「トランプ君」の検索結果

「トランプ君」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

韓国映画のアカデミー賞受賞にトランプ氏不満爆発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国映画のアカデミー賞受賞にトランプ氏不満爆発  アカデミー賞で韓国映画が選ばれたことに我慢ならないようです。  トランプ大統領:「今年のアカデミー賞はひどかった。韓国映画が受賞するとは!一体、どうなってるんだ」  トランプ大統領は20日、コロラド州の政治集会で演説を行いました。そのなかで、韓国の映画である「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞で最高の栄誉とされる「作品賞」を受賞したことに不満をあらわにしました。また、「韓国と貿易でもめているのに、その韓国の映画に最高の賞を与えた」とも訴えています。
第142話 戦え!トランプ下克上
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第142話 戦え!トランプ下克上 公園前派出所でトランプゲーム「大富豪」の壮絶なバトルが繰り広げられた。
専用車「ビースト」でトランプ大統領がレース場に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 専用車「ビースト」でトランプ大統領がレース場に  自動車レースの先頭を走ったのは大統領専用車でした。  アメリカ・フロリダ州の自動車レースの会場を低空飛行しているのは、大統領専用機の「エアフォースワン」です。会場入りしたのはトランプ大統領夫妻で、演説ではアメリカの自動車技術の高さをアピールしました。トランプ大統領はその後、大統領専用車、通称「ビースト」に乗り込み、レースカーを従えてコース会場を走りました。11月の大統領選に向けて絶好のアピールとなりましたが、専用機と専用車を使う公務だったことから、国民からは「選挙戦に税金を使うのはおかしい」と批判の声も上がっています。
米大統領予備選 民主党第2戦はサンダース氏が勝利
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領予備選 民主党第2戦はサンダース氏が勝利  トランプ大統領に挑む民主党の候補争い第2戦はサンダース氏(78)が制しました。  民主党・サンダース氏:「この勝利でトランプ大統領の終わりが始まる」  アメリカ東部ニューハンプシャー州で行われた予備選は左派のサンダース氏が勝利を確実にしました。初戦のアイオワ州でトップに立った中道のブティジェッジ氏(38)はわずかな差で2位に付け、今後に弾みが付きそうです。一方、本命とされていたバイデン前副大統領(77)は5位に沈み、苦戦を強いられています。
米の中東和平案を非難 アッバス議長が国連で演説
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米の中東和平案を非難 アッバス議長が国連で演説  パレスチナ自治政府のアッバス議長が11日、国連の安全保障理事会の会合に出席してトランプ政権の中東和平案を拒否する姿勢を強調しました。  アッバス議長は「イスラエルは領土を占領し、私たちに戦争を仕掛け続けている」などと演説し、トランプ大統領が発表した中東和平案を改めて非難しました。また、「アラブ連盟やアフリカ連合も拒絶している」と訴えました。  アメリカ、クラフト国連大使:「今こそ、新たな会話のためにテーブルに着く時です。一方に押し付けるのではなく、互いに語り合うのです」  一方、アメリカ側は「提案が現実的な解決策だ」として、パレスチナに交渉に応じるよう求めました。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
ブルームバーグ前NY市長「自信ある」 米大統領選
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ブルームバーグ前NY市長「自信ある」 米大統領選  アメリカ大統領選挙の民主党の候補者選びで、巨額の資金を武器にした選挙戦で注目を集めるブルームバーグ前ニューヨーク市長がANNの取材に答え、指名の獲得へ自信を見せました。  前ニューヨーク市長・ブルームバーグ氏:「(Q.選挙活動の調子は?)良いよ」「(Q.指名獲得は?)私の人生ではいつだって自信がある」  出馬表明が他の候補より遅かったブルームバーグ氏は、14の州で一斉に予備選挙などが行われる来月3日のスーパーチューズデーから参戦します。序盤の4つの州での戦いは見送ったにもかかわらず、最新の世論調査では3位に浮上しています。  前ニューヨーク市長・ブルームバーグ氏:「11月に勝ってトランプ大統領をフロリダにある別荘に永遠に送り返す。口先よりも行動し、分断を改善する。ツイートも減らす」  ブルームバーグ氏はトランプ大統領をも上回る豊富な資金をテレビ広告を中心に使い、大票田のカリフォルニア州やテキサス州で支持を広げる狙いです。
大統領選挙のカギとなる巨大都市・デトロイト 全米一の自動車産業の街、その勃興の秘密に迫る?
無料
【BS朝日】町山智浩のアメリカの今を知るTV In Association With CNN 大統領選挙のカギとなる巨大都市・デトロイト 全米一の自動車産業の街、その勃興の秘密に迫る? 【毎週月曜よる9時 BS朝日で放送】 2016年、トランプ大統領誕生に大きく貢献したと言われるのがラストベルト=錆びついた工業地帯の白人労働者層。その代表的都市がアメリカ中西部のミシガン州デトロイト。全米一の自動車産業拠点として知られる巨大都市はどのようにして誕生したのか?それを支える労働者たちは、どのような道を歩んできたのか?そのキーマンとなる人物、自動車王ヘンリー・フォードとはどんな人物だったのか?現在のアメリカ製造業全体の基礎を作ったといわれるデトロイトの自動車産業、その激動の歴史を町山が徹底解説!
#9 神様がくれた最後のチャンス
恋する♥週末ホームステイ-Season8 #9 神様がくれた最後のチャンス ▷大阪男子×東京女子▷ ▼「真剣佑に…!」『しょうけい』勝負のイメチェンで脱“お兄ちゃん”!? ▼恋トランプが連敗男子にチャンスを与える!?運命が味方するのは誰? ▷関東男子×東北女子▷ ▼最後の2日間。運命の恋トランプがすれ違う想いを結びつける? ▼「ずっと一緒にいたいのはあなた」オクテ女子の精一杯の手紙の想い。
“香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 “香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!!
無料
WinTicket ミッドナイト競輪 100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!! グラビアアイドル・林ゆめ、そして麻雀界最速最強・多井隆晴が登場! 多井は競輪でも独自の予想ロジックでその最強っぷりを発揮!高額的中を知らせるパトランプを多井自身が鳴らしまくる。 しかし、その多井を超える奇跡の超高額的中が発生!100万円を超える払い戻し額に一同空いた口が塞がらない!?
Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
#7 甘キュン!サプライズ。
恋する♥週末ホームステイ 2019・秋「約束」 #7 甘キュン!サプライズ。 ▷関西女子×全国センバツ男子▷ 『ここ』をめぐる男子の戦いは白熱。そんな中、『りゅーの』が特技を生かしたサプライズ、勝負をかける。さらに「運命の恋トランプ」がメンバーの心を揺さぶる。意中のペア、意外なペア、それぞれの想いが交錯する中、『ましろ』が『ともき』を呼び出す...。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
米大統領選 民主党指名争い第2戦 投票始まる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選 民主党指名争い第2戦 投票始まる  アメリカ大統領選の今後の流れを占うニューハンプシャー州の予備選は投票が行われています。大勢は日本時間12日午前にも判明する見通しです。  民主党の各候補は朝から投票所を回り、集まった支援者を激励しました。最新の世論調査ではトップに立つのが若者に人気があるサンダース氏で、勢いを伸ばすブティジェッジ氏が2位につけています。一方、共和党も予備選が行われ、トランプ大統領が圧勝する見通しです。
“大戦中の日系人強制収容を謝罪”米・加州議会決議
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “大戦中の日系人強制収容を謝罪”米・加州議会決議  アメリカ・カリフォルニア州議会は、第2次世界大戦中に日系人を強制収容したことについて公式に謝罪する決議案を可決しました。  日系人の強制収容はアメリカ西海岸を中心に1942年から4年間行われ、約12万人が抑留されました。アメリカで日系人が最も多いカリフォルニア州は20日、人種差別に基づく強制収容について謝罪する決議案を議会で可決しました。移民に差別的なトランプ政権に抗議する意味合いもあるとみられます。
新型コロナ「世界経済に波及の恐れ」FRB議長が懸念
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ「世界経済に波及の恐れ」FRB議長が懸念  アメリカの中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長が新型コロナウイルスに言及し、世界経済への影響に警戒感を示しました。  FRBのパウエル議長は11日、新型コロナウイルスが「中国で混乱を引き起こし、世界経済に波及する恐れがある」と懸念を表明しました。この発言を受けてニューヨーク株式市場では売りが優勢となり、終値は前日に比べて48セント値を下げました。トランプ大統領はツイッターで「ダウは125ドル上がり、上向いていたが、パウエルの証言で下落した」と批判しています。
米大統領選 予備選第2戦でサンダース氏勝利宣言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選 予備選第2戦でサンダース氏勝利宣言  アメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補選び第2戦、ニューハンプシャー州の予備選で、民主党は左派のサンダース氏が勝利宣言をしました。  サンダース氏は「偉大な勝利に感謝する」と述べたうえで、「この勝利がトランプ大統領の終わりの始まりだ」と訴えました。CNNによりますと、日本時間12日午後1時15分現在、開票率90%の段階で、サンダース氏の得票率は26%と2位のブティジェッジ氏に1.6ポイントの差を付けてトップに立っています。CNNなどはサンダース氏の勝利が確実と速報で伝えています。
第1話
結婚契約 第1話 夫に先立たれたヘスは、借金取りに追われながら娘のウンソンを1人で育てていた。レストラン「プロミス」の求人に応募しに行った日、ウンソンが車にひかれそうになり、助けたヘスが気を失ってしまう。車を運転していたジフンはヘスを病院へ運ぶが、当たり屋だと勘違いし、厳しい言葉を投げつける。だが、実は彼が「プロミス」の経営者だった。そのジフンは、実の母親がすぐにも肝移植を受けなければならない状態だと知らされ...
候補者ら最後のお願い 米大統領選の指名争い第2戦
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 候補者ら最後のお願い 米大統領選の指名争い第2戦  大統領選の候補者指名争いは第2戦がこの後、日本時間の夜に始まります。  民主党・ブティジェッジ氏(38):「ニューハンプシャーに初めて太陽が昇り、トランプ氏が大統領でなくなることを想像して下さい」  初戦で暫定1位となり、勢いに乗るブティジェッジ氏の集会には俳優のケビン・コスナー氏が前座に登場しました。予備選が行われるニューハンプシャー州では民主党の各候補が「最後のお願い」に奔走しました。最新の世論調査では急進左派のサンダース氏がリードしています。バイデン前副大統領は支持率が低迷していて、ブティジェッジ氏を攻撃する戦術に出るなど苦しい戦いを強いられています。
#5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】
恋する♥週末ホームステイ 2020・冬「勇気」 #5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】 ▷北海道・東北女子×全国センバツ男子▷ 2週目のホームステイも最終日。傷心同士、急接近の『とわ』と『みく』、『スタンリー』を一途に想う『おうた』、『たくま』に想いを告げられない『ゆうな』。そんな中、「運命の恋トランプ」によってこれまでの関係性が大きく動く事件が。『スタンリー』の号泣の理由は?
#10 アンネの憂鬱
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #10 アンネの憂鬱 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「少しの間、目をつむってて」最後の夜に『アル』が『らいりー』に甘い贈り物。 ▼“運命は変えられる”告白直前、『らいりー』『そう』『アレク』それぞれの片思いが動き出す。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼一寸先は闇…告白前夜にすれ違い始めた心。それぞれの思いが歯車を狂わせる。 ▼『運命の恋トランプ』が傷心の『しんや』に大逆転の奇跡を運ぶ。
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
バレンタインデーの人気企画は“ゴキブリが主役”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 バレンタインデーの人気企画は“ゴキブリが主役”  イギリスでは「ゴキブリ」を使ったバレンタインデーのプレゼントが人気となっています。  動物園の担当者、ヘンリー・ウィーデンさん:「伝統的なバレンタインデーと少し違うことをしてみたかった。バレンタインデーを好きな人もいれば、そうでない人もいるでしょうから」  ロンドン近郊の動物園でバレンタインのギフトとして、ゴキブリに「元カレ」や「元カノ」の名前を付ける権利が売られています。失恋を吹き飛ばそうと企画され、命名権は1.5ポンド、日本円で約200円で販売されています。かつての交際相手の名前だけではなく、イギリスのジョンソン首相やアメリカのトランプ大統領など政治家の名前を付けて皮肉る人たちもいるようです。すでに2000人以上が購入し、人気を博しているということです。
新型コロナ対応で米に反論 中国「オープンで透明」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ対応で米に反論 中国「オープンで透明」  ホワイトハウスの高官が「新型コロナウイルス」への中国の対応は「透明性がない」と批判したことに、中国政府は「オープンで透明だ」と反発しました。  経済分野でトランプ大統領の助言役を務めるクドロー国家経済会議委員長は、中国当局の新型コロナウイルスへの対応について「透明性を欠いていて、少しがっかりしている」「中国から正確な情報が来なければ正しい評価ができない」と批判しました。これに対し、中国外務省は会見で「ウイルスの発生以来、中国はオープンで透明だ」「国際社会と手を携え、対応にあたってきた」と反発しました。さらに、「我々はアメリカを含む多くの国々の専門家が中国やWHO(世界保健機関)の合同調査チームに参加することを歓迎する」としました。
#35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク! "今回のゲストはカンニング竹山さん! 韓国への輸出規制強化を中心に冷え込む日韓関係について橋下さんが思う事とは? 自らも訪問した福島の現在について竹山さんが熱く語る! 他にも「トランプ大統領の人種差別的発言」や「参議院選挙」など 炎上覚悟の二人のほろ酔いトークが大展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT "
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
#2:2番目なんていない!
無料
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #2:2番目なんていない! あみだくじで決まった2グループに分かれてのデート♡ 前回男子から気になる女子に渡されたブレスレット。「脈アリ」の場合は女子がブレスレットを着けてくる! さらに、女子会では「運命のトランプゲーム」によって女子が会いたい男子を指名してデートできる権利を争う展開に!