「トランプ 無料」の検索結果

「トランプ 無料」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「大統領からの明確な指示」 ウクライナ疑惑で証言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「大統領からの明確な指示」 ウクライナ疑惑で証言  アメリカのトランプ大統領のウクライナ疑惑を巡り、トランプ大統領が任命したEU(ヨーロッパ連合)大使がウクライナへの働き掛けについて「大統領の明確な指示があった」と議会で証言しました。  アメリカ、ソンドランド駐EU大使:「トランプ大統領からの明確な指示に基づいて(トランプ大統領の顧問弁護士の)ジュリアーニ氏とともにウクライナに働き掛けた」  ウクライナ疑惑では、来年の大統領選挙の民主党・バイデン候補に関するスキャンダル調査をトランプ大統領がウクライナに求めていたかどうかが焦点になっています。トランプ大統領が任命したソンドランド大使は公聴会で、ウクライナのゼレンスキー大統領がホワイトハウスを訪問する見返りにバイデン氏の調査を求めたことを認めました。さらに、政権幹部と情報を共有していたと証言しました。  トランプ大統領:「私は大使のことをよく知らない。彼とはあまり話したことがない」  ソンドランド大使の証言を受け、トランプ大統領は大使のことをよく知らないとしたうえで「大使に『何が欲しいか?』と聞かれたので、何も要らないと答えた」などと釈明しました。野党・民主党は権力の乱用や収賄にあたる可能性があるとして、トランプ大統領の弾劾(だんがい)決議に向けて攻勢を強める構えです。
トランプ氏「合意しなければ関税上げる」中国に警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏「合意しなければ関税上げる」中国に警告  アメリカのトランプ大統領は、中国との貿易問題で近く署名を目指す部分合意について「合意しなければ関税を大きく引き上げる」と中国に警告しました。  トランプ大統領:「合意できなければ関税を大きく引き上げる。非常に大幅にだ」  トランプ大統領は「中国との第1段階の合意への署名は近く行われる可能性がある」とした一方で、「アメリカにとって良いものでなければ受け入れない」と牽制(けんせい)しました。トランプ大統領は先月に「第1段階の合意に達した」と明らかにしましたが、関税の一部撤回を巡って中国と主張が食い違うなど、協議は続いています。来月中旬にはこれまで制裁関税がかけられていない中国製品に新たな制裁関税を発動する予定で、トランプ大統領は関税をちらつかせて中国の譲歩を求めたい考えです。
ウクライナ疑惑で米高官 トランプ氏発言「不適切」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ウクライナ疑惑で米高官 トランプ氏発言「不適切」  トランプ大統領を巡るいわゆる「ウクライナ疑惑」でアメリカの政府高官が公聴会で証言し、ウクライナの大統領と電話会談した際のトランプ大統領の発言に「不適切だ」と懸念を持ったと明らかにしました。  ホワイトハウスの高官・ビンドマン氏:「電話会談に懸念を持った。米大統領が政敵の調査を外国政府に求めるのは不適切だ」  NSC(国家安全保障会議)の高官・ビンドマン氏は、7月にトランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談を聞いていた際、トランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領に関する調査をウクライナ側に求めたことに懸念を持ち、NSCの顧問弁護士に報告したと証言しました。また、ウクライナとの国力の差を考えると、トランプ大統領の要求は命令に近いものだったという認識を示しました。
公聴会で現役外交官証言「トランプ氏が調査求めた」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 公聴会で現役外交官証言「トランプ氏が調査求めた」  アメリカ、トランプ大統領のウクライナ疑惑に関する公聴会で、トランプ大統領が軍事支援と引き換えにウクライナ側にバイデン前副大統領のスキャンダルを調査するよう求めたと現役の外交官が証言しました。  テイラー駐ウクライナ臨時代理大使:「電話でトランプ大統領が(私の上司の)大使に『調査』について尋ねているのが聞こえた。大使はウクライナ政府が調査を始める用意があると答えていた」  テイラー駐ウクライナ臨時代理大使は、調査を始めなければウクライナへの軍事支援は行われない条件だったとの認識を示しました。来年の大統領選挙におけるトランプ大統領の再選のため、外交政策がゆがめられる経緯が明らかにされました。一方、与党の共和党議員は「ウクライナ大統領が疑惑を公に否定している」と反論しました。野党・民主党は年内の弾劾(だんがい)訴追を目指す考えですが、共和党が多数の上院でトランプ大統領の違法行為が認定される見通しは立っていません。
「大統領の指示で行った」 米国務省幹部が証言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「大統領の指示で行った」 米国務省幹部が証言  アメリカ議会下院ではトランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る公聴会が開かれ、現役の国務省幹部がウクライナ側への働き掛けを「大統領の指示で行った」と証言しました。  アメリカ、ソンドランド駐EU(ヨーロッパ連合)大使:「トランプ大統領からの明確な指示に基づいて(トランプ大統領の顧問弁護士の)ジュリアーニ氏とともにウクライナへの働き掛けを行った」  ウクライナ疑惑では、来年の大統領選挙の民主党・バイデン候補に関するスキャンダル調査をトランプ大統領がウクライナ側に求めていたかどうかが焦点となっています。公聴会でソンドランド大使は、ウクライナのゼレンスキー大統領のホワイトハウス訪問と引き換えにバイデン氏の調査を求めたことを認めました。さらに、政権幹部とも情報を共有していたと証言しました。野党・民主党は権力の乱用や収賄にあたる可能性があるとして、弾劾(だんがい)決議に向けて攻勢を強める構えです。
米政府VSカリフォルニア州 トヨタなどにとばっちり
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米政府VSカリフォルニア州 トヨタなどにとばっちり  トランプ大統領とカリフォルニア州の対立でトヨタなどがとばっちりです。  アメリカ・カリフォルニア州のニューサム知事は、環境政策でトランプ政権を支持する立場を表明したトヨタや日産、GMなどからの公用車の購入を来年1月から停止すると発表しました。一方で、カリフォルニア州独自の厳しい環境規制を遵守(じゅんしゅ)するホンダやフォードなどからの購入は継続します。カリフォルニア州は地球温暖化対策などに後ろ向きなトランプ政権と激しく対立しています。トヨタと日産は対立のとばっちりを受けた形です。
北朝鮮がトランプ氏に「無益な会談には興味はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮がトランプ氏に「無益な会談には興味はない」  北朝鮮メディアは、アメリカのトランプ大統領が「近いうちに会おう」と呼び掛けたことに対して「無益な会談には興味はない」などとする談話を発表しました。  朝鮮中央通信は18日、「我々は無益な会談には興味を持たない」とする金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問の談話を発表しました。トランプ大統領が17日にツイッターで金正恩委員長に対して「近いうちに会おう」と呼び掛けたことに、談話で金桂冠顧問は「時間稼ぎ」と一蹴しました。さらに「これ以上、アメリカの大統領に自慢の材料を与えない」としたうえで、「対話のためには我々を敵とみなす政策を撤回するべきだ」と強調しました。北朝鮮としては、非核化交渉の「期限」とする年末を前にアメリカから譲歩を引き出したい狙いがあるとみられます。
トランプ氏、正恩氏に「適切に導けるのは私だけ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏、正恩氏に「適切に導けるのは私だけ」  アメリカのトランプ大統領は北朝鮮の金正恩委員長に対して「近いうちに会おう」と呼び掛け、再会談の早期の実現に意欲を示しました。  アメリカは北朝鮮と先月に行った非核化を巡る実務者協議も進まず、北朝鮮の反発に配慮する形で今月に実施する予定だった米韓の合同軍事演習を延期すると17日に発表しています。こうしたなか、トランプ大統領は17日にツイッターで、金委員長に対して「あなたを適切な場所に導けるのは私だけだ」と強調し、「早く行動して合意をまとめるべきだ。近いうちに会おう」と呼び掛けました。また、朝鮮中央通信が金委員長への批判を続けるアメリカのバイデン前副大統領を「狂犬」と呼んだことについて「ジョー・バイデンは眠たそうでとても動きが遅いかもしれないが、『狂犬』ではない。いくらかはましだ」と大統領選挙の有力なライバルであるバイデン氏を皮肉交じりに擁護しました。
トランプ政権が「思いやり予算」の大幅増額を要求
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 トランプ政権が「思いやり予算」の大幅増額を要求  トランプ政権が「思いやり予算」の大幅増額を要求していました。  アメリカのボルトン大統領補佐官は今年7月に来日し、当時の河野外務大臣らと会談しました。日本政府関係者によりますと、そのなかでボルトン氏は在日アメリカ軍駐留経費の日本側の負担、いわゆる「思いやり予算」について今年度の約2000億円から大幅に増やすよう求めたということです。アメリカの外交誌は約4倍に増やすよう要求したと報じています。菅官房長官は18日に「合意に基づいて適切に分担されている」と述べ、今の額が適正だという考えを示しました。
トランプ氏政策に対抗?自動車ショーでエコカー続々
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏政策に対抗?自動車ショーでエコカー続々  トランプ大統領がパリ協定からの離脱を通告して地球温暖化対策に逆行する政策を進めるなか、アメリカ・カリフォルニア州で自動車ショーが始まり、最新のエコカーが次々と登場しました。  20日に公開されたロサンゼルスモーターショーには約1000台が展示されています。トヨタが家庭で充電できるプラグインハイブリッドで初めてのスポーツ多目的車を発表したほか、アメリカのフォードは新型の電気自動車などを出展しました。アメリカでは大型のガソリン車の人気が依然、高いものの、各メーカーともカリフォルニア州の厳しい環境規制に対応して脱炭素・電動化の動きを加速させています。
ボリビア大統領がメキシコに亡命 トランプ氏は歓迎
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ボリビア大統領がメキシコに亡命 トランプ氏は歓迎  大統領選挙後の混乱で辞任を表明していた南米ボリビアのモラレス大統領がメキシコに亡命しました。  ボリビアでは大統領選挙での不正疑惑をきっかけに抗議デモが続き、モラレス大統領は10日に辞任を表明していました。南米メディアによりますと、モラレス大統領はボリビア国内で行方をくらましていましたが、12日に亡命先のメキシコに到着しました。また、暫定大統領には上院のアニュス副議長が就任するということです。反米色が強い左派政権が崩壊したことでアメリカのトランプ大統領は歓迎する声明を出しました。一方、ベネズエラのマドゥロ大統領ら中南米の左派政権の指導者は「アメリカが仕組んだクーデターだ」などと批判しています。
イスラエルの入植活動「国際法矛盾せず」米国務長官
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イスラエルの入植活動「国際法矛盾せず」米国務長官  アメリカのポンペオ国務長官は国際社会から批判を浴びてきたイスラエルによる、ヨルダン川の西岸地区での入植活動について国際法違反ではないとの認識を示しました。  ポンペオ米国務長官:「トランプ政権はオバマ政権時代のイスラエル入植に関する政策を取り消す。ヨルダン川西岸での入植は国際法に矛盾しない」  ヨルダン川の西岸地区を巡っては1967年の第3次中東戦争でイスラエルが占領してから入植活動を進め、国連などの国際社会から「違法だ」と批判を受けてきました。トランプ大統領はイスラエル寄りの政策を続けていて、大統領選挙を来年に控えてアメリカ国内のキリスト教保守派からの支持を固める狙いがあるとみられます。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
#9 神様がくれた最後のチャンス
恋する♥週末ホームステイ-Season8 #9 神様がくれた最後のチャンス ▷大阪男子×東京女子▷ ▼「真剣佑に…!」『しょうけい』勝負のイメチェンで脱“お兄ちゃん”!? ▼恋トランプが連敗男子にチャンスを与える!?運命が味方するのは誰? ▷関東男子×東北女子▷ ▼最後の2日間。運命の恋トランプがすれ違う想いを結びつける? ▼「ずっと一緒にいたいのはあなた」オクテ女子の精一杯の手紙の想い。
Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
安倍総理の総裁任期 甘利氏「4期目もあり得る」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理の総裁任期 甘利氏「4期目もあり得る」  安倍総理大臣の自民党総裁任期に4期目もあり得るとの見方を示しました。  自民党・甘利税調会長:「任期がきたから皆さんさよならで済むのか。(他国から)ちょっと待ってよ、シンゾーがいなくなったらどうなんだという声が出た時にどうするか」  自民党の甘利税調会長は、2021年に総裁任期を迎える安倍総理について、トランプ大統領などを念頭に「強烈な個性の指導者をつないでまとめていける人はなかなかいない」と指摘しました。そのうえで、外交面での役割を継続するよう期待された場合には4期目もあり得るとの見方を示しました。
#10 アンネの憂鬱
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #10 アンネの憂鬱 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「少しの間、目をつむってて」最後の夜に『アル』が『らいりー』に甘い贈り物。 ▼“運命は変えられる”告白直前、『らいりー』『そう』『アレク』それぞれの片思いが動き出す。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼一寸先は闇…告白前夜にすれ違い始めた心。それぞれの思いが歯車を狂わせる。 ▼『運命の恋トランプ』が傷心の『しんや』に大逆転の奇跡を運ぶ。
第1話
結婚契約 第1話 夫に先立たれたヘスは、借金取りに追われながら娘のウンソンを1人で育てていた。レストラン「プロミス」の求人に応募しに行った日、ウンソンが車にひかれそうになり、助けたヘスが気を失ってしまう。車を運転していたジフンはヘスを病院へ運ぶが、当たり屋だと勘違いし、厳しい言葉を投げつける。だが、実は彼が「プロミス」の経営者だった。そのジフンは、実の母親がすぐにも肝移植を受けなければならない状態だと知らされ...
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
「独身の日」大セール 依然として模倣品の販売も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「独身の日」大セール 依然として模倣品の販売も  11月11日は中国で「独身の日」です。この日に合わせて行われるネット通販大手「アリババ」の大型セールでは毎年、巨額の売り上げを記録していますが、有名ブランドの模倣品も販売され続けています。  11月11日は中国で独身の日と呼ばれ、ネット通販大手「アリババ」が実施する恒例の大型セールでは開始から1時間で1兆5000億円の売り上げを記録しました。米中貿易交渉でアメリカのトランプ政権は中国の知的財産権侵害を問題視していますが、通販サイトでは依然として有名ブランドの模倣品が販売されています。アリババもビッグデータを活用するなどして模倣品対策を強化していますが、出品者が偽物の販売を強行するいたちごっこが続いています。
ファーウェイ禁輸措置 中国政府が撤回要求
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ファーウェイ禁輸措置 中国政府が撤回要求  アメリカが中国の通信機器大手「ファーウェイ」に対する禁輸措置を続けていることに、中国政府は「不公平な扱いだ」と禁輸撤回を改めて求めました。  アメリカがファーウェイに対する禁輸措置を続けていることに中国外務省は19日、改めて禁輸措置の撤回を求めたうえで、「経済・貿易問題を政治化することはやめるべき」と非難しました。トランプ政権は安全保障上の脅威になるとして、5月にファーウェイとその子会社を禁輸対象リストに加えました。この措置に対してアメリカ商務省は18日、保守など一部に限って禁輸措置の猶予期間をさらに90日間、延長しました。ファーウェイは声明で「不当な待遇を受けているという事実を変えるものではない」と禁輸対象からの除外を求めています。
#35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク! "今回のゲストはカンニング竹山さん! 韓国への輸出規制強化を中心に冷え込む日韓関係について橋下さんが思う事とは? 自らも訪問した福島の現在について竹山さんが熱く語る! 他にも「トランプ大統領の人種差別的発言」や「参議院選挙」など 炎上覚悟の二人のほろ酔いトークが大展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT "
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
#2:2番目なんていない!
無料
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #2:2番目なんていない! あみだくじで決まった2グループに分かれてのデート♡ 前回男子から気になる女子に渡されたブレスレット。「脈アリ」の場合は女子がブレスレットを着けてくる! さらに、女子会では「運命のトランプゲーム」によって女子が会いたい男子を指名してデートできる権利を争う展開に!
米中貿易協議で米高官「閣僚で部分合意の署名も」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易協議で米高官「閣僚で部分合意の署名も」  話し合いが続いているアメリカと中国の貿易協議について、ホワイトハウスの高官は閣僚級による部分合意の署名をワシントンで行うこともあり得ると述べました。  クドロー国家経済会議委員長:「両首脳がこれまでにも言っているように、閣僚級での署名も可能だ。(閣僚らが)ここに来てそこの2階の私のオフィスで署名式をしてもらってもいい」  アメリカと中国の実務担当者は交渉の「第一段階」である部分合意を目指して最終的な詰めの作業を進めています。合意には中国がアメリカ産の農産品を大量に購入する代わりにアメリカは中国への制裁関税を撤廃することなどが盛り込まれる見込みです。トランプ大統領と習近平国家主席の合意署名がAPEC(アジア太平洋経済協力会議)中止のためにめどが立たないなか、閣僚級での署名の可能性を示すことで中国側に早期の合意を促す狙いがあるとみられます。
「クレージーだ」トランプ氏自らの再選の為に他国と取引か 負け戦とも思える米下院の思惑とは?
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 「クレージーだ」トランプ氏自らの再選の為に他国と取引か 負け戦とも思える米下院の思惑とは? ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
#94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる!
NEWS RAP JAPAN #94 HI-KING TAKASEと見取り図盛山が初登場で盛り上げる! What'sUPNEWS「安倍首相、悪夢のような民主党政権」「トランプ氏6割が自由時間に反論」「バイトの不適切堂が相次ぐ」などマイクリレーで注目ニュースを紹介! 「ふるさと納税でAmazonギフト券ありなし」バトルでは初登場HI-KING TAKASEが3対1で立ち向かう! NEWSRAPANTHEMは「俺のバレンタイン」がテーマ!ラポーターが語るバレンタインの思い出を発表!初登場の見取り図盛山の経験したバレンタインは今じゃ当たり前のあのサービスに繋がる?! 中継は今年も来ました!ランチパック!
TIME誌飾る女性高官 学歴詐称疑惑が浮上 本人反論
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 TIME誌飾る女性高官 学歴詐称疑惑が浮上 本人反論  雑誌の表紙も飾ったトランプ政権で高官を務める女性に学歴を詐称した疑惑が浮上。さらに、その雑誌の表紙さえ偽物だったことが判明しました。  アメリカ・国務省のホームページです。紛争安定化担当部局の高官として紹介されているのは、ミナ・チャン氏。経歴は「ハーバード・ビジネス・スクール卒業」となっています。このチャン氏が雑誌「タイム」のスペシャル版で表紙を飾った画像では「我々は世界を変える」と真っすぐ前を見据えた表情が印象的です。しかし、「全部、嘘」。  発端はアメリカのメディア「NBC」の報道です。チャン氏が掲載している学歴は虚偽や誇張があり、ハーバード・ビジネス・スクールについても卒業生ではなく、短期プログラムの受講生だっただけなどと報じました。チャン氏は、アフリカやアフガニスタンなど貧困や紛争に苦しむ地域を支援する団体を設立し、活動してきたとしています。この団体に関するインタビューが行われた際に紹介されたのがタイム誌の表紙を飾った画像です。インタビュアーから表紙となった理由について尋ねられると、チャン氏は「ドローンを使った災害対応」が評価されたと話していました。  どう見ても本物に見えますが、実はこの号自体が存在せず、作られたものだったことが分かったのです。タイム誌自身が偽物だと否定し、さらに「偽物の表紙の見分け方」とする記事を掲載。2010年4月12日、スティーブ・ジョブズを特集した回のタイムの表紙からフォントを流用していることまで特定しました。  この報道を受け、チャン氏が…