…世界で混乱広がる  新型コロナウイルスの患者に対応する施設を設置しようとしたところ、住民が暴動を起こしました。  アフリカ・コートジボワールでは医療施設の建設に抗議する住民らが暴れ、火を放ちました。ニュ―ヨークでは悲しみに暮れる人々も隣り合うことは許されません。  コロナウイルスに振り回される人類。イギリスの首相も、その一人です。ジョンソン首相は今も病院で治療を受けています。  首相代理に任命されたラーブ外相:「首相は聖トーマス病院の優秀な医療チームのもとで安全な状態です」  一方、トランプ大統領は…。  トランプ大統領:「ボリス(ジョンソン首相)の医師たちと連携し、手助けできるか検討していく。ICU(集中治療室)に運ばれるということは『重篤な状態』ということだ」  そんななか、世界で関心が高まるのがマスクです。スペインの工場では約200万枚が盗まれました。マスクの習慣がないアメリカも様変わりしています。  一方、WHO(世界保健機関)は医療関係者のマスク不足が悪化する懸念があるとして、適切な対応を求めています。
#9 神様がくれた最後のチャンス
恋する♥週末ホームステイ-Season8 #9 神様がくれた最後のチャンス ▷大阪男子×東京女子▷ ▼「真剣佑に…!」『しょうけい』勝負のイメチェンで脱“お兄ちゃん”!? ▼恋トランプが連敗男子にチャンスを与える!?運命が味方するのは誰? ▷関東男子×東北女子▷ ▼最後の2日間。運命の恋トランプがすれ違う想いを結びつける? ▼「ずっと一緒にいたいのはあなた」オクテ女子の精一杯の手紙の想い。
“香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 “香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!!
無料
WinTicket ミッドナイト競輪 100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!! グラビアアイドル・林ゆめ、そして麻雀界最速最強・多井隆晴が登場! 多井は競輪でも独自の予想ロジックでその最強っぷりを発揮!高額的中を知らせるパトランプを多井自身が鳴らしまくる。 しかし、その多井を超える奇跡の超高額的中が発生!100万円を超える払い戻し額に一同空いた口が塞がらない!?
Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
#7 甘キュン!サプライズ。
恋する♥週末ホームステイ 2019・秋「約束」 #7 甘キュン!サプライズ。 ▷関西女子×全国センバツ男子▷ 『ここ』をめぐる男子の戦いは白熱。そんな中、『りゅーの』が特技を生かしたサプライズ、勝負をかける。さらに「運命の恋トランプ」がメンバーの心を揺さぶる。意中のペア、意外なペア、それぞれの想いが交錯する中、『ましろ』が『ともき』を呼び出す...。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
布製マスク効果あり?「役立つ可能性」米当局も注目
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 布製マスク効果あり?「役立つ可能性」米当局も注目  アメリカの当局に布製マスクの効果を認めようとする動きが出ています。  ワシントン・ポストは2日、アメリカの保健当局のCDC(疾病対策センター)の内部資料を明らかにし、「布製マスクは新型コロナウイルスの感染リスク軽減に役立つ可能性がある」と報じました。マスクの着用を巡って公共の場では感染拡大の防止につながるとして、トランプ政権の対策チームは指針の見直しを検討しているということです。
サンダース上院議員が米民主党指名争いから撤退
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サンダース上院議員が米民主党指名争いから撤退  アメリカのサンダース上院議員が民主党の大統領候補者の指名レースからの撤退を表明しました。  サンダース氏が掲げる国民皆保険などのリベラル色の濃い政策が党内で敬遠され、中道派のバイデン前副大統領に大きくリードを許していました。サンダース氏の撤退表明でバイデン前副大統領の指名は確実となり、11月の大統領選挙は再選を目指すトランプ大統領とバイデン前副大統領による対決となります。
#10 アンネの憂鬱
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #10 アンネの憂鬱 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「少しの間、目をつむってて」最後の夜に『アル』が『らいりー』に甘い贈り物。 ▼“運命は変えられる”告白直前、『らいりー』『そう』『アレク』それぞれの片思いが動き出す。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼一寸先は闇…告白前夜にすれ違い始めた心。それぞれの思いが歯車を狂わせる。 ▼『運命の恋トランプ』が傷心の『しんや』に大逆転の奇跡を運ぶ。
#6 告白。また明日、って言いたかったな。【ビデオ限定 恋ステドリーマーズ さくら編】
無料
恋する♥週末ホームステイ 2020春 #6 告白。また明日、って言いたかったな。【ビデオ限定 恋ステドリーマーズ さくら編】 ■みどころ 桜の静岡で「運命の恋トランプ」が心をかき乱す。そして迎えた3週目の日曜。「告白」を示す赤いチケットが使用される。旅を終えるメンバーは、そして思いを告白するメンバーは誰なのか?
アメリカに変化!? マスク推奨 罰金導入も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカに変化!? マスク推奨 罰金導入も  アメリカではトランプ政権が国民にマスクの着用を勧める方針を示したことでマスクを着ける人が急増し、手作りのマスクも推奨されています。  アメリカではマスクを着ける習慣がありませんが、新型コロナウイルスの感染が拡大するにつれて着用する人が増えています。政府は手作りマスクの作り方を公開し、品不足が深刻な医療用のマスクは使わないよう呼び掛けています。  マスクを初着用:「想像していたほどは悪くないわ」  カリフォルニア州リバーサイド郡など複数の自治体は今月末まで、外出の際にはマスクなどで鼻と口を覆うことを義務付けました。違反すると最大で1000ドル=約11万円の罰金が科されます。
#5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】
恋する♥週末ホームステイ 2020・冬「勇気」 #5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】 ▷北海道・東北女子×全国センバツ男子▷ 2週目のホームステイも最終日。傷心同士、急接近の『とわ』と『みく』、『スタンリー』を一途に想う『おうた』、『たくま』に想いを告げられない『ゆうな』。そんな中、「運命の恋トランプ」によってこれまでの関係性が大きく動く事件が。『スタンリー』の号泣の理由は?
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
「6月初旬にも」感染拡大の歯止め時期 米副大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「6月初旬にも」感染拡大の歯止め時期 米副大統領  アメリカ政府で新型コロナウイルスの対策チームを率いるペンス副大統領は、アメリカ国内の感染拡大に歯止めがかかる時期について「6月上旬にも可能」との認識を示しました。  アメリカ、ペンス副大統領:「このまま対策を取り続ければ、6月上旬のどこかの段階までに感染拡大は大きく抑えられるだろう」  ペンス副大統領はこのように述べましたが、感染拡大について警戒を緩めない姿勢も強調しています。トランプ大統領は「今後、2、3週間でピークを迎える」と述べています。一方、国防総省は70人以上の感染者が報じられた原子力空母「セオドア・ルーズベルト」について一部の乗組員を残し、半数以上にあたる約2700人を数日以内に下船させて隔離する方針を示しました。
#35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク! "今回のゲストはカンニング竹山さん! 韓国への輸出規制強化を中心に冷え込む日韓関係について橋下さんが思う事とは? 自らも訪問した福島の現在について竹山さんが熱く語る! 他にも「トランプ大統領の人種差別的発言」や「参議院選挙」など 炎上覚悟の二人のほろ酔いトークが大展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT "