「トランプ 金 ベトナム」の検索結果

「トランプ 金 ベトナム」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ 金」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話
結婚契約 第1話 夫に先立たれたヘスは、借金取りに追われながら娘のウンソンを1人で育てていた。レストラン「プロミス」の求人に応募しに行った日、ウンソンが車にひかれそうになり、助けたヘスが気を失ってしまう。車を運転していたジフンはヘスを病院へ運ぶが、当たり屋だと勘違いし、厳しい言葉を投げつける。だが、実は彼が「プロミス」の経営者だった。そのジフンは、実の母親がすぐにも肝移植を受けなければならない状態だと知らされ...
北朝鮮代表団がスウェーデン到着 米朝実務者協議へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮代表団がスウェーデン到着 米朝実務者協議へ  北朝鮮の非核化などを巡るアメリカとの実務者協議に臨むため、北朝鮮の代表団が開催場所とみられるスウェーデンに到着しました。  北朝鮮の金明吉(キム・ミョンギル)首席代表らは3日午後、ストックホルムに到着しました。金首席代表は到着前、北京の空港で「アメリカから新たなシグナルがあったので大きな期待をし、楽観しています」と発言しています。北朝鮮の非核化を巡る協議は7月にも再開するとみられていましたが、北朝鮮が短距離弾道ミサイルなどを相次いで発射し、滞っていました。アメリカと北朝鮮の高官は4日に予備接触をし、5日に正式な協議に臨む見通しです。  アメリカ、トランプ大統領:「北朝鮮は対話をしたがっている。我々も彼らと対話をしたい」  トランプ大統領は北朝鮮が2日にSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射したことにもかかわらず、北朝鮮との対話に前向きな姿勢を示しました。
バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 バイデン氏、トランプ大統領の“弾劾”求める  トランプ大統領がアメリカ大統領選挙の民主党有力候補であるバイデン前副大統領に関する調査を他の国に依頼していたことについて、バイデン氏はトランプ大統領の弾劾(だんがい)を求めました。  トランプ大統領はバイデン氏の息子の不正なビジネスを疑い、バイデン氏も含めた調査をウクライナや中国に依頼していました。  バイデン前副大統領:「合衆国憲法、民主主義、根本的な高潔さを守るために彼は弾劾されるべきだ」  バイデン氏は疑惑を否定する一方、初めて弾劾を明確に要求しました。民主党の候補者争いの世論調査では8日、平均支持率でエリザベス・ウォーレン上院議員がトップの座を奪っていて、バイデン氏は対決姿勢を鮮明にすることで支持回復の狙いもあるとみられます。一方、トランプ大統領はツイッターで「眠たいジョー・バイデンは少なくとも2つの国から多額の金をせしめたのに、私の弾劾を求めるとは哀れなことだ」とやり返しています。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
シリア軍事作戦 米は制裁示唆 国連は停止求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 シリア軍事作戦 米は制裁示唆 国連は停止求める  トルコによるシリアのクルド人勢力への軍事作戦は激しい戦闘が続いていて、トルコ側でも生後9カ月の乳児を含む多数の民間人が死亡するなど被害は双方で拡大しています。  トルコのエルドアン大統領は10日、軍事作戦について「テロリスト109人を殺害した」と強調しました。これに対してクルド人勢力も反撃に出て、生後9カ月の乳児を含む民間人5人が死亡し、46人が負傷するなどトルコとクルド側の双方で被害が拡大しています。  トランプ大統領:「我々は恐らく制裁や他の金融の面で非常に厳しい行動に出るだろう」  一方、アメリカのトランプ大統領はトルコに対して制裁を科す考えを示唆しました。トルコに対する厳しい姿勢を見せることで、軍事作戦を黙認したという国内の批判を抑える狙いがあるとみられます。また、国連の安全保障理事会は緊急の非公式会合を開き、ヨーロッパ6カ国が共同でトルコに対して軍事行動の停止を求めました。
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
関電問題や日米貿易交渉めぐり 参院代表質問で論戦
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 関電問題や日米貿易交渉めぐり 参院代表質問で論戦  関西電力の問題や日米貿易交渉などで論戦です。  共産党・小池書記局長:「(関西電力問題について)金品を受け取った当事者たちがつくる第三者委員会は『第三者』になりえません。総理はこんな調査で国民が納得すると思いますか」  安倍総理大臣:「(関西電力問題について)まずは第三者の目を入れて、徹底的に全容を解明することが不可欠であり、そのうえで経営問題も含め、再発防止等の措置を講ずることで、利用者の皆さんの信頼回復に努めることが必要であると考えています」  共産党・小池書記局長:「(日米貿易交渉について)一体、どこが『日米ウィンウィン』なのですか。トランプ大統領の一方的なウィンではありませんか」  安倍総理大臣:「(日米貿易交渉について)米について、関税削減の対象から完全に除外致しました。米国への牛肉輸出にかかる低関税枠が大きく拡大するなど、新しいチャンスも生まれています」

おすすめの作品

Ep.7 ベトナム戦争メモリアルバイク
アメリカンチョッパー・リターンズ S2 Ep.7 ベトナム戦争メモリアルバイク ベトナム戦争戦没者を慰霊するメモリアルバイクの製作を依頼されたポール・シニアとOCCのクルーたちが、歴史に刻まれた時代をたたえるにふさわしいバイクを仕上げるため奮闘する。時代を表すディガースタイルのバイクを製作するも、シニアはもう1段階レベルの高い仕上がりにするため、人々の心に訴えかけるペイントを施すことを決断。一方、ジュニアはマーチンギター社から三輪バイク製作の依頼を受ける。
トランプ大統領 北朝鮮との対話に前向きな姿勢
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 北朝鮮との対話に前向きな姿勢  アメリカのトランプ大統領は北朝鮮が新型のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射して以降、初めて北朝鮮問題に言及して改めて対話に前向きな姿勢を示しました。  トランプ大統領:「北朝鮮は対話をしたがっている。我々も彼らとの対話をしたい」  トランプ大統領は北朝鮮が2日に新型のSLBMを発射して以来、北朝鮮問題について沈黙を続けていて、何を発言するか注目されていました。4日からはスウェーデンの首都ストックホルムで米朝実務者協議の予備接触があり、5日に正式な協議がある見通しです。
「安倍総理は39歳になった」トランプ氏が謎の発言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「安倍総理は39歳になった」トランプ氏が謎の発言  日米貿易協定の署名式に立ち会ったトランプ大統領の発言。真意は謎です。  アメリカ・トランプ大統領:「良き友人の安倍総理、誕生日おめでとう。彼はきょう39歳になったんだ」  安倍総理大臣の誕生日は実際は9月21日で、先月で65歳になりました。何とも分かりにくいトランプ大統領のジョークですが、来年の大統領選に向けてアピールできる日本との貿易協定が署名にこぎつけられたため、ご機嫌だったのかもしれません。インターネット上では「10月7日が誕生日だったロシアのプーチン大統領と間違えたのではないか」と臆測が飛び交っています。
トランプ大統領 北朝鮮SLBM開発の報告に興味示さず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 北朝鮮SLBM開発の報告に興味示さず  北朝鮮が2日に発射したとみられるSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)について、トランプ大統領が発射の前に開発の現状に興味を示していなかったとアメリカのメディアが報じました。  アメリカの雑誌「タイム」によりますと、トランプ大統領は北朝鮮のミサイル発射の前に行われた会議で政府高官が北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイルの開発の現状を説明したところ、興味を示さなかったということです。そのうえで、北朝鮮との協議を続けるよう決めたということです。トランプ大統領は2日にミサイルが発射された後も問題視しない姿勢で、「我々は彼らとまもなく話すだろう」と対話を優先させる意向を示しています。
米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価  アメリカと中国は、2カ月半ぶりとなる貿易問題を巡る閣僚級の協議をワシントンで再開しました。トランプ大統領は「非常に良かった」と評価しました。  アメリカと中国は、中国企業によるアメリカ企業の知的財産の侵害などを巡って対立が続いています。アメリカは15日から中国からの輸入品約27兆円分に対して制裁関税を25%から30%に引き上げると表明していますが、協議の進展具合によっては回避する余地も残しています。  アメリカ、トランプ大統領:「中国との協議は非常に良かった。さらに協議をするだろうが、基本的には仕上げにかかっている」  トランプ大統領は11日にホワイトハウスで劉鶴副首相と面会する見通しです。
トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定  アメリカのトランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領への捜査を進めるようウクライナに圧力を掛けた疑惑について、ウクライナの大統領は完全否定しました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「独立国家である米国の選挙にはどんなことがあっても干渉したくない」  ゼレンスキー大統領は10日のインタビューで、トランプ大統領から「脅迫を受けた事実はない」と明言しました。アメリカの下院では、トランプ大統領がウクライナへの軍事支援を再開する見返りにバイデン前副大統領に関する汚職疑惑の捜査を進めるようウクライナ側に依頼したとして弾劾(だんがい)調査が進められています。ゼレンスキー大統領はこの点について「アメリカの軍事支援再開はおろか支援が止まっていたことすら知らなかった」と主張しました。
ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ウクライナ疑惑 バイデン氏の息子は潔白を主張  ウクライナの企業から巨額の利益を得ていたとトランプ大統領が批判している民主党のバイデン前副大統領の息子がインタビューに応じ、自らの潔白を主張しました。  ハンター・バイデン氏は父親のジョー・バイデン氏が副大統領の任期中の2014年にウクライナのガス会社の幹部を務めた経緯があり、トランプ大統領はバイデン氏の立場を利用した不正な取引を疑っています。  ハンター・バイデン氏:「私は間違いを犯したか?俯瞰(ふかん)してみれば多分、そうだろう。ただ、倫理的に間違ったことは一切していない」  アメリカのテレビでインタビューに応じたハンター氏はガス会社の幹部を務めたことでトランプ大統領に批判の余地を与えたとの認識を示し、「まずい判断だった」と話しました。そのうえで「間違ったことは何もしていない」とトランプ大統領の指摘を否定しました。
前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」  アメリカのトランプ大統領が中国に対してバイデン前副大統領の疑惑を調査するよう求めたことについて、中国は「調査の意思はない」と拒否しました。  中国外務省報道官:「お分かりのように中国は一貫して内政不干渉の原則を堅持している。我々はアメリカの内政問題に介入する意思はない」  中国外務省は8日、会見で「内政問題には介入しない」と述べ、トランプ大統領が求めている中国側でのバイデン氏の調査は行わないことを明言しました。バイデン氏は来年のアメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びでトップ争いを繰り広げています。すでにウクライナに調査を求めているトランプ大統領ですが、「中国もバイデン氏を調査するべきだ」と主張していました。
トルコの攻撃で民間人死亡 シリア内戦の長期化懸念
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トルコの攻撃で民間人死亡 シリア内戦の長期化懸念  トルコ軍が隣国シリアの北部でクルド人勢力に対する軍事作戦を始めたことに、アメリカのトランプ大統領はトルコに自制を求めました。  トランプ大統領:「(Q.クルド人が一掃されるのではと懸念している?)そんなことがあればトルコ経済を破壊する。彼(エルドアン大統領)が理性的に行動してくれることを望む」  トランプ大統領は「アメリカ軍はシリア北部からは撤収している」とアメリカ軍を関与させない考えを強調しました。トルコ軍は9日、シリア北東部のラス・アルアインなど複数の都市を攻撃し、イギリスに拠点を置く「シリア人権監視団」によりますと、民間人8人を含む少なくとも15人が死亡しました。トルコ軍の侵攻はシリア内戦をさらに長期化させ、壊滅状態にある過激派組織「イスラム国」の復活を招くとの懸念が強まっています。
日米貿易協定に正式署名 来年1月1日発効目指す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日米貿易協定に正式署名 来年1月1日発効目指す  日本とアメリカの政府代表は農産品の関税引き下げなどを柱とした新たな貿易協定に正式に署名しました。両政府は来年1月1日の発効を目指しています。  アメリカ、トランプ大統領:「この協定は両国にとって大きな勝利だ。数えきれない雇用を生み、投資や取引を拡大させ、貿易赤字を大幅に削減するだろう」  7日、ホワイハウスで開かれた署名式にはトランプ大統領が立ち会い、USTR(米通商代表部)のライトハイザー代表と日本の杉山駐米大使が文書に署名しました。日米貿易協定は先月の日米首脳会談で最終合意しました。アメリカ産の牛肉や豚肉の関税を日本が参加するTPP(環太平洋経済連携協定)の水準まで引き下げます。アメリカ産のコメに対する関税は維持し、関税をかけない輸入の枠を設けないことで日本の農業に配慮した一方で、日本の自動車に対する関税の撤廃は先送りされます。トランプ大統領は「日本の消費者が高品質のアメリカ産品を入手しやすくなる」と強調しました。日米両政府は来年1月1日の発効を目指していて、アメリカは議会の承認を必要としない手続きを取る見通しです。