「トランプ 1話」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

弾劾裁判の審理始まる トランプ氏「魔女狩りだ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 弾劾裁判の審理始まる トランプ氏「魔女狩りだ」  トランプ大統領に対する弾劾(だんがい)裁判の審理がアメリカの議会上院で始まりました。史上3例目の大統領弾劾裁判は与野党の全面対決となっています。  いわゆる「ウクライナ疑惑」を巡るトランプ大統領に対する弾劾裁判は、野党・民主党がホワイトハウスや国務省の関係者を証人として呼ぶことを求めたのに対し、与党・共和党がこれに反対して全面対決の様相です。ただ、上院では与党・共和党が多数を占め、トランプ大統領が罷免(ひめん)される可能性は低いとみられています。新たな証拠が出ることを懸念する共和党は早期の幕引きを目指す一方、民主党は共和党からの造反を誘い、トランプ大統領に政治的打撃を与えたい考えです。  トランプ大統領:「(弾劾裁判は)でっちあげだ。魔女狩りだ」  スイスで始まったダボス会議に出席しているトランプ大統領は弾劾裁判を強く批判しています。
トランプ大統領の弾劾裁判始まる 米国史上3人目
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領の弾劾裁判始まる 米国史上3人目  アメリカのトランプ大統領の弾劾(だんがい)裁判が議会上院で正式に始まりました。弾劾裁判にかけられる大統領としてはアメリカ史上、3人目です。  トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡ってアメリカの議会上院では16日、裁判長を務める最高裁判所の長官や陪審員役となる上院議員が宣誓して弾劾裁判が正式に始まりました。実質的な審議は21日から始まり、裁判に出席した上院議員の3分の2以上が有罪と判断すればトランプ大統領の罷免(ひめん)が決まります。ただ、上院は与党・共和党が多数を占め、罷免の可能性は低いとみられます。  トランプ大統領:「断言するが、これは壮大なでっちあげだ」  トランプ大統領は自身の潔白を改めて主張しました。
冒陳でトランプ大統領の罷免要求…弾劾裁判2日目
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 冒陳でトランプ大統領の罷免要求…弾劾裁判2日目  アメリカのトランプ大統領のいわゆる「ウクライナ疑惑」を巡る弾劾(だんがい)裁判は2日目の審理が行われ、検察官役の野党議員は冒頭陳述でトランプ大統領の罷免(ひめん)を求めました。  検察官役・民主党、シフ下院議員:「公正な陪審員は数日で出される証拠を聞けば、憲法によってトランプ大統領が罷免されるべきだと分かるだろう」  野党・民主党の議員による冒頭陳述は3日間続き、民主党のシフ議員は「トランプ大統領がウクライナに対してバイデン前副大統領に関する調査を開始し、公表するよう圧力を掛けた」と主張しました。一方、トランプ大統領はツイッターで「圧力はなかった」と反発しています。民主党は大統領の側近らの証言を求めていて、証人を呼ぶかどうかの議論は31日にも始まる可能性があります。
弁護団「間違っていない」トランプ大統領の弾劾裁判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 弁護団「間違っていない」トランプ大統領の弾劾裁判  トランプ大統領の「ウクライナ疑惑」を巡る弾劾(だんがい)裁判で冒頭陳述が行われ、弁護団は無罪を主張しました。  大統領の弁護団、パット・シポローニ氏:「我々が伝える事実を聞けば、大統領は絶対に間違ったことをしていないと分かるだろう」  トランプ大統領はウクライナ側に大統領選挙の民主党の有力候補・バイデン氏に関わる捜査を求める際、「捜査しなければ軍事支援を凍結する」と受け止められかねない発言をしたとして弾劾されています。弁護団は25日、冒頭陳述で「軍事支援の凍結などは条件にしていない」として無罪を主張しました。トランプ大統領は冒頭陳述の初日が土曜日であることについて「私の弁護団はテレビを見る人が少ない日に陳述を始めなければいけない」と不満を示しています。
植松聖被告 トランプ氏発言に「勇気づけられ」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 植松聖被告 トランプ氏発言に「勇気づけられ」  トランプ大統領の過激な発言に「勇気付けられた」と証言しました。  植松聖被告(30)は2016年、相模原市の「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害した罪などに問われています。27日の被告人質問で、植松被告は当時、アメリカ大統領選の候補者だったトランプ大統領の過激な発言をニュースで見て、「『意思疎通の取れない人は安楽死すべき』という自分の考えを言ってもいいと思った」と話しました。検察官に「勇気付けられたのか」と問われると「はい」とはっきりとした口調で答えました。
ボルトン氏“暴露本”で与党からも証言求める声
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ボルトン氏“暴露本”で与党からも証言求める声  アメリカ議会の上院で弾劾(だんがい)裁判が続くなか、トランプ大統領の元側近が権力の乱用を示唆する暴露本を執筆中だとアメリカのメディアが報じました。  アメリカのニューヨーク・タイムズ紙は、ボルトン前大統領補佐官が執筆中の著書のなかでトランプ大統領がウクライナ政府に対してバイデン前副大統領に関する疑惑の調査開始を軍事支援の条件にしていたことを暴露していると報じました。この問題は弾劾裁判の核心部分で、野党・民主党はボルトン氏に証人としての出廷を求めていますが、ボルトン氏の証言がトランプ大統領への打撃になることを恐れる共和党はこれを拒否しています。また、トランプ大統領も「ボルトン氏は何も知り得る立場ではなかった」と牽制(けんせい)しています。しかし、与党・共和党内からも証人としての出廷に賛成する動きが出ていて、31日にも予定されている出廷の是非を問う採決を前にこうした動きが共和党内でどこまで広がるかが焦点です。
第142話 戦え!トランプ下克上
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第142話 戦え!トランプ下克上 公園前派出所でトランプゲーム「大富豪」の壮絶なバトルが繰り広げられた。
ダボス会議 グレタさんとトランプ大統領が舌戦
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ダボス会議 グレタさんとトランプ大統領が舌戦  世界の政財界トップが一堂に会するダボス会議で17歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんとトランプ大統領がそれぞれ演説し、舌戦を繰り広げました。  環境活動家・グレタさん:「メディアや権力者が報じたり、議論したくないことは分かっています。それでも私はそれが実現するまで訴え続けます」  グレタさんは若者による環境への取り組みが話題になる一方で、対応策が全く実行されていないと世界のリーダーらを批判しました。一方、トランプ大統領はグレタさんも会場で演説に耳を傾けるなか、石油や天然ガスの経済的な重要性を主張しました。そのうえで、環境問題への活動に対して「今は悲観する時ではない。恐れや疑念は良い考え方ではない」などと述べました。
「トランプ大統領の殺害に3億円」イランの国会議員
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「トランプ大統領の殺害に3億円」イランの国会議員  イランの国会議員がアメリカのトランプ大統領を殺害した人に日本円で約3億円の懸賞金を出すと表明しました。  アフマド・ハムゼイ議員は21日に議会で演説し、「我々はトランプ大統領を殺害した者に現金300万ドル(日本円で約3億円)の懸賞金を出す」と明らかにしました。3日にイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官がアメリカ軍の空爆で殺害されたことに対する報復だとしています。ただ、この決定が最高指導者ハメネイ師らイランの指導部によるものかどうかについては言及しませんでした。また、ハムゼイ議員は「核兵器を持っていればアメリカの脅威から免れていただろう」と述べ、核合意からの速やかな脱退を訴えました。
WHO「緊急事態」先送り トランプ氏は「心配無用」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 WHO「緊急事態」先送り トランプ氏は「心配無用」  WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスに関する緊急の会合を開き、専門家らが「緊急事態」にあたるかどうかの協議を行いました。  WHOは22日に感染拡大を受けて、中国、日本、タイなど世界各国の専門家らによる緊急会合を開きました。現在の状況が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態にあたるのかどうかの判断が注目されましたが、「より多くの情報が必要だ」として23日も議論を続けることになりました。  アメリカ、トランプ大統領:「我々にはウイルス対策の計画があり、しっかりと対処するだろう。中国も順調だと思っている」  感染者1人が見つかったアメリカのトランプ大統領は「心配する必要は全くない。数千万人に1人の話だ」と楽観的な姿勢を示しています。