「トランプ杯 動画」の検索結果

「トランプ杯 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「トランプ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

トランプ大統領 マラリアの薬服用に「害はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 マラリアの薬服用に「害はない」  トランプ大統領は、新型コロナウイルスの治療には効果が立証されていない未承認の抗マラリア薬を服用したことについて「害はない」と主張しました。  アメリカ、トランプ大統領:「非常に強い薬だが、害はない。私は薬の影響もなく、いつも通り。何も変わらない」  トランプ大統領が服用した未承認の抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」は新型コロナウイルスへの効果は分かっておらず、アメリカのFDA(食品医薬品局)が副作用で心臓に異常が出る可能性があるとして注意を呼び掛けています。しかし、トランプ大統領は異常が報告された症例は「病状が極めて重かった人に出た結果だ」と主張し、健康な人には問題がないという認識を強調しました。
オバマ氏の政権批判にトランプ氏「オバマは無能」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 オバマ氏の政権批判にトランプ氏「オバマは無能」  新型コロナウイルスの対応を巡り、アメリカのオバマ前大統領と現職のトランプ大統領が批判の応酬を繰り広げています。  アメリカ、オバマ前大統領:「パンデミックは政権の人たちがきちんと対応できているとの認識を完全に引き裂いてしまった。彼らはリーダーシップを発揮するそぶりすら見せていない」  大学の卒業式にオンライン演説で登場したオバマ前大統領は新型コロナウイルスに対するトランプ政権の対応を痛烈に批判しました。また、「社会や民主主義は自分のことだけでなく、お互いのことを思い合う時に機能する」とも述べ、政治的な分断が続く現状に苦言を呈しました。  アメリカ、トランプ大統領:「オバマは無能な大統領だった。それしか言うことはない」  一方、前の大統領からの異例の批判に対してトランプ大統領は強い不快感を示しました。
トランプ氏「抗マラリア薬を服用」FDAは副作用警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏「抗マラリア薬を服用」FDAは副作用警告  アメリカのトランプ大統領は、国内で新型コロナウイルスの治療に利用できるか臨床試験中のマラリアの薬を服用していると明らかにしました。  トランプ大統領:「現在、ヒドロキシクロロキンを服用している」「(Q.ヒドロキシクロロキンを服用しているのですか?)数週間前から服用している。良い話をたくさん聞いたからだ」  そのうえで、「この薬は最前線にいる医療従事者たちも服用している」と強調しました。現在、臨床試験が行われていますが、今のところ効果があるかどうかは分かっていないうえ、心拍に異常が出る可能性があるとして医療機関での治療以外で個人が服用しないようアメリカのFDA(食品医薬品局)が注意を呼び掛けています。トランプ大統領は効果の根拠を問われると、「一部には疑問視する人もいるが、トランプ・ファンじゃないからだ」と述べています。
国家安全法 香港に危機 トランプ大統領 中国牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国家安全法 香港に危機 トランプ大統領 中国牽制  アメリカのトランプ大統領は香港の自治に踏み込む「国家安全法」に対し、「強力に対処する」と中国政府の動きを牽制(けんせい)しました。  トランプ大統領:「内容がまだはっきりしないが、もし実現すれば極めて強力に対処する」  トランプ大統領は中国の動きを牽制したうえで「必要な時に声明を発表する」と、まずは事態を見守る考えを明らかにしました。一方、アメリカの上院では超党派の議員がこの国家安全法に関わる中国共産党の幹部や関係機関などに制裁を科す法案を出す動きも出てきています。
トランプ大統領 WHOへの拠出金の凍結、脱退も示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 WHOへの拠出金の凍結、脱退も示唆  アメリカのトランプ大統領はWHO(世界保健機関)が中国政府に配慮して新型コロナウイルスへの対応を誤ったと批判するとともに、改善がなければ拠出金を凍結して脱退も検討すると発表しました。  トランプ大統領は自身のツイッターでWHOのテドロス事務局長に宛てた書簡を発表しました。そのなかでトランプ大統領は、中国への配慮からWHOが新型コロナでの初動を誤り、世界での被害が拡大したとしています。具体的には去年12月時点で中国の武漢での感染拡大を警告する情報があったにもかかわらず、これを無視し続けたと指摘しています。また、ヒトからヒトへの感染の可能性を台湾当局が指摘したにもかかわらず、政治的理由からこれを公表しなかったとも批判しています。さらには、中国の圧力を受けて非常事態の宣言も遅れたとしています。トランプ大統領は30日以内に改善措置が取られなければアメリカ政府からの拠出金を凍結するとともに、WHOからの脱退も検討するとしています。アメリカ国内では新型コロナをきっかけに対中感情が悪化していて、今回の書簡は11月の大統領選挙を前にこうしたムードに配慮するとともに、トランプ大統領自身の初動対応の誤りに対する批判をかわす狙いもあるものとみられています。
「マンハッタン計画」引き合いにワクチン開発に自信
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「マンハッタン計画」引き合いにワクチン開発に自信  アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウイルスのワクチンの開発について第2次世界大戦中に原爆を開発した「マンハッタン計画」を引き合いに出し、早期の実用化に自信を示しました。  トランプ大統領:「これは『ワープ・スピード作戦』と呼ばれるもので、『マンハッタン計画』以来の迅速で巨大な科学や産業、軍の供給に関わる取り組みだ」  トランプ大統領は15日、年末までにワクチンの開発を終えることを目指すと表明しました。同席した製薬企業の元幹部も初期の臨床試験のデータを見て「年末までに数百万本を用意することに自信を持った」と発言しました。トランプ大統領はワクチンの開発結果に関係なく、経済活動の再開を急ぐ姿勢を示しています。
トランプ政権 ファーウェイへの禁輸措置強化
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ政権 ファーウェイへの禁輸措置強化  アメリカのトランプ政権は安全保障上の懸念を理由に中国の通信機器大手「ファーウェイ」への禁輸措置を強めることを発表しました。  アメリカ商務省によりますと、アメリカ国外の企業に対して製造する際にアメリカ製の機械や設備を使って作られた半導体についてもファーウェイへの輸出を原則、禁止するということです。トランプ政権は去年、すでにアメリカ国内で製造された半導体のファーウェイへの輸出を原則、禁止しています。ロス商務長官は声明で「ファーウェイはアメリカの安全保障に基づく規制を侵害し続けている」と主張しました。新型コロナウイルスを巡り、対立する米中の関係が今回の措置によりさらに悪化するとみられます。
第142話 戦え!トランプ下克上
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第142話 戦え!トランプ下克上 公園前派出所でトランプゲーム「大富豪」の壮絶なバトルが繰り広げられた。
「一国二制度」危機? 全人代で国家安全法を審議へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「一国二制度」危機? 全人代で国家安全法を審議へ  新型コロナウイルスの感染拡大で2カ月半、延期されていた中国の全人代(全国人民代表大会)が22日に開幕しました。  日本の国会にあたる全人代は日本時間の午前10時から始まり、李克強首相が政治活動報告に臨んでいます。新型コロナの影響で例年、発表する経済成長率の目標は今回は見送られ、異例ずくめの会議となっています。また、香港を対象にした「国家安全法」が審議されることになっていて、これが成立すれば「一国二制度」で保証された香港の言論の自由や自治が危機にさらされることになります。この国家安全法に対してアメリカのトランプ大統領は早速、中国を牽制(けんせい)しています。  トランプ大統領:「一体、どういうものかはっきりしないが、もしそうなれば極めて強力に対処する」  そのうえで、トランプ大統領は「必要な時に声明を発表することになるだろう」と述べました。
トランプ氏WHO脱退示唆 批判の矛先は中国にも
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏WHO脱退示唆 批判の矛先は中国にも  アメリカのトランプ大統領がついにWHO(世界保健機関)から脱退する可能性を示唆しました。  トランプ大統領:「ここ最近かなり残念な仕事をしてくれている。中国の操り人形だ」  トランプ大統領が強く非難したのはWHO。18日から2日間、年に一度のWHO年次総会がテレビ会議によって開催。しかし、ここで新型コロナウイルスへの初動対応や発生源を巡って対立していた米中がさらなる火花を散らすことに…。  習近平国家主席:「中国は常にオープンで透明性があり、責任を持つ態度で即時にWHOと関係各国へウイルス感染状況を知らせた」  感染情報の「隠蔽」が疑われた中国は情報の透明性をアピール。また、WHOの対応についても称賛しました。さらに、アメリカが一時停止しているWHOへの拠出金に関して今後2年間で20億ドル、約2100億円の拠出を表明したのです。存在感をアピールする中国に対してアメリカは…。  アメリカ、アザー厚生長官:「この流行を隠蔽するため、少なくとも加盟国の一つが透明性を保つという義務に背き、世界にとてつもなく大きな被害を与えました」  そして、オブザーバーでの参加を求めていた台湾が総会に招待されなかったことについても。  アメリカ、アザー厚生長官:「政治的なメッセージを送るために2300万人の台湾人の健康を決して犠牲にしてはなりません」  WHO側の判断が「中国寄り」のものだと批判。これまで徹底した封じ込めで成果を上げてきた台湾の不参加。台湾当局も「WHOが中国の圧力に屈した」と憤り…
ジム封鎖に抗議 裁判所前で“集団腕立て伏せ”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ジム封鎖に抗議 裁判所前で“集団腕立て伏せ”  アメリカのトランプ大統領がまたマスクを着けずにマスク工場を視察しました。一方、大統領とは対照的に側近のスタッフにはある変化が見られました。  よく見るのは大統領だけでなく、周りもマスクをしていないシーン。周りは気を使ってできないのでしょうか。ただ、この日は違いました。周りは全員マスクをしています。14日にマスクの配送センターを視察したトランプ大統領。  トランプ大統領:「これらの設備はほとんどがアメリカで作られているんだ」  と、自慢げですが、なぜ、1人だけマスクをしないのでしょう。  アメリカの奇妙な光景…。こちらはフロリダ州の裁判所前。人々が腕立て伏せをしています。スクワットをする女性の手元には「筋トレさせろ」の文字。コロナ対策で州内のジムが封鎖されたことに抗議しているといいます。  戦うアメリカ人。こちらは権利を勝ち取りました。ウィスコンシン州では外出制限の延長が決まりましたが、バーには黒山の人だかりが。最高裁で延長は違法とする判決が出たといいます。「解除はまだ早い」という声もあり、店側は複雑です。  サウスカロライナ州のレストランも大混雑。でも、何か変です…。お分かりでしょうか。客の多くは人形です。この店の悩みは、見た目。社会的距離を守ると店内がガラガラに見えるので人形を置いたといいます。  こちらも距離を取ります。15日から一部のレクリエーション施設などが再開するニューヨーク。これに先行する形でシアターが開業しました。子どもたちはサンルーフから顔を出し、雰囲気と外…
アクロバット中に悲劇 医療従事者への激励飛行が…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アクロバット中に悲劇 医療従事者への激励飛行が…  世界中で新型コロナウイルスへの感染が拡大するなか、悲劇が起きました。医療従事者を励まそうとアクロバット飛行を披露していた空軍機が墜落しました。  コロナを巡る悲劇は17日にカナダで起きました。飛び立った2機の機体。まもなく1機が方向を変えてその後、煙が…。墜落したのはカナダ空軍「スノーバーズ」のジェット機。医療関係者を励ますため、アクロバット飛行に向かっていました。パイロットは2人で脱出したものの1人は死亡しました。  医療関係者を巡るイベント。ベルギーでは前代未聞の事態が…。ブリュッセルの病院で16日、関係者が並んで車を出迎えました。ただ、よく見ると通る瞬間に背中を向けています。車に乗っていたのはウィルメス首相。地元メディアによりますと、看護のために無資格のスタッフの募集を計画中で、医療関係者はこれに抗議したといいます。  不穏な光景はアメリカでも。17日、ヘリから降り立ったトランプ大統領。「オバマ氏があなたを批判していますが?」と質問を受けます。  しかし、大統領は…。  トランプ大統領:「良い週末だったよ。素晴らしいミーティングをたくさんした」  このままオバマ氏についてはノーコメントなのか。しかしその後、こう悪態をついたのです。  トランプ大統領:「よく聞け。あいつは無能な大統領だった。恐ろしいほど無能!」  ちなみに、オバマ氏は大統領をこう批判していました。  オバマ前大統領:「彼らはリーダーシップを発揮するそぶりすら見せていない」  アメリカ・ニュージャージー州…
コロナワクチンに「有望な結果」免疫反応を確認
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 コロナワクチンに「有望な結果」免疫反応を確認  アメリカのトランプ大統領がまだ承認されていない薬を服用していると発言し、波紋が広がっています。  アメリカのバイオ医薬品のベンチャー企業「モデルナ」社は18日、開発中の新型コロナウイルス用のワクチン「mRNA-1273」について、初期段階の臨床試験で良好な結果を得られたと発表。アメリカではワクチン開発への期待が高まっています。  18歳から55歳までの男女45人を投与するワクチンの量で3つのグループに分けて臨床試験を行った結果、全員から新型コロナウイルスの感染を防ぐ可能性のある抗体が確認されたとし、このうちの8人からは感染して回復した人と同程度か、それを上回る値の中和抗体が検出され、重篤な副作用もなかったということです。  モデルナ社は7月から数千人が参加する最終段階の臨床試験を始める予定で、ザックス最高医療責任者はアメリカメディアCNNに対して、早ければ来年1月にもワクチンを実用化できるかもしれないとの見通しを示しています。  そんななか、新型コロナウイルスのワクチンとしてまだ承認されていない薬をトランプ大統領が服用していることが分かり、波紋を広げています。トランプ大統領が感染しないようここ10日ほど毎日、服用しているのが抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンです。この薬は現在、臨床試験は行われているものの効果があるかどうか分かっていないうえ、投与した患者の一部に心拍の異常が出る副作用の報告が出ています。  これまでにも新型コロナウイルス対策として消毒液の注射や紫外線または強…
米大統領の断交示唆にトーン下げ「歩み寄り必要」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領の断交示唆にトーン下げ「歩み寄り必要」  アメリカのトランプ大統領が中国との断交を示唆したことについて、中国政府は「歩み寄りが必要だ」と関係改善を求めました。  中国外務省報道官:「米中両国は引き続き感染防止で協力を強化して早期にウイルスに勝利し、患者を治療して経済と生産を回復すべきだ。そのためにはアメリカも中国と歩み寄ることが必要だ」  中国外務省は「米中関係の安定した発展は、両国民の根本的な利益で世界の平和と安全にも役立つ」と述べました。そのうえでアメリカに歩み寄りを求めつつ、関係改善の必要性を強調しました。アメリカへの強い姿勢が際立っていた中国側ですが、トーンを少し下げた印象です。トランプ大統領は、中国に対して「すべての関係を断ち切ることができる」と牽制(けんせい)していました。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 ABEMA News×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。
大統領が飲み続けた薬は新型コロナに効果なし?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大統領が飲み続けた薬は新型コロナに効果なし?  アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの予防のために服用していた抗マラリア薬について、患者の死亡リスクを高める恐れがあることが明らかになりました。  マラリアの治療薬「ヒドロキシクロロキン」についてトランプ大統領は一時、新型コロナウイルスの感染予防のため毎日、服用していました。しかし、22日にイギリスの医学雑誌が新型コロナウイルスの患者の死亡リスクを高めるとする研究結果を発表しました。投与された患者の死亡率が投与されなかった患者より高くなったということです。そのうえで「この薬のメリットが確認できなかった」として、安全性が確認されるまで臨床試験以外の服用を控えるべきだと指摘しました。WHO(世界保健機関)も「使用を推奨しない」としています。
#9 神様がくれた最後のチャンス
恋する♥週末ホームステイ-Season8 #9 神様がくれた最後のチャンス ▷大阪男子×東京女子▷ ▼「真剣佑に…!」『しょうけい』勝負のイメチェンで脱“お兄ちゃん”!? ▼恋トランプが連敗男子にチャンスを与える!?運命が味方するのは誰? ▷関東男子×東北女子▷ ▼最後の2日間。運命の恋トランプがすれ違う想いを結びつける? ▼「ずっと一緒にいたいのはあなた」オクテ女子の精一杯の手紙の想い。
“香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 “香港人権法“アメリカはなぜ署名? トランプ大統領の思惑とは...米中貿易はどうなる? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 史上3人目弾劾も...トランプ氏余裕の謎 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 ABEMA News×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
#7 甘キュン!サプライズ。
恋する♥週末ホームステイ 2019・秋「約束」 #7 甘キュン!サプライズ。 ▷関西女子×全国センバツ男子▷ 『ここ』をめぐる男子の戦いは白熱。そんな中、『りゅーの』が特技を生かしたサプライズ、勝負をかける。さらに「運命の恋トランプ」がメンバーの心を揺さぶる。意中のペア、意外なペア、それぞれの想いが交錯する中、『ましろ』が『ともき』を呼び出す...。
#10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート
恋する♥週末ホームステイ Season7 北海道男子×東京女子/関西男子×博多女子 #10:【北海道×東京】ひとりぼっちのハート ▷北海道男子×東京女子▷ ▼雪の札幌で再会!最後の2日間。中間告白でもつれた“あいか”の心はどうなる? ▼運命の人は誰?「恋トランプ」が“たつき”と“かねまり”を急接近させる!?
100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!!
無料
WINTICKET ミッドナイト競輪 100万超えの高額的中発生!やっぱり競輪には夢がある!! グラビアアイドル・林ゆめ、そして麻雀界最速最強・多井隆晴が登場! 多井は競輪でも独自の予想ロジックでその最強っぷりを発揮!高額的中を知らせるパトランプを多井自身が鳴らしまくる。 しかし、その多井を超える奇跡の超高額的中が発生!100万円を超える払い戻し額に一同空いた口が塞がらない!?
#6 告白。また明日、って言いたかったな。【ビデオ限定 恋ステドリーマーズ さくら編】
恋する♥週末ホームステイ 2020春 #6 告白。また明日、って言いたかったな。【ビデオ限定 恋ステドリーマーズ さくら編】 ■みどころ 桜の静岡で「運命の恋トランプ」が心をかき乱す。そして迎えた3週目の日曜。「告白」を示す赤いチケットが使用される。旅を終えるメンバーは、そして思いを告白するメンバーは誰なのか?
第6話 冷血
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第6話 冷血 カジノのオーナーが殺される。捜査のため、そのカジノに乗り込んでいくジェーン。彼は、真相を突き止めるために、得意の読心術を使って犯人を罠に掛けようとする。そして、トランプの賭けで大儲けするという幸運にも恵まれるのだが...。
中国「断固反対する」 米のファーウェイ制裁強化で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「断固反対する」 米のファーウェイ制裁強化で  アメリカ政府が中国の通信機器大手「ファーウェイ」への禁輸措置の強化を発表したことに対して中国政府は「断固反対する」と反発し、対抗措置を示唆しました。  中国商務省は声明を発表して「アメリカが国家の安全を口実に他国の特定企業を抑圧することは公平な競争の破壊だ」と批判しました。アメリカに対して撤回を求める一方、「あらゆる措置を取り、中国企業の合法的権益を断固として守る」として対抗措置を示唆しました。トランプ政権はこれまでアメリカ製の半導体をファーウェイに輸出することを禁止していましたが、15日に禁輸の対象を広げる新たな措置を発表していました。
#5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】
恋する♥週末ホームステイ 2020・冬「勇気」 #5 私の恋の急な終わり【ビデオ限定 Lilac #10】 ▷北海道・東北女子×全国センバツ男子▷ 2週目のホームステイも最終日。傷心同士、急接近の『とわ』と『みく』、『スタンリー』を一途に想う『おうた』、『たくま』に想いを告げられない『ゆうな』。そんな中、「運命の恋トランプ」によってこれまでの関係性が大きく動く事件が。『スタンリー』の号泣の理由は?
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 ABEMA News×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
全米50州で経済一部再開へ 再び感染拡大に懸念も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 全米50州で経済一部再開へ 再び感染拡大に懸念も  新型コロナウイルスによって厳しい外出禁止令などが出されてきたアメリカでは、50の州すべてが規制の一部を緩和して経済活動の再開に乗り出しました。  ペンス副大統領は19日、「50州すべてが部分的に経済を再開し、人々が動き出している」と発表しました。経済活動を一部再開する州は20日までに50州すべてに上るということです。トランプ大統領は「感染者の数が減っている場所では経済は非常に早く戻っている」と話し、安全を確保したうえでの再開だとアピールしました。一方、アメリカメディアは少なくとも17の州で過去1週間の新たな感染者の平均が上昇傾向にあると報じ、再開を急ぐことで感染が再び広がることが懸念されています。
#10 アンネの憂鬱
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #10 アンネの憂鬱 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「少しの間、目をつむってて」最後の夜に『アル』が『らいりー』に甘い贈り物。 ▼“運命は変えられる”告白直前、『らいりー』『そう』『アレク』それぞれの片思いが動き出す。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼一寸先は闇…告白前夜にすれ違い始めた心。それぞれの思いが歯車を狂わせる。 ▼『運命の恋トランプ』が傷心の『しんや』に大逆転の奇跡を運ぶ。