「トランプ君」の検索結果

「トランプ君」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

トランプ氏 共和党大会での演説を断念 感染拡大で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 共和党大会での演説を断念 感染拡大で  アメリカのトランプ大統領は11月の大統領選挙に向けて共和党の候補を正式に選ぶ来月の全国大会について、新型コロナウイルスの感染拡大を理由にフロリダ州での演説を取りやめました。  トランプ大統領:「最近のフロリダでの感染拡大を考えると大規模な集会を開くのは適当ではない。私にはアメリカ国民を守る義務がある」  トランプ大統領はフロリダ州での共和党全国大会について、演説のほか、屋内での大規模な集会も取りやめ、オンラインも含めた別の形で演説するとしています。トランプ大統領が先月、屋内での大規模集会を強行したオクラホマ州では新型コロナの感染者が増加しました。このため感染拡大を懸念する声が高まっていました。共和党全国大会で代議員が出席して、トランプ氏を指名するイベントはノースカロライナ州で行われます。
米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く  11月3日のアメリカ大統領選挙まであと3カ月となりました。世論調査では共和党のトランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領にリードを許す展開が続いています。  アメリカの政治サイトによりますと、7月後半の世論調査の平均ではバイデン氏が約7ポイントの差でトランプ氏をリードしています。ミシガン州やフロリダ州など激戦州でもバイデン氏がリードを保ち、トランプ大統領の支持基盤の高齢者からも一定の支持を得ています。  トランプ大統領:「バイデン氏は自分が何を話しているか分かっていない。側近が用意した文章を読むだけだ」  トランプ陣営は支持率低迷の責任を問う形で選対本部長を更迭し、テレビ広告も見直すなど巻き返しを図っています。ただ、トランプ氏の新型コロナウイルス対策に嫌気が差したと感じる有権者も多く、支持率回復には政策の見直しも求められそうです。一方、バイデン氏は公約で掲げた白人ではない女性の副大統領候補を近く明らかにしますが、まだ陣営内の意見をまとめきれていません。
「さらに悪化」トランプ大統領3カ月ぶりコロナ会見
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「さらに悪化」トランプ大統領3カ月ぶりコロナ会見  アメリカのトランプ大統領は新型コロナウイルス対策に関する定例会見を約3カ月ぶりに再開し、「感染状況はさらに悪化する」と悲観的な見通しを示しました。  トランプ大統領:「残念だが、恐らく回復よりも先に悪化するだろう。言いたくないが、これが現実だ。世界中でそうだ」  トランプ大統領はこれまでウイルスは「消えてなくなる」などと楽観的な見通しを示してきましたが、その姿勢を翻しました。さらに、消極的だったマスクの着用も「好き嫌いにかかわらず、効果はある」と話し、自らマスクを見せて推奨しました。トランプ大統領は大統領選挙の世論調査で苦戦が伝えられていて、新型コロナ対策の会見を通じて強いリーダー像をアピールする狙いがあるとみられます。
米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米オブライエン補佐官が感染 トランプ政権中枢初  アメリカ、トランプ大統領の側近であるオブライエン大統領補佐官が新型コロナウイルスに感染したことをホワイトハウスが発表しました。  国家安全保障を担当するオブライエン大統領補佐官は今月、イギリスとドイツ、イタリアを訪問し、帰国した後に新型コロナへの感染が判明しました。トランプ政権中枢での感染確認はこれが初となります。オブライエン大統領補佐官はすでに先週から自己隔離に入っていて、症状は軽く、電話で業務を続けているということです。ホワイトハウスはトランプ大統領とペンス副大統領への感染リスクはないと強調しています。ホワイトハウスではこれまでペンス副大統領のスタッフなどの感染が確認されていて、トランプ大統領らは毎日、検査を受けているということです。
トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏改めて治療効果力説 FDAは使用を警告  アメリカのトランプ大統領は自ら服用していた新型コロナウイルスの治療効果が立証されていない薬について、改めて治療効果があると力説しました。  トランプ大統領:「感染初期段階になら効果があると思う。多くの最前線の医師たちもそう考えている」  トランプ大統領は一時、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を新型コロナの感染予防のために服用していました。しかし、新型コロナへの治療効果が立証されていないほか、FDA(米食品医薬品局)も「心臓へのリスクがある」として医療機関以外で使用しないよう警告を出しています。トランプ大統領は28日の会見で新型コロナへの治療効果があるとして改めて推奨し、この薬を勧める書き込みがツイッター社によって削除されたことについて理解できないと述べました。
トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 米国内での「Tik Tok」利用禁止へ  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「ティックトック」の、アメリカ国内での利用を禁止する考えを明らかにしました。  トランプ大統領は大統領専用機の機内で記者団に対し、「ティックトックには懸念があり、アメリカ国内での利用を禁止する」と述べました。ティックトックは中国の企業が運営する短い動画が投稿できるアプリで、アメリカ国内でも若者を中心に1億人のユーザーがいるとされます。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などの利用者データが中国政府に漏れる恐れがあるとみていて、すでにアメリカ軍関係者の利用を禁止しています。ティックトックを巡っては、マイクロソフト社がアメリカでの事業を買収する意向を示しているとの報道も出ています。
緊迫のデモ現場に「ママたちの壁」普通の市民の抵抗
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 緊迫のデモ現場に「ママたちの壁」普通の市民の抵抗  アメリカ西部オレゴン州では市民らとトランプ政権が派遣した連邦の治安部隊との衝突が激しさを増しています。  人種差別に反対するデモが2カ月近く続くオレゴン州ポートランドは、25日未明も治安部隊が抗議デモの参加者に催涙弾を使用するなど衝突が続き、数十人が逮捕されました。ポートランドでは「ママたちの壁」と呼ばれる女性を中心としたグループなどが治安部隊とデモ参加者の間に壁を作って対抗するなど、トランプ政権への反発が強まっています。  「ママたちの壁」参加者:「ここにいるのは母親や普通の市民らです。これを見ればトランプ政権が作り上げたシナリオが嘘であることに気付くでしょう」  デモ参加者や地元当局者からはトランプ政権が11月に行われる大統領選挙に向け、デモを政治利用しているという批判も上がっています。
外交拠点の追加閉鎖を示唆 トランプ氏が中国を牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 外交拠点の追加閉鎖を示唆 トランプ氏が中国を牽制  アメリカ政府がテキサス州ヒューストンにある中国の総領事館の閉鎖を指示したことを受けて、中国政府が反発しています。トランプ大統領は「さらなる閉鎖もあり得る」と発言して中国を牽制(けんせい)しました。  トランプ大統領:「外交拠点のさらなる閉鎖はいつでもあり得る。どうなるかいずれ分かる」  アメリカ国務省は「知的財産を守るため」として、テキサス州ヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を指示しました。中国政府はこれに強く反発しています。トランプ大統領は中国の対応次第では他の外交拠点の閉鎖を指示すると示唆しました。ヒューストンの中国総領事館では21日、敷地内で書類が燃やされ、消防車が出動しました。共和党の対中国強硬派として知られるマルコ・ルビオ上院議員はツイッターで「スパイの巨大な活動拠点だ。もっと前に閉鎖されるべきだった」と主張しています。
米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが  トランプ大統領の発言などから騒動になっている「TikTok」の利用禁止問題ですが、実は日本でも国会議員が危険性を指摘するなど対岸の火事とは言えない状況になりつつあります。  TikTok。日本国内で約1000万人のユーザーを持つこのアプリが規制されるかも。中国製アプリのTikTokを巡っては、これまでアメリカが中国政府への情報漏洩(ろうえい)の可能性を指摘。米中間の新たな火種にもなっていました。アメリカでは、すでに軍事関係者の使用を禁止しているほか、インドやオーストラリアなどでも禁止・規制の動きが広がっています。さらに、先月31日にはトランプ大統領が国内でのTikTokの利用禁止を示唆。  トランプ大統領:「TikTokを注視しているし禁止するかもしれない。他の方法も取るかもしれない」  こうしたトランプ大統領の発言に翻弄(ほんろう)されたのは、アメリカのマイクロソフトです。国内でのTikTokの事業買収に向けて親会社の中国「バイトダンス」と交渉していましたが、アメリカのメディアによりますと、大統領が「買収反対」の意向を示したことで一時、交渉がストップ。その後、マイクロソフトはCEO(最高経営責任者)がトランプ大統領と話し合い、来月15日を期限とする交渉が再スタートされると公式ブログで発表。  一方、日本でも…。  自民党ルール形成戦略議連・甘利明会長:「我々が想定していないような形で個人情報、機微に関わる情報が漏れていってしまうことがないよう」  自民党の議員連盟は、来月…
トランプ大統領、一転「マスク着用は国を愛すこと」
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領、一転「マスク着用は国を愛すこと」  アメリカのトランプ大統領はこれまで消極的だったマスクの着用を翻し、「マスクを着けることは国を愛することだ」とアピールしました。  トランプ大統領は自らがマスクを着けた写真をツイッターに投稿し、「ソーシャルディスタンスを保てない時にマスクを着けるのは愛国的だとされている」「私ほど愛国心の強い人はいない」とアピールしました。トランプ大統領はこれまでマスクの着用に消極的で、今月になり初めて公の場でマスク姿を見せました。また、新型コロナウイルスに関する定例の記者会見を21日にも再開する意向を示しています。一連の動きは自らの新型コロナウイルスへの対応が批判され、11月に迫る大統領選挙の世論調査で民主党のバイデン前副大統領にリードを許す展開を挽回(ばんかい)する狙いがあるとみられます。また、トランプ大統領はマスク着用の義務化を否定していますが、小売り最大手「ウォルマート」などが全店舗でのマスク着用を義務化しました。ウォルマートは20日から系列店舗を含む全米5000店余りで、入店の際にマスク着用を義務付けました。ただ、マスク着用を巡るトラブルが多発しているため、各店舗に専任のスタッフを配置しています。アメリカでは50州のうち半数以上の州で公の場でのマスクが義務付けられていますが、徹底されていません。全米の感染者数は約383万人で、死者数は14万人を超えています。16日には7万7000人の新規感染者が報告されていて、感染の拡大が止まらない状態です。
支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆  アメリカのトランプ大統領は自身のツイッターで11月の大統領選挙の延期を示唆しました。  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月の大統領選挙では郵便投票の必要性が指摘されていますが、トランプ大統領は自身のツイッターで「郵便投票になればこれまでで最も不正確な選挙になりかねない」と述べました。そのうえで「適格かつ安全に投票ができるようになるまで大統領選挙を延期してはどうか」との考えを示しました。世論調査で民主党のバイデン前副大統領のリードが伝えられるなか、新型コロナを理由に自身の支持率回復まで選挙を延期したい思惑があるものとみられます。
第142話 戦え!トランプ下克上
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第142話 戦え!トランプ下克上 公園前派出所でトランプゲーム「大富豪」の壮絶なバトルが繰り広げられた。
“大統領選延期”を即撤回 郵便投票批判は変わらず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “大統領選延期”を即撤回 郵便投票批判は変わらず  アメリカのトランプ大統領は、11月の大統領選挙で導入される見込みの郵送による投票に反対して選挙の延期を提案しましたが、その後すぐに撤回しました。  トランプ大統領:「日程変更を望んでいるかと言われればノーだ。しかし、不正な選挙をするわけにはいかない。もし、この選挙が行われれば、歴史で一番の不正な選挙になるだろう」  トランプ大統領は30日、郵便投票が導入されれば「不正確な選挙になる」として延期を提案しました。しかし、与党・共和党からも否定的な声が相次いだため、その後の会見で延期を撤回して郵便投票は開票に時間がかかると改めて批判しました。共和党は郵便投票を導入した場合、白人に比べて投票率が低い傾向にある中南米系の有権者が民主党に票を入れることを懸念しています。
「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「Tik Tok」の買収交渉を中断か 米マイクロソフト  中国企業が運営する動画投稿アプリ「ティックトック」のアメリカ事業の買収に動いているマイクロソフトが、交渉を中断しているとアメリカのメディアが報じました。  マイクロソフトは、ティックトックのアメリカ事業を買収することで運営会社である中国の「バイトダンス」と交渉しているとみられていました。しかし、アメリカメディアは1日に関係者の話として、マイクロソフトがこの買収交渉を中断していると伝えました。ティックトックを巡っては、トランプ大統領が近くアメリカ国内での使用を禁じる考えを示しています。トランプ政権はマイクロソフトによる買収についても反対する意向で、両社は政権の真意を確認しているということです。ティックトックは若者を中心にアメリカ国内でも1億人のユーザーがいるとされています。トランプ政権は利用者の位置情報や交友関係などのデータが中国側に漏れる恐れがあるとして、すでに米軍関係者の使用を禁止しています。
トランプ氏対応で夏休み返上?“すぐ反撃できない”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏対応で夏休み返上?“すぐ反撃できない”  「夏休み返上」なのでしょうか。背景にはあの人の姿が見え隠れします。  中国外務省は、例年8月前半が夏休みで定例会見も行いません。しかし、今年は8月も記者会見を続けています。背景にあるのは、悪化するトランプ政権との関係です。正式な発表はありませんが、関係者は、「記者会見を休みにするとアメリカに批判された際にすぐに反撃できない」と説明しています。
#9 神様がくれた最後のチャンス
恋する♥週末ホームステイ-Season8 #9 神様がくれた最後のチャンス ▷大阪男子×東京女子▷ ▼「真剣佑に…!」『しょうけい』勝負のイメチェンで脱“お兄ちゃん”!? ▼恋トランプが連敗男子にチャンスを与える!?運命が味方するのは誰? ▷関東男子×東北女子▷ ▼最後の2日間。運命の恋トランプがすれ違う想いを結びつける? ▼「ずっと一緒にいたいのはあなた」オクテ女子の精一杯の手紙の想い。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
“香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 “香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
米中戦争?領事館閉鎖で緊張 中国人ハッカー起訴も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中戦争?領事館閉鎖で緊張 中国人ハッカー起訴も  アメリカと中国の対立が激しさを増しています。領事館の閉鎖を求めたアメリカに対し、中国政府は猛反発しています。  米中関係の緊張が、にわかに高まっています。発端はアメリカが中国に対し、テキサス州ヒューストンにある中国の総領事館を閉鎖するよう要求したことです。在外公館の事実上の閉鎖命令は異例のことです。  トランプ大統領:「さらなる外交施設の閉鎖はいつでもあり得る」  理由について、アメリカ国務省は「アメリカの知的財産と民間情報を守るため」としています。一体、どういう意味なのか…。共和党のマルコ・ルビオ上院議員はこうツイートしています。  共和党・ルビオ上院議員:「ヒューストンにある中国の総領事館はスパイ活動の巨大拠点だ。もっと前に閉鎖させるべきだった」  これに対し、中国政府は猛反発。  中国外務省・汪文斌報道官:「アメリカは総領事館がすべきでない活動を行ったと主張しているが、これは悪意のある中傷だ」  在ヒューストン中国総領事館・蔡偉総領事:「我々が何か悪いことをしたと言うなら証拠を見せて下さい」  このインタビューが行われた前日、総領事館では敷地内の中庭で不審火が起きたと現地メディアが報道。消防車が出動しましたが、中国側が拒否し、中には入れませんでした。退去する前に機密文書などを処分したのでは、との見方が出ています。  アメリカ、トランプ大統領:「恐らく文書や書類を焼いたんだ。なぜだろうね」  総領事館の閉鎖通告との関連は不明ですが、アメリカ司法省は21日、新型コロナウイ…
肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表  肥満がコロナの重症化につながるのでしょうか。新型コロナウイルスに感染したイギリスのジョンソン首相が驚きのコロナ対策に乗り出しました。  イギリス、ジョンソン首相:「私はもうかなり以前から『痩せたい』と思っていました。自分の体重と格闘してきました。増えたり減ったりです」  そんな悩みが生かされるのか。イギリスのジョンソン首相がこの度、発表した政策は「肥満対策」。27日から「ジャンクフード」の「テレビでの広告」などを禁止します。その狙いの一つは「コロナ対策」。感染して重症化したジョンソン首相は、その原因が肥満にあったと考えたといいます。  そんな首相の「側近」が新型コロナウイルスでピンチです。シャップス運輸相が休暇でスペインを訪れていたところ「隔離対象」になったといいます。これはスペインで感染が拡大しているためで、イギリス政府はスペインからの入国者に2週間の自己隔離を義務付けました。問題はこの発表が実施の数時間前だったという点。  ホワイトハウスでは「側近」が感染しました。オブライエン大統領補佐官はイギリスやドイツなどを訪問後に感染が判明しました。周辺はピリピリムード、かと思いきや…。  トランプ大統領:「最近…あいつ見てないな。後で電話してみるか」  そんな大統領は27日、アメリカ・ノースカロライナ州にある富士フイルムの子会社を視察しました。ここではワクチンの原薬を開発中。選挙を意識しているのか、大統領は距離を取ってマスクを着用。その後、こう訴えました。  トランプ大統領:「…
Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
#7 甘キュン!サプライズ。
恋する♥週末ホームステイ 2019・秋「約束」 #7 甘キュン!サプライズ。 ▷関西女子×全国センバツ男子▷ 『ここ』をめぐる男子の戦いは白熱。そんな中、『りゅーの』が特技を生かしたサプライズ、勝負をかける。さらに「運命の恋トランプ」がメンバーの心を揺さぶる。意中のペア、意外なペア、それぞれの想いが交錯する中、『ましろ』が『ともき』を呼び出す...。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!!
無料
WINTICKET ミッドナイト競輪 100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!! グラビアアイドル・林ゆめ、そして麻雀界最速最強・多井隆晴が登場! 多井は競輪でも独自の予想ロジックでその最強っぷりを発揮!高額的中を知らせるパトランプを多井自身が鳴らしまくる。 しかし、その多井を超える奇跡の超高額的中が発生!100万円を超える払い戻し額に一同空いた口が塞がらない!?
#6 告白。また明日、って言いたかったな。【ビデオ限定 恋ステドリーマーズ さくら編】
恋する♥週末ホームステイ 2020春 #6 告白。また明日、って言いたかったな。【ビデオ限定 恋ステドリーマーズ さくら編】 ■みどころ 桜の静岡で「運命の恋トランプ」が心をかき乱す。そして迎えた3週目の日曜。「告白」を示す赤いチケットが使用される。旅を終えるメンバーは、そして思いを告白するメンバーは誰なのか?
第6話 冷血
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第6話 冷血 カジノのオーナーが殺される。捜査のため、そのカジノに乗り込んでいくジェーン。彼は、真相を突き止めるために、得意の読心術を使って犯人を罠に掛けようとする。そして、トランプの賭けで大儲けするという幸運にも恵まれるのだが...。
#10 アンネの憂鬱
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #10 アンネの憂鬱 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「少しの間、目をつむってて」最後の夜に『アル』が『らいりー』に甘い贈り物。 ▼“運命は変えられる”告白直前、『らいりー』『そう』『アレク』それぞれの片思いが動き出す。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼一寸先は闇…告白前夜にすれ違い始めた心。それぞれの思いが歯車を狂わせる。 ▼『運命の恋トランプ』が傷心の『しんや』に大逆転の奇跡を運ぶ。
#5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】
恋する♥週末ホームステイ 2020・冬「勇気」 #5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】 ▷北海道・東北女子×全国センバツ男子▷ 2週目のホームステイも最終日。傷心同士、急接近の『とわ』と『みく』、『スタンリー』を一途に想う『おうた』、『たくま』に想いを告げられない『ゆうな』。そんな中、「運命の恋トランプ」によってこれまでの関係性が大きく動く事件が。『スタンリー』の号泣の理由は?
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?