「トランプ 金正恩 ハノイ」の検索結果

「トランプ 金正恩 ハノイ」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ 金正恩」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

トランプ大統領、金委員長に誕生日のメッセージ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領、金委員長に誕生日のメッセージ  アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金正恩委員長に誕生日のメッセージを送ったと韓国政府の高官が明らかにしました。  韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は10日に訪問先のアメリカから帰国し、トランプ大統領と面会した際の内容を説明しました。面会が行われたのは金委員長の誕生日とされる8日で、トランプ大統領は金委員長の誕生日を祝ったうえで、「誕生日のメッセージを文在寅(ムン・ジェイン)大統領から金委員長へと必ず伝えてほしい」と述べたということです。これを受け、韓国政府は9日に「適切な方法で」北朝鮮側に伝えたとしています。アメリカと北朝鮮の非核化交渉が難航し、金委員長が新たな戦略兵器の実験を示唆するなか、米朝首脳同士の関係を強調することで北朝鮮側を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられます。
北朝鮮「要求を全てのまなければ対話の再開ない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮「要求を全てのまなければ対話の再開ない」  北朝鮮の高官が非核化交渉に関してアメリカが「要求をすべてのまなければ、対話の再開はない」などとする談話を発表しました。  朝鮮中央通信は11日、アメリカを訪問していた韓国政府の高官がトランプ大統領から金正恩委員長の誕生日を祝うメッセージを受け取って北朝鮮に伝えたと明かしたことを否定しました。そして、北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問が「トランプ大統領の親書を直接、受け取った」とする談話を発表しました。そのうえで、韓国に対して「仲裁者の役割を果たそうという未練がまだあるようだ」と不快感を示しました。また、金委員長とトランプ大統領の個人的な関係は良好だとする一方、非核化交渉について「我々の要求をすべてのまなければ対話の再開はない」という談話を発表し、アメリカを牽制(けんせい)しました。

おすすめの作品

トランプ大統領の弾劾裁判始まる 米国史上3人目
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領の弾劾裁判始まる 米国史上3人目  アメリカのトランプ大統領の弾劾(だんがい)裁判が議会上院で正式に始まりました。弾劾裁判にかけられる大統領としてはアメリカ史上、3人目です。  トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡ってアメリカの議会上院では16日、裁判長を務める最高裁判所の長官や陪審員役となる上院議員が宣誓して弾劾裁判が正式に始まりました。実質的な審議は21日から始まり、裁判に出席した上院議員の3分の2以上が有罪と判断すればトランプ大統領の罷免(ひめん)が決まります。ただ、上院は与党・共和党が多数を占め、罷免の可能性は低いとみられます。  トランプ大統領:「断言するが、これは壮大なでっちあげだ」  トランプ大統領は自身の潔白を改めて主張しました。
ボルトン前補佐官 トランプ氏弾劾裁判で証言に意欲
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ボルトン前補佐官 トランプ氏弾劾裁判で証言に意欲  アメリカ議会の上院で予定されているトランプ大統領の弾劾(だんがい)裁判で、大統領のかつての側近・ボルトン前補佐官が証言することに前向きな姿勢を示しました。  上院で行われるトランプ大統領の弾劾裁判を巡っては野党・民主党がボルトン氏らの証言を求めていますが、早期決着を図りたい与党・共和党との折り合いがつかず、日程が決まっていません。ボルトン氏はこれまで自身が証言するかどうかについて裁判所の判断を待つ姿勢を示していましたが、6日に一転して「上院が証言を求める召喚状を出せば証言するつもりだ」という声明を発表しました。ボルトン氏はトランプ政権がウクライナにバイデン前副大統領に関する調査を求めたことを「麻薬取引」と呼んで不快感を示したとされ、証言が実現すればトランプ大統領にとってダメージになる可能性があります。
イランのミサイル攻撃受け トランプ大統領の反応は
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランのミサイル攻撃受け トランプ大統領の反応は  トランプ大統領は攻撃の報告を受けて対応を検討しています。ワシントンから報告です。  (布施哲記者報告)  トランプ大統領は1時間以上にわたって最新情勢の報告を受けていましたが、具体的な反応は特に見せていません。そして、今回の発射について、専門家の間からはこれまでよく使われてきたロケット弾ではなく、より強力な弾道ミサイルが使われたことでイランが対抗手段をエスカレートさせてきたという声が上がっています。そして、注目の今後のアメリカ側の出方ですが、トランプ大統領はこれまで「戦争は望まない」としながらも「イランが攻撃したら報復攻撃をする準備はできている」と繰り返し強調してきました。そのため、このまま何もしなければ「弱腰」だとの批判を受ける可能性があり、何らかの報復手段を取らざるを得ない状況に置かれています。ただ、その一方で、トランプ大統領が今回の件で記者会見を急きょキャンセルしたとの見方もあります。このまま何も発表がないということは、報復攻撃も当面ないのではないかと期待感が出ています。いずれにしてもこの事態をどう鎮静化させていくのか、そして、大統領選挙をにらんで政治的なポイントをどう上げていくのか、トランプ大統領はこの2つを両立させる決断を迫られています。
トランプ大統領「大丈夫」イラン外相「戦争求めず」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領「大丈夫」イラン外相「戦争求めず」  イランのミサイル攻撃を巡り、アメリカのトランプ大統領とイランのザリフ外相が相次いでツイッターに投稿しました。  トランプ大統領はツイッターに「今、被害状況を調べているが、今のところは大丈夫だ」と投稿しました。アメリカメディアはイランのミサイル攻撃による死傷者はアメリカ側に出ていないと伝えています。トランプ大統領は「アメリカは世界最強の軍隊を持っている。あす朝に声明を出す」としています。また、イランのザリフ外相もツイッターを更新し、「我々は事態のエスカレートや戦争を求めてない。ただ、侵略から自分たちを守るつもりだ」と投稿しました。
トランプ大統領 イランへの軍事報復には触れず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 イランへの軍事報復には触れず  アメリカのトランプ大統領はイランによるミサイル攻撃に対して軍事行動による対抗策は取らず、経済制裁の強化で対応する考えを示しました。  トランプ大統領:「今回のイランによる攻撃でアメリカ人の犠牲は出なかった。イランは事態を収束させつつあるようだ。関係国にとって良いことだ」  トランプ大統領はこのように述べ、事実上の収束宣言を行いました。懸念されていた軍事行動による報復には一切触れない一方、イランに対する経済制裁を強化する考えを明らかにしています。軍事衝突が懸念されていたアメリカとイランの対立は当面の危機を脱した形となりました。これを受け、ニューヨーク市場では株価が一気に値を上げ、ダウ平均株価は一時、前日に比べて200ドル以上、上昇しました。また、前日にイランによる攻撃を受けて急騰したニューヨークの原油先物相場は時間外取引での最高値から6ドル近く急落し、一時、1バレル60ドルを割り込みました。また、一時、約7年ぶりに1オンス1600ドルを突破した金相場も1560ドル台まで値を戻しています。
第142話 戦え!トランプ下克上
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第142話 戦え!トランプ下克上 公園前派出所でトランプゲーム「大富豪」の壮絶なバトルが繰り広げられた。
トランプ氏演説で市場に安心感 株価一時400円超↑
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 トランプ氏演説で市場に安心感 株価一時400円超↑  中東情勢の緊迫化で8日に急落した株価ですが、トランプ大統領の演説を受けて大幅に反発して400円以上、値上がりしました。  9日午前の日経平均株価は8日より473円高い2万3677円で取引を終えています。トランプ大統領の演説を受けてアメリカとイランの武力衝突が回避されたとの見方から市場に安心感が広がって株を買い戻す動きが進み、8日の下落分を取り戻しています。さらに、東京外国為替市場で1ドル=109円台まで円安が進んだことで輸出関連株を中心に値上がりしています。一方、中東不安の後退で原油価格は下落していて、石油関連銘柄には売りが出ています。
トランプ大統領の声明受け 安倍総理がコメント
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 トランプ大統領の声明受け 安倍総理がコメント  イランの報復攻撃に対するトランプ大統領の声明について、安倍総理大臣が取材に応じました。  安倍総理:「日本はすべての当事者に対して自制的な対応を強く求めてきました。自制的な対応を評価するというのが日本の立場であります。今後も日本は地域の情勢の緩和、安定化のための外交努力を尽くしていく考えです」
北朝鮮大使ら一斉に平壌へ 外交政策協議か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮大使ら一斉に平壌へ 外交政策協議か  各地に駐在する北朝鮮の大使らが一斉に平壌に戻りました。非核化を巡るアメリカとの交渉など外交政策を協議するとみられます。  中国の北京空港では、金星(キム・ソン)国連大使や北京に駐在する池在竜(チ・ジェリョン)大使らが平壌に向かう姿が確認されました。理由については口を閉ざしましたが、北朝鮮はこれまでも1年に1回程度、各地に駐在する大使を集めて外交政策を検討しています。金正恩委員長は非核化や体制保証を巡るアメリカとの交渉が難航するなか、今後の方針について指示を出すものとみられます。
「国力増強」掲げ正恩氏の初視察は肥料工場
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「国力増強」掲げ正恩氏の初視察は肥料工場  北朝鮮のメディアは金正恩委員長が「新年最初の指導活動」として肥料工場の建設現場を視察したと報じました。  7日付の労働新聞は金委員長が北朝鮮西部の順川(スンチョン)で建設中の農業用肥料工場を視察する様子を写真入りで報じました。肥料工場は慢性的な食料不足を解消するためのもので、金委員長は「最重要の経済課題だと強調するために訪ねた」と述べています。金委員長としては新年最初の視察に経済分野を選ぶことで去年末の党中央委員会総会で示した「国力増強」の方針に従い、経済制裁を乗り切る意思を内外に強調する狙いがあるとみられます。