「トランプ 速報」の検索結果

今すぐ視聴する

トランプ氏TikTok買収を容認
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! トランプ氏TikTok買収を容認 いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
米GDP過去最悪 トランプ氏は"迷走"?
無料
ABEMAヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 米GDP過去最悪 トランプ氏は"迷走"? 「けやきヒルズ」が「ABEMAヒルズ」にリニューアル!お昼休みの1時間に速報ニュースはもちろん、アベヒル独自企画もギュッと凝縮。さらに #アベヒル で番組に調べてほしいことを大募集!取材してほしいニュース、話を聞いてみたい人、番組に直してほしいことなどドシドシ書き込んでください!番組をつくるのは視聴者の皆さんです!キャスターは元SKE48の柴田阿弥とABEMA Morningでお馴染みの田中萌。地上波とはひと味違った個性派コメンテーターと一緒にニュースの見方をお伝えします!
米 感染再拡大で"トランプ離れ"加速
無料
ABEMAヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 米 感染再拡大で"トランプ離れ"加速 「けやきヒルズ」が「ABEMAヒルズ」にリニューアル!お昼休みの1時間に速報ニュースはもちろん、アベヒル独自企画もギュッと凝縮。さらに #アベヒル で番組に調べてほしいことを大募集!取材してほしいニュース、話を聞いてみたい人、番組に直してほしいことなどドシドシ書き込んでください!番組をつくるのは視聴者の皆さんです!キャスターは元SKE48の柴田阿弥とABEMA Morningでお馴染みの田中萌。地上波とはひと味違った個性派コメンテーターと一緒にニュースの見方をお伝えします!
トランプ氏対応で夏休み返上?“すぐ反撃できない”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏対応で夏休み返上?“すぐ反撃できない”  「夏休み返上」なのでしょうか。背景にはあの人の姿が見え隠れします。  中国外務省は、例年8月前半が夏休みで定例会見も行いません。しかし、今年は8月も記者会見を続けています。背景にあるのは、悪化するトランプ政権との関係です。正式な発表はありませんが、関係者は、「記者会見を休みにするとアメリカに批判された際にすぐに反撃できない」と説明しています。
大統領選の「郵便投票」制限を示唆 トランプ氏
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大統領選の「郵便投票」制限を示唆 トランプ氏  アメリカのトランプ大統領は11月の大統領選挙で広く導入が検討されている郵便投票について、大統領令で制限する可能性を示唆しました。  トランプ大統領:「大統領令を出す権限がある。まだ決めてはいない。いずれ分かる」  トランプ大統領は郵便投票が民主党に有利に働くことを警戒していて、当日に投票所に行けない人が郵便投票を利用することには賛成したものの、一律で郵便投票を奨励すれば「大きな混乱につながる」と批判しました。アメリカでは複数の州が大統領選挙ですべての有権者に投票用紙を郵送することを決めています。ネバダ州でも同様の対応を定める法律が可決されたことを受け、トランプ大統領はネバダ州を訴える考えも明らかにしました。
支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆  アメリカのトランプ大統領は自身のツイッターで11月の大統領選挙の延期を示唆しました。  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月の大統領選挙では郵便投票の必要性が指摘されていますが、トランプ大統領は自身のツイッターで「郵便投票になればこれまでで最も不正確な選挙になりかねない」と述べました。そのうえで「適格かつ安全に投票ができるようになるまで大統領選挙を延期してはどうか」との考えを示しました。世論調査で民主党のバイデン前副大統領のリードが伝えられるなか、新型コロナを理由に自身の支持率回復まで選挙を延期したい思惑があるものとみられます。
トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「ティックトック」の、アメリカ国内での利用を禁止する考えを明らかにしました。  トランプ大統領は大統領専用機の機内で記者団に対し、「ティックトックには懸念があり、アメリカ国内での利用を禁止する」と述べました。ティックトックは中国の企業が運営する短い動画が投稿できるアプリで、アメリカ国内でも若者を中心に1億人のユーザーがいるとされます。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などの利用者データが中国政府に漏れる恐れがあるとみていて、すでにアメリカ軍関係者の利用を禁止しています。ティックトックを巡っては、マイクロソフト社がアメリカでの事業を買収する意向を示しているとの報道も出ています。
米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初  アメリカ、トランプ大統領の側近であるオブライエン大統領補佐官が新型コロナウイルスに感染したことをホワイトハウスが発表しました。  国家安全保障を担当するオブライエン大統領補佐官は今月、イギリスとドイツ、イタリアを訪問し、帰国した後に新型コロナへの感染が判明しました。トランプ政権中枢での感染確認はこれが初となります。オブライエン大統領補佐官はすでに先週から自己隔離に入っていて、症状は軽く、電話で業務を続けているということです。ホワイトハウスはトランプ大統領とペンス副大統領への感染リスクはないと強調しています。ホワイトハウスではこれまでペンス副大統領のスタッフなどの感染が確認されていて、トランプ大統領らは毎日、検査を受けているということです。
トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告  アメリカのトランプ大統領は自ら服用していた新型コロナウイルスの治療効果が立証されていない薬について、改めて治療効果があると力説しました。  トランプ大統領:「感染初期段階になら効果があると思う。多くの最前線の医師たちもそう考えている」  トランプ大統領は一時、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を新型コロナの感染予防のために服用していました。しかし、新型コロナへの治療効果が立証されていないほか、FDA(米食品医薬品局)も「心臓へのリスクがある」として医療機関以外で使用しないよう警告を出しています。トランプ大統領は28日の会見で新型コロナへの治療効果があるとして改めて推奨し、この薬を勧める書き込みがツイッター社によって削除されたことについて理解できないと述べました。
TikTok買収をトランプ大統領が容認 Mソフト交渉中
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 TikTok買収をトランプ大統領が容認 Mソフト交渉中  トランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「TikTok」のアメリカでの事業について、IT大手「マイクロソフト」などが買収することを期限付きで容認する姿勢を示しました。  トランプ大統領:「(TikTokは)期限の来月15日にアメリカで事業ができなくなる。でも、もしマイクロソフトや他の企業が買収すれば興味深いことになる」  トランプ政権はTikTokを通じてアメリカの個人情報が中国政府に渡るとして利用禁止など厳しい対応を示唆していましたが、アメリカ企業に買収の選択肢を与えました。一方で、来月15日までに買収が成立しなければ、TikTokのアメリカでの事業を認めないと警告しました。現在、マイクロソフトが買収交渉を進めています。トランプ大統領は買収が成立した場合、政府にも多額の金が支払われるべきだと主張しています。
緊迫のデモ現場に「ママたちの壁」普通の市民の抵抗
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 緊迫のデモ現場に「ママたちの壁」普通の市民の抵抗  アメリカ西部オレゴン州では市民らとトランプ政権が派遣した連邦の治安部隊との衝突が激しさを増しています。  人種差別に反対するデモが2カ月近く続くオレゴン州ポートランドは、25日未明も治安部隊が抗議デモの参加者に催涙弾を使用するなど衝突が続き、数十人が逮捕されました。ポートランドでは「ママたちの壁」と呼ばれる女性を中心としたグループなどが治安部隊とデモ参加者の間に壁を作って対抗するなど、トランプ政権への反発が強まっています。  「ママたちの壁」参加者:「ここにいるのは母親や普通の市民らです。これを見ればトランプ政権が作り上げたシナリオが嘘であることに気付くでしょう」  デモ参加者や地元当局者からはトランプ政権が11月に行われる大統領選挙に向け、デモを政治利用しているという批判も上がっています。
“大統領選延期”を即撤回 郵便投票批判は変わらず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “大統領選延期”を即撤回 郵便投票批判は変わらず  アメリカのトランプ大統領は、11月の大統領選挙で導入される見込みの郵送による投票に反対して選挙の延期を提案しましたが、その後すぐに撤回しました。  トランプ大統領:「日程変更を望んでいるかと言われればノーだ。しかし、不正な選挙をするわけにはいかない。もし、この選挙が行われれば、歴史で一番の不正な選挙になるだろう」  トランプ大統領は30日、郵便投票が導入されれば「不正確な選挙になる」として延期を提案しました。しかし、与党・共和党からも否定的な声が相次いだため、その後の会見で延期を撤回して郵便投票は開票に時間がかかると改めて批判しました。共和党は郵便投票を導入した場合、白人に比べて投票率が低い傾向にある中南米系の有権者が民主党に票を入れることを懸念しています。
米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く  11月3日のアメリカ大統領選挙まであと3カ月となりました。世論調査では共和党のトランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領にリードを許す展開が続いています。  アメリカの政治サイトによりますと、7月後半の世論調査の平均ではバイデン氏が約7ポイントの差でトランプ氏をリードしています。ミシガン州やフロリダ州など激戦州でもバイデン氏がリードを保ち、トランプ大統領の支持基盤の高齢者からも一定の支持を得ています。  トランプ大統領:「バイデン氏は自分が何を話しているか分かっていない。側近が用意した文章を読むだけだ」  トランプ陣営は支持率低迷の責任を問う形で選対本部長を更迭し、テレビ広告も見直すなど巻き返しを図っています。ただ、トランプ氏の新型コロナウイルス対策に嫌気が差したと感じる有権者も多く、支持率回復には政策の見直しも求められそうです。一方、バイデン氏は公約で掲げた白人ではない女性の副大統領候補を近く明らかにしますが、まだ陣営内の意見をまとめきれていません。
「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト  中国企業が運営する動画投稿アプリ「ティックトック」のアメリカ事業の買収に動いているマイクロソフトが、交渉を中断しているとアメリカのメディアが報じました。  マイクロソフトは、ティックトックのアメリカ事業を買収することで運営会社である中国の「バイトダンス」と交渉しているとみられていました。しかし、アメリカメディアは1日に関係者の話として、マイクロソフトがこの買収交渉を中断していると伝えました。ティックトックを巡っては、トランプ大統領が近くアメリカ国内での使用を禁じる考えを示しています。トランプ政権はマイクロソフトによる買収についても反対する意向で、両社は政権の真意を確認しているということです。ティックトックは若者を中心にアメリカ国内でも1億人のユーザーがいるとされています。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などのデータが中国側に漏れる恐れがあるとして、すでに米軍関係者の使用を禁止しています。
トランプ氏「攻撃の可能性」 イスラエルは関与否定
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏「攻撃の可能性」 イスラエルは関与否定  中東レバノンの首都ベイルートで大規模な爆発があり、78人が死亡しました。負傷者は約4000人に上り、日本人1人もけがをしました。  アメリカ、トランプ大統領:「米軍幹部は工業関連の爆発のようなものではないと感じているようだ。彼らは私より詳しいが、攻撃だと考えているようだ。爆弾のようなものだ」  レバノンの爆発についてアメリカのトランプ大統領は、アメリカ軍の幹部らが爆発は事故ではないという認識を示していたと話し、爆弾などによる攻撃だった可能性があるという認識を示しました。具体的な根拠は明らかにしていません。一方、レバノンの隣国イスラエルの外相は「爆発は火災によって引き起こされた事故だろう。臆測では話さない方がいい」と述べ、爆発への関与を否定しました。レバノンとイスラエルは緊張関係にあり、先月にレバノンのイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」の戦闘員がシリアでイスラエルによるとみられる空爆で死亡し、その後、国境地帯でも交戦しています。
米抗議デモ シアトルで40人超逮捕 発砲で死者も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米抗議デモ シアトルで40人超逮捕 発砲で死者も  アメリカ西部ワシントン州シアトルで、人種差別に抗議する大規模なデモ隊が警察と激しく衝突し、40人以上が逮捕されました。  アメリカでは、オレゴン州ポートランドでの抗議デモにトランプ政権が連邦の治安部隊を派遣したことへの反発が強まり、各地でデモが拡大しています。シアトルで25日に起きたデモは数千人規模に膨らみ、警察がデモ隊に催涙スプレーを浴びせるなど激しい衝突となりました。AP通信によりますと、このデモで40人以上が逮捕され、警察官21人が負傷しました。テキサス州のオースティンではデモの最中に発砲事件が起こり、男性1人が死亡しました。CNNによりますと、容疑者はすでに拘束されていますが、詳しい動機は分かっていません。
在米中国総領事館がかくまった“軍所属”の女を拘束
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 在米中国総領事館がかくまった“軍所属”の女を拘束  アメリカのトランプ政権は、中国軍の関係者であることを隠してビザを取得したとして訴追した中国人4人のうち、サンフランシスコの中国総領事館でかくまわれていた女1人を拘束しました。  中国人4人のうち3人はすでに逮捕されていて、残っていた女1人も拘束されたことが24日に明らかになりました。女はサンフランシスコにある中国総領事館でかくまわれていました。アメリカ司法省は中国人4人が軍の研究機関などに所属していたことを隠し、研究者向けのビザを取得したとしています。そのうえで「中国共産党はアメリカの開かれた社会を利用し、学術機関から情報を盗もうとしている」と批判しています。FBI(連邦捜査局)は他にもアメリカの25以上の都市で中国軍との関係が疑われる中国人の調査を進めています。
「GAFA」トップらが米議会で“競合排除”に反論
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「GAFA」トップらが米議会で“競合排除”に反論  フェイスブックなど「GAFA」と呼ばれるアメリカの巨大IT企業4社のトップが議会で証言し、優位な立場を利用して競合を排除しているという批判に反論しました。  アメリカの大手IT企業4社のトップは29日、下院の公聴会にオンラインで出席しました。4社の市場における独占的な地位について、アマゾンのベゾスCEO(最高経営責任者)は「170万の中小事業者がアマゾンで販売している」と中小企業への恩恵を強調しました。一方、グーグルについて議員が「中国政府による監視に協力しているのではないか」と迫りましたが、ピチャイCEOは「中国国内の事業は限られ、地図検索やメール機能などは提供していない」と説明しました。GAFAを巡り、トランプ大統領は「議会が公正さを実現させなければ、私が大統領令で実現させる」と牽制(けんせい)しています。
米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが  トランプ大統領の発言などから騒動になっている「TikTok」の利用禁止問題ですが、実は日本でも国会議員が危険性を指摘するなど対岸の火事とは言えない状況になりつつあります。  TikTok。日本国内で約1000万人のユーザーを持つこのアプリが規制されるかも。中国製アプリのTikTokを巡っては、これまでアメリカが中国政府への情報漏洩(ろうえい)の可能性を指摘。米中間の新たな火種にもなっていました。アメリカでは、すでに軍事関係者の使用を禁止しているほか、インドやオーストラリアなどでも禁止・規制の動きが広がっています。さらに、先月31日にはトランプ大統領が国内でのTikTokの利用禁止を示唆。  トランプ大統領:「TikTokを注視しているし禁止するかもしれない。他の方法も取るかもしれない」  こうしたトランプ大統領の発言に翻弄(ほんろう)されたのは、アメリカのマイクロソフトです。国内でのTikTokの事業買収に向けて親会社の中国「バイトダンス」と交渉していましたが、アメリカのメディアによりますと、大統領が「買収反対」の意向を示したことで一時、交渉がストップ。その後、マイクロソフトはCEO(最高経営責任者)がトランプ大統領と話し合い、来月15日を期限とする交渉が再スタートされると公式ブログで発表。  一方、日本でも…。  自民党ルール形成戦略議連・甘利明会長:「我々が想定していないような形で個人情報、機微に関わる情報が漏れていってしまうことがないよう」  自民党の議員連盟は、来月…
肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表  肥満がコロナの重症化につながるのでしょうか。新型コロナウイルスに感染したイギリスのジョンソン首相が驚きのコロナ対策に乗り出しました。  イギリス、ジョンソン首相:「私はもうかなり以前から『痩せたい』と思っていました。自分の体重と格闘してきました。増えたり減ったりです」  そんな悩みが生かされるのか。イギリスのジョンソン首相がこの度、発表した政策は「肥満対策」。27日から「ジャンクフード」の「テレビでの広告」などを禁止します。その狙いの一つは「コロナ対策」。感染して重症化したジョンソン首相は、その原因が肥満にあったと考えたといいます。  そんな首相の「側近」が新型コロナウイルスでピンチです。シャップス運輸相が休暇でスペインを訪れていたところ「隔離対象」になったといいます。これはスペインで感染が拡大しているためで、イギリス政府はスペインからの入国者に2週間の自己隔離を義務付けました。問題はこの発表が実施の数時間前だったという点。  ホワイトハウスでは「側近」が感染しました。オブライエン大統領補佐官はイギリスやドイツなどを訪問後に感染が判明しました。周辺はピリピリムード、かと思いきや…。  トランプ大統領:「最近…あいつ見てないな。後で電話してみるか」  そんな大統領は27日、アメリカ・ノースカロライナ州にある富士フイルムの子会社を視察しました。ここではワクチンの原薬を開発中。選挙を意識しているのか、大統領は距離を取ってマスクを着用。その後、こう訴えました。  トランプ大統領:「…