「トランプ 金正恩 ハノイ」の検索結果

「トランプ 金正恩 ハノイ」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ 金正恩」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

金委員長からトランプ氏に親書 4回目の会談も示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金委員長からトランプ氏に親書 4回目の会談も示唆  アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮の金正恩委員長から親書を受け取ったことを明らかにして4回目の米朝首脳会談に前向きな姿勢を示しました。  トランプ大統領:「きのう、金正恩委員長から美しい手紙を受け取った。非常に前向きな内容だった」  トランプ大統領は、5日から始まった米韓合同軍事演習に金委員長が不満を示していたことを明らかにし、「この演習は私も全く好んでいない」と同調しました。4回目の首脳会談については「すると思う」と話しましたが、具体的な時期や場所には触れていません。また、北朝鮮問題への影響も懸念される日本と韓国の関係の悪化について「日本と韓国はいつも争っている」と指摘し、「仲良くしなければアメリカの状況が悪くなる」と両国に関係改善を促しました。
【G20トランプ大統領会見】「金委員長と非武装地帯で握手できると思う」
無料
Abema最新NEWSはここでチェック! 【G20トランプ大統領会見】「金委員長と非武装地帯で握手できると思う」 トランプ大統領は、トランプ大統領は午後4時前から始まった記者会見で「金正恩委員長と会うかもしれない。金委員長と非武装地帯で握手できると思う」と述べた。今夜からの韓国訪問に合わせて北朝鮮の金委員長と3回目の会談をする可能性を明らかにした。
トランプ大統領 “金委員長から新たな親書”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 “金委員長から新たな親書”  アメリカのトランプ大統領は北朝鮮の金正恩委員長から新たな親書を受け取ったと明らかにしました。  トランプ大統領は9日、「金委員長から美しい手紙を受け取った。非常に前向きな内容だった」と述べました。そして、親書のなかで金委員長が5日から始まった米韓合同軍事演習に不満を示していたことを明らかにしました。そのうえで「この軍事演習は私も好きではない」と述べ、非核化交渉の再開に向けて金委員長に配慮を示しました。また、トランプ大統領は日本と韓国の関係についても触れて「両国はいつも争っている」「仲良くしなければならない」と対話による関係改善を促しました。
トランプ氏明かす ミサイル発射を金氏「少し謝罪」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏明かす ミサイル発射を金氏「少し謝罪」  アメリカのトランプ大統領は相次ぐ北朝鮮の短距離弾道ミサイルの発射について、金正恩委員長から「少し謝罪された」と明らかにしました。  トランプ大統領はツイッターで金委員長が親書のなかで「米韓合同軍事演習が終わり次第、すぐにでも協議を再開する意向を示した」と投稿しました。そのうえで、「短距離ミサイルの発射について少し謝っていた。軍事演習が終われば発射も終わるとのことだった」と明らかにしました。トランプ大統領の一連の投稿では、親書を受け取った後の日本時間10日早朝に発射された飛翔(ひしょう)体への言及はありませんでした。また、韓国との合同軍事演習については「ばかばかしくて金がかかる」と金委員長に同調して「遠くない将来、会うのを楽しみにしている」と意欲を示しています。
北朝鮮の“新型ミサイル”性能向上で日本の脅威に?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮の“新型ミサイル”性能向上で日本の脅威に?  北朝鮮がここ最近、飛翔(ひしょう)体やミサイルを連続して飛ばしています。あまり大きく報じられていませんが、実は今回、発射されたものは日本の軍事力では迎撃が難しいという可能性が出てきました。  16日午前8時すぎ、飛翔体が発射されました。韓国軍は短距離弾道ミサイルと推定しています。北朝鮮による短距離弾道ミサイルなどの飛翔体発射はこの3週間余りで6回。かつてない頻度なのですが、気になるのがそのタイミング。輸出規制を巡って日韓の対立が深まった先月25日にミサイルを発射。そして、日本が韓国のホワイト国除外を閣議決定した今月2日に飛翔体を発射。さらに、米韓合同軍事演習が始まり、韓国が日本に対して北朝鮮の核・ミサイルの防衛情報を共有する日韓の協定「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)」の破棄を示唆。日韓の溝がさらに広がった翌日の今月6日にまたもミサイルを発射。9日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領とアメリカのエスパー国防長官が会談、アメリカが日韓の仲介をするのかどうか注目されていたなか、10日にも飛翔体を発射。そして15日、光復節の式典で文大統領が南北の融和と統一について言及。16日に北朝鮮東部の通川(トンチョン)付近から短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射したのです。金正恩委員長は文在寅大統領を非難しました。しかし、安倍総理大臣やトランプ大統領は深刻に捉えている様子はありませんでした。そのためか、日本では韓国との問題ばかりがニュースになり、北朝鮮のミサイル発射が大きく扱われることは…

おすすめの作品

銃乱射相次ぐ中… トランプ氏は銃規制に消極姿勢
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 銃乱射相次ぐ中… トランプ氏は銃規制に消極姿勢  アメリカで31人が死亡した2つの銃乱射事件を受け、トランプ大統領は銃を購入する人の身元調査の重要性を強調する一方、販売の規制には消極的な姿勢を示しました。  トランプ大統領 :「(銃購入の)身元の調査は重要だ。銃を精神的に不安定な人や、怒りや憎しみを持った人に渡したくない」  トランプ大統領は一方で、銃の販売規制については「国民は今の時点で銃規制の立法化に意欲がない」として消極的な姿勢を示しました。一方、事件があったテキサス州とオハイオ州では、トランプ大統領の言動が事件の背景にある人種差別をあおっているとして「トランプ氏は人種差別主義者」「トランプ氏も共犯者だ」などと抗議するデモが行われました。
“反トランプ”デモへ ベネズエラ大統領が奮起促す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “反トランプ”デモへ ベネズエラ大統領が奮起促す  トランプ政権がベネズエラへの制裁強化に踏み切ったことを受け、アメリカと対立するマドゥロ大統領は週末に反トランプデモを行うことを明らかにしました。  マドゥロ大統領は8日に「我々はアメリカや他のどの国の植民地でもない」とツイッターに投稿し、10日にトランプ政権への抗議デモを行うと国民に呼び掛けました。また、自らデモに参加することも明らかにして国民に奮起を促しています。マドゥロ政権は8日からトランプ政権が支持する野党側と協議を行う予定でしたが、取りやめました。トランプ政権がアメリカ国内におけるベネズエラ政府の資産凍結に踏み切ったことへの対抗措置とみられます。マドゥロ大統領は「トランプ政権が残忍な攻撃性を持ってベネズエラに接している」と強く反発していて、政情不安がさらに深まる恐れがあります。
銃乱射で追悼 移民標的受けトランプ氏に批判の声
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 銃乱射で追悼 移民標的受けトランプ氏に批判の声  アメリカで相次いだ銃乱射事件の犠牲者を追悼する集会が開かれました。移民が標的にされたことを受け、トランプ大統領に批判の声が上がっています。  ニューヨークで5日、中南米からの移民や市民らが集まって銃規制の必要性を訴えました。テキサス州の事件は移民を狙ったヘイトクライムとみられ、トランプ大統領のこれまでの人種差別発言に批判の声が上がっています。  移民:「トランプ大統領は白人以外は嫌いなんだ。非常に良くないことだ。この国は移民が大半を占めている」  民主党・オカシオコルテス議員:「移民が抑圧されてはならない」  トランプ大統領に「この国が嫌いなら出て行けば良い」と批判された非白人系の民主党下院議員・オカシオコルテス氏も集会に参加し、トランプ大統領を批判しました。一方のトランプ大統領は、事件を受けて人種差別を非難する声明を出しています。
トランプ政権の制裁に反発 ベネズエラで抗議集会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ政権の制裁に反発 ベネズエラで抗議集会  アメリカとの対立を深めている南米ベネズエラのマドゥロ政権がトランプ大統領への抗議集会を行いました。  首都カラカスで10日に行われた集会は、マドゥロ大統領が国民に呼び掛けて開かれました。トランプ政権は5日、アメリカ国内のベネズエラ政府の資産を凍結する大統領令を出して経済制裁を強化しました。マドゥロ大統領は「人種差別政権の帝国主義的な妨害を打ち負かす用意ができている」と話し、トランプ政権に反発しています。ベネズエラでは、欧米諸国が支持する暫定大統領就任を宣言した野党のリーダーのグアイド氏と現職のマドゥロ大統領の対立が続いています。
デモに貿易問題…トランプ氏、習主席と電話会談へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 デモに貿易問題…トランプ氏、習主席と電話会談へ  アメリカのトランプ大統領は香港や貿易摩擦の問題を話し合うため、近く中国の習近平国家主席と電話会談をする考えを明らかにしました。  トランプ大統領:「習主席と近く電話で協議する。我々は習主席が(香港問題に)対処できると信じている」  トランプ大統領は「もし習主席が香港のデモ隊の指導部と座って話し合えば15分で解決できる」と指摘しました。一方、対立が深まっている米中の貿易摩擦について「中国側は合意を望んでいる。問題が長引けばアメリカが有利になる」と牽制(けんせい)しました。アメリカが来月に発動する追加の制裁関税に対して中国が報復を示唆していることに対しては「こちらにも強力な手段がある」と強気の姿勢を見せています。
トランプ氏 グリーンランド購入を検討? 反発も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 グリーンランド購入を検討? 反発も  アメリカのトランプ大統領がデンマーク領のグリーンランドの購入を検討していたと複数のメディアが報じました。  アメリカの「ウォール・ストリート・ジャーナル」などは、トランプ大統領が夕食会などの席で側近に対してデンマーク領のグリーンランドの購入を検討するよう指示していたと報じました。ホワイトハウスの法律顧問に対しても購入できるかどうか相談していたということです。グリーンランドは天然資源が豊富で、地理的にも重要性が増している北極に近いことが購入検討の主な理由だということです。デンマーク側は「グリーンランドは売り物ではない」と反発しています。トランプ大統領は来月上旬にデンマークを初めて訪問する予定です。
金氏が10日に新兵器試験射撃を視察 北朝鮮メディア
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金氏が10日に新兵器試験射撃を視察 北朝鮮メディア  北朝鮮メディアが11日、金正恩委員長が新兵器の試験発射を視察したと伝えました。11日付の労働新聞には、満面の笑顔の金委員長と10日に発射した短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体の写真が掲載されています。
金委員長「新しい兵器が誕生した」 発射実験視察で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金委員長「新しい兵器が誕生した」 発射実験視察で  北朝鮮メディアは、金正恩委員長が新兵器の試験発射を視察したと11日朝に報じました。  11日付の労働新聞は金委員長が10日、発射された飛翔(ひしょう)体の試験を視察する様子を写真入りで伝えました。飛翔体は短距離弾道ミサイルとみられ、「新しい兵器システムが完璧に現実化された」としています。金委員長は「既存の兵器とは異なる優れた戦術的特性を持つ兵器システムだ」と話し、満足したということです。また、朝鮮中央通信は米韓合同軍事演習の中止か釈明がなければ南北の接触は難しいと伝え、韓国を牽制(けんせい)しています。
「米韓軍事演習に警告」金委員長 新型兵器視察
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「米韓軍事演習に警告」金委員長 新型兵器視察  北朝鮮メディアは7日朝、金正恩委員長が新型戦術誘導兵器の発射を6日に視察し、アメリカと韓国の合同軍事演習に対して「警告を送る機会になる」と述べたと伝えました。  7日付の労働新聞は、金委員長が軍幹部らと新型戦術誘導兵器の発射実験を視察する様子を写真入りで大きく取り上げました。この新型兵器は移動式の発射台から打ち上げられ、日本海の目標に命中して「実戦能力が検証された」としています。また、金委員長は「我々の軍事行動が米韓合同軍事演習に対し、警告を送る機会になる」と述べたということです。新型兵器は低空飛行して軌道を変更できるため、迎撃が困難なロシアの高性能ミサイル「イスカンデル」の改良型とみられ、北朝鮮は先月25日にも同様のミサイルを発射しています。
「金氏が再び新型兵器の実験視察」北メディア報じる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「金氏が再び新型兵器の実験視察」北メディア報じる  北朝鮮メディアは「金正恩委員長が再び、新型兵器の発射実験を視察した」と伝えました。16日に発射した飛翔(ひしょう)体をさすとみられます。  17日付の労働新聞は、金委員長が新型兵器の発射実験を視察した様子を写真入りで大きく報じました。今月10日に発射したミサイルに似た飛翔体が移動式発射台から打ち上げられ、目標に命中しているのが分かります。金委員長は満足の意を示し、「誰も手出しできない無敵の軍事力を保有するのが目標だ」と述べたということです。韓国軍は、北朝鮮が16日に発射した2発の飛翔体について、飛距離は約230キロ、高度は約30キロと発表していて、北朝鮮の17日の報道はこれをさすをみられます。