「トランプ 移民」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

トランプ大統領 マラリアの薬服用に「害はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 マラリアの薬服用に「害はない」  トランプ大統領は、新型コロナウイルスの治療には効果が立証されていない未承認の抗マラリア薬を服用したことについて「害はない」と主張しました。  アメリカ、トランプ大統領:「非常に強い薬だが、害はない。私は薬の影響もなく、いつも通り。何も変わらない」  トランプ大統領が服用した未承認の抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」は新型コロナウイルスへの効果は分かっておらず、アメリカのFDA(食品医薬品局)が副作用で心臓に異常が出る可能性があるとして注意を呼び掛けています。しかし、トランプ大統領は異常が報告された症例は「病状が極めて重かった人に出た結果だ」と主張し、健康な人には問題がないという認識を強調しました。
オバマ氏の政権批判にトランプ氏「オバマは無能」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 オバマ氏の政権批判にトランプ氏「オバマは無能」  新型コロナウイルスの対応を巡り、アメリカのオバマ前大統領と現職のトランプ大統領が批判の応酬を繰り広げています。  アメリカ、オバマ前大統領:「パンデミックは政権の人たちがきちんと対応できているとの認識を完全に引き裂いてしまった。彼らはリーダーシップを発揮するそぶりすら見せていない」  大学の卒業式にオンライン演説で登場したオバマ前大統領は新型コロナウイルスに対するトランプ政権の対応を痛烈に批判しました。また、「社会や民主主義は自分のことだけでなく、お互いのことを思い合う時に機能する」とも述べ、政治的な分断が続く現状に苦言を呈しました。  アメリカ、トランプ大統領:「オバマは無能な大統領だった。それしか言うことはない」  一方、前の大統領からの異例の批判に対してトランプ大統領は強い不快感を示しました。
トランプ氏「抗マラリア薬を服用」FDAは副作用警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏「抗マラリア薬を服用」FDAは副作用警告  アメリカのトランプ大統領は、国内で新型コロナウイルスの治療に利用できるか臨床試験中のマラリアの薬を服用していると明らかにしました。  トランプ大統領:「現在、ヒドロキシクロロキンを服用している」「(Q.ヒドロキシクロロキンを服用しているのですか?)数週間前から服用している。良い話をたくさん聞いたからだ」  そのうえで、「この薬は最前線にいる医療従事者たちも服用している」と強調しました。現在、臨床試験が行われていますが、今のところ効果があるかどうかは分かっていないうえ、心拍に異常が出る可能性があるとして医療機関での治療以外で個人が服用しないようアメリカのFDA(食品医薬品局)が注意を呼び掛けています。トランプ大統領は効果の根拠を問われると、「一部には疑問視する人もいるが、トランプ・ファンじゃないからだ」と述べています。
ツイッター社 ラベル付けトランプ氏投稿に注意促す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ツイッター社 ラベル付けトランプ氏投稿に注意促す  アメリカのツイッター社はトランプ大統領の投稿に対して、事実を確認するよう注意する「ファクトチェック」のラベルを付けました。  トランプ大統領は26日、「郵送による投票は実質的には不正に等しい」「郵便箱は奪われ、投票用紙は偽造され、違法に印刷される」などと投稿しました。ツイッター社は大統領の2件の投稿についてファクトチェックのラベルを付け、報道を引用する形で「郵送が不正な投票に結び付く根拠はない」などと注意を促しました。ツイッターが大統領の投稿にラベルを付けたのは初めてで、トランプ大統領は「ツイッターは言論の自由を抑制しようとしている。大統領としてこの行為は許さない」と反発しています。アメリカでは新型コロナウイルスへの対策として野党・民主党が郵送による投票を訴えていますが、トランプ大統領は反対しています。
国家安全法 香港に危機 トランプ大統領 中国牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国家安全法 香港に危機 トランプ大統領 中国牽制  アメリカのトランプ大統領は香港の自治に踏み込む「国家安全法」に対し、「強力に対処する」と中国政府の動きを牽制(けんせい)しました。  トランプ大統領:「内容がまだはっきりしないが、もし実現すれば極めて強力に対処する」  トランプ大統領は中国の動きを牽制したうえで「必要な時に声明を発表する」と、まずは事態を見守る考えを明らかにしました。一方、アメリカの上院では超党派の議員がこの国家安全法に関わる中国共産党の幹部や関係機関などに制裁を科す法案を出す動きも出てきています。
トランプ大統領 WHOへの拠出金の凍結、脱退も示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 WHOへの拠出金の凍結、脱退も示唆  アメリカのトランプ大統領はWHO(世界保健機関)が中国政府に配慮して新型コロナウイルスへの対応を誤ったと批判するとともに、改善がなければ拠出金を凍結して脱退も検討すると発表しました。  トランプ大統領は自身のツイッターでWHOのテドロス事務局長に宛てた書簡を発表しました。そのなかでトランプ大統領は、中国への配慮からWHOが新型コロナでの初動を誤り、世界での被害が拡大したとしています。具体的には去年12月時点で中国の武漢での感染拡大を警告する情報があったにもかかわらず、これを無視し続けたと指摘しています。また、ヒトからヒトへの感染の可能性を台湾当局が指摘したにもかかわらず、政治的理由からこれを公表しなかったとも批判しています。さらには、中国の圧力を受けて非常事態の宣言も遅れたとしています。トランプ大統領は30日以内に改善措置が取られなければアメリカ政府からの拠出金を凍結するとともに、WHOからの脱退も検討するとしています。アメリカ国内では新型コロナをきっかけに対中感情が悪化していて、今回の書簡は11月の大統領選挙を前にこうしたムードに配慮するとともに、トランプ大統領自身の初動対応の誤りに対する批判をかわす狙いもあるものとみられています。
「マンハッタン計画」引き合いにワクチン開発に自信
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「マンハッタン計画」引き合いにワクチン開発に自信  アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウイルスのワクチンの開発について第2次世界大戦中に原爆を開発した「マンハッタン計画」を引き合いに出し、早期の実用化に自信を示しました。  トランプ大統領:「これは『ワープ・スピード作戦』と呼ばれるもので、『マンハッタン計画』以来の迅速で巨大な科学や産業、軍の供給に関わる取り組みだ」  トランプ大統領は15日、年末までにワクチンの開発を終えることを目指すと表明しました。同席した製薬企業の元幹部も初期の臨床試験のデータを見て「年末までに数百万本を用意することに自信を持った」と発言しました。トランプ大統領はワクチンの開発結果に関係なく、経済活動の再開を急ぐ姿勢を示しています。
「強力なもの」米大統領 中国への対応を発表へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「強力なもの」米大統領 中国への対応を発表へ  中国政府が香港への国家安全法制の導入を目指すなか、アメリカのトランプ大統領は中国への対応を今週中に発表することを明らかにしました。  トランプ大統領:「(中国への対応は)今週末までに発表する。非常に強力なものだと思う」  トランプ大統領は中国への対応は「強力なもの」と説明しましたが、詳細は明らかにしませんでした。ホワイトハウスの報道官によりますと、トランプ大統領は中国の影響力が強まれば、香港の金融の世界的な拠点としての役割が損なわれるとの見方を示し、中国の動きに不満を示したということです。また、NEC(国家経済会議)のクドロー委員長は2月に発効した貿易の「第1段階」の合意について重要性が薄まったとの認識を示すなど、アメリカと中国の関係の悪化が続いています。
トランプ政権 ファーウェイへの禁輸措置強化
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ政権 ファーウェイへの禁輸措置強化  アメリカのトランプ政権は安全保障上の懸念を理由に中国の通信機器大手「ファーウェイ」への禁輸措置を強めることを発表しました。  アメリカ商務省によりますと、アメリカ国外の企業に対して製造する際にアメリカ製の機械や設備を使って作られた半導体についてもファーウェイへの輸出を原則、禁止するということです。トランプ政権は去年、すでにアメリカ国内で製造された半導体のファーウェイへの輸出を原則、禁止しています。ロス商務長官は声明で「ファーウェイはアメリカの安全保障に基づく規制を侵害し続けている」と主張しました。新型コロナウイルスを巡り、対立する米中の関係が今回の措置によりさらに悪化するとみられます。
ブラジルからの入国禁止 米が2日前倒しで発動へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ブラジルからの入国禁止 米が2日前倒しで発動へ  アメリカのトランプ政権は感染が拡大するブラジルからの入国禁止について、当初の予定から2日前倒しして26日深夜から発動することを発表しました。  トランプ大統領:「ブラジルからの入国禁止をもうすぐ開始する」  トランプ政権は25日、過去14日間にブラジルに滞在していた外国人について26日深夜から入国を禁止することを明らかにしました。当初は28日深夜から制限をかける予定でしたが、2日前倒ししました。ブラジル保健省の26日の発表によりますと、感染者は39万人を上回り、死者は前の日より1039人増えて2万4512人に達しています。しかし、ボルソナロ大統領は大勢の支持者の前でマスクを外して飲食をするなど、外出制限に否定的な姿勢を続けています。