「トランプ大統領 視聴」の検索結果

今すぐ視聴する

トランプ氏の「ナマステ!」に10万人が大歓声
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏の「ナマステ!」に10万人が大歓声  トランプ大統領の「ナマステ」に10万人の観客が沸きました。  インド、モディ首相:「ナマステ。トランプ大統領」  トランプ大統領:「ナマステ!」  インドを訪問中のトランプ大統領は24日、スタジアムで演説しました。「アメリカは常にインドにとって忠実な友人だ」と述べると10万人を超える観衆から歓声が上がりました。25日にはインド独立の父・ガンジーの記念博物館を見学した後にモディ首相と会談し、貿易問題などについて議論しました。
感染者のチャーター機帰国にトランプ大統領が激怒
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 感染者のチャーター機帰国にトランプ大統領が激怒  横浜港に停泊しているクルーズ船で新型コロナウイルスへの感染が確認されたアメリカ人を帰国させたことにトランプ大統領が不快感を示したと一部メディアが報じました。  アメリカのワシントン・ポストは、感染が確認された14人が感染していない人と同じチャーター機で帰国したことを巡って「担当者から事前の相談がなかった」としてトランプ大統領が激怒したと報じました。国務省はチャーター機の中で隔離することで感染を防げると判断し、帰国させたとしています。ただ、トランプ大統領には、感染者や発症者は帰国させずに日本にとどまらせる方針が伝えられていたということです。トランプ大統領は、国内で感染が広がれば再選を目指す11月の大統領選挙で悪い影響が出かねないと懸念しているとみられます。
新型コロナでトランプ氏 入国禁止や大規模検査検討
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナでトランプ氏 入国禁止や大規模検査検討  アメリカではトランプ大統領が新型コロナウイルス対策チームの責任者にペンス副大統領を任命して、国内での封じ込めに臨む考えを発表しました。  トランプ大統領:「アメリカ国民への感染リスクは低い。もし感染が拡大すれば、適切に対応する準備はできている」  トランプ大統領は、必要ならば中国以外の感染国からの入国禁止や都市部での大規模な検査の実施を示唆しました。また、東京オリンピックの開催については「予定通り開かれることを望む」と述べました。
新型コロナ トランプ氏は「うまくコントロール」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ トランプ氏は「うまくコントロール」  トランプ大統領は新型コロナウイルスについて「アメリカではコントロールできている」と述べ、楽観的な見方を示しました。  トランプ大統領:「米国では非常にうまくコントロールされている。感染者は非常に少ない」  トランプ大統領は、クルーズ船から感染が確認された人を含むアメリカ人の乗客を帰国させたことについて「正しいことだ」という認識を示しました。しかし、CNNはトランプ大統領は非公式の場では感染者の帰国に不満を示し、自国民であっても入国禁止にするべきだと主張していると伝えています。また、ポンぺオ国務長官は中国とイランへの批判を強めています。  アメリカ、ポンペオ国務長官:「中国が外国の記者や医療関係者に表現や調査の自由を認めていれば、ウイルス対策の準備がもっとできていただろう」  ポンぺオ長官は中国政府による検閲が事態を深刻にしているという認識を示しました。イランに対しては「政府が重要な詳細を隠した可能性がある」と述べ、必要な情報の提供と国際機関への協力を求めました。
専用車「ビースト」でトランプ大統領がレース場に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 専用車「ビースト」でトランプ大統領がレース場に  自動車レースの先頭を走ったのは大統領専用車でした。  アメリカ・フロリダ州の自動車レースの会場を低空飛行しているのは、大統領専用機の「エアフォースワン」です。会場入りしたのはトランプ大統領夫妻で、演説ではアメリカの自動車技術の高さをアピールしました。トランプ大統領はその後、大統領専用車、通称「ビースト」に乗り込み、レースカーを従えてコース会場を走りました。11月の大統領選に向けて絶好のアピールとなりましたが、専用機と専用車を使う公務だったことから、国民からは「選挙戦に税金を使うのはおかしい」と批判の声も上がっています。
韓国映画のアカデミー賞受賞にトランプ氏不満爆発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国映画のアカデミー賞受賞にトランプ氏不満爆発  アカデミー賞で韓国映画が選ばれたことに我慢ならないようです。  トランプ大統領:「今年のアカデミー賞はひどかった。韓国映画が受賞するとは!一体、どうなってるんだ」  トランプ大統領は20日、コロラド州の政治集会で演説を行いました。そのなかで、韓国の映画である「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞で最高の栄誉とされる「作品賞」を受賞したことに不満をあらわにしました。また、「韓国と貿易でもめているのに、その韓国の映画に最高の賞を与えた」とも訴えています。
ブルームバーグ前NY市長「自信ある」 米大統領選
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ブルームバーグ前NY市長「自信ある」 米大統領選  アメリカ大統領選挙の民主党の候補者選びで、巨額の資金を武器にした選挙戦で注目を集めるブルームバーグ前ニューヨーク市長がANNの取材に答え、指名の獲得へ自信を見せました。  前ニューヨーク市長・ブルームバーグ氏:「(Q.選挙活動の調子は?)良いよ」「(Q.指名獲得は?)私の人生ではいつだって自信がある」  出馬表明が他の候補より遅かったブルームバーグ氏は、14の州で一斉に予備選挙などが行われる来月3日のスーパーチューズデーから参戦します。序盤の4つの州での戦いは見送ったにもかかわらず、最新の世論調査では3位に浮上しています。  前ニューヨーク市長・ブルームバーグ氏:「11月に勝ってトランプ大統領をフロリダにある別荘に永遠に送り返す。口先よりも行動し、分断を改善する。ツイートも減らす」  ブルームバーグ氏はトランプ大統領をも上回る豊富な資金をテレビ広告を中心に使い、大票田のカリフォルニア州やテキサス州で支持を広げる狙いです。
“香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 “香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
#35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #35 ゲストにカンニング竹山氏を迎え冷え込む日韓関係についてほろ酔いトーク! "今回のゲストはカンニング竹山さん! 韓国への輸出規制強化を中心に冷え込む日韓関係について橋下さんが思う事とは? 自らも訪問した福島の現在について竹山さんが熱く語る! 他にも「トランプ大統領の人種差別的発言」や「参議院選挙」など 炎上覚悟の二人のほろ酔いトークが大展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT "
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
不自由な自由貿易
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 不自由な自由貿易 それぞれの国がモノやサービスを自由にやりとりすれば、みんなが恩恵を受けられるー。そんな世界を目指した「自由貿易」が今、試練に立たされている。主導者だったアメリカは力を失い、トランプ大統領は保護主義的な政策を繰り出している。「自由貿易」は“終わって”しまうのか?一方、貿易そのものの形も大きく変わりつつある。やりとりの中心は「モノ」から「データ」へ。 ドイツ・BMWでは、3Dプリンターで“印刷”して部品を製造している。データを送るだけで、世界中どこででも同じ品質の部品が造れるというわけだ。低賃金の労働者を求めて海外に工場を移す必要はもはやない。「自由貿易」の未来はどうなるのか?チームGLOBEが世界を取材した。
大統領選挙のカギとなる巨大都市・デトロイト 全米一の自動車産業の街、その勃興の秘密に迫る?
無料
【BS朝日】町山智浩のアメリカの今を知るTV In Association With CNN 大統領選挙のカギとなる巨大都市・デトロイト 全米一の自動車産業の街、その勃興の秘密に迫る? 【毎週月曜よる9時 BS朝日で放送】 2016年、トランプ大統領誕生に大きく貢献したと言われるのがラストベルト=錆びついた工業地帯の白人労働者層。その代表的都市がアメリカ中西部のミシガン州デトロイト。全米一の自動車産業拠点として知られる巨大都市はどのようにして誕生したのか?それを支える労働者たちは、どのような道を歩んできたのか?そのキーマンとなる人物、自動車王ヘンリー・フォードとはどんな人物だったのか?現在のアメリカ製造業全体の基礎を作ったといわれるデトロイトの自動車産業、その激動の歴史を町山が徹底解説!
新型コロナ“小中高が休校へ”子育て家庭に深刻影響
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナ“小中高が休校へ”子育て家庭に深刻影響  一度、退院した人が再び「陽性」反応を示すなど、まだまだ分からないことが多い新型コロナウイルス。  ついに、南極を除くすべての大陸に拡大した新型コロナウイルス。韓国では新たな感染者が一日で505人と急激に増え、合わせて1766人に上りました。また、26日には在韓アメリカ軍基地で20代の兵士への感染も確認されています。こうした状況から、韓国軍は3月に予定されていたアメリカ軍との軍事演習を延期に。  一方、アメリカではトランプ大統領が国内での感染封じ込めに臨みます。ペンス副大統領を新型コロナウイルス対策チームの責任者に任命。中国以外の感染国からの入国禁止や都市部での大規模な検査も示唆しました。さらに政府は防護服などの準備に約2700憶円の緊急予算を投じる考えです。  一方、感染が最初に確認された中国では27日、政府の専門家グループのトップから「発生源は必ずしも中国ではない」という驚きの見解が示されました。現在、中国での感染者は7万8000人以上。死者は2744人に上っています。  そんななか、日本では27日、東京・大井競馬場の客席はガラガラ。政府によるイベント自粛の要請を受け、27日から28日まで開催するレースを無観客で行うことにし、馬券の購入も電話やインターネットのみで受け付けることに。  さらに、安倍総理大臣が休校を要請。すでに全国の一部の学校は休校に踏み切っています。さらに、国税庁は確定申告の期間を1カ月延長し、4月16日までとすることを決めました。  しかし、そうしたなか…